瀬戸弘幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
せと ひろゆき
瀬戸 弘幸
生誕 1952年3月3日(64歳)
日本の旗 日本 福島県
出身校 福島県立福島農蚕高等学校
職業 政治活動家、経営者
団体 在日特権を許さない市民の会
維新政党・新風
世界戦略研究所
外国人犯罪追放運動
国際宗教連盟
公式サイト
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

瀨戸 弘幸(せと ひろゆき、1952年3月3日 - )は、日本行動する保守系の政治活動家ブロガー在日特権を許さない市民の会(在特会)の会員[1]果樹園の経営者でもある。

人物[編集]

福島県生まれ。福島県立福島農蚕高等学校(現・福島県立福島明成高等学校)卒業。「世界戦略研究所」代表・NPO法人「外国人犯罪追放運動」最高顧問・「国際宗教連盟」役員[2]・「在日特権を許さない市民の会」会員・「維新政党・新風」党員(元副代表)。

また、国会記者倶楽部・国土交通省記者クラブ・鉄道記者会に所属。日刊中央通信社社主として『日刊中央通信』を発行。なお、日刊中央通信社という法人は東京都内に存在しておらず、任意団体である。瀬戸本人によると、『環境経済新聞』や雑誌『環境と施設』などの取材・企画と購読料を収入源としているという[3]国家社会主義者同盟元副代表、元福島市職員。

経歴[編集]

  • 少年時代から英雄伝を愛読し、中学生のころヒトラームッソリーニに憧れを抱く[4]
  • 農芸高校園芸科を卒業後、実家の農業を手伝っていたが、力不足を感じ後継者となることを断念。福島市役所に臨時職員として入職し、1971年に正職員に昇格し公務員になる。瀬戸の言によれば、左翼労組の影響が強かった職場に反発して、自民党に入党。東京日比谷大日本愛国党赤尾敏の演説に強い影響を受け、個人として右翼活動を始めた[5]。瀬戸の言によれば、1972年に自身が新成人として参加した福島市の成人式の式場とその周辺で、左翼系のデモ隊が、新成人の自衛官を乗せたバスを包囲し、「自衛隊反対・人殺しは帰れ」等のスローガンを掲げて、式への参加を妨害した場面を目撃した。既に排外主義に目覚めていた瀬戸は、口惜しい気持ちで一杯だったという[6]
  • 1974年の第10回参議院議員通常選挙糸山英太郎の選挙運動を手伝い、その縁でヒトラーの信奉者・篠原節が率いる右翼団体民族思想研究会」に加入[7](同研究会はのちに、やはり篠原の率いる他の3つの団体と共に「国家社会主義者同盟」(ナチスに影響を受けた排外主義団体)となっている)。
  • 1975年のスト権ストに抗議して動労の山形県米沢市の事務所に集団で乱入し、建造物侵入、器物損壊で逮捕、罰金刑。市役所からは口頭注意のみで懲戒処分は受けず[8]
  • 1976年、民族思想研究会の一部を引き継いだ福島市の右翼団体「憂国青年同志会」の会長となる。以降、1987年にネオナチ運動に移行するまで約10年にわたり活動(後述するように、中断期間がある)[9]。ヤクザ・暴力団系の右翼との関係が深い活動であったという[10]
  • 1977年ごろ、押し掛けてきたヤクザと乱闘になり、傷害罪で逮捕され[11]、市職員を懲戒免職になる。
    • 上記の傷害事件で収監中に、冤罪を訴えて無罪を勝ち取った在日朝鮮人の存在を知った。この冤罪事件に関するルポルタージュを執筆、1978年に『政経東北』に「山本弘幸」名で発表したのがジャーナリストとしての仕事の最初であった[12]
  • 1978年に正論新聞社の設立者・三田和夫に師事、福島に戻ってミニコミ紙の発行を始め、仙台を経て東京でジャーナリストとして活動[13]
  • 1981年ごろ、ジャーナリスト活動の傍ら「日本憂国会」として街宣右翼活動を再開、「皇心塾」「一水会」「北方領土奪還青年委員会」の活動家と「統一戦線義勇軍」を結成[14]
  • このころ、ノンフィクション作家朝倉喬司のインタビューを受け、「銀座に本拠を置くある右翼結社の首領」として『別冊宝島56 ヤクザという生き方―都市の底に棲む男たちの物語!」(宝島社 1986年 ISBN 4796690565)に掲載された。当時、瀬戸の「日本憂国会」は「原発反対、資本家殲滅」を唱え、街宣車に「全ての怒りを権力へ!」「窮民革命に決起せよ!」のスローガンを掲げた。銀座の事務所前の路上で、毎夜、浮浪者を集めて酒を振る舞っていた[15]。また、しばしば訪韓して農村近代化運動(セマウル)にボランティア参加した[16]
  • 1983年静岡市長選挙に立候補するも落選[17]
  • 1983年、「世界戦略研究所」設立[18]機関紙『世界戦略』(タブロイド版4ページ、500円)・『世界戦略情報』(B5版10ページ、1万円)を発行[19]
  • 1986年10月16日に倒産した清酒安売り会社「東菱酒造」に会社整理を依頼されながら、逆に現金150万円を脅し取ったとして逮捕されたが不起訴[20]
  • 1986年ごろ、街宣車に乗る活動を止める。福島市で日教組全国大会が行われていた際、小学校1年生の娘が「右翼の街宣車が怖い」と言ったことにショックを受け、将来の日本を担う子供たちに恐怖感を与えるような運動が真の愛国運動なのだろうか、と疑問を抱いたため[21]
  • 1991年国家社会主義日本労働者党・自然社会主義協会(代表・篠原節)などに呼びかけてともに「国家社会主義者同盟」を設立し、不法滞在外国人の追放運動を始めた[22]。一方、在日朝鮮・韓国人に対しては帰化を支援するなどの活動をしていた[23]
    • 上記の運動がTBSの報道番組『スペースJ』で取り上げられた(1994年9月14日)ことをきっかけに、有門大輔(現・NPO法人外国人犯罪追放運動・理事長)と出逢う(1995年)。以後、有門は瀬戸に師事、執筆活動や右翼活動をともにする[24]
  • 1994年2月に『環境経済新聞』を創刊[25]
  • 1995年から、行政通信社発行の月刊誌『政財界ジャーナル』の編集長[26]を務め、自らも多数の記事を執筆する[27]。後に、行政通信社の経営権も取得し発行人も兼ねる[28]。同じころ、行政通信社には複数のブラックジャーナリストが所属していたとされる[29]
  • 1997年頃にウェブサイト「世界戦略」を開設する。右翼団体の中では比較的早くサイトが設立され、当時としては珍しくディスカッションフォーラム電子掲示板)も併設されていた[30]。また、草創期の2ちゃんねるを含む多数の掲示板で自らの主張を展開する。瀬戸は、2008年に、2000年ごろの2ちゃんねるを「今のように相手を罵倒するだけの投稿ではなく、互いの立場を認め合いながら、討論を進めるだけのマナーが残されていました。今日の2ちゃんねるには残念ながら当時の面影さえもありません」と回想している[31]
  • 2001年に『教育レポート』を創刊[32]
  • 2002年10月10日、東京都千代田区三崎町二丁目に本店を置く株式会社スポーツ・アイの代表取締役に就任。同時に有門大輔も取締役に就任した。同社は2003年8月13日に東京地裁で破産宣告を受けた(商業登記簿による)。なお、スポーツ・アイ ESPNとはまったく関係がない会社である。
  • 2003年8月20日、東京都千代田区外神田二丁目に本店を置く株式会社ケイバンの取締役に就任。2004年2月23日に代表取締役に就任し、2004年5月31日に取締役、代表取締役ともに退任した(商業登記簿による)。
  • 2006年4月、既に活動実態を失っていた「国家社会主義者同盟」副代表の肩書きを返上[33]
  • 2006年11月、維新政党・新風への支持を訴える「新風連〜新しい風を求めて〜ネット連合」を十数名のブロガーとともに立ち上げる[34]
  • 2006年秋〜冬、民主党近藤昭一が朝鮮総連などが主催する集会に、議員会館使用の取り次ぎをしたことを追及・糾弾した[35]。また、在日朝鮮人である毎日新聞佐賀支局記者が、県知事記者会見で行った質問が、天皇に対して不敬であるとして新聞社に抗議を行った[36]
  • 2007年4月3日に維新政党・新風の党友となったことを公にし、5月21日には第21回参議院議員通常選挙(7月29日)に同党公認で比例区に出馬することを表明した。7月29日の参院選では、新風の比例候補3名の中でトップの票を得たが、落選した[37]。瀬戸は結果を「言い訳が許されないほどの惨敗」と受け止め、資金力と組織力の不足を痛感した[38]
  • 2007年6月に「河野談話の撤回を首相に求める署名活動」を通じて主権回復を目指す会の代表西村修平と知り合い[39]、参院選以降は頻繁に行動をともにする。在特会の会長桜井誠との交流もこの頃から始まる[40]。2008年7月までには瀬戸も在特会会員となっている[41]
  • 2007年の参院選敗退後、支援組織の確立の必要を実感し、創価学会や女性党などを手本として、健康食品の販売組織・販路から支援者の獲得を目指すとした[42]。しかし、紹介した商品(ナノテクゼリー)には批判が相次ぎ、販売を断念した[43]
  • 2007年12月、維新政党・新風副代表に就任[44]
  • 2008年6月6日にアイヌ先住民族として認めるよう政府に促す国会決議[45]が可決されると「アイヌ民族は同化政策によって消滅した」「過去の差別を現在から断罪するのは偏向」「自称アイヌは利権目当て」とする意見に賛同した[46]。2000年ごろの瀬戸は、アイヌ民族が崇めていたのは日本の神とは違うとの認識を示し、琉球も同じであろうとした。また、近代化やキリスト教の普及によって滅ぼされた土俗的宗教の重要性を再認識すべきとの考えを、改めて表明した[47]
  • 2008年7月以降、東村山市議朝木明代の転落死(1995年9月)が「何者かによる謀殺」である、という主張(創価学会の関与を強く匂わせるが、直接的な言及はしない)を街宣・集会・ウェブサイト・YouTube動画などで展開し始める(後述)。
  • 2009年2月、グーグル日本支社への抗議行動[48]。瀬戸自身や西村修平らによる中国人・韓国人・創価学会員への非難を含む街頭宣伝の動画がYouTubeで削除されたことに対するもの。
  • 2009年3月10日、「Sage Group」(国際宗教連盟)役員に就任。
  • 2009年6月、ジャーナリストの仕事に専念するため、として新風副代表を退任[49]
  • 2010年1月、家庭の事情で福島市の実家を生活の本拠とし、農園経営に向けた準備を始める[50]
  • 2010年12月、活動の前線から「完全ということではありませんが、身を引かざるを得ない」と、引退を表明。共闘する団体同士が離反・対立を繰り返していることを原因としている[51]
  • 2014年4月、「アドルフ・ヒトラー生誕125周年記念パーティ」なるイベントの開催を呼びかけた[52]。上記のように現在も最盛期ほどではないが、活動を行っているようである。

