移動保護されたページ

奈良県警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Flag of Nara Prefecture.svg 奈良県行政機関
奈良県警察
Asahikage.svg
奈良県警察本部
奈良県警察本部
役職
本部長 大橋一夫
警務部長 雨宮敏雄(警視正
組織
上部組織 奈良県公安委員会
内部組織 警務部生活安全部刑事部交通部警備部
概要
所在地 奈良県奈良市登大路町80番地
北緯34度41分10.17秒 東経135度50分2.11秒 / 北緯34.6861583度 東経135.8339194度 / 34.6861583; 135.8339194座標: 北緯34度41分10.17秒 東経135度50分2.11秒 / 北緯34.6861583度 東経135.8339194度 / 34.6861583; 135.8339194
設置 1954年昭和29年)7月1日
前身 国家地方警察奈良県本部
ウェブサイト
奈良県警察
テンプレートを表示

奈良県警察(ならけんけいさつ)は、警察法第36条により奈良県に置かれた警察組織である。奈良県内を管轄区域とし、奈良県警と略称する。警察法第38条により奈良県公安委員会の管理を受ける。給与支払者は奈良県知事近畿管区警察局管内。本部所在地は奈良市登大路町80番地。

沿革[編集]

本部組織[編集]

データ[編集]

警察署[編集]

警察署数は12。※警察車両のナンバーは橿原市、磯城郡(三宅町、田原本町)、高市郡は飛鳥、それ以外は奈良

地域 警察署名称 所在地 管轄区域
奈良 北和 奈良警察署 奈良市大森町 旧山辺郡都祁村の区域を除く奈良市東部と中央部
奈良西警察署 奈良市学園南三丁目 奈良市西部
生駒警察署 生駒市東松ヶ丘 生駒市
郡山警察署 大和郡山市杉町 大和郡山市
天理警察署 天理市田部町 天理市、奈良市の旧山辺郡都祁村の区域、山辺郡山添村磯城郡川西町
飛鳥 中和宇陀 磯城郡三宅町田原本町
奈良 桜井警察署 桜井市三輪 桜井市宇陀市宇陀郡曽爾村御杖村吉野郡東吉野村
飛鳥 橿原警察署 橿原市四条町 橿原市高市郡高取町明日香村
奈良 高田警察署 大和高田市神楽三丁目 大和高田市葛城市御所市
香芝警察署 香芝市畑二丁目 香芝市北葛城郡広陵町
西和 西和警察署 北葛城郡王寺町葛下一丁目 生駒郡平群町三郷町斑鳩町安堵町、北葛城郡王寺町上牧町河合町
五條吉野 五條警察署 五條市今井四丁目 五條市、吉野郡野迫川村十津川村
吉野警察署 吉野郡大淀町下渕 吉野郡大淀町吉野町下市町黒滝村天川村下北山村上北山村川上村

主な事件・不祥事[編集]

2006年以前[編集]

高裁判決は、浮浪容疑での逮捕は「働く能力がありながら職業に就く意思がない」とする軽犯罪法の要件を満たさず奈良県警察の不当逮捕と認定。また覚せい剤使用については「違法な別件逮捕中に収集された証拠で無効」と判断した。判決では男の車内に求人情報誌やハローワークで交付された求人票のコピーがあったことに触れ、「警察官が職業に就く意思をことさら黙殺した可能性が濃厚だ」と指摘し、「現行犯逮捕の際は、国民の権利を不当に侵害しないよう慎重さが求められており、(奈良県警察の)違法性の程度は極めて高い」とした。[5]
  • 2007年(平成19年)11月、20代の男性巡査暴走族への逮捕状の発行情報や、ひき逃げ事件の捜査状況などをmixi上に公表していたことが判明した。県警監察課は、書き込まれた内容は捜査情報ではないとしつつも、書き込みを止めるよう指導しており懲戒処分も検討している [6]

2009年[編集]

