特定アジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特定アジア(橙色部)

特定アジア(とくていアジア、英語: Tokutei Asia〈specific-Asia〉[1])とは、中国韓国および北朝鮮の3国[注 1]。略称は特亜または特ア。本来の「アジア」は東アジアからトルコまでを含む地域名を指すが、マスコミインターネットをはじめとする公共の場において、「アジア」はより狭義な、特定の地域のみをさす言葉として使用する状況が見られるため、本来の地域名である「アジア」と特定地域をさす場合での「アジア」を区別するため、「特定アジア」という用語は使用される[3]特亜三国とも[4][5]

もともとは、インターネット上での掲示板などで使用されるインターネットスラングの一つであったが、その後、学者、政治家、ジャーナリスト、書籍などでも使用されるようになった[要検証][6][7][8][9][10][11][12]

語源[編集]

2017年 BBCワールドサービスの国際世論調査
調査対象国別の対日本観[13]
調査対象国 肯定 否定 どちらでもない 肯定-否定
中華人民共和国の旗 中国
22%
75%
3 -53
スペインの旗 スペイン
39%
36%
25 3
トルコの旗 トルコ
50%
32%
18 18
パキスタンの旗 パキスタン
38%
20%
42 18
インドの旗 インド
45%
17%
38 28
ロシアの旗 ロシア
45%
16%
39 29
ペルーの旗 ペルー
56%
25%
19 31
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
57%
24%
19 33
イギリスの旗 イギリス
65%
30%
5 35
メキシコの旗 メキシコ
59%
23%
18 36
ケニアの旗 ケニア
58%
22%
20 36
ドイツの旗 ドイツ
50%
13%
37 37
インドネシアの旗 インドネシア
57%
17%
26 40
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
65%
23%
12 42
ギリシャの旗 ギリシャ
52%
9%
39 43
フランスの旗 フランス
74%
21%
5 53
ブラジルの旗 ブラジル
70%
15%
15 55
オーストラリアの旗 オーストラリア
78%
17%
5 61
カナダの旗 カナダ
77%
12%
11 65
2013年 ピュー・リサーチ・センターの国際世論調査
日本に対する印象(アジア・太平洋のみ)[14]
調査対象国 肯定 否定 どちらでもない 肯定-否定
中華人民共和国の旗 中国
4%
90%
6 -86
大韓民国の旗 韓国
22%
77%
1 -55
パキスタンの旗 パキスタン
51%
7%
42 44
フィリピンの旗 フィリピン
78%
18%
4 60
オーストラリアの旗 オーストラリア
78%
16%
6 62
インドネシアの旗 インドネシア
79%
12%
9 67
マレーシアの旗 マレーシア
80%
6%
14 74
2011年 BBCワールドサービスの国際世論調査
調査対象国別の対日本観[15]
調査対象国 肯定 否定 どちらでもない 肯定-否定
中華人民共和国の旗 中国
18%
71%
11 -53
メキシコの旗 メキシコ
24%
34%
42 -10
パキスタンの旗 パキスタン
34%
15%
51 19
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ
41%
17%
42 24
インドの旗 インド
39%
13%
48 26
フランスの旗 フランス
55%
29%
16 26
ポルトガルの旗 ポルトガル
43%
13%
44 30
イギリスの旗 イギリス
58%
26%
16 32
ドイツの旗 ドイツ
58%
25%
17 33
ガーナの旗 ガーナ
55%
11%
34 34
オーストラリアの旗 オーストラリア
60%
26%
14 34
スペインの旗 スペイン
57%
19%
24 38
エジプトの旗 エジプト
52%
14%
34 38
ケニアの旗 ケニア
61%
20%
19 41
トルコの旗 トルコ
64%
21%
15 43
大韓民国の旗 韓国
68%
20%
12 48
イタリアの旗 イタリア
66%
18%
16 48
ブラジルの旗 ブラジル
66%
16%
18 50
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
65%
14%
21 51
カナダの旗 カナダ
67%
16%
17 51
アメリカ合衆国の旗 アメリカ
69%
18%
13 51
チリの旗 チリ
66%
14%
20 52
ペルーの旗 ペルー
64%
10%
26 54
ロシアの旗 ロシア
65%
7%
28 58
フィリピンの旗 フィリピン
84%
12%
4 72
インドネシアの旗 インドネシア
85%
7%
8 78

匿名掲示板「2ちゃんねる」は、以前から中国・韓国・北朝鮮に関する話題はユーザーのイデオロギーの相違によって紛糾する傾向にあった。とくにニュース系の掲示板で顕著であったため、この3か国関連のニュースのみ「ニュース極東板」として分離されることとなった。「ニュース極東板」ではこれら3か国に批判的な意見を持つ者たちを中心に比較的自由な議論が行われ、その中で自然に「特定アジア」の用語が使われるようになっていった[要出典]

なお、「特定アジア諸国」という語はそれ以前よりさまざまな場面で用いられているが、いずれも本項の「特定アジア」とは無関係である[注 2]。朝南政昭(南川政昭)はアメリカ合衆国戦略国際問題研究所 (CSIS) が2002年8月1日に発表した報告書『統一コリアに対する米政策の青写真』に、“a selected Asian nation(s)”(アジアの特定の国(々))との記述があることをもって、「特定アジア」の語源としている[16]。また、『朝鮮日報』はこの報告書に関する2002年9月19日の報道で「特定アジア諸国」という日本語訳を与えている[17]。しかしこの語句は「朝鮮半島が統一した場合に統一コリアがとり得る外交戦略としては、(中略)アジアのどこかの国(々)と同盟関係を結ぶことが考えられる」という文脈で用いられており、本項で述べている「特定アジア」のことではない[18]

「特定アジア」諸国の対日感情[編集]

強力な反日教育を国家が積極的に実行している上に、言論の自由がない中国[19]と、言論の自由が事実上規制されていた韓国両国においては、国民の反日感情が(諸外国と比べて)高い傾向にある。北朝鮮においても、日本の植民地統治の不当性を強く印象付ける教育が全国民に実行されている。

BBCワールドサービスピュー・リサーチ・センターが定期的に実施している世界各国を対象とした対他国感情に関する調査によれば、調査対象国における対日・対日本人感情は好意的な回答を示しており、日本は、世界に対して良好な影響を与えていると評価されている。一方、「特定アジア」と称される中国韓国日本を肯定的にとらえる回答より否定的にとらえる回答が多い傾向にある(北朝鮮は調査データがない)。

2015年4月6日から5月27日にかけてピュー・リサーチ・センターが実施したアジア太平洋10カ国の国民とアメリカ人の15,313人を対象にした日本中国インド韓国の4カ国の好感度調査では、日本に好感を持つと答えた人の割合が、中国インド韓国に好感を持つと答えた割合を大きく上回った[20][21]。日本、中国、インド、韓国の4カ国のなかでも日本は最も好意的に評価され、アジア太平洋10カ国の国民とアメリカ人の平均71%が日本に対して好意的な見解を表明した[20]。2位はアジア太平洋10カ国の国民とアメリカ人の平均57%が好意的な見解を表明した中国だった[20]。3位はアジア太平洋10カ国の国民とアメリカ人の平均51%が好意的な見解を表明したインドだった[20]。最下位は、アジア太平洋10カ国の国民とアメリカ人の平均47%という国民の半分以下が好意的な見解を表明した韓国だった[20]。日本は中国と韓国を除いて、ポジティブなイメージを持たれており、マレーシア人の84%、ベトナム人の82%、フィリピン人の81%、オーストラリア人の80%、アメリカ人の74%、インドネシア人の71%が日本に対して肯定的な感情を表明している[20]。この調査結果について韓国では、ベトナムタイなどの東南アジア諸国では日本好きの国家が多いのに対して、日本に悪感情を抱いている国家は韓国中国オランダ程度しかなく、その理由を「かつて第二次世界大戦時に日本から被害を受けた台湾でさえ親日」「欧州の国が東南アジアを植民地支配した時は無差別に略奪したのに対し、日本は略奪するにしても人間扱いをしたから」「日本は大東亜共栄圏を進めていて、欧州の国々からの支配を解放してくれる解放軍という意味合いが強かった」「ODA電子製品漫画が大きな役割を担った」「日本は寄付もたくさんしてる」「高い民度、経済大国のイメージ、革新的かつ信頼できる製品、良質な自動車太平洋戦争時にアメリカとサシで戦ったという強国のイメージ」と指摘している[21]

