オルタナ右翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オルタナ右翼(オルタナうよく)、ないし、オルト・ライト: alt-right)は、右翼思想の一種[1]アメリカ合衆国における主流の保守主義への代替案(オルタナティブ)として出現した[2][3]共和党の大統領選挙候補者ドナルド・トランプを支持し[4][5]多文化主義移民へ反対する点で特徴づけられる運動だとされる[3][6]

オルタナ右翼には公式のイデオロギーがあるわけではないが、次のような思想と関連性を持つと複数の論者は指摘している。白人ナショナリズム[2][3][7]、白人至上主義[4][8][9]、反ユダヤ主義[2][3][10]、反フェミニズム[2]、右翼ポピュリズム[7]、排外主義[11]、新反動主義運動[8][12]

4chanなどのサイトを中心として、主にネット上でインターネットミームを多用しながら発展してきた運動であると言われている[8][10][13]

語源[編集]

2008年11月、ポール・ゴットフリードは「H. L. Mencken Club」にて、「オルタナティブ右翼」と呼ばれる思想に触れている[14]。さらに2009年には、『Taki's Magazine』にてパトリック・フォードとジャック・ハンターによる2本の記事がオルタナ右翼について論じている[15]。しかし、この呼称の名付け親として最もよく知られているのは、国家政策研究所英語版の所長で『Alternative Right』の創立者であるリチャード・B・スペンサーである[7][16]

信念[編集]

オルタナ右翼には公式のイデオロギーがあるわけではない。AP通信も、「(オルタナ右翼という)思想を定義する唯一の方法など存在しない」と述べている[17][18]

オルタナ右翼には、次のような思想の要素が含まれるとされている。白人ナショナリズム[2][3][7]、白人至上主義[4][6][9]、反ユダヤ主義[2][3][10]、右翼ポピュリズム[7]、排外主義[11]、新反動主義運動[12]

『Newsday』のコラムニストであるキャシー・ヤングによると、オルタナ右翼は合法・違法を問わず移民に対して強く反対しており、ヨーロッパの難民危機に対して強硬な態度を取るという特徴がある[19]。『The Federalist』のロバート・トラシンスキの記事によると、オルタナ右翼は異種族混交に反対し、集産主義と部族主義を支持している[20]。ニコル・ヘマーが『NPR』で述べるところでは、オルタナ右翼にとってポリティカル・コレクトネスは「自らの自由に対する最大の脅威」として考えられている[21]

ゆるく定義されたオルタナ右翼に共通する特徴としては、主流の政治に対する軽蔑的態度と、2016年の大統領選挙におけるドナルド・トランプ候補への支持が挙げられる[7][22]。しかし、トランプ自身は「活気づけたい集団ではなく、私は否定する」とオルタナ右翼に否定的である[23]

起源[編集]

経済学教育基金のエコノミストであるジェフリー・タッカーによると、「(オルタナ右翼という)この運動の背景には連綿と続く思想伝統がある。フリードリヒ・ヘーゲルに始まり、そこからトマス・カーライルオスヴァルト・シュペングラー、マディソン・グラント、オトマール・シュパン、ジョヴァンニ・ジェンティーレを経てトランプのスピーチに至るという系譜を辿ることが出来る」。また彼に言わせると、オルタナ右翼の支持者は「エリートが社会を牛耳り、社会的地位の低い労働者たちがそれに従うという過去の黄金期を夢想している」。また、「アイデンティティを何よりも大事にしており、アイデンティティの喪失は想像しうる限りで自己に対する最悪の罪である」と信じている[24]

2016年3月、保守系オンラインニュースサイト『Breitbart News(ブライトバート・ニュース)』の記者アルム・ボカーリとマイロ・ヤノプルスはオルタナ右翼についての記事を発表した。CNNは、この文章はある種のマニフェストであると評している[25]。同記事では、オルタナ右翼の起源はアメリカ合衆国の古い右派(Old Right)とヨーロッパで生じた複数の新しい右派(New Right)運動にあり、超保守主義者のパトリック・J・ブキャナンやサミュエル・T・フランシスからの影響を受けていると述べている[26]。同様に、『The New Republic』のジート・ヒーアはオルタナ右翼の思想的起源を超保守主義であると見定めており、特に移民を規制し、大っぴらに愛国主義的な外交政策を支持する点にその傾向が見いだされるとしている[27][28]

