インターネットスラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インターネットスラングは、文字通りインターネットで使用されるスラング隠語略語俗語)であり、主としてインターネット利用者の間でのみ通用する特殊な言語表現である。

スラングの常として発祥が不明確で、パソコン通信時代から使われている言葉も少なくないため、パソコン通信時代から見られたものはパソコン通信とインターネットの両方の意味を内包し、ネットスラングと表現する者も見られる。あるいは、単にスラング全般のインターネットコミュニティ上での利用や引用に過ぎない場合や何らかの娯楽作品などよりの引用もあるが、この部分は割愛する。本項では主にコンピュータネットワークのサービス上に見出されるものを例として示すが、必ずしもコンピュータなど情報処理技術や、それらを基盤とする通信媒体に固有の制約に密接に関係するわけではない(後述)。

概説[編集]

これに属する語は、主にインターネットコミュニティ等で使用される隠語である。その多くは一部のインターネットにおける隠語の域を出ないが、一部は認知が進みマスメディアなどで取り扱われることもある。米国などにおいてはLeet speakのような類似する語もあり、同時多発的な文化的現象の一端と言える。

チャット電子掲示板、あるいは電子メールユーザー間の交流から生まれた語ではあるが、日本では2000年頃からインターネット上の広告にも一部含まれ、このような隠語や俗語に敏感な層にアピールしようとする動きも散見される。

これらの語は、インターネット上のコミュニティを離れた場合には、マニアなどの同士の会話でしか用いられない傾向があり、実際の面と向かって会話する場合にはほとんど聞かれない[誰?]。インターネットスラングは「文章文字を読む」というインターネットコミュニティの特性からか、声に出して読むことはあまり想定されておらず、中には表記からは類推出来ないような語も見られる。

日本語によるインターネットスラングの中で、電子掲示板サイト2ちゃんねるを中心に用いられるものは2ちゃんねる用語の項目に詳しい。ただしこれら2ちゃんねる語の一部は「あやしいわーるど」や「あめぞう」、「パソコン通信」時代から引き継がれたものも見られ、コンピュータネットワークのサービス上で発生した流行語の一種ともいえる。

2ちゃんねる用語とは言っても、その一部は2ちゃんねると全く関係のないようなサイトでも散見されるほか、これが他の文化中に取り込まれているケースもあり、インターネットスラングとは言っても、その成立にインターネット普及以前のメディアが関連していたり、またはインターネット経由で流布された別起源のスラングである場合も含まれ、しばしばこの境界は曖昧である。

分類[編集]