中国共産党の機関紙『人民日報』傘下の『環球時報』が東南アジア諸国の日本に対する好感度はかなり高いと報じたことがあり、これについて中国人ジャーナリストの程万軍は「日本はどうやって東南アジア諸国から好感を得ているのか」として考察している[22]。それによると、中国ではテレビをつけると抗日ドラマが放映されているが、東南アジア諸国で抗日を題材にした作品は極めて少なく、東南アジア諸国も中国と同様に日本の侵略を受けたことがあるため、中国人には理解できないことであるが、東南アジア諸国の日本に対する印象は過去の影響を受けておらず、中国人のように日本を嫌うこともない[22]。その理由を中国共産党の機関紙『人民日報』傘下の『環球時報』は、日本が東南アジア諸国投資援助しているからだと説明したが、中国も東南アジア諸国に投資・援助しており、それだけで説明することはできず、日本は経済的に東南アジア諸国を感服させるハードパワーを備えているが、やはり日本の「ソフト・パワー」を抜きにしては語ることはできず、「東南アジア諸国の多くでは、過去のツケを今の日本人に払わせてはならないと考えられている。進んだ歴史観であり、中国人は過去と現在の日本を完全に分けてしまうこの考え方に賛同できない」として、東南アジア諸国が日本に対して寛大なのは、日本が第二次世界大戦中、東南アジアで東洋文明の体現者として振る舞い、日本式「モンロー主義」によって白人の植民者を追い出したことを東南アジアの指導者が利用し、アウンサンは、日本と手を組んでイギリスを追い出し、タイベトナムインドネシアもこれと類似した経験をしており、東洋覇王である日本がこれらの国々に希望をもたらしたとしている[22]

「特定アジア」の使用例[編集]

