CanCam

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CanCam
ジャンル ファッション
読者対象 女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 小学館
発行人 藤田基予
編集長 井亀真紀
刊行期間 1982年 -
発行部数 14万8000部(2011年上半期日本ABC協会調べ)
ウェブサイト CanCam.TV

CanCam』(キャンキャン)は、小学館の発行による月刊女性ファッション雑誌。『JJ』および『ViVi』と並ぶ「赤文字系」の代表的な雑誌で、20代前半の女性を主要購読者層に想定している。

雷鳥社編『雑誌タイトルコピー大全』の伝えるところによれば、誌名の由来は“I can campus”(アイ・キャンキャンパス)の略で、すなわち「キャンパスリーダーになれるように」の意[1]

OLのバイブル」[2]あるいは「腰かけOLのバイブル」[3]などと言われる。他の赤文字雑誌と比較すると、蛯原友里に象徴されるような「めちゃモテ」と呼ばれるスタイルの徹底が特徴として挙げられる。その一方で「かわいい」を中心に、清楚からクール、カジュアルまで守備範囲は広い[4]

来歴[編集]

1982年1月創刊。創刊号の表紙は松崎悦子で、その後6月号に至るまで連続して表紙に登場[1]。小学館創立60周年を機とした創刊で、1980年代の小学館を牽引する雑誌となった。

初期の誌面は大学生活を舞台としたファッションや美容の情報が多かったものの、1980年代中盤頃から後半頃に掛けて高級化現象が起こり、それまでの大学という舞台を排除したうえでステータス感を伴うOL志向の雑誌に変容[1]

2000年代に入ると第二次黄金期と言われた空前のCanCamブームが到来。その火付け役となったのが押切もえ蛯原友里で、ともに誌面のみならずテレビなどへの露出を通してCanCamモデルの存在を広く一般へ知らしめるに至る[5]。『JJ』の「神戸系エレガンス」に続く「東京エレガンス」と評されるスタイルが蛯原の人気とも相まって社会現象となり、発行部数70万超の怪物雑誌に成長した[6]

部数[編集]

蛯原友里山田優押切もえの3名が誌面の代表を担っていた頃、2006年には発行80万部に達したこともあった[7]日本雑誌協会の調査によれば、2008年4月〜6月期の部数がおよそ55万部[8]日本ABC協会の調査によれば、同年下半期の販売部数が34万6466部[9]。2010年上半期(1月〜6月)の実売部数が21万2000部で、同年下半期(7月〜12月)の実売部数が19万3000部、2011年上半期が14万8000部となっている[10]。広告収入の面から見れば、全盛期とされる2006年は部数を増やすほどに利益が下がる状況に陥っており、したがって、近年の部数減は必ずしもネガティブな面ばかりではない[11]

専属モデル[編集]

1982年の創刊以来、数多の有名モデルを輩出。そこには藤原紀香米倉涼子伊東美咲長谷川京子など、のちに女優として知られるようになった人物も含まれる。そうした専属モデルの中でも突出した存在となったのが蛯原友里であった。2000年代に発行部数を全女性ファッション誌中1位に押し上げた主要因と目され、誌面で着た服が飛ぶように売れて完売してしまうことから「エビ売れ」という言葉が作られるほどの人気であった[4]

現行[編集]

2010年代卒業[編集]

2000年代卒業[編集]

1990年代卒業[編集]

1980年代卒業[編集]

読者モデル[編集]

創刊30周年を迎えた2011年11月発売号より「専属スター読者」の企画を始動[12]。18歳以上の社会人や学生の女性読者を対象としたオーディションを催し、およそ6800名の応募者の中から第1期要員を選定した[13]。当時の「スター読者」は野口容子、中岡志保、原麻里子、吉羽真紀、大井香、赤松麻里菜、原田あかね、丸林広奈の8名[14]。2012年には第2期要員として新たに14名が加わった[15]

新世代モデル[編集]

「モデルのようなオーラがあり、スタイリストのようなセンスをもち、エディターのようなプロデュース力があり、ブロガーのような発信力を備えるマルチな才能の持ち主」を発掘するため、ソーシャルサービス「Google+」を通してオーディションを実施。櫻井恵里奈、大沼ふじ、タチバナサエリの3名が選ばれた。 応募総数は21068。ユーザーにより1日1名、計100人が選出された「ネットコミュニケーション審査」(一次審査:写真を投稿)では、240万以上のユーザー投票=「+1」(「Google+」において共感を示すボタン)が集まった。その後、「リアルコミュニケーション審査」(二次審査:カメラ審査とプレゼンテーション)を通過した18名が1分間の自己PRを披露する最終審査を2013年11月23日に実施。

誌外展開[編集]

女性誌のなかでも群を抜いて積極的なメディアミックス展開を見せてきた雑誌で、2005年に発足した公式サイト「CanCam.TV」は2008年半ば頃に180万の月間ページビューを達成[16]。同年11月には不定期放送のテレビ番組『テレキャン』(テレビ朝日BS朝日)が始動[17]。創刊27年目にして初のテレビ進出となった[18]

