日本語放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本語放送(にほんごほうそう)とは、広義では日本語による放送全てを指すが、狭義では日本国外からの日本向けの日本語による国際放送を指す。以下では後者について説明する。

沿革[編集]

草創期[編集]

1942年開始のアメリカボイス・オブ・アメリカ(VOA、アメリカの声放送)、同年開始のソビエト連邦モスクワ放送1943年開始のイギリスBBCワールドサービス等がこれに当たる。

第二次世界大戦中のことであり、いずれも敵国日本に対する宣伝を目的にしていた。戦争末期には、ボイス・オブ・アメリカは空襲予告も行っていた。短波放送の聴取は、ラヂオプレスを除き治安維持法で禁止されていたので、隠れて聴いていた人々は公表すべきか悩んだという。この時代、敵性放送の聴取が発覚したら、特別高等警察に連行され死刑になる可能性すらあった。

短波ラジオの所持が一般的でなく、また禁止されていることを承知だったアメリカ軍は、サイパン島を占拠すると、中波による日本語放送も開始した。汎用ラジオでも受信できるため、日本はこれに対して妨害電波(ジャミング)で対抗した。

最盛期[編集]

ボイス・オブ・アメリカは、「日本国内でアメリカ事情が充分に紹介されている」として、1970年に日本語放送から撤退した。それまでは、日本語放送と言うと、謀略放送(プロパガンダ)との負のイメージが付きまとったようだが、折からのBCLブームで、世界各国が、日本語放送を開始した。主な聴取者層は未成年者で、好きな外国の言葉を口ずさんで見せる小学生も現れた。

キリスト教布教(伝道)を目的とした日本語放送も多く、FEBCは布教目的に徹した。また、東西冷戦の時勢を反映して、北朝鮮の朝鮮中央放送(現在の朝鮮の声放送)やソビエト連邦のモスクワ放送(現在のロシアの声)は、政治プロパガンダに徹していた。

衰退期[編集]

メディアが多様化したこと、産業構造の転換に伴い、青少年の関心がコンピュータなどに移行したことなどに伴い、1980年代半ばには、聴取者数は急速に減少して行った。

日本語放送の老舗であったオーストラリアラジオ・オーストラリアドイツ(旧西ドイツ)のドイチェ・ヴェレイギリスBBCワールドサービスも次々に日本語放送を廃止し、寂しい時代の到来となった。その後開局した国営の日本語放送は、モンゴルモンゴルの声イランイラン・イスラム共和国放送など僅かであり、全体としても、アジアの近隣諸国からの放送が中心となっている。

日本向け日本語国際放送を実施する放送局[編集]

アジア[編集]

オセアニア[編集]

ヨーロッパ[編集]

アメリカ[編集]

※印は国営または公営放送を示す。

かつて日本向け日本語国際放送を実施していた放送局[編集]

アジア[編集]

オセアニア[編集]

ヨーロッパ[編集]

アメリカ[編集]

その他[編集]

※印は国営または公営放送を示す。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]