村田春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村田 春樹(むらた はるき、1951年(昭和26年)3月9日 - )は、日本投資家政治活動家である。「外国人参政権に反対する会」東京代表[1]、「自治基本条例に反対する市民の会­」会長[2]維新政党・新風東京都本部国民運動委員長、「従軍慰安婦の嘘を許さない女性の会」事務局長[3]をそれぞれ務める。

経歴[編集]

1969年(昭和44年)に早稲田大学高等学院を、1973年(昭和48年)に早稲田大学第一政治経済学部政治学科をそれぞれ卒業する。早稲田大学在学中は民族派学生運動に参加して楯の会会員(5期生)でもあった。1973年(昭和48年)に第一生命へ就職すると同時に政治活動と疎遠になる。第一生命では2003年(平成16年)から2011年(平成23年)に還暦定年退職するまでセーラー万年筆に出向していた[要出典]

活動[編集]

保守系の雑誌等に寄稿多数する。日本文化チャンネル桜の番組に不定期出演して在日外国人への日本における外国人参政権付与反対の主張を行っている[要出典]

2011年10月16日、在日特権を許さない市民の会会員として朝鮮学校無償化に反対する街宣活動[4]を行った。

2012年(平成24年)6月、維新政党・新風代表の鈴木信行、同党の党員である櫻井達郎、山本和幸の3名と共に訪韓して、韓国挺身隊問題対策協議会と独島研究所の建物の前に「竹島の碑(通称)」なる杭および従軍慰安婦問題に関するビラを設置し、韓国の世論から「杭テロ」との指弾を受けて4名は韓国政府から入国拒否対象者に指定[5]される。

原子力発電推進の立場で東京電力ホールディングスに対して株主提案などを行なっている[6]

キー局5社の認定放送持株会社の株主としてテレビ朝日の株主総会に出席し放送法遵守を求める活動やTBSデモの実行委員長としてデモを主催するなどしている[7]

新日鉄住金株主総会での朝鮮人徴用工問題で賠償金を払わないよう求めた。日清製粉株主総会に於いてはTBSサンデーモーニングが放送法4条違反であるとして企業価値の面からスポンサーを降りるよう求めたりといった活動を行っている。

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]