  • 2009年(平成21年)2月、捜査第二課の警部(当時51歳)と組織犯罪第三課の警部補(当時53歳)が、前年の2008年12月に発生した天川村公共工事を巡る汚職事件(当時の天川村長が加重収賄で逮捕・起訴された)で、村長らに捜査情報を漏洩していたとして逮捕された[7]。また、その後の調べで当該の警部補が実質的に経営するコンサルタント会社が、暴力団対策の名目で産業廃棄物処理会社から約290万円を受け取ったとして、警部補が収賄罪で再逮捕され、産廃処理会社の元役員も贈賄罪で逮捕された[8]。これら一連の事件を受け、警察本部長が、同年4月警察庁長官注意処分を受けている[9]
  • 2009年(平成21年)10月上旬、橿原警察署のパトカー内から微量の覚醒剤が発見されたことが発覚した。その後の調べで、翌2010年4月になって2007年に同署が窃盗容疑で逮捕した橿原市内の男性が、車内に覚醒剤を隠したことを認めた。発見されるまでの間、パトカーに乗務した警察官は、誰一人覚醒剤の存在に気付いておらず、同署は所持品検査を徹底させるとしている[10][11]

2010年[編集]

  • 2010年(平成22年)3月8日、暴力団対策を担当していた県警の捜査員2名が、捜査情報を流す見返りに暴力団組員らから金品を受け取っていたとされる疑惑が浮上した。警察官2名は、県警の事情聴取で、「金品の授受を認めているが捜査情報を漏らした事は無い」と述べている。奈良県警は物証が乏しいなどとして、立件を見送る方針である事を明らかにしていた。また、組長から借金の連帯保証人になってもらうなどの事実も判明したため、県警は2010年5月20日に、橿原警察署に転属していた当該の捜査員2名を、懲戒免職の処分とした。また、当時の上司についても、本部長注意などの処分となった[12]
    • また、この事件に絡み、大阪市内の会社経営の女性が、これらの捜査員から暴力団組長を紹介され金を貸したものの、その後返済されなかったため「騙し取られた」として奈良県警と当該の組長などを相手取り、損害賠償を求める訴訟大阪地方裁判所に起こした[13]

2011年[編集]

  • 2011年(平成23年)3月、奈良西警察署の58歳の男性巡査部長が、管内で起こったわいせつ事件の被疑者についての情報が含まれた文書を、被疑者の知人の男性に対し漏洩していた疑いが浮上。文書を受け取った被疑者の知人が、当該の文書が入った財布を奈良市内で紛失し、その後奈良警察署に財布が届けられ、中から文書が発見されたことで発覚した[14]
  • 2011年(平成23年)4月4日深夜に奈良市内で発生した傷害事件で、同18日に奈良警察署が被害者の目撃証言などから19歳の少年を逮捕したが少年は容疑を否認し、同日午後になって少年の弟が同署に出頭したことで、誤認逮捕だったことが明らかになった。同署は18日中に少年を釈放し、同27日に弟を書類送検した[15]

2012年[編集]

  • 2012年(平成24年)3月に電車内で痴漢をしたとして、大阪府迷惑防止条例違反容疑で同県警に逮捕された52歳の男が被害者の女性に対し、「会いたくなった」等の内容の葉書を送付していたことが明らかになった。この男は、警察での取調べの最中に捜査書類に書かれていた女性の個人情報を盗み見し、それに基づいて送付していた模様で同県警の個人情報管理の在り方が問題視されている[16]
  • 2012年(平成24年)8月上旬、奈良県警察学校の教官の38歳の男性警部補が、同校の校内で学生らと飲酒していたが、この時に学生らの言動に激昂し数人に暴行を加えた。被害者のうち、1人は顔を殴られ、顔面骨折の重傷を負った。県警はこの警部補について、傷害・暴行容疑で事情聴取中で、懲戒処分も検討中である[17]
  • 2012年(平成24年)11月20日から21日にかけ、奈良市内で自転車などが焼ける不審火が連続発生した。捜査の結果、現場を所轄する奈良西警察署の30歳代の警察官が火をつけた疑いが強まり、県警はこの警察官を建造物等以外放火容疑で立件することとした[18]。この警察官は休職中で、2013年1月16日自宅で自殺(家族により発見)。

2013年[編集]

