深田萌絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ふかだ もえ
深田 萌絵
生誕 (1978-02-24) 1978年2月24日(40歳)
大阪府
国籍 日本の旗 日本
別名 浅田麻衣子
民族 日本人
出身校 早稲田大学政治経済学部
職業 経済評論家、投資家、経営者
公式サイト http://fukadamoe.blog.fc2.com/

深田 萌絵(ふかだ もえ 1978年2月24日[1] - )は、日本の経済評論家投資家起業家、ファイナンシャルアドバイザー[2]。なお、深田萌絵は執筆者としてのペンネームであり、本名は浅田麻衣子で、レバトロンホールディングス合同会社の共同創立者、現在はレバトロン株式会社(レバトロンホールディングス合同会社より移行)の代表取締役である。

人物[編集]

1978年2月、大阪府に産まれる[1]

偏差値40の三流短大(美術短大)」を卒業後、OL生活、フリーター生活を送るも、一念発起してAO入試早稲田大学政治経済学部に入学[2][3]株式について学び、在学中に初代「株アイドル」として活動[3]

卒業後外資系金融機関に就職し、個人投資家や投資セミナー講師、経済評論家などとして活動していた[3]

2012年2月には毎日放送MBSテレビで関西ローカルの深夜番組『全力!銭ナール』に謎のEカップ女性講師「萌絵先生」としてレギュラー出演。株式投資を「男ころがし」とみなし、「向上心のない男と成長しないダメな企業は同じで、早く見極めて縁を切れ」という持論を展開し、人気を博す[2][3]。同年6月には、雑誌『週刊プレイボーイ』(集英社)にグラビア写真が掲載された[1]

身長156センチメートル[1]。スリーサイズは上から88-60-87、Eカップ[1][3]。血液型はO型[1]

2017年からは本業の会社経営の傍ら、月刊WiLLの準レギュラー執筆者として、「蓮舫さん、あなたはいったい何者なの(2017年3月号)」、「東芝買収でF35の最高機密が中国へ(同9月号)」、「北朝鮮のミサイル技術を支える台湾=「青幇(チンパン)」闇のカラクリ (同12月号)」などの記事で注目される。

経営者、浅田麻衣子としての活動歴[編集]

旧レバトロン株式会社を創業[編集]

福島原発事故の際、日本における「高放射線下で起動する耐放射線設計技術・大容量データ高速処理技術の後れ」を痛感、地震大国であり原発にエネルギーを頼っている日本には、 通信技術の向上、データ伝送技術の向上、耐放射線技術の向上が必須であるとの認識を持ち、震災後からそれらの問題の解決策を模索。耐放射線技術、大容量データ高速演算処理技術を持つシリコンバレーの技術チームとの出会いを機に旧レバトロン株式会社を創業、投資家から起業家へ活動の軸足を移す。[要出典]

旧レバトロン株式会社からレバトロンホールディングス合同会社、Revatron株式会社まで[編集]

医療用、車両用、重機操作用、航空及び船舶用の映像伝送実験を重ね、ハードウェアのトータルソリューションプロバイダーとして活動するも、中国による産業スパイの被害を受けたとして[注釈 1]株主総会の満場一致の決議で旧レバトロン株式会社を清算、新たにレバトロンホールディングス合同会社を浅田麻衣子個人の資本で設立、経営の再建に当たる。[要出典]

2年後、借金を完済し、組織をRevatron株式会社に移行、その後、旧レバトロン株式会社清算時の元株主も資本参加、ベンチャーキャピタルからの資金調達も終了した。[要出典]

経営者としての受賞歴[編集]

日本政策投資銀行主催の第一回女性新ビジネスプランコンペティションにおいて、ファイナリストとなる。[1]



出演番組[編集]

著訳書[編集]

監修
  • 『女子大生トレーダー深田萌絵の株ビギナーでも儲かる「アノマリー投資」超入門』(松川行雄著、2005年9月、ソフトバンククリエイティブ)ISBN 978-4797332285
翻訳

出典[編集]

外部リンク[編集]


引用エラー: 「注釈」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注釈"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません