西村幸祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西村 幸祐
(にしむら こうゆう)
誕生 1952年
東京都
職業 評論家作家コメンテイタージャーナリスト編集者
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾大学文学部哲学科中退
活動期間 1990年 -
ジャンル ノンフィクション
主題 F1サッカー反日メディア論近現代史外交安全保障
代表作 「反日」の構造[誰によって?]
「反日」の超克[誰によって?]
幻の黄金時代[誰によって?]
主な受賞歴 朝日広告賞部門賞(コピーライター)
処女作 F1グランプリ 華麗なる国際イベントの舞台裏
親族 西村眞次(祖父)
西村朝日太郎(叔父)
稲嶺惠一(従兄弟)
公式サイト ※2011年に開設された新公式サイト「西村幸祐 公式」(kohyu.jpn.com)は埼玉県の鉄筋メーカー「コーユー」(kohyu.jp)と誤認識されspamフィルタリングでリンクできない。
テンプレートを表示

西村 幸祐(にしむら こうゆう、1952年(昭和27年) - )は、日本作家評論家戦略情報研究所客員研究員。「報道ワイド日本」の金曜日「クリティーク」のキャスター。一般社団法人アジア自由民主連帯協議会副会長。

来歴[編集]

東京都出身。慶應義塾大学文学部哲学科中退。大学在学中から第6次『三田文学』の編集に携わる。西尾幹二によると、当時学生だった西村が西尾と桶谷秀昭の対談を企画し実現したという[1]

その後、『ニュー・ミュージック・マガジン』(現『ミュージック・マガジン』)、編集、レコーディング・ディレクター、コピーライターを経て、1980年代後半からスポーツをテーマに作家、ジャーナリストとして活動を開始。1990年代前半はほぼF1をテーマとした取材、執筆活動に専念していたが、1993年(平成5年)のワールドカップ予選からサッカー取材を開始。1994年(平成6年)、レーサーアイルトン・セナ事故死をきっかけに[要出典]、取材対象をサッカーへ移行した。1996年(平成8年)、日本初のサッカーオンラインマガジン『2002JAPAN』(後の『2002CLUB』[2])の編集長。2000年(平成12年)にはサッカー雑誌『サッカー・ウィナーズ』(新潮社)をプロデュース。

このほか、三島由紀夫の評伝や『週刊少年ジャンプ』でF1を題材にした漫画原作、ゴルフをテーマにした海外ミステリー翻訳などを手掛けている。

サブカル音楽文学)からスポーツF1サッカー)、政治北朝鮮による日本人拉致問題反日人権擁護法案など)・マスコミインターネット言論(2ちゃんねるブログ)と幅広いジャンルを扱い、2ちゃんねるやブロガーの活動を肯定的に評価している。また、中国のことをシナと呼び、「CHINA」を「支那」と表記している。

2006年(平成18年)からはオークラ出版#撃論ムック」シリーズ(2010年12月休刊)の編集に携わる。2008年(平成20年)7月には「チベット自由人権日本100人委員会」のメンバーとなり、7月30日に開催された発足記念シンポジウムに参加した。2011年(平成23年)には『ジャパニズム』の創刊に関わり、第3号まで責任編集者を務めた。

活動[編集]