  • 1月31日に窃盗容疑で郡山警察署に逮捕され、その後、香芝警察署に留置されていた同県内の無職女性について、靴下や下着などに大麻を隠し持っていたにもかかわらず、両署が見落としていたことが明らかになった。両署は所持品検査を十分に実施していなかったことが明らかになっており、県警は担当した署員の処分を検討している[19]
  • 郡山署の男性巡査が同年5月に、自らの下半身を携帯電話で撮影の上、インターネット上に投稿していたとして、県警はこの巡査を同年10月17日付でわいせつ電磁的記録記録媒体陳列容疑で書類送検した上、減給10分の1の処分とした[20]

2014年[編集]

  • 大和高田警察署の複数の警察官が、トラクターの窃盗事件の捜査に於いて被疑者としてマークした男性の行動確認のため、この男性が予約したレンタカートラックに、県警の内規で定められた事前承認を得ないまま無断でGPS端末を取り付けての捜査を行っていたことが、2016年12月に明らかになった[21]。本件は、GPSによって位置情報を網羅的に監視されていた一般市民に対する重大な人権侵害であるとして、最高裁によって憲法違反として認定され、以後の警察捜査によるGPSの無断利用の抑制のきっかけともなった。

2015年[編集]

  • 県警高速道路交通警察隊に所属していた男性巡査部長(その後奈良警察署交通第二課に異動)が1月に、大和郡山市内の高速道路において無免許運転者による交通事故が発生した際、運転者を検挙せず、書類上は運転者の知人が運転していたことにして処理していたことが明らかになった。県警はこの巡査部長を翌2015年6月3日に、犯人隠避及び虚偽公文書作成などの容疑で逮捕[22]。またこの巡査部長は、オービスで速度違反が発覚した女性の交通違反をもみ消した上、その見返りに現金を受け取ったとして、同年6月23日に加重収賄と虚偽有印公文書作成・同行使容疑で再逮捕された[23]
  • 桜井警察署が11月13日に、桜井市在住の50歳の男性を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕し勾留していたが、この男性は同月21日に実兄の葬儀に出席するため、同日午前0時から午前11時までの間、勾留の執行停止が認められた。しかし葬儀が終わった後、同署へ戻る途中に、乗っていた車から逃走。同署はこの男性の行方を捜査している[24]

2016年[編集]

  • 警備部警備第一課に所属する男性警察官が、4月26日に私用で乗用車を運転中に2人乗りのオートバイに接触し被害者を転倒させたが、救護する事なく現場から立ち去った[25]。奈良県警は「公表基準に達していない」と取材に答えたのみで現在も事件自体を公表していない。また「被害者は重傷ではない」[26]と矮小化しているが病院で下された診断は「骨盤骨折」で3ヶ月の重傷だった[27]。警察官の特権により書類送検と停職1カ月の懲戒処分[28]というひき逃げ事件としては軽過ぎる処分で幕引きを図る。
  • 奈良警察署地域第三課の巡査部長が1月-4月頃に警察署内で同僚ら4人の財布から現金計3万円を盗んだ窃盗容疑で書類送検。同巡査部長は昨年の2-3月頃にも部下2名に暴言や暴力を振るう等のパワーハラスメント行為を行っていた事が判明したため、停職3カ月の懲戒処分にしたと発表、同巡査長は同日付で依願退職した[29]。ひき逃げよりも重い処分の為、庶民感覚から著しく乖離した奈良県警察の実態が浮き彫りとなった。
  • 11月15日、2010年2月に勾留中していた山本病院事件の被疑者である同病院の主治医を暴行死させたとして、被疑者の遺族が奈良県警を刑事告発した[30]

2019年[編集]

  • 5月18日、奈良県内の20歳代の男性会社員が、酒に酔った状態で奈良警察署に一晩保護されたが、翌日に署から帰る際に財布の中の現金のうち、約9万円が無くなっていた。県警は、窃盗容疑で調べると共に男性が保護されていた場所は通常署員しか出入りしないことなどから、内部犯行の可能性もあると見ている[31]

2020年[編集]

  • 2月7日、機動隊の20歳代の男性巡査長1月27日に、庁舎内の女子トイレで盗撮行為をしたとして県警が奈良県迷惑防止条例違反容疑でこの巡査長を捜査対象にしていることが判明された。県警は、この巡査長を書類送検する方針だが、「逃亡や証拠隠滅の恐れがない」などの理由で逮捕していない[32]