思想・主張[編集]

瀬戸は、右派・保守派の主流と自らの立場を対比する中で、行動の指針として

  1. 外国人移民制度を阻止して日本の国体を守る
  2. 底辺社会からの搾取体制を変革する
  3. 議会制民主主義からの脱却

の3つを挙げ、自らの主張を「『語る運動』から『行動する運動』への新保守主義」と要約した[53]

などは、一般的な保守派の主張と同様であり、自民党産経新聞の主張と共通点が多い。これらに加えて、以下のような思想・主張が見られる。

ナチズムと国家社会主義[編集]

1980年代末からの一時期「ネオナチ」を自称し、現在でもヒトラー・ナチズムへの親近感を隠さない。ホロコースト否定論[63]ユダヤ陰謀論[64]を好意的に紹介することもある。国家社会主義者を自称し、世界恐慌(1929〜)に対するナチス政権の軍拡・大規模公共事業による失業者対策[65]世界金融危機におけるオバマ米大統領の金融規制改革をともに高く評価した[66]。小泉内閣の主導した新自由主義路線が格差を拡大したことに批判的で、貧困層の救済[67]・企業の不正追及を標榜している[68]。農家に生まれ農業高校を卒業した経歴もあり、ともに二・二六事件の思想的背景となるなど日本の近代史において国家社会主義と交差した農本主義にも親近感を示している[69]

在日外国人・外国人労働者の排斥[編集]