  • 2002年(平成14年)の日韓ワールドカップや北朝鮮による日本人拉致問題を契機に、歴史認識問題やメディア批判、安全保障問題などに執筆分野を変更。『諸君!』や『正論』、『WiLL』、『Voice』など論壇誌や、『SAPIO』、『リベラルタイム』など時事雑誌への執筆活動を開始。主に"特定アジア"における“反日”的運動や、朝日新聞など既存のメディアへの批判も展開。本人のページ[3]でも、これらメディア批判のテーマが目立つ。
  • 2004年(平成16年)8月15日に開局した日本文化チャンネル桜のベルト番組、「報道ワイド日本」の金曜日「クリティーク」のキャスターを務めた。一時期、キャスターから退いたが、2007年から別番組に復帰、討論会にも出演している。
  • 2006年(平成18年)からオークラ出版で「#撃論ムック」シリーズの編集長を務める傍ら、文芸言論誌『表現者』において「幻の黄金時代――オンリー・イエスタデイ'80」の連載を開始。また。6月に開催されたワールドカップドイツ大会では、日刊スポーツWEBでコラムを連載した。
  • 2007年(平成19年)8月、自らが連載をする文芸言論誌『表現者』の編集委員となった。
  • 2008年(平成20年)7月、「チベット自由人権日本100人委員会」発足シンポジウムにパネリストとして出席、同委員会の主要メンバーに就任。
  • 2010年(平成22年)2月28日、すぎやまこういち三橋貴明と共に、「日本人の日本人による日本人のためのメディア」として、ブログを集積し、既存メディア監視を主な目的とする情報サイト「メディア・パトロール・ジャパン」を開設し、編集長に就任した[4]。その後、西村によれば「様々な妨害やクラッキングの被害に遭い」[要出典]、休止している。
  • 2009年(平成21年)7月13日、アジア6民族・6名のメンバーと共に海外特派員協会で記者会見を行い、「中国によるウイグル弾圧への緊急声明」を発表した。この声明はウイグル自由人権アジア委員会の名で発表され、ウイグル人のイリハム・マハムティ、チベット人のペマ・ギャルポ、モンゴル人のスチェント、台湾人の林建良、元中国人で日本に帰化した石平が出席した[要出典]
  • 2011年(平成23年)11月26日、「一般社団法人アジア自由民主連帯協議会」副会長に就任。
  • 2012年(平成24年)7月16日、同日から翌17日にかけて陸上自衛隊第1師団が東京直下型地震を想定した訓練を実施する際、東京都の特別区23区のうち16区が自衛隊による区施設等の利用を拒否したとのツイートをおこなう[5]。7月18日には日本文化チャンネル桜『ニュースの読み方』にて、自身の「スクープ」として発表した[6]。産経新聞が7月23日付で報じたほぼ同内容(協力を拒否したのは11区としている)の記事については、自身のスクープを後追い報道したものであると述べた[6][7]。名指しされた11区は産経新聞に対し「報道内容は事実無根」との抗議をおこない、7月25日に産経新聞は記事内容が誤報であったことを認めて謝罪・訂正をおこなった[6]

歴史認識問題について[編集]

  • 2007年(平成19年)7月の久間章生の防衛大臣辞任に関して、自身のブログにて朝日新聞を批判する文脈の中で、「広島の原爆慰霊碑の主語が不明確な問題の碑文、「過ちは繰り返しませぬから」を書き換える意思のない者は、久間大臣の「しょうがない」発言を批判する資格は無い。」と批判した[8]。同13日、YouTubeからハンドルネーム「TAMAGAWABOAT」制作になる南京虐殺関係のコンテンツ動画が全て削除されたことに対し、自身のブログにて『拉致関係の広報ビデオまで削除するとは、YOUTUBEに国際陰謀の圧力が掛かったと想像しても不思議はない。北朝鮮支那米国のいずれかの権力意思が、何らかの工作を伴ってYOUTUBEに削除要請したか』と記述した[9]
  • 2007年(平成19年)6月14日の米国紙ワシントン・ポストに「従軍慰安婦問題」の日本軍の強制連行を否定し、アメリカ合衆国下院121号決議の完全撤回を求める意見広告THE FACTS」を出稿した歴史事実委員会のメンバーに名を連ねる。
  • 2012年(平成24年)11月6日、米国ニュージャージー州の地方紙「スター・レッジャー」に歴史事実委員会のメンバーとして、米紙「ニューヨークタイムズ」に出された韓国人による意見広告とニューヨーク市タイムズスクエアに掲出された広告ボードに反論する慰安婦の強制連行はないとする意見広告を掲載した。この年の「歴史事実委員会」は、青山繁晴櫻井よしこすぎやまこういち藤岡信勝、西村の5名で構成されている。