  • 産経新聞』記者の阿比留瑠比は、SANKEI EXPRESS2007年3月22日)の記事中に、「4月下旬に訪米する安倍氏としては、中国韓国北朝鮮の「特定アジア」を喜ばせるだけの日米離間は望ましくない。」という一節でこの語を用いた[7]
  • 日本が中国と韓国から国益を侵害されていること(東シナ海ガス田問題竹島の領土問題など)について、古田博司が、『産経新聞』のオピニオン欄『正論』で「もういいかげんに覚悟を決めたらどうだろうか。特定アジアからそろって偽史まで強要されている。そのような恥ずかしい国に住んでいくという覚悟を、もう決めた方がよいのではないか」と論じた[8]。古田はまた、「特定アジア」を「反日の弧」と表現している[23]
  • 宝島社は、『自衛隊VS“特定アジア”〜中国・北朝鮮』というタイトルの書籍を出版している[9]
  • 石破茂は、清谷信一との対談において、清谷が「反日なアジアは韓国や中国などの特定アジアだけ」と言及したことに対して、「過去の日本軍の行動の負の部分をみつめないとアジアの反日が再燃する可能性があり、特定アジアだけが反日と決めかかるべきではない」と述べている[24]
  • 韓国の『ソウル新聞』に日本で研究を行う韓国人研究者が、日本で流行する「嫌韓流」や「特定アジア(特亜)」という単語を紹介する中で、市場経済民主主義など日本とは体制が一致しているとされる韓国が、中国や北朝鮮のような、言論の自由が制限されている一党独裁社会主義国家とともにカテゴライズされていることの理由を考察する必要があると訴えている[10]
  • 毎日新聞』専門編集委員の布施広は同紙コラム「発信箱」で「ご存じだろうか…反日感情の強い3国を冷ややかに隔離するように、ネットなどで時々見る言葉」と紹介、「隣人は大切にしたい。右でも左でもいいが、特アなんて悲しい言葉」と批判した[25]
  • 東京大学社会科学研究所田辺俊介は日本における「アジア観」を分析する中で、インターネット掲示板上でこれらの国々が“Tokutei Asia(specific-Asia)”と呼ばれていることに言及した[注 3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 丸山ゴンザレスは「特に反日感情の強い中国と韓国」とし、「北朝鮮が含まれることもある」と述べている[2]
  2. ^ 例として「特定アジア諸国における国境貿易及び越境取引」『日本エスカップ協会調査資料』、24-1号、1998年7月、1-51頁など。
  3. ^ " Anti-Japan movement in China and South Korea, and abduction and nuclear related issues of North Korea are examples of continual problems existing among the East Asian countries. Against these issues, these three countries are named “Tokutei Asia (specific-Asia)” on the Internet bulletin board systems. "[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 田辺俊介 (2004年3月31日). “国別好感度から見る「日本人」の世界認知-JGSS第一次予備調査を用いて-”. JGSSで見た日本人の意識と行動 : 日本版General Social Surveys研究論文集 (大阪商業大学). オリジナルの2020年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201023020423/https://jgss.daishodai.ac.jp/research/monographs/jgssm3/jgssm3_15.pdf 
  2. ^ 丸山ゴンザレス『アジア親日の履歴書』辰巳出版、2014年6月20日、16頁。ISBN 978-4777812967
  3. ^ 現代用語編集部『現代用語の基礎知識2007』自由国民社、2006年11月2日、1271頁。ISBN 4-426-10125-5
  4. ^ ケント・ギルバート『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』PHP研究所、2015年5月25日、25頁。ISBN 978-4569825243
  5. ^ ケント・ギルバート『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』講談社講談社+α新書〉、2017年2月21日、4頁。ISBN 978-4062729642
  6. ^ 【断層】大月隆寛 大学最前線の現実”. MSN産経ニュース. 産経デジタル. 2009年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月26日閲覧。
  7. ^ a b 阿比留瑠比 (2007年3月22日). “【安倍政権考】「戦後レジーム」の厚い壁 阿比留瑠比”. SANKEI EXPRESS. 2007年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月16日閲覧。
  8. ^ a b 古田博司 (2009年5月8日). “【正論】古田博司 恥ずかしい国に住んでないか”. iza. オリジナルの2009年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090604105139/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/251124/ 
  9. ^ a b 『自衛隊VS“特定アジア”―中国・北朝鮮・韓国』宝島社別冊宝島1329〉、2006年7月1日。ISBN 978-4796653794
  10. ^ a b “열린세상 ‘특정 아시아’국가로 취급받는 한국/윤민호 일본 국제경제연구소 상임연구원”. ソウル新聞. (2005年12月20日). オリジナルの2006年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060207162848/http://www.kdaily.com/news/newsView.php?id=20051220030004 
  11. ^ 篠田芳明. “一挙多得の対日戦略を目論む特定アジア 誇り高き日本を守るために国民が果たすべき義務とは” (日本語). JBpress. 日本ビジネスプレス. 2020年6月19日閲覧。
  12. ^ 加藤清隆. “わが友、木村伊量社長への「訣別状」” (jp). オピニオンサイト「iRONNA(いろんな)」. 2020年6月19日閲覧。
  13. ^ 2017 BBC World Service poll (PDF)” (英語). BBCワールドサービス. p. 20 (2017年7月4日). 2017年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月21日閲覧。
  14. ^ Japanese Public's Mood Rebounding, Abe Highly Popular” (英語). ピュー・リサーチ・センター (2013年7月11日). 2021年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月21日閲覧。
  15. ^ Positive Views of Brazil on the Rise in 2011 BBC Country Rating Poll (PDF)” (英語). BBCワールドサービス. p. 10 (2011年3月7日). 2021年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月25日閲覧。
  16. ^ 朝南政昭『朝日新聞のトンデモ読者投稿』晋遊舎晋遊舎ムック〉、2007年4月1日。ISBN 978-4883806164
  17. ^ 朱庸中 (2002年9月19日). “米国が発表した「統一韓国の青写真」”. 朝鮮日報. オリジナルの2003年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030216214545/http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/09/19/20020919000029.html 
  18. ^ “Blueprint for U.S. Policy toward a Unified Korea”. 戦略国際問題研究所. (2002年8月). p. 24. オリジナルの2005年10月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051030045543/http://www.csis.org/media/csis/pubs/blueprint.pdf 
  19. ^ “【トップ直撃】趣味の「中国情報局」から日中友好ビジネス“橋渡し””. zakzak. (2011年5月2日). オリジナルの2011年5月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110505234720/http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20110502/ecn1105021651001-n1.htm 
  20. ^ a b c d e f BRUCE STOKES (2015年9月2日). “How Asia-Pacific Publics See Each Other and Their National Leaders Japan Viewed Most Favorably, No Leader Enjoys Majority Support”. ピュー・リサーチ・センター . オリジナルの2019年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190806145627/https://www.pewresearch.org/global/2015/09/02/how-asia-pacific-publics-see-each-other-and-their-national-leaders/  
  21. ^ a b “日本はどうして国際社会でのイメージが良いの?=韓国ネットユーザーが挙げた理由とは”. Record China. (2015年9月7日). オリジナルの2020年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200213144530/https://www.recordchina.co.jp/b118314-s0-c30-d0052.html 
  22. ^ a b c 岡本悠馬 (2013年1月30日). “日本に好感を寄せる東南アジア諸国=大きい、中国の日本観との差―中国人ジャーナリスト”. Record China. オリジナルの2021年6月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210629180544/https://www.recordchina.co.jp/b68969-s0-c60-d0000.html 
  23. ^ 産経新聞2006年7月18日朝刊
  24. ^ 石破・清谷 2006 [要ページ番号]
  25. ^ 布施広 (2013年10月30日). “発信箱:特ア?=布施広(専門編集委員)”. 毎日新聞. オリジナルの2013年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131029212718/http://mainichi.jp/opinion/news/20131030k0000m070110000c.html 

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]