1990年ごろから不法滞在外国人の追放運動を始め、後には外国からの移民を排斥することを主張した。外国人犯罪の増加や日本人の雇用が奪われることを危惧するだけではなく、移民により日本が滅亡すると警鐘を鳴らす。その根拠を、瀬戸は移民を外来生物に喩えて「ススキが穂を揺らす日本の秋の野原の風景に、外来種のブタクサが侵入、驚異的に増殖して景色を一変させた」「外来種タンポポが在来種タンポポを全て蹂躙してしまった」と述べて「人間の場合も同様であり、一旦住み着いた人種はそこに以前から住み着いていた土着的な民族を滅ぼしてしまう」と説明している[70]

2006年6月ごろは、特別永住者が生じた経緯、社会の底辺で暮らす人が多いという認識、在日朝鮮人の冤罪事件を取材した経験から、在日韓国・朝鮮人に対して好意的で、特に日本への帰化を希望するものは広く受けいれるべきとした。また、北朝鮮・中国と対峙するために韓国との連携が必要と考えていたが、支持者の反応は「韓国人の本質は反日・犯罪者体質」といったものが主であった。瀬戸は「南北朝鮮と日本の反日勢力が、このような根深い対立を作った」と残念がり「日本に帰化して一生懸命頑張っている人にだけは、温かい気持ちで接してくれるように願うだけ」と結んだ[71]。しかし、同年の末には「特別永住制度は日本政府・日本人の温情に過ぎず、廃止すべき」と表明している[72]

在日も含む韓国・朝鮮人や韓国に対してはさらに厳しい姿勢に変わり、在日特権を許さない市民の会との共同行動をひんぱんに行い、政治家の出自(帰化したかどうかだけではなく、世代を古く遡っても朝鮮・韓国・中国人の家系が混じっているか)を問題視するようになった[73]。また、在日朝鮮人の経営者が(瀬戸によると)70%[74]あるいは(同じく瀬戸によると)90%以上[75]を占めるパチンコ産業を健全化し、経営からの(公営化などによる)外国人の追放や資産没収を提案した。

「極右」から「行動する保守」へ[編集]

自らの立場を指すときに主に使う言葉は「極右」→「右翼」→「新保守」→「保守」と変遷している。2005〜2006年ごろは「極右」と自負し、「右翼」「保守派」(瀬戸は両者をほぼ同義としていた)との違いを強調した[76]。瀬戸によると[77]、「保守」の「反共」は、共産主義からローカルな立場で「伝統・文化」を守るためのものでしかないが、「極右」の「滅共」は、共産主義を攻め滅ぼす(=共産主義政権(とりわけ中国共産党)を倒し、共産主義を永久に地上より抹殺する)ことを目指し、「反共」から「滅共」への転換を「神聖な義務」とする。2007年の参院選立候補に際しては「ネット右翼」のネガティブなレッテルに挑む意味で「ネット右翼の代表として、選挙に挑んでいきたい」と述べた[78]。選挙後は、より広い層に受けいれられるべく、「行動する新保守運動」と名乗り、後には「行動する保守運動」あるいは「行動する保守」を称するようになった[79]。2010年3月には「保守という概念では説明できない部分がある」ためとして「行動する保守運動」に代えて「行動する社会運動」を使うと宣言した[80]が、2010年後半にはほとんど使わなくなって「行動する保守の旗頭」を任じるようになった。

ネット戦略[編集]

集団での抗議行動(街頭宣伝)に加えて、ネットの活用に早くから乗り出した(#略歴を参照)。2005年6月に開設したブログ「極右評論」は、当初は海外を含めた国家社会主義・移民排斥運動の動向の紹介が主であったが、次第に右翼活動のセンター的な役割を持つようになり、2007年8月にブログ名を「日本よ何処へ」と改称した[81]。瀬戸によれば、外部勢力の影響下で反日的な世論操作をしているマスコミに対し、ネットを通じて真実に目覚めた声なき普通の市民が結集してネット右翼が形成されたという[82]。自身を「ネットで見ただけで、それを信じてしまう人間」と表現したこともあり[83]、コメント欄では(情報リテラシーの低さを批判する声もあったが)ネットに真実を見出す瀬戸の姿勢に支持が集まった。ネットを通じた情報の拡散・支持拡大に強い期待を抱き、ネット右翼に対するマスコミの偏向報道を糾弾し、ネットの規制に反対して匿名性の自由の保証を主張した[84]。瀬戸が立候補した2007年参院選では、2ちゃんねるの多数の掲示板に(既婚女性板・オカルト板を含む)に維新政党・新風のスレッドが立ち、瀬戸は「2ちゃんねるは憂国の戦場」「選挙が始まれば反日勢力との最大の激突・主戦場となる」と檄を飛ばした[85]。また、児ポ法の改正論議においてアニメ・漫画・ゲームソフトへの適用拡大(準児童ポルノを参照)へ向けた動きが出ると、瀬戸は否定的見解を示した[86]

テロ・破壊活動に対する立場[編集]

右翼構成員が西本願寺阿弥陀堂(国の重要文化財かつ世界遺産)に刃物・小型ガスボンベ・ライターなどを携行して突入し堂内に油を撒いた事件(2005年9月2日)[87]加藤紘一宅放火事件(2006年08月15日)[88]のように首相の靖国参拝を批判した言論を標的とした破壊活動を支持した。しかし、2007年5月に「ネットでテロ事件を是認するのは敵を利するだけ」という理由で「一切のテロリズムを認めず、そのような行為を正当化する勢力とも決別する」と宣言し[89]、創価学会徳島文化会館・三木国際交流センタービルの連続爆発事件(2008年10月13日)に対しては(思想的背景があいまいなこともあって)慎重に評価を避けた[90]。2010年になると再び見解を変え、2月に自衛隊と警察によるクーデターおよび反対派の粛清を公言する極右ブロガーが迷彩服に身を包んだ「親衛隊」を披露した(瀬戸らの「NPO外国人犯罪追放運動」から「親衛隊」に参加者があった)ときには、瀬戸もブログで祝辞を送り[91]、10月には山口二矢浅沼稲次郎暗殺事件を顕彰した[92]

政治家・政党との関係[編集]