家族・親族[編集]

祖父は朝日新聞記者、雑誌『学生』編集長を務め、後に早稲田大学教授になった、『大和時代』で知られる歴史学者西村眞次。また、叔父文化人類学者の西村朝日太郎(元早大名誉教授)、従兄弟に前沖縄県知事稲嶺惠一がいる。

著書[編集]

F1・サッカー関連[編集]

  • 『F1グランプリ 華麗なる国際イベントの舞台裏』 日本能率協会、1990年8月。ISBN 4-8207-0691-8
  • 『F1という名の物語 グランプリにかけた挑戦者の夢』 日本能率協会、1991年6月。ISBN 4-8207-0765-5
  • 『F1コックピットの英雄たち サーキットに刻まれた61人の栄光の軌跡』 ジョー・ホンダ写真、扶桑社、1992年8月。ISBN 4-594-00965-4
  • 西村幸祐文・編纂 『Honda in the race』 小池宣夫撮影、講談社、1993年10月。ISBN 4-06-206368-9
  • 『グリーン・シグナルの彼方へ F1ヒューマンステージ 男たちの闘い』 光人社、1993年12月。ISBN 4-7698-0668-X
  • 後藤健生; 西村幸祐 (1997-9). J's ボイス 日本サッカー新世紀への提言. ゼスト. ISBN 4-916090-64-0. 
  • 後藤健生; 湯浅健二; 西村幸祐 (1998-2). サッカーを読め!. J'sボイス ; 2. ゼスト. ISBN 4-916090-96-9. 
  • 後藤健生; 湯浅健二; 西村幸祐 (1998-4). 2002JAPAN編集部責任編集. ed. サッカーを語れ! 後藤健生・湯浅健二・西村幸祐対談集 J's voice extra. ゼスト. ISBN 4-88377-018-4. 
  • 『戦場へ、ようこそ World Cuo France 98各国戦力・徹底分析』 クレスト社、1998年5月。ISBN 4-87712-073-4
  • 『サッカー俺にも言わせろ! 落書町一丁目より 激闘編』 2002JAPAN編集部責任編集、ゼスト、1998年6月。ISBN 4-88377-019-2
  • 後藤健生; 湯浅健二; 西村幸祐 (1998-6). サッカーをもっと読め!. J'sボイス 3. ゼスト. ISBN 4-88377-026-5. 
  • 後藤健生; 湯浅健二; 西村幸祐 (1998-10). ワールドカップを読め!. J's voice ; 4. ゼスト. ISBN 4-88377-035-4. 
  • 『八咫烏の軌跡 W杯と日本サッカーの1460日』 出版芸術社、2002年3月。ISBN 4-88293-210-5

評論関連[編集]

責任編集[編集]

ジャパニズム[編集]

2011年(平成23年)より青林堂で、『撃論ムック』を継承する雑誌『ジャパニズム』(題字は「JAPANISM」)の創刊に関わり、4月26日発売の創刊号より8月26日発売の03号まで責任編集者を務めた。

  1. 『「ジャパニズム」01』 青林堂、2011年4月26日ISBN 978-4-7926-0434-9
  2. 『「ジャパニズム」02』 青林堂、2011年6月25日ISBN 978-4-7926-0436-3
  3. 『「ジャパニズム」03』 青林堂、2011年8月26日ISBN 978-4-7926-0439-4

撃論ムック[編集]

2006年(平成18年)12月に「コミックオピニオン誌」としてオークラ出版から1号のみ(これは山野車輪が担当)、以後は2010年(平成22年)12月まで別冊ムックだけが30冊刊行された『撃論』シリーズで責任編集を担当した。2010年(平成22年)12月27日発売の「反日マスコミの真実2011」の編集後記で休刊を宣言した。以後「―ムック」は本誌に集約される。

