(笑)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(笑)[1](わらい、しょう、わら、かっこ わらい、かっこ しょう、かっこ わら)は、発言記録などにおいて、発言者や聴衆が笑ったことを描写する記号表現技法。発言記録以外の文章で、その文章の筆者が笑っていることを示す際にも用いられる。

起源[編集]

「(笑)」という表現は、古く第二次世界大戦前から用いられる。元々、議会裁判所などにおける速記録で、発言の状況を描写する際に用いられたものと考えられるが、現在のところ理由を示す書籍や証言は得られていない。帝国議会議事録にも、「(「謹聽々々」と呼ぶ者あり)」「(拍手)」「(笑聲)」など、様々な議場の様子を描写する記述が見られる[2]

その後、文芸雑誌座談会記事やインタビュー記事で、「(一同笑う)」「(一同うなずく)」など、同席者や発言者の様子や仕草を説明する際に使われた。さらに、座談やインタビューでない一般の文章でも、主としてサブカルチャー系雑誌で文末に書くモノローグ的な用法が見られた。

また、戯曲や放送台本でも「ここで笑い声を」といった指定をするためのト書き(脚本)として使われた。

英語圏ではLOL (Laughing out loud 大笑い、ROFLMAO ケツがもげるほど笑い転げる)[3]フランス語圏ではMDR (Mort de rire 笑い死に)と表現される。

日本語のネットカルチャーでは、似たような用法で文末にwの文字を付け足すことで笑いや時には嘲笑の意味を表す表現として用いられることがある[4]。特にTwitter2ちゃんねるなどのインターネット掲示板においては、「ワロタ」「w」(『ワライ』のローマ字表記『warai』の頭文字に起因する)「草」(『w』が多数連なると、草が生えているように見えることから)[5]などと表記される場合もある。

1997年のMORPG『Diablo』から生まれたもので、ローマ字でしか会話をすることができなかったプレイヤーが、「(笑)」を「(warai」から「(w」に省略し、さらに「w」にまで省略されたものだと思われる。

その後2ちゃんねるなどで広まっていき、最近では「w」の数が多いほど笑いの大きさを表すようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ しんぶん赤旗』の記事では、文章の語末に「(笑い)」という表現を使用することが多い。
  2. ^ 帝国議会議事録上でのかっこ書きの「拍手」「笑聲」:第二次世界大戦戦後間もなくの例だが、1945年(昭和20年)11月28日11月30日などの帝国議会会議録に記載がある。
    帝国議会会議録検索システム→検索→発言者検索 開会日付:昭和20年11月28日→衆議院本会議→[037]三田村武夫
    帝国議会会議録検索システム→検索→発言者検索 開会日付:昭和20年11月30日→衆議院本会議→[005]北れい吉 など
  3. ^ Sakai, N. (2015). A Study of Translating Extra-Textual Expressions from a Non-English Language into English: A Case of Contemporary Japanese Computer-Mediated Communication. http://booksandjournals.brillonline.com/content/books/b9789004299245s015
  4. ^ 『三省堂国語辞典』第七版、項目「ダブリュー」
  5. ^ 10年以上前には、「藁」というスラングも使用されたことがあった。

関連項目[編集]