中曽根康弘を「昭和維新の志士・戦後初の右翼宰相」とたたえる著作を出し、ブログでもしばしばその発言を引用している[93]。自民党も含めて既成政党とは「買弁的な要素を持つ」として距離を置いていた[94]安倍内閣については、一定の距離を保ちつつも「正しい歴史認識」「正しい歴史教育」の立て直しに期待した[95]が、安倍晋三の訪中・訪韓などに落胆したことが、維新政党・新風からの参院選出馬につながった[96]。2007年参院選で自民党の敗北が確実視されたころから民主党への批判を強め、2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では、民主党政権成立を亡国の危機と見なす論を展開した[97]。民主党政権成立後は、民主党を批判し、小沢一郎を「亡国政治家」と非難するブログ記事を精力的に執筆した。ただし、農本主義者を自認し農村再生を標榜するにもかかわらず、民主党による農業者戸別所得補償制度については、瀬戸自身が農家としてこの制度を利用するかどうかも含めてコメントをしていない。2010年夏の第22回参議院議員通常選挙では、たちあがれ日本を応援した[98]。その他、幸福の科学幸福実現党を好意的に取り上げたことがある[99]

地方選挙では、2007年の東京都知事選挙では石原慎太郎[100]、2008年の大阪府知事選挙橋下徹[101]、2009年の千葉県知事選挙では森田健作[102]支持した。

原発推進[編集]

原子力利用に賛同しており、「全原発の再稼動を急げ」と主張[103]原子力撤廃運動を左翼主導によるものと決め付けており、原子力発電所反対デモを政府に対する「圧力」だと表現している[104]

瀬戸は、 放射性降下物のうち90Sr のデータのみを取り上げ、福島第一原子力発電所事故よりも1960年代の方がより多く降下していたので、この原発事故による影響は全くないと主張している[103]。なお、三重大学 生物資源学部 准教授の勝川俊雄は、日本分析センターおよび水産庁のデータより137Csが1960年代よりも100倍以上降下している事を報告している[105]。その一方で瀬戸は、フルボ酸がセシウム除染に効果があった実験を掲載し、フルボ酸入りシャンプーやボディソープを販売している[106]

顕著な活動と批判[編集]

主な活動はブログ街頭宣伝・集会・抗議行動、ブログを通じた物品販売である。下記のように、さまざまな論議・批判を招いている。

「ジャーナリスト」としての姿勢[編集]

企業、政治家の不正や疑惑を常に糾弾するジャーナリスト」と称し[107]、既存マスコミ偏向報道にしばしば言及し、政界・企業を専門とするジャーナリスト活動と右翼活動を重ね合わせて「行動するジャーナリスト」(ブログのサブタイトルにもなっている)と自己規定している。また、ブログ上で「警察上層部の極秘指令」をリアルタイムで暴露した[108]こともある。しかし、ブログ記事のかなりの割合は、マスコミ報道を唯一の情報源としており、そこに自らの主張を加える体裁を取る。「常識を兼ね備えた人物ならば、書店で売られている雑誌に、デッチ上げの記事を掲載するなど、あるはずがないと考えます」とも述べている[109]

風俗ライター松沢呉一・橋本玉泉らは、

  • 都合の良い事実の片鱗のみを取捨選択して、あらかじめ決めておいた結論の体裁を整えているだけ
  • 批判されると、黒幕論・陰謀論に逃げ込む
  • 調べる能力・情報を見極める能力が欠落している
  • そもそも調べるということをしない

などと批判している[110]。これに対して、瀬戸は「自称ジャーナリストなどと書く人がたくさんいますが、昔は読売新聞などは立派に認められており、自称ではありませんでした(原文ママ)」と反論した[111]。これは、『読売年鑑別冊・読売人名録』(読売新聞社)の1990〜1995年版において「報道 評論 出版」分野に「世界戦略研究所代表・瀬戸弘幸」として掲載されたことを指す[112]

反中国デモ[編集]

長野の聖火リレー(2008年4月26日)では「単にチベット人に対するシナ政府の虐待、虐殺を糾弾するためだけのものではない」「日本が今後独立国家として存続出来るのかを賭けての戦い」と号してフリーチベット側に加わった[113]。このとき、中国人留学生が紛失した財布を拾い、警察に届けた。6月9日の「反シナ討論大集会」で、中国人の倫理的異質性を示すために、拾得の事実と留学生から連絡・御礼が無いことを明かした。その際、作り話でない証拠として財布に入っていた外国人登録証・運転免許証・学生証のコピーを聴衆に提示し、犯罪になりかねない行為が大きな反響を呼んだ[114]

2010年には「支那人観光客ゼロ運動」を掲げる排害社[115]らとともに「中国人観光客と売国商人(中国人観光客向けの看板・展示をしている店舗を指す)を粉砕する」として、秋葉原電気街でデモ行進を開催し、中国人(と瀬戸らが認定した)観光客やラオックスソフマップオノデンなどの店舗に対して抗議行動を行い、大きな反響を呼んだ[116]

外国人排斥の実力行動[編集]

2009年4月、以前から注目を集めていた入国管理法違反のフィリピン家族に対して、両親の国外退去と少女の在留特別許可が報道されると、瀬戸らは少女の国外退去処分を求める抗議行動を展開し、在特会とともに少女が在住する蕨市で抗議デモを行った。このとき、少女が在校する中学校をデモのコースに含めたことが批判されると、瀬戸は「しなくてもどうせ批判される」と反論した[117]

2009年10月には、ハロウィンの夜にJR山手線の車内で仮装して迷惑行為をする外国人を粉砕するために新宿駅ホームで抗議街宣をかけた。迷惑行為の取締りのために既に機動隊が待機しており、瀬戸らの行動を制止しようとしたので、瀬戸らは「逮捕するなら逮捕してみろ」「我々には自由往来の権利がある」「大義は我々の側にこそある」として機動隊を突破しようとした。その後、瀬戸は「我々の強い抗議行動によって、白人側が警戒したため迷惑行為は中止された」という未確認情報を伝えた[118]

食品などの販売[編集]

ブログを通じて販売する品目は健康食品(「めぐすりのお茶」など)、リンゴ、リンゴジュース、リンゴジャム、桃、桃ジャム、宇宙戦艦ヤマトカレンダー[119]など、多岐にわたる。そのため「林檎加工販売業」などと揶揄されることもある[120]

