BBCワールドサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BBCワールドサービス英語BBC World Service)は、イギリス英国放送協会(BBC)が海外向けに放送を行っている国際放送のことである。

BBCがイギリス政府からの交付金を受けて制作、現在は世界各地に向けて33種の言語で短波インターネットを使って放送を行っている。

概要[編集]

ワールドサービスの基となる国際ラジオ放送は1927年から開始された。イギリス英語による全世界向け放送として「BBCエンパイアサービス」が1932年に開始された。

その後、第二次世界大戦冷戦の時代を迎えると、イギリス政府は英語以外による放送の強化に踏みだす。そのためか、共産圏東欧諸国やかつての植民地などの国の言語による放送が多い。かつては日本語放送日本極東アジア地域に向けて行われたが1991年3月で廃止された。

湾岸戦争を機にテレビ国際放送の立ち上げを検討した結果、BBCワールドに繋がった。

2005年10月、10言語の放送の放送が廃止され、2007年には中東向けテレビ放送を政府交付金で制作・放送する予定であったが、2008年にBBCアラビックを、2009年にはBBCペルシャを開局させた。いずれもニュース専門チャンネルである。

2011年1月、BBCはBBCワールドサービス部門において、2014年4月までに最大で650人の人員削減を実施すると発表した。これは政府の予算削減に対するリストラ策の一環であり、人員削減のほかアルバニア語など5言語の外国語放送と、ロシア語など7言語のラジオ番組を停止することも明らかにしている[1]

アフリカ[編集]

イギリス本土、キプロス中継局に加え、アセンション島の大西洋中継局、小規模ながらレソト中継局、セーシェルのインド洋中継局から送信されている。

アメリカ[編集]

大西洋中継局のほか、ドイチェ・ヴェレアンティグア島で共同運営するカリブ海中継所から送信されている。

外国語放送[編集]

言語 放送開始 放送終了 再開
アラビア語 1936年 - -
広東語 1941年 - -
北京官話 1941年5月19日 2011年3月25日 -
チェコ語 1942年 (スロバキア語参照) 2005年3月25日 -
デンマーク語 1942年 1961年3月4日 -
オランダ語 1942年 1961年3月4日 -
英語 1936年12月25日 - -
英語 (カリブ) 1976年12月25日 2011年3月25日 -
フィンランド語 1942年12月 1955年1月29日 -
フランス語 1940年12月25日 - -
ドイツ語 1939年 1999年3月25日 -
ヒンディー語[1] 1940年5月11日[2] 1999年3月25日 -
ハンガリー語 1941年1月 2005年3月25日 -
日本語 1943年 1992年3月25日 -
イタリア語 1941年1月 1961年3月4日 -
マレー語 1956年 (マラヤ危機) 1980年3月4日 -
ノルウェー語 1941年 1961年3月4日 -
ポーランド語 1941年1月 2005年11月25日 -
ブラジルポルトガル語 1941年7月6日 1991年3月25日 2004年
ロシア語 1941年1月 2011年3月26日 -
スロバキア語 1941年1月 1991年3月25日 -
スペイン語 1936年7月6日 - -
スウェーデン語 1941年 1961年3月4日 -
ウクライナ語 1952年9月 - -
ベトナム語 1952年1月6日 - -
ウェールズ語 (パタゴニア向け) 1946年 1947年 (1946年のみ?) -

出典[編集]

  1. ^ BBC World Service cuts language services and radio broadcasts to meet tough Spending Review settlBBC Press Office

関連項目[編集]

外部リンク[編集]