晋遊舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
晋遊舎
Jinbocho 1-chome building 14-01.JPG
正式名称 株式会社晋遊舎
英文名称 Shinyusha Co., Ltd.
法人番号 5010001092733 ウィキデータを編集
設立日 1995年9月28日
代表者 武田義輝
本社郵便番号 101-0051
本社所在地 東京都千代田区神田神保町一丁目12番
資本金 1,000万円
従業員数 65名(2017年4月8日現在)
主要子会社 日本教科書
主要出版物 MONOQLO家電批評LDKWindows100%iP!Mr.PC、クロスワードフレンズ、漢字ジグザグフレンズ
出版以外の事業 商品テストサイト「360.life」
関係する人物 山野車輪桜井誠 (活動家)
外部リンク 晋遊舎
Twitter 晋遊舎デジタル編集部
テンプレートを表示
株式会社晋遊舎
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
019-2401
秋田県大仙市協和船岡字一ノ渡178
法人番号 5010001092733 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役 武田 義輝
資本金 1000万円
純利益 1300万円(2020年09月25日時点)[1]
総資産 31億1500万円(2020年09月25日時点)[1]
テンプレートを表示

株式会社晋遊舎(しんゆうしゃ、Shinyusha Co., Ltd.)は、雑誌や書籍の出版を行う日本の出版社である。

概要[編集]

大洋図書から独立する形で1995年に創業。Windows100%iP!を中心にファイル共有ソフトや技術的保護手段を回避するソフトの紹介などアンダーグラウンド系を含むパソコン雑誌からパズル誌・格闘技誌・実用書・ムックの発行を行っている。

かつては成人向け漫画やアダルトゲーム等の関連雑誌も発行していた。2007年3月に株式会社マックスに成人向け漫画・雑誌事業を移行させたが、2015年10月に晋遊舎に権利義務全部を承継し解散。2018年2月21日現在、成人向け漫画・雑誌の新規発行は行われておらず、過去に発行した単行本・画集の電子書籍版をマックス名義で販売するのみである[2]

2016年10月3日に有限会社プライマリーと共に日本初本格商品テストサイト「360.life」をオープンした[3]

関連会社には文部科学省検定教科書道徳科のみ)の発行・供給を行う日本教科書株式会社がある(代表者と住所が晋遊舎と同一[4])。

事業内容[編集]

  • 雑誌、書籍、パソコンソフトの企画、開発、制作、出版、販売および著作権、商標権、意匠権の管理業務
  • 広告代理業務
  • コンピュータを使用した情報提供サービス業務刊行案内 主要月刊誌

刊行物[編集]

月刊誌・定期誌[編集]

  • MONOQLO - テストするモノ批評誌
  • LDK - テストする女性誌
  • 家電批評 - ホンモノがわかる家電情報誌
  • Mr.PC - 知識ゼロからいきなりマスター
  • クロスワードフレンズ
  • 漢字ジグザグフレンズ

ムック[編集]

スマートフォン、食品雑貨、マネーなどの一つのテーマに絞り、完全ガイド、お得ワザベストセレクションなどの増刊ムックを多数展開している。 下記、ムック本はいずれも「100%ムック」シリーズに分類されている。

  • イラスト上達マガジン touch
  • Mac100%
  • 特盛!アロー&スケルトンフレンズ
  • 良問たっぷり! アロークロスナンバーワン
  • とってもつなげるてんつなぎフレンズ
  • パソコンシリーズ
  • 完全ガイドシリーズ
  • お得技ベストセレクション
  • for Beginners
  • 480円+税でスグわかる
  • わかる本シリーズ
  • Ambitious
  • パズルシリーズ
  • 便利帖
  • 歴史シリーズ

その他のムック[編集]

  • マンガ 嫌韓流シリーズ
  • マンガ 嫌日流
  • マンガ日狂組[5]の教室
  • 朝日新聞のトンデモ読者投稿
  • 反日マンガの世界
  • TBS報道テロ全記録
  • 嫌韓流実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル 
  • 嫌韓流実践ハンドブック2 反日妄言半島炎上編
  • マンガでわかる中国100の悪行
  • また中国か!90分でわかる「中国の悪行」大全
  • 反日韓国人撃退マニュアル
  • 日本侵蝕 日本人の「敵」が企む亡国のシナリオ
  • ソウルお得技ベストセレクション
  • K-POP美男時代
  • 格闘マガジン FIGHTER
  • 格闘ボディメイキング
  • 柔術魂
  • Dropkick
  • フィギュアスケート世界選手権2007完全ガイド
  • DVDハイレベルコピー全書
  • GIMPですぐデキる!フォトレタッチ スーパーテクニック2007
  • Inkscape perfect guide
  • Windows100% Vista!
  • Linux100%
  • 無料GETs!!ケータイ
  • ニコニコ動画ファンブック
  • 究極マスターシリーズ
  • ニンテンドーWiiを100倍楽しむ本
  • ウラDS+Wii
  • Xbox360最強Hack!!
  • プレステ プレステ2 プレステ3 PSP 裏活用テクニック総まとめ
  • エミュレータ通信
  • PSPstyle
  • 完全ガイドシリーズ
  • 究極難解ナンプレシリーズ
  • 弾丸Dash
  • 本音のクルマ選び ※宝島社とのちに子会社である洋泉社がかつて発売していた自動車評論誌と同じタイトルである。