ナノテクゼリー[121]の販売計画(2007年9月)で「疑似科学的である」「保守運動の本道ではない」などの批判を浴びると[122]、瀬戸は「緊急お知らせ」[123]を出して新たに開設したブログ『優健美館』に議論の場を移し、直後に公式ブログからリンクを切った。瀬戸は、

  • 妻に勧められたブルーベリーエキスが入りの飲料を飲んで目のしょぼしょぼが改善された
  • 他に「効いた」という体験談も寄せられている
  • 多数のメーカーがブルーベリー入りなどアントシアニンを含有する食品を販売し「細かい文字が気になる方に」などと宣伝している
  • 古くから民間で伝えられて来た効能は、科学的に検証・立証されなくとも否定するべきでない

などと主張した[124]が、やがて「販売からは手を引いた」「ブログの本来の目的から、かなり脱線してしまった」としてコメントへの返答を止め[125]、批判者の一部に政治的な背景があるかのような記事を書いた[126]。「優健美館」は岩崎定(岩崎定夢、NPO法人外国人犯罪追放運動・監事)ら瀬戸以外による執筆記事がほとんどとなり、2009年10月に更新を停止した[127]。また、2008年06月には「ちょっと怪しげなゼリーはどうなったのですか?」という質問に対し、「友人が製品も完成させて販売も始まった」と回答した。[128]しかし、その後も具体的な販売情報は公開されてはいない。

この間、公式ブログでは中国産の食品・食品原料の危険性に警鐘を鳴らして「食の安全のため」の全面輸入禁止を訴える[129]一方、「優健美館」では中国産の伝統酢である鎮江香醋山西老陳醋を原料としたカプセルや冷し中華スープが宣伝され[130]、物議を醸した[131]

2010年10月に、瀬戸は、新商品の開発を予告し[132]、「優健美館」の更新も再開した。しかし、同年12月には、商品の開発プロジェクトそのものを他社に譲り渡したと発表した[133]

創価学会・公明党批判[編集]

瀬戸は、2005年(平成17年)ごろから公明党小泉純一郎首相靖国神社参拝に異議を唱えたこと[134]靖国神社問題)や同政党の支持母体である創価学会における池田大作名誉会長の独裁体制[135]を批判し、創価学会を反天皇制的なカルトと見なして創価学会・公明の排除を唱えていた[136]日本国憲法第20条の改正の必要性を指摘し[137]宗教法人への優遇税制を撤廃すべきとした[138]

2006年末になると「池田大作が在日朝鮮人である」という説をしばしば取り上げるようになる[139]。2008年7月、瀬戸は「朝木明代謀殺事件の再究明」「創価学会による集団ストーカー[140]の実態解明」の二本立ての批判活動を宣言した[141]

2008年11月、西村修平宅の2階ベランダに二夜連続してのような物体が放置される事件が起こった。翌朝に物体を発見した西村から連絡を受けた瀬戸は直ちに千葉県柏市の西村宅に急行、警察に通報して物体の分析を含む捜査を要請した。瀬戸は物体を子細に調べ、人糞様の悪臭がない点やカキ種子が含有されている点などから、何者かがチューブなどを使って作成した精巧な偽糞であり人糞や動物の糞ではない、と推定した。瀬戸は「卑劣な脅迫」「組織的な威嚇行為」と憤慨し「創価学会による脅迫の可能性が強い」として、物体を検査機関に持ち込んで調査した上で刑事告訴することを表明した[142]。なお、瀬戸は事件の実在を示すためブログに物体の写真を掲載して大きな反響を呼んだ[143]が、西村宅と同様の被害(二階ベランダにカキの種子入りの糞状物体を繰り返し置かれる)は、秋になると首都圏を含む各地で頻発している[144]

以上の論議は瀬戸および西村の主張および著作の内容である。

朝木明代謀殺説[編集]

朝木明代東村山市議会議員)の転落死が創価学会による謀殺であるとする説は、以前から「草の根市民派」を標榜する東村山市議・朝木直子(朝木明代の娘)と矢野穂積の主張であった。瀬戸は、最初のうちは、矢野・朝木直子と面識はなく、現職の警察官からの内部告発を得て、独自に真相解明に立ち上がった、と説明した[145]。瀬戸が街宣で述べたところによると、内部告発者は、

  • 自殺などではなく殺人事件であり、3人の犯人と思われる人物が特定されていた
  • 創価学会の信者と見られる検察官からの捜査打ち切りによって、真相は闇の中へと閉じ込められた
  • 瀬戸らが問題に火をつけて騒ぎが大きくなれば、隠された真相はやがて明らかになるであろう

と述べ、協力を申し出たという。しかし、内部告発の真偽を問われても正面から答えず[146]、内部告発の裏取りをしたのか、という問いにも沈黙を守り、内部告発自体にも言及しなくなった[147]。以降、瀬戸が公開した事実は、ことごとく矢野・朝木直子から与えられたものであり[148]、活発に配布した印刷物も矢野らが発行している『東村山市民新聞』の転載が多くを占めた。矢野・朝木直子両議員の議席譲渡問題(転落死事件の背景だったとの指摘がある)[149]などに触れないことを指摘されると[150]、「議席譲渡事件も創価学会のプロパガンダ」と言う見出しの記事をブログに掲載した[151]が、本文では「自殺の理由にはならない」とする「事情通」の読者のコメントを引用したのみであった。

瀬戸は、「創価学会による集団ストーカー被害者」と自己規定するネットワーカーと連携しつつ[152]西村修平らの同調を得て活発な街宣・ビラ撒き・ネット上での喧伝を行った。2008年・2009年には、9月1日に「命日に市民に訴える!」として東村山駅頭での集会を行った[153](正式には朝木明代の命日は9月2日)[154]。2008年・2009年には、集会参加者の一部が、朝木明代が万引したとして被害届を出した洋品店に入ろうとして、洋品店前で待機していた東村山警察署元副署長(万引事件・転落死事件を担当していた)と争論となった[155]。2008年の集会で西村は「創価学会の4悪人」として元副署長を名指しで非難、元副署長から名誉毀損で提訴された(西村は一審敗訴後、控訴中)[156]西村修平の主張をサイトに転載した瀬戸も、有門とともに2010年5月に提訴されている[157]。瀬戸は、2010年にも9月1日の駅頭集会を呼びかけたが、直前に「根回し不足」として中止した[158]