以下に挙げる分類は、便宜的な物である。使っている当事者らは慣習的に使っているだけで、特にそういう意識も無い場合も多い。その一方で幾つかの分類に跨る語もみられる。

略字略語
これはパソコン通信時代からその類型が見出されるが、キー入力の遅い者などが率先して使う傾向もあり、主にチャットやインスタントメッセージ上で発達した語といえる。これらでは簡便な入力を意図したもので、感情表現に日本語入力システムに予め登録された顔文字を使う形態もこれに含まれるかもしれない。
「GJ」(Good Job)のような頭字語、「thx」(thanks)のようなLeet表記の他に、日本語の省略された語として「おめ」(おめでとう)や、それを変換した「乙」(お疲れ様→おつ)のような語、「JK」(女子高生→Joshi Kousei)のような日本語表記の頭字語的表現がある。
誤入力・誤変換・代替語・置換文字
キー入力のミス(タイポ)や、日本語など入力変換の際の見落とし(誤変換)などから発生したものでは、本来は偶発的に発生したものが、意図したかのように興味深い文字列となっている場合に好んで用いられるようになった物がある一方、禁止ワードとして入力が制限される言葉の代替として意図的に誤変換したものなどがある。例えば攻撃的な文言をシステム上で差し止めてしまう電子掲示板などでは、様々な代替語が発生した。この他にも不正アクセス著作権法違反などといった実質的に犯罪や、あるいはコミュニティ上で嫌われる行為を行う上での隠語や符丁として、やはり意図的に誤変換しているケースも少なくない。特にWarez(不正コピーソフト)やブートレグ(海賊版)に関する語では、犯罪行為の露見を恐れた側が、検索エンジンによる発見を妨害しようとした意図も見られる。またギャル文字の応用で、「ン」と「ソ」のような、一部の文字を外見の似た文字に置換したり、「ネ申」(神)のようにひとつの漢字を複数の漢字に分解する物、「儲」(信者)のように複数の文字を合成するものもよく見られる。
絵文字アスキーアート
文字や記号を組み合わせて絵を作成する。「アスキーアート」は頭文字をとってAAと略すことも。絵文字は上に挙げた通り、日本語変換プログラムなどに登録して、簡便な入力を支援するためにも利用されるが、その一方で「相手の顔が見えない」というネットコミュニティの性質上で発達した。アスキーアートはそれをさらに発展させた物ではあるが、さらにはこれが単体の映像表現としても成立しており、アスキーアート作成支援プログラムや入力支援プログラムも、様々な物が出まわっている。
掲示板・スレ関連用語
BBS(電子掲示板)やネットフォーラムなどにスレ(スレッド)に関する及び掲示板の管理に関する用語。
インターネット関連用語
元々は情報処理技術用語であったり、あるいは特定企業の製品の名前だったりといったものが流用される形で利用されている。これらでは関連性や連想で、様々な意味が付与されている場合もあり、その一方でインターネットを含む情報処理関連とは全く関係の無い所からの引用である場合も少なくない。後者の有名なところではスパム迷惑メール)などが挙げられるだろう。さらにこれらは略されたり誤変換されたりしても利用されている。
また、具体例として、検索エンジンGoogleを使って検索することを「ググる」と表現する場合がある。2006年7月6日に改版されたメリアム=ウェブスター大学辞典第11版では、"google"が動詞として追加されている[注 1]。また、オックスフォード英語辞典も2006年6月15日の改訂で動詞として"Google"を追加している[注 2]。「ググる(動詞のgoogle)」は、元来の「Googleで検索する」という意味から単に「検索する(search)」という意味でも使われ始めており、ネットスラングの域を超えて一般動詞として定着しつつある[3]
下品な単語
これらの多くはインターネット以前より「下品な言葉」として扱われていたものがそのまま流用されているものもあるが、その一方で上に挙げたような様々な過程を経てインターネットスラング流に改変されたものも見られる。

利用の形態[編集]

これらは、チャット電子掲示板上での利用が主となるが、ゲームでもチャット機能を備えるものに利用が見られる。特にそのチャットでは、そのゲーム内のみで使用される略語やスラングが使用される場合がある。特にパソコン側にクライアントソフトウェアインストールさせる、また課金制の有料サービスでは、コミュニティの健全化や不快なユーザーの締め出しという意図もあって、禁止用語がかなり多岐に渡る傾向が見られ、代替語や置換語など抜け穴を探すユーザーとのいたちごっこといった動きもある。

また感情表現が文字媒体に制約されるインターネットコミュニティに在っては、親しみやすさや感情表現を求めてこういったスラングの利用を行う者もいて、スラングからジャーゴン化したりする傾向も無いではないが、比較的砕けた場の雰囲気を表現するために利用される。

また、いわゆるWeb 2.0などのインターネット上の特定の傾向や思想を批判する造語の類いは、批判者によってブログやニュースメディアであえて公言される例がある。

脚注[編集]

  1. ^ 検索エンジンのGoogleを使用して(何か/誰か)についての情報をWorld Wide Webから得ること」(原文:"to use the Google search engine to obtain information about (someone or something) on the World Wide Web ")[1]
  2. ^ 「検索エンジンのGoogleを使用して、インターネット上で(誰か/何か)についての情報を探すこと」(原文:"Search for information about (someone or something) on the Internet using the search engine Google.")[2]
[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]