The Guardian』の分析によると、新たな右翼が主張していた民族主義こそがオルタナ右翼の先祖である[29][30]。『Washington Post』の記事でマシュー・シェフィールドは、オルタナ右翼は無政府資本主義の理論家マレー・ロスバードの影響も受けており、特に人種や民主主義についての見解にそれが見て取れるとしている。[31]。無政府資本主義者のタッカーによれば、オルタナ右翼はリバタリアニズムに反対しているが、その理由は集団的アイデンティティや民族主義を個人の自由よりも重要視しているからである[24]

反応[編集]

オルタナ右翼は一部の保守主義者から歓迎を受けている一方で[19]、その他の主流派右派・左派からは人種差別的であるとして批判されている[19][32]。特に、オルタナ右翼が主流派の保守主義や共和党への敵意をむき出しにしていることが、そうした層から支持を受けない理由になっている[33][34]

『National Review』の記事にて、デイヴィッド・A・フレンチはオルタナ右翼を「ワナビー・ファシスト(ファシストもどき)」と呼び、国政談義にそうした勢力が加わることを嘆いている[35]

『The Weekly Standard』の記事にて、ベンジャミン・ウェルトンはオルタナ右翼を「様々な要素が雑多に入り交じった勢力」と表現し、「左派の道徳主義にそっぽを向き、『レイシスト』、『ホモフォビア』、『セクシスト』となじられることを勲章であるかのように考えている」と述べた[36]

The New Yorker』の記事にて、ベンジャミン・ウォレス=ウェルズはオルタナ右翼を「ゆるいまとまりをもった極右運動」と表現した。そして、アメリカの政治におけるこれまでの右派との違いは、内実というよりもスタイルの差にあるとしており、次のようにも述べている。「オルタナ右翼を理解する一つの方法は、これは運動なのではなく、アイデンティティを巡る一つの集団実験なのだと考えることだ。多くの人々がネット上で匿名性を保つことで、自分が密かに抱いている極端な思想を試すのと同じことである」[7]

アラバマ大学のジョージ・ホーレー教授によると、オルタナ右翼は主流派の保守主義運動以上に進歩主義に対する脅威を突きつける存在となる可能性があるとしている[37]

AP通信副社長のジョン・ダニゼフスキは、自称されたいわゆる「オルタナ右翼」は同社がかつて端的に「人種差別主義者」「ネオナチ」「白人至上主義者」と呼んできたものであり、「人種差別主義、白人ナショナリズム、ポピュリズムが混在した保守主義の分派」と定義を入れるか、「白人ナショナリズム」「白人至上主義」などと明確化する必要性が顕著であると述べた[38]

論評[編集]

ジャレド・テイラー(写真の人物)はオルタナ右翼の代表的論客として知られている。[39]

2016年4月に『National Review』にてイアン・タットルが述べているところによると、「オルタナ右翼は過去数ヶ月以上にわたり、ネット上で人種差別主義的・反ユダヤ主義的な言説を広めてきた。しかしアルム・ボカーリとマイロ・ヤノプルスの理解では、オルタナ右翼を構成する人物は、楽しいこと好きの扇動者、西洋文明の勇敢な守護者、勇気ある知識人、そして『ユダヤ人問題の最終的解決2.0』を待望するごく少数のネオ・ナチたちだが、こうした一部の人物を誰も好んでいるわけではない」[39]。ボカーリとヤノプルスは、『American Renaissance』の創立者ジャレド・テイラーと『Alternative Right』の創立者リチャード・B・スペンサーをオルタナ右翼の代表的理論家として挙げている[40][39]。『The Federalist』の記事でのキャシー・ヤングによると、オルタナ右翼的言説の中心地は『Alternative Right』から『Radix Journal』に取って代わられた。同記事での報告によると、『Radix Journal』に掲載された中絶に関する論考では、プロライフ(中絶反対派)は「劣生学的」とされているが、それは「知能の程度が著しく低く、責任感もない」女性の生殖を推奨することを意味するからだとされている[41]。ケヴィン・B・マクドナルドもオルタナ右翼の理論家の一人として知られている[17]