2010年10月、瀬戸は「内部告発」(上記)についての長い沈黙を破り「右翼団体会長・橋本剛(全國明)との親交によって警察官と接触する機会を得た」と述べたが、橋本と内部告発がどのように関係するかは明かさなかった[159]。橋本は1992年に朝木明代と同様にビルから転落死しており[160]、瀬戸によると、死の数日前に橋本と銀座のクラブで会い、創価学会がらみのトラブルに介入したことを打ち明け「カネになるどころか、命を狙われることになった」と言ったという[161]。2010年2月に瀬戸のブログで橋本の死と朝木の死を結びつけるコメントがあった。瀬戸はコメントに応答したが、内部告発については触れず、銀座のクラブでの橋本の発言も「近々大金が入る」だったとしている[162]

瀬戸と有門が元副署長に訴えられた裁判では、瀬戸は争う姿勢を示したものの、肉親の不幸(弁論の2ヶ月前)、代理人となった弁護士の急病(弁論当日の朝)などにより、提訴から半年を経ても争点や主張を示さなかった[163]

著作[編集]

著書[編集]

  • 『使途不明金 政官界を揺るがす小針暦二「福交疑惑」』 「せと弘幸」名義、笠倉出版社1984年
  • 『国士・中曽根康弘先生――昭和維新の志士・戦後初の右翼宰相』 自由公論社/けいせい出版、1984年
  • 『極悪: 徳陽相銀を喰ったハイエナ軍団―政界と大蔵官僚の黒い疑惑―』全日本象牙鑑定保証協会、1985年[164]
  • 『東南アジアの反日感情を煽る“味の素”』 展転社1986年 ISBN 4886560237[165]
  • 『日米友好時代は終った』 世界戦略研究所編、展転社、1987年 ISBN 4886560326
  • 『ヒトラー思想のススメ――自然と人類を救済するナチス・ヒトラー世界観の120%肯定論』 篠原節との共著、 展転社、1990年 ISBN 4886560598
  • 『外国人犯罪――外国人犯罪の全貌に迫る!』 世界戦略研究所、2000年 ISBN 4765612007
  • 『パソコンソフトウェア販売会社ソースネクストの重大疑惑』 日刊中央通信社/雷韻出版2004年 ISBN 4947737468
  • 『ネットが変える日本の政治』 岩崎企画/コアラブックス、2007年 ISBN 4860972333

近年の寄稿[編集]

  • 「日の丸右翼からナチズム極右へ、そして今…」佐藤卓己編『ヒトラーの呪縛』 飛鳥新社、2000年
  • 「外国人犯罪」『GYROS』12号 2005年3月[166]
  • 「新たな局面を見せる外国人犯罪」『BAN2006年11月号
  • 「外国人犯罪ファイル」 月刊『スレッド』(晋遊舎)にて担当
  • 「行動右翼からの転身と遍歴 私はなぜネット右翼を主張するのか!」『ネット右翼ってどんなヤツ? 嫌韓、嫌中、反プロ市民、打倒バカサヨ』(別冊宝島 ノンフィクション)所収 宝島社、2008年 ISBN 479666226X

脚注[編集]