  1. 『「反日マスコミ」の真実 マスコミタブー<超入門>』 オークラ出版〈OAK MOOK 126号. 撃論ムック Vol.1〉、2006年12月。ISBN 4-7755-0838-5
  2. 『ぼくらの核武装論 タブー超突破!今だから論じる。考える。 持つか持たざるか、決めるのは、ぼくら(日本人)だ!』 オークラ出版〈OAK MOOK 138号. 撃論ムック Vol.2〉、2007年4月。ISBN 978-4-7755-0893-0
  3. 『ネットvsマスコミ!大戦争の真実 不祥事続きのマスコミへno!ネットの逆襲』 オークラ出版〈OAK MOOK 142号. 撃論ムック Vol.3〉、2007年5月。ISBN 978-4-7755-0926-5
  4. 『中学生にも分かる慰安婦・南京問題』 オークラ出版〈OAK MOOK 146号. 撃論ムック Vol.4〉、2007年7月。ISBN 978-4-7755-0930-2
  5. 『情報戦「慰安婦・南京」の真実』 オークラ出版〈OAK MOOK 150号. 撃論ムック Vol.5〉、2007年7月。ISBN 978-4-7755-0937-1
  6. 『中国禁止! 買うな、食べるな、使うな、危険な中国』 オークラ出版〈OAK MOOK 169号. 撃論ムック Vol.6〉、2007年10月。ISBN 978-4-7755-1017-9
  7. 『誰も報じない中国の真実』 オークラ出版〈OAK MOOK 180号. 撃論ムック Vol.7〉、2007年11月。ISBN 978-4-7755-1069-8
  8. 『「反日マスコミ」の真実2』 オークラ出版〈OAK MOOK 193号. 撃論ムック Vol.8〉、2008年1月。ISBN 978-4-7755-1112-1
  9. 『拉致と侵略の真実 教科書が教えない日本被害史 完全保存版』 オークラ出版〈OAK MOOK 199号. 撃論ムック Vol.9〉、2008年3月。ISBN 978-4-7755-1143-5
  10. 『誰も知らない教育崩壊の真実』 オークラ出版〈OAK MOOK 205号. 撃論ムック Vol.10〉、2008年5月。ISBN 978-4-7755-1185-5
  11. 『チベット大虐殺の真実 free Tibet!チベットを救え!』 オークラ出版〈OAK MOOK 216号. 撃論ムック Vol.11〉、2008年5月。ISBN 978-4-7755-1205-0
  12. 『中国の日本解体シナリオ』 オークラ出版〈OAK MOOK 217号. 撃論ムック Vol.12〉、2008年7月。ISBN 978-4-7755-1206-7
  13. 『中国が崩壊する日 チベット、四川大地震から北京五輪へ』 オークラ出版〈OAK MOOK 223号. 撃論ムック Vol.13〉、2008年7月。ISBN 978-4-7755-1219-7
  14. 『8・15と靖国の真実 日本の平和と独立を守る、ワンダーランド!!』 オークラ出版〈OAK MOOK 235号. 撃論ムック Vol.14〉、2008年9月。ISBN 978-4-7755-1248-7
  15. 『猟奇的な韓国 海の向こうの狂気にどう接するか!!』 オークラ出版〈OAK MOOK 241号. 撃論ムック Vol.15〉、2008年10月。ISBN 978-4-7755-1260-9
  16. 『米中発・世界大恐慌 日本は危機を回避できるか?!』 オークラ出版〈OAK MOOK 252号. 撃論ムック Vol.16〉、2008年11月。ISBN 978-4-7755-1279-1
  17. 反日マスコミの真実2009』 オークラ出版〈OAK MOOK 264号. 撃論ムック Vol.17〉、2009年1月。ISBN 978-4-7755-1315-6
  18. 沖縄とアイヌの真実 小林よしのり参上!日本民族とは何か?』 オークラ出版〈OAK MOOK 270号. 撃論ムック Vol.18〉、2009年2月。ISBN 978-4-7755-1324-8
  19. 世界に愛された日本 誰も教わらなかった日本近現代史』 オークラ出版〈OAK MOOK 281号. 撃論ムック Vol.19〉、2009年5月。ISBN 978-4-7755-1348-4
  20. 世界を愛した日本 勇気と誇りを与えてくれる、私たちの近現代史』 オークラ出版〈OAK MOOK 284号. 撃論ムック Vol.20〉、2009年6月。ISBN 978-4-7755-1368-2