2012年にはモバゲー配信のソーシャルゲーム「CanCam Style for Mobage」が始動[19]。モバゲーの運営主体にあたるディー・エヌ・エー社、ならびにバンダイナムコゲームス社の協賛を得て生まれたモデル育成ゲームで、作中の各種要素が編集部の監修によるものとなっている[20]。誌面との連動企画なども盛り込み、4月より提供開始[21]

姉妹誌[編集]

2007年に20代後半向け姉妹誌『AneCan』が始動。前年発売の増刊号『お姉さん系CanCam』の2冊が完売状態となったことを受けての創刊であった。2016年12月号をもって休刊。

さらに創刊30周年を迎えた2011年には、妹版として『プチキャン』創刊が決定。2012年3月に創刊号が発売された[22]。なお、その後は刊行されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 田中里尚「赤文字系雑誌の80年代とその変容 :雑誌「CanCam」を中心に」、『文化女子大学紀要. 服装学・造形学研究』第42巻、文化学園大学、2011年1月、 31-38頁、 NAID 110008441257
  2. ^ 「CanCam」がファッションではなくコンプレックスで読者とつながり始めた!”. サイゾーウーマン (2011年7月29日). 2011年7月29日閲覧。
  3. ^ 異変! 腰かけOLのバイブル「CanCam」が"働くこと"を勧めているぞ”. サイゾーウーマン (2010年9月28日). 2010年9月28日閲覧。
  4. ^ a b 【第3弾は表紙モデルに女優が多い30代、40代向けを解説】新ジャンル“50才向け”も出現!オトコのための女性誌講座(6/16):『赤文字系』の勢力図を塗り替えたエビちゃん!「CanCam」”. 日経トレンディネット (2008年1月11日). 2008年1月11日閲覧。
  5. ^ 「CanCam」30周年 時代をリードしたファッションの変遷”. 日本テレビ『スッキリ!!』 - TVでた蔵 (2012年2月28日). 2012年2月28日閲覧。
  6. ^ ハーフブームももう終わり? 女子カルチャー衰退の要因を徹底分析!”. サイゾーウーマン - ライブドアニュース (2009年2月2日). 2009年2月2日閲覧。
  7. ^ 女性ファッション誌とモデルの関係(2000's〜)”. 全国出版協会・出版科学研究所 (2007年3月12日). 2007年3月12日閲覧。
  8. ^ 人気女性誌『CanCam』がテレビ界に進出! その背景にあるものとは?(2/4)”. 日経トレンディネット (2008年11月14日). 2008年11月14日閲覧。
  9. ^ 「CanCam」「JJ」が凋落 女性誌売れなくなった理由”. J-CASTニュース (2009年5月30日). 2009年5月30日閲覧。
  10. ^ ファッションの多様化で、ファッション雑誌購読者も分散化”. VOICE OF FASHION - ライブドアニュース (2011年11月28日). 2011年11月28日閲覧。
  11. ^ 低迷する赤文字雑誌に未来はあるのか!?―『JJ』『CanCam』『ViVi』『Ray』とコンサバスタイルの行方”. cakes (2013年3月12日). 2013年3月12日閲覧。
  12. ^ 専属モデルの限界? 読者や元・モー娘。に助けを求める「CanCam」”. サイゾーウーマン (2011年6月27日). 2011年6月27日閲覧。
  13. ^ CanCam読者代表の「第2期スター読者」オーディション開催 誌面で活躍のチャンス”. モデルプレス (2012年5月18日). 2012年5月18日閲覧。
  14. ^ 読者の時代到来 CanCam読者代表“スター読者”たちに迫る!オフィシャルブログスタート”. モデルプレス (2012年5月23日). 2012年5月23日閲覧。
  15. ^ 読者の時代到来 CanCam読者代表が2000通の応募から決定”. モデルプレス (2012年7月7日). 2012年7月7日閲覧。
  16. ^ 人気女性誌『CanCam』がテレビ界に進出! その背景にあるものとは?(4/4)”. 日経トレンディネット (2008年11月14日). 2008年11月14日閲覧。
  17. ^ 人気女性誌『CanCam』がテレビ界に進出! その背景にあるものとは?(1/4)”. 日経トレンディネット (2008年11月14日). 2008年11月14日閲覧。
  18. ^ ファッション誌『CanCam』、創刊27年目にして初のテレビ進出”. eltha (2008年11月12日). 2008年11月12日閲覧。
  19. ^ 小学館など3社、『CanCam』のソーシャルゲームを提供”. ASCII.jp (2012年4月10日). 2012年4月10日閲覧。
  20. ^ CanCamのトップモデル育成ゲーム モバゲーで配信”. Fashionsnap.com (2012年4月9日). 2012年4月9日閲覧。
  21. ^ 「CanCam」とモバゲーがコラボ ゲームで簡単女子力アップ?”. モデルプレス (2012年4月10日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  22. ^ 創刊30周年CanCamに妹誌、中高生向け「プチキャン」3月に発売”. Fashionsnap.com (2012年2月1日). 2012年2月1日閲覧。

外部リンク[編集]