  1. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「在特会」が下関闘争で敵を追い出す!
  2. ^ SAGE 役員 (さ)
  3. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:環境問題を考える。かつて「『環境と施設』に関わるニュースをお届け」するブログ環境経済ニュースが開設されていた。
  4. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:自分の昭和史
  5. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「自由か、共産(独裁)か」原点に返って
  6. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:阿部知子と左翼の仮面
  7. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:自分の昭和史(2)
  8. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:労働貴族・優雅なテロリストせと弘幸Blog『日本よ何処へ』:右翼逮捕で思った革マル派の終焉
  9. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「自由か、共産(独裁)か」原点に返って・「私はなぜネット右翼を主張するのか!」(#近年の寄稿参照)
  10. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:暴力と思想(日米の事件)を考える
  11. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:21年前の逮捕事件についてせと弘幸Blog『日本よ何処へ』:暴力と思想(日米の事件)を考える
  12. ^ 福島市 冤罪事件 | せと弘幸blog『日本よ何処へ』出張所せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:韓国、在日問題への私の思いせと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<殺人鬼>で思い出すせと弘幸Blog『日本よ何処へ』:匿名ブログと事実無根記事
  13. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:故三田和夫・読売OB記者魂
  14. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:初めて明かす義勇軍創設と私の立場
  15. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:明日の緊急集会を前に過去を振り返る
  16. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:韓国、在日問題への私の思い
  17. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:21年前、私も選挙に挑み金権田中追放を訴えた。
  18. ^ 世界戦略研究所・代表者
  19. ^ 『新聞雑誌総かたろぐ』(メディア・リサーチ・センター2007年度版による
  20. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:21年前の逮捕事件について
  21. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:20年前の8月13日
  22. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:《極右》と右翼の相違点とその簡単な定義について
  23. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:韓国、在日問題への私の思いせと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「在日」と日本社会
  24. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:若者の至純な祖国愛
  25. ^ (cache) プロフィール | せと弘幸 オフィシャルサイト同名の新聞との関係は不明。
  26. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:地下鉄サリン事件から14年 (前編)。前任者は今井国蔵国立国会図書館・書誌情報によると、1997年9月以後は所蔵がない。
  27. ^ 「瀬戸弘幸」に関連した文献の一覧 - Weblio文献検索
  28. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:【裁判】朝木明代殺害事件と私見 (1)
  29. ^ 敬天新聞|中川秀直氏の「ハメ撮」の思い出
  30. ^ 匿名で書き込みができたが、IPアドレスは表示された。
  31. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:アナーキストさんと天皇論争
  32. ^ (cache) プロフィール | せと弘幸 オフィシャルサイト。国会図書館に所蔵なし。
  33. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:農と風景・福島の種まき兎
  34. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:『外国人犯罪』ご購入の御願い
  35. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:衆院管理部からの回答書
  36. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「在日朝鮮人記者」佐賀県・毎日新聞支局
  37. ^ 比例区 第21回参議院議員選挙 -ザ・選挙- 比例区 維新政党・新風
  38. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:非力さをお詫びします。
  39. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:河野談話の白紙撤回を求めて
  40. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:『新アジア主義』と決別せよ!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:在特会への弾圧を許すな(1)
  41. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「在特会」が下関闘争で敵を追い出す!
  42. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ナノテク食品と販売開始のお伝え
  43. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:コメントに対する再返答
  44. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:維新政党・新風 副代表就任挨拶
  45. ^ 国連総会での「先住民族の権利に関する宣言」に基づき、過去のアイヌ差別を反省し、先住民族としての分化・地位を尊重するというもの。アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議などを参照。
  46. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:日本民族単一国家論
  47. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:アナーキストさんと天皇論争
  48. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<活動報告>第二回西村裁判・八王子駅前街宣
  49. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:皆様へのお知らせ
  50. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:近況報告と抱負
  51. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:平成22年を回顧して
  52. ^ ヒトラー生誕パーティー呼びかけ 2014年2月14日配信しんぶん赤旗。
  53. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:チャンネル桜関係者への反論
  54. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:大東亜戦争開戦記念日など。
  55. ^ 例えば、従軍慰安婦については一切の強制性を否定し、「自称慰安婦という戦時売春婦達」と呼び(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<活動報告>三鷹闘争2日目)、「河野談話」の白紙撤回を求める運動に賛同し(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:河野談話の白紙撤回を求めて)、各国大使館に非難決議(米下院121号決議など)の撤回を求める抗議行動を行った(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:民族の正義を賭けた戦い!)。
  56. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「富田メモ」事件
  57. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:親米保守派は売国奴?せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「核保有は外交カード」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:世界恐慌前夜なのか?
  58. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:20年前の8月13日
  59. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:『新アジア主義』と決別せよ!
  60. ^ 「日本人の二十一世紀へ向けた選択は西洋的〝覇道〟の道を行く国家の忠犬ハチ公として植民地支配に甘んじて行くのか、それとも、その道と決別し、東洋的〝王道〟への道を中国、朝鮮と共に進むのか、この二つではあるまいか。」―21世紀日本の選択
  61. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:民主党と外国人参政権付与問題
  62. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:日教組が日本の教育を支配
  63. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ホロコースト・タブーに挑戦するイラン大統領
  64. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:11年前の予言「暗闇暴露」
  65. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:敢えて国家社会主義を提示するなど。
  66. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:資本主義と国家社会主義
  67. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:政府は失業者対策を講ぜよ!
  68. ^ 自らも、事務所のコピー機のメンテナンス契約でトラブルが発生した際、その会社へクレームを付けた(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:21年前の逮捕事件について)
  69. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:農と風景・福島の種まき兎
  70. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「移民暴動」で報道しないタブーがある!。ただし、瀬戸は2008年までブタクサとセイタカアワダチソウを混同していた(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:変わる日本の秋・原風景)。なお、生物学者の多くは「外来種タンポポが在来種タンポポを駆逐した」という説に否定的である(小川潔 『日本のタンポポとセイヨウタンポポ』 2001年 どうぶつ社 ISBN 4886223141)。
  71. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:韓国、在日問題への私の思いせと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「在日」と日本社会
  72. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「在日朝鮮人記者」佐賀県・毎日新聞支局
  73. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:土井たか子・朝鮮帰化人説の行方せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:出自を隠す政治家
  74. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「パチンコ依存症」と業界の内幕
  75. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:放置されるパチンコ問題
  76. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:《極右》と右翼の相違点とその簡単な定義について。
  77. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:宮崎哲弥評論家がネットを憎悪と敵視・『ネットが変える日本の政治』(251頁)
  78. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ネット右翼について
  79. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<行動する新保守運動>について
  80. ^ 瀬戸弘幸 (2010年3月14日). “救国の社会運動について”. せと弘幸Blog『日本よ何処へ』. 2010年4月6日閲覧。
  81. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「日本よ何処へ」で再スタート!
  82. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「反日VSネット市民」
  83. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:中韓関係についての疑問
  84. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:匿名性とプライバシー問題
  85. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:2ちゃんねるは憂国の戦場