  21. NHKの正体 情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム』 オークラ出版〈OAK MOOK 293号. 撃論ムック Vol.21〉、2009年7月。ISBN 978-4-7755-1387-3
  22. 民主党の正体 矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠』 オークラ出版〈OAK MOOK 305号. 撃論ムック Vol.22〉、2009年9月。ISBN 978-4-7755-1422-1
  23. 迷走日本の行方 内閣支持率70%?!死に至る日本の病と新政権』 オークラ出版〈OAK MOOK 308号. 撃論ムック Vol.23〉、2009年11月。ISBN 978-4-7755-1433-7
  24. 反日マスコミの真実2010 日本を壊す、言論統制と情報封殺システム』 オークラ出版〈OAK MOOK 327号. 撃論ムック Vol.24〉、2010年1月。ISBN 978-4-7755-1482-5
  25. 外国人参政権の真実 日本解体と日韓併合百年の呪縛』 オークラ出版〈OAK MOOK 333号. 撃論ムック Vol.25〉、2010年4月。ISBN 978-4-7755-1518-1
  26. 民主党政権崩壊へ 日本の混迷、没落を許す国民に未来はあるのか?』 オークラ出版〈OAK MOOK 338号. 撃論ムック Vol.26〉、2010年6月。ISBN 978-4-7755-1543-3
  27. 「無防備国家・日本」 侵略、テロ、工作活動、外国人犯罪、全てに弱いスパイ天国』 オークラ出版〈OAK MOOK 344号. 撃論ムック Vol.27〉、2010年8月。ISBN 978-4-7755-1571-6
  28. 「アメリカとは何か」――減衰する巨大帝国。かつての最大の敵国はどこへ行くのか?』 オークラ出版〈OAK MOOK 353号. 撃論ムック Vol.28〉、2010年9月22日ISBN 978-4-7755-1598-3
  29. 「侵略国家・中国の真実」――尖閣問題と中華帝国の日本属国化計画』 オークラ出版〈OAK MOOK 360号. 撃論ムック Vol.29〉、2010年12月19日ISBN 978-4-7755-1617-1
  30. 「反日マスコミの真実2011」――国籍をなくした報道の、恐ろしい情報統制』 オークラ出版〈OAK MOOK 363号. 撃論ムック Vol.30〉、2011年1月27日ISBN 978-4-7755-1629-4

漫画原作[編集]

翻訳[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西尾幹二著『三島由紀夫の死と私』 [要ページ番号]
  2. ^ 西村幸祐: “2002CLUB” (日本語). NISHIMURA OFFICE Co.,Ltd (2003年6月2日). 2003年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月12日閲覧。
  3. ^ Nishimura's Voice Part2
  4. ^ “保守系文化人がネットで「メディアパトロールジャパン」立ち上げ”. 産経新聞 (産業経済新聞社). (2010年2月26日) 
  5. ^ kohyu1952のツイート (225082479206346752)
  6. ^ a b c “産経新聞「都内11区が防災演習協力拒否」誤報はどうして起きたのか”. ガジェット通信. (2012年7月26日). http://getnews.jp/archives/236638 2013年5月14日閲覧。 
  7. ^ kohyu1952のツイート (227102397078577153)
  8. ^ 原爆慰霊碑の碑文改定を目指さない者に、久間発言批判の資格はない
  9. ^ 復活した「The Fake Of NANKING」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

※2011年に開設された新公式サイト「西村幸祐 公式」(kohyu.jpn.com)は埼玉県の鉄筋メーカー「コーユー」(kohyu.jp)と誤認識されspamフィルタリングでリンクできない。