『Newsday』にて、ヤングはオルタナ右翼のことを「胸糞悪い偏見を撒き散らす(…)白人至上主義者が住まう(…)反ユダヤ主義の巣」と呼んでいる[19]。『All In with Chris Hayes』にて、クリス・ヘイズはオルタナ右翼のことを「本質的には現代における白人至上主義」と婉曲的に表現している[42]。『BuzzFeed』記者のロージー・グレイはオルタナ右翼を「我々の時代にぴったり合った白人至上主義」と表現した上で、彼らが「攻撃的なレトリックとむき出しの反ユダヤ主義的中傷」を用いており、「アメリカの右派というよりもむしろヨーロッパの極右運動との共通点を多くもつ」と述べた[43][44]。『Haaretz』にてイシャイ・シュワーツは、オルタナ右翼は「辛辣な反ユダヤ主義者」であり、「オルタナ右翼が提示する『オルタナティブ』とは、大部分において、ユダヤ人を受容しないというオルタナティブなのだ」とし、実際の脅威として深刻にとらえねばならないと警鐘を鳴らしている[45]

南部貧困法センターによると、『Breitbart News』はオルタナ右翼的見解が好んで発表される場となっている[46]

2016年8月25日、民主党の大統領選挙候補者ヒラリー・クリントンはスピーチにて、「共和党が過激派グループに乗っ取られる手助けをしている」として共和党の候補者ドナルド・トランプを強く批判した[47]。彼女はこの過激派グループを「オルタナ右翼」と特定し、トランプの選挙対策本部最高責任者のスティーブン・バノンが『Breitbart News Network』を「オルタナ右翼にとってのプラットフォーム」と述べたことに注意を促している[47]。オルタナ右翼支持者の一部はこの批判を受けたことをむしろ喜んだ。彼らによれば、クリントンのスピーチは「無料の広告」となり、オルタナ右翼についてGoogle検索で調べられる回数がグンと跳ね上がり、数百万もの人々がこの運動について「生まれて初めて」耳にすることになった、という[48]

2016年9月9日、オルタナ右翼コミュニティの複数の主導者が記者会見を開いた。これはほとんど知られていない運動の主旨を説明する「カミングアウト・パーティ」であると、ある記者は表現している[49]。そこでは人種差別主義的な信念が表明され、「人種は実在する、人種は重要な問題である、そして人種はアイデンティティの基礎となる」と語られた[50] 。発表者は「白人の母国」を強く求め、人種間での知能の差について説明した。同時に、トランプを支持することを確証し、「彼こそリーダーたる風格を備えている」と述べた[50][51][52]

ミームの使用[編集]

広く報道されているように、オルタナ右翼は信念を表明する際に、特に4chanのようなウェブサイトにてインターネット・ミームを多用する[10][13][53]。例えば、「cuckservative(寝取られ保守)」という、「cuckold(寝取られ)」と「conservative(保守主義)」に由来する造語の発案者は、オルタナ右翼の信奉者だと言われている[54]。他の例として、三重括弧「((()))」あるいは「エコー」を用いてネット上のユダヤ人を指して揶揄するという方法は、『The Right Stuff』というブログが出自だとされている[4][10][55]。また、ペペ・ザ・フロッグ(Pepe the Frog)というカエルのミームの使用もオルタナ右翼の間で人気があるとされており、メディアでは「ナチ・フロッグ」として言及されている[56][57]。このミームがヒラリー・クリントンの選挙キャンペーン公式サイトで批判された後、ペペ・ザ・フロッグがオルタナ右翼に使用されていることがメディアから大々的な注目を集めた[58][59]

オルタナ右翼コミュニティでこのようにミームが広範に使用されていることを受け、オルタナ右翼が真剣な運動なのか、あるいは古くからある保守主義的な信念を表明するための新たな手段に過ぎないのかという疑問が、一部の評論家によって抱かれている[7][10]。『Columbia Journalism Review』のチャヴァ・ゴウラリーによれば、このようにミームによってメディアの反応を引き起こすこと自体が、一部のクリエーターにとっては最終目的であるとされる[60]。ヴァンダービルト大学政治学科のマーク・ヘザリントン教授は、こうしたミーム使用は人種差別主義的見解を正当化するための手段であると指摘している[61]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オルト・ライト(オルタナ右翼)とは何者か”. Newsweek (2016年12月12日). 2017年2月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Tierney McAfee (August 25, 2016). "What Is the Alt-Right Anyway? A User's