  86. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:児童ポルノ・エロゲーと右翼と左翼。なお、このエントリーの一部で瀬戸が剽窃をしているという指摘がされ(ブログがぱくられた - Munchener Brucke福島中央テレビアナみたいな事をやった件 - vanacoralの日記)、瀬戸は「剽窃したとされる部分と私の結論は異なるから、剽窃ではない」と反論した(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:不法滞在者の特別残留問題)。
  87. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:歴史を築き守った神々に殉じた若者
  88. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:加藤氏は下された“民族の怒り”を思い知れ!
  89. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:極右「テロ絶縁・非暴力宣言」
  90. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:創価会館・日中友好協会爆破事件
  91. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:よーめん親衛隊発足に関して
  92. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:【歴史】山口二矢烈士の義挙から50年
  93. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:哲人型独裁政治の出現を予感させた総選挙の結果など。
  94. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<極右>の視点から見た「勝ち組」と「負け組」、買弁勢力を見抜け!
  95. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:安倍晋三氏の思想と行動
  96. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ご挨拶とお願い(1)
  97. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:2009年 真夏の憂鬱。ただし、瀬戸らは矢野穂積の別働隊として公明党代表太田昭宏の落選運動を行い、結果的には民主党の青木愛の当選を援助した(せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:太田昭宏がブロック比例に遁走せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:チラシ配布の終了のお知らせ)。
  98. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:『たちあがれ日本』を応援します
  99. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「幸福の科学」とマスメディア日刊中央通信:小池百合子さんの勇気ある決断など
  100. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:祝!国士・石原慎太郎先生
  101. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:橋下弁護士を応援しよう!
  102. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:森田健作氏を目の敵にする創価学会
  103. ^ a b せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:全原発の再稼動を急げ!
  104. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ネット発・反原発運動の脅威 (1)
  105. ^ 勝川俊雄 公式サイト
  106. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:フルボ酸と放射能(1)
  107. ^ GYROS最新号・執筆者紹介
  108. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:民主党政権VS『在日特権を許さない会』
  109. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:30年前の記憶が鮮明に甦る
  110. ^ お部屋1638・ちいとは調べろ、せと弘幸お部屋1644・下請け操り人形
  111. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:躓いた欧米「金融市場のコントロール」が不可能に!(コメント欄)
  112. ^ お部屋1688・これからは「詐称ジャーナリスト」
  113. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:2008年4月
  114. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<活動報告>6・9反シナ討論大集会
  115. ^ 中国人観光客を無言で取り囲む、「犬と中国人立入禁止」の意の看板を掲げるなどの行動を上野・秋葉原で行った(中国人観光客を「集団ストーカー」し、女性観光客2名に集団で襲いかかる、金友隆幸(維新政党・新風世田谷支部長)率いる「排害社」の暴徒っぷり - 3羽の雀の日記)。
  116. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:【尖閣】支那・中国側が一方的な宣伝開始せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:【活動報告】秋葉原の街を示威行進
  117. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「きれいごと主張」で何かが変わるのか!?
  118. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:活動報告・ハローウィンの馬鹿騒ぎを粉砕!。結局未確認のままであった。
  119. ^ ヤマト・カレンダー | せと弘幸blog『日本よ何処へ』出張所
  120. ^ 凪論 : せと弘幸Blog『日本よ何処へ』裁判展望 〜訴状送付先は特定非営利活動法人外国人犯罪追放運動の主たる事務所所在地〜
  121. ^ ブルーベリーを原料としたゼリーで、原料に含まれるアントシアンがナノテク技術で超微粒子化されている、というもの
  122. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:ナノテク食品と販売開始のお伝えのコメント欄など。
  123. ^ 「食品販売に関して執拗に私への批判を続ける人達がいるので、急遽論争をするためのブログを開設しました。批判者はここに書かないで、これからは下記ブログにコメントをして下さい」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:いじめられる日本(のび太)
  124. ^ 優健美館:2007年09月
  125. ^ 優健美館:2007年10月
  126. ^ 2ちゃんねるなどで、このブログをけなしたり、このブログで執拗に粘着している方は、政治ブログ(中略)で論争していた人達です」優健美館:読者への返答
  127. ^ 優健美館:おわりのご挨拶
  128. ^ 「私の友人が大変苦労しながら進めてきました。製品も完成し販売も始まりました。その名前もずばり「ナノ・ゼリー」です。怪しい商品か、どうかはいずれあなたも分かるでしょう。私は友人の成功を暖かく見守ってやることくらいしか出来ませんが、成功することを願っております。以上です。」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:何のための消費者庁なのか?
  129. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:シナ・中国産の食品を全面輸入禁止せよ!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:シナ・中国の問題が多すぎて困るわ!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:シナ産乳製加工品の輸入を禁止せよ!
  130. ^ 優健美館:香醋のカプセル優健美館:新商品紹介など
  131. ^ それはギャグでやっているのか: 或る浪人の手記
  132. ^ 「今度、新しい商品を開発して販売します」「優健美館ブログも近く再会します(原文ママ)」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:朝木明代殺害事件への私見と関わり(2) 2010年10月09日 07:26のコメント
  133. ^ 「商品の開発プロジェクトそのものを他社に譲り渡しました。忙しくて手が回らなかったということです。」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:平成22年を回顧して
  134. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:公明党が靖国を語る時、忘れてはいけない過去の布教活動
  135. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:「仏罰」を連発する池田大作
  136. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:創価は洗脳カルト教団せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:神札は悪鬼の住み家、創価学会の教義
  137. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:反創価学会学習講座1。ただし、瀬戸は「いかなる宗教団体も国から特権を受け、または政治上の権力を行使してはならない」を「いかなる宗教団体も国から特権を受ける」意味だと解釈していた。
  138. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:創価・超優遇税制を撃つ!
  139. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:池田太作が本名なのか!?せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:公明党の代表選挙の不可解さ?など。2ちゃんねるの書き込みなどから情報を得た。
  140. ^ 無名の一市民が、巨大組織により日常的に監視され、電磁波などによる遠隔攻撃を受ける、というもの。
  141. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:毎日新聞社の断末魔
  142. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:威嚇・脅迫行為が始まった!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:二日連続の家宅侵入!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:本日開催「西村宅不法侵入事件も詳しく報告」せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:偽うんこ事件について
  143. ^ 推移グラフ
  144. ^ 動物の糞に困っています。教えて〜: 発言小町ハクビシン現る? | 人や生き物、そして地球も健やかに!お前だったのか〜:長岡市 片付けの元気そうじ屋など。
  145. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:朝木明代さん不審死事件(2008年7月30日)
  146. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:内部告発と社会正義(2008年08月17日)
  147. ^ 「内部告発者」をさガセ! ※脊髄反射的追記あり - 3羽の雀の日記
  148. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<活動報告>西村代表民事訴訟裁判(2009年4月15日)など。
  149. ^ 朝木明代#議席譲渡事件矢野穂積#市議立候補・議席譲渡事件を参照
  150. ^ 創価工作員になったつもりで考える朝木明代の自殺|C.I.L(Charismatic Itabashi Lover)
  151. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:創価学会の宣伝工作の一環
  152. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:集団ストーカーと電磁波被害
  153. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:<活動報告>東村山市議・朝木明代殺害事件!せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:9・1東村山駅前街宣映像紹介せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:創価公明党に追撃の手を緩めず
  154. ^ 朝木明代市議万引き被疑事件・転落死事件 まとめWiki - 救急隊事件/東京地裁判決
  155. ^ 矢野穂積#個人を標的とした右翼の「実力行動」と草の根市民クラブを参照。
  156. ^ 「東村山市民新聞」の迷宮 - 西村修平・街宣名誉毀損裁判
  157. ^ 【速報】元副署長が元政党副代表らを提訴 - Weekly Autocrat Watcher「東村山市民新聞」の迷宮 - せと弘幸Blog『日本よ何処へ』裁判
  158. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:9・1東村山駅東口街頭活動のお知らせせと弘幸Blog『日本よ何処へ』:お詫び
  159. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:【裁判】朝木明代殺害事件と私見 (1)
  160. ^ 橋本剛(全國明): オフイス・マツナガのブログ!
  161. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:【裁判】朝木明代殺害事件と私見 (2)
  162. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:御主(おぬし)も悪(ワル)よの〜対創価学会街宣名誉毀損裁判:瀬戸は日暮れてスタコラサッサ、そして貝になるクロダイくん - 3羽の雀の日記にコメント及び瀬戸の応答の抜粋がある。
  163. ^ 「東村山市民新聞」の迷宮 - せと弘幸Blog『日本よ何処へ』裁判
  164. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:【裁判】朝木明代殺害事件と私見 (2)
  165. ^ せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:投稿コメントに感謝します
  166. ^ GYROS 最新号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

瀬戸が開設したサイト[編集]