書籍[編集]

過去の発行誌[編集]

マックスへ移行[編集]

出来事[編集]

2007年7月18日、『頭が良くなる インド式計算ドリル』を発行するベストセラーズと、『インド式 東大生が教える!超計算ドリル』を発行するメディアボーイズに対し、晋遊舎発行の『インド式計算ドリル』とタイトル・デザインなどが類似し購入者が誤解するとして、抗議文を送った[6]

不祥事[編集]

「最強考察」書籍が題名部分に「ULTIMANIA」と記載していたことから、「ULTIMANIA」の商標権者であるスクウェア・エニックスが、無断で使用されたと販売停止を要求し、2014年2月14日付で謝罪文を公表し、同タイトルの書籍の販売を停止した[7]。「ULTIMANIA」という記載のない「最強考察」を冠する書籍は、続編が製作されている[8]

2016年4月2日出版の『電力自由化がまるごとわかる本』において、比較サイト株式会社が運営する『新電力比較サイト』からの無断転載が発覚。同社からの指摘を受けて2016年5月9日付で謝罪文を公表した[9][10]

2020年10月7日付で、2016年6月以降に発売した「まちがいさがしフレンズ」「てんつなぎフレンズ」などパズル雑誌6種類計47冊(のちに45冊に訂正[11])、複数誌でまたがって行われた10のキャンペーンで懸賞品を読者に送っていなかったことを公式サイト上で公表し、謝罪した。同年夏に晋遊舎が自主的に社内コンプライアンス調査を行った際に判明したもので、原因として「外部委託先との間で発送業務の担当範囲について認識に齟齬があった」「編集作業に忙殺され、手が回らなかった」と説明している。謝罪後、未発送品の発送業務に着手したとしているが、景品表示法に抵触する可能性がある[12]毎日新聞が独自に集計したところ、当選者数は3600人超に及ぶ。また、公表前に毎日新聞は取材を申し込んでいるが、晋遊舎は取材に応じない姿勢をとり続け、外部委託先とされる編集プロダクションも取材に対して「守秘義務があるので答えられない」としている[13]

2021年3月24日には、総計115冊の雑誌の懸賞や景品合わせて7~8千点を発送していなかったとして、消費者庁から景品表示法違反(優良誤認、有利誤認)で再発防止を求める措置命令を受けた[14]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社晋遊舎 第25期決算公告
  2. ^ 例:トモセシュンサク ポプリクラブイラストワークス [トモセシュンサク] | DLsite 電子書籍 - R1818禁:年齢確認あり) 2018年2月21日閲覧
  3. ^ 【まさに現代版とと姉ちゃん】日本初本格商品テストサイト《360.life》オープン!,ValuePress!,2016年10月6日
  4. ^ 日本教科書 – 道徳教育専門会社”. 2018年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月21日閲覧。
  5. ^ 日本教職員組合(日教組)の当てこすり
  6. ^ “インド式計算本、「酷似」と晋遊舎が2社に販売中止求める”. 読売新聞. (2007年7月18日) 
  7. ^ スク・エニの登録商標「ULTIMANIA」を無断で使った晋遊舎の書籍が販売停止 「AKB48最強考察」など,ITmedia,2014年3月27日
  8. ^ ワンピース最強考察 GOLD ,晋遊舎,2017年4月8日
  9. ^ 【お詫びと訂正】 『電力自由化がまるごとわかる本』に関するお詫び,晋遊舎,2016年5月11日
  10. ^ 晋遊舎様による無断転載について,新電力比較サイト,2016年5月11日
  11. ^ “晋遊舎、懸賞未発送雑誌数を訂正 「47冊」から「45冊」に”. 共同通信. (2020年10月9日). https://this.kiji.is/687271615838766177?c=39546741839462401 2020年10月14日閲覧。 
  12. ^ “懸賞品を4年間未発送…パズル雑誌出版社「深くおわび」 景品表示法に抵触の可能性も”. Sponichi Annex. (2020年10月9日). https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/10/09/kiji/20201009s00042000079000c.html 2020年10月9日閲覧。  “パズル雑誌懸賞品を4年発送せず 晋遊舎、まちがいさがしフレンズ”. 共同通信. (2020年10月9日). https://this.kiji.is/687154594587706465?c=39546741839462401 2020年10月9日閲覧。 
  13. ^ “パズル雑誌、当選者に懸賞品送らず 16年6月から 未発送3600人分超か”. 毎日新聞. (2020年10月9日). https://mainichi.jp/articles/20201008/k00/00m/040/269000c 2020年10月9日閲覧。 
  14. ^ パズル誌の懸賞企画、長く賞品送らず 出版社に措置命令:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]