ACG (サブカルチャー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ACG(えーしーじー)とは、中国語圏において主に用いられる日本のアニメ(Anime)、漫画(Comic)、コンピューターゲーム(Game)の文化を反映した「2次元」コンテンツの総称。1995年に台湾で呼称として使われ始め、後に香港にも広がった。

語源[編集]

1995年に台湾のアニプスとコミックのファン、「AIplus」という名前を使って国立中山大学の掲示板を設置した。アニメーション漫画ゲームなどを指す「ACG_Review Board」と命名された。 それは、用語「ACG」の最初の出現であると考えられている。[1]

概要[編集]

ACGの人気と影響力は急成長を遂げており、現在、中国の市場においてACG文化は2億人のファンを抱え、その内の6000万人がハードコアなファンと見られている[2]。また、ポテンシャルを含めたユーザーの規模でいうと3億人とも推計されている[3]。背景には、正規版への需要の高まりと、中国国内での国産ACGに対する投資と開発の推進がある。そのような中で、中国産の青少年向けのアニメが登場し、萌娘百科巴哈姆特電玩資訊站などのACGポータルサイトも充実した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CCSX (24 August 2009) (Chinese). Dead or Alive──台灣阿宅啟示錄. 阿宅,你已經死了!. Taiwan: 時報出版公司. pp. 31. ISBN 9789571350653. http://www.readingtimes.com.tw/readingtimes/ProductPage.aspx?gp=productdetail&cid=mcac%28SellItems%29&id=FZ0214 2011年10月14日閲覧。. 
  2. ^ “Sword Art Online: The Black Swordsman アニメ、コミック、ゲーム(ACG)サブカルチャーが中国のメインストリームに進出”. 共同通信PRワイヤー. (2016年6月8日). http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201606081438/ 2016年10月29日閲覧。 
  3. ^ “「日本と中国に根ざすHappy Elementsだからこそできる展開を見てほしい」 新作アニメ『アイドルメモリーズ』インタビュー”. Social Game Info. (2016年8月24日). http://gamebiz.jp/?p=167641 2016年10月29日閲覧。 
  4. ^ “中国ルールで外国コンテンツを規制! でも中国人は困らない”. ASCII.jp. (2016年3月3日). http://ascii.jp/elem/000/001/128/1128625/ 2016年10月29日閲覧。 

関連項目[編集]