脚注・出典[編集]

  1. ^ シカがモチーフ
  2. ^ 警官発砲:男性死亡 警察官2人を付審判と決定 奈良地裁 毎日新聞 2010年4月17日
  3. ^ 発砲警官の付審判決定…特別公務員暴行致死罪 読売新聞 2010年4月15日
  4. ^ “拳銃発砲男性死亡:2警官の無罪確定へ…最高裁が上告棄却”. 毎日新聞. (2014年12月4日). オリジナルの2014年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141209010248/http://mainichi.jp/select/news/20141205k0000m040050000c.html 2014年12月4日閲覧。 
  5. ^ 浮浪で逮捕は違法、43歳男性逆転無罪
  6. ^ ミクシィに「逮捕状出た」 奈良県警巡査が捜査情報 47NEWS共同通信) 2007年11月8日
  7. ^ 奈良県警の警察官2人 捜査情報漏洩容疑で逮捕 産経新聞 2009年2月24日
  8. ^ 奈良県警、収賄容疑で警部補を再逮捕 産経新聞 2009年3月16日
  9. ^ 本部長が注意処分、奈良県警の捜査情報漏洩事件 産経新聞 2009年4月10日
  10. ^ パトカーから覚醒剤! 容疑者が検査逃れで隠した可能性 産経新聞 2009年11月6日
  11. ^ 覚せい剤:パトカー車内に3年近く放置 被告が隠す 毎日新聞 2010年4月8日
  12. ^ 組長を保証人に借金、腕時計授受 奈良の2警官免職 朝日新聞 2010年5月21日
  13. ^ 「警察官紹介で組長に金貸し被害」女性経営者提訴 読売新聞 2010年6月4日
  14. ^ 巡査部長、容疑者情報を知人に漏らした可能性 読売新聞 2011年6月30日
  15. ^ 兄を捕まえたら弟が出頭…誤認逮捕が判明 読売新聞 2011年5月27日
  16. ^ 痴漢:逮捕の男、被害女性にはがき 「書類盗み見て暗記」 毎日新聞 2012年8月3日
  17. ^ 警察学校教官、学生数人殴った疑い 顔面骨折の被害者も 朝日新聞 2012年9月4日
  18. ^ 警官が連続放火か、近く取り調べ…署に恨み 読売新聞 2012年12月10日
  19. ^ 勾留中の女が大麻所持 奈良県警、2回の検査で見落とす 朝日新聞 2013年3月1日
  20. ^ 奈良県警:下半身露出しネットに投稿 容疑の巡査を送検 毎日新聞 2013年10月19日
  21. ^ 奈良県警 警察官 事前承認得ずGPS端末使った捜査 NHKニュース 2016年12月9日
  22. ^ 犯人隠避などの疑い 警察官を逮捕 奈良 NHKニュース 2015年6月3日
  23. ^ 違反もみ消し収賄:容疑で巡査部長を再逮捕 速度監視担当 奈良 毎日新聞 2015年6月24日
  24. ^ 葬儀出席で勾留停止中の容疑者が逃走 奈良 NHKニュース 2015年11月21日
  25. ^ 奈良県警警備1課の男性警官に疑い 捜査 毎日新聞 2016年4月29日
  26. ^ 男性警官がひき逃げ疑い 奈良県警が捜査 産経新聞 2016年4月29日
  27. ^ 奈良県警警官がひき逃げ 被害者は“重傷” (キャッシュ) 読売テレビ ニュース 2016年5月2日
  28. ^ ひき逃げ容疑の警官、停職1カ月の懲戒処分に 奈良県警 朝日新聞 2016年7月6日
  29. ^ 署内で窃盗、部下に「クズ」…警官を停職3か月 読売新聞 2016年7月11日
  30. ^ “取り調べ中の暴行が死因か” 調査した大学教授が告発 NHKニュース 2016年11月15日
  31. ^ 警察署で一晩保護の男性、財布の9万円消える…内部犯行か 読売新聞 2019年7月24日
  32. ^ 奈良県警巡査長、トイレ盗撮容疑 書類送検へ 毎日新聞 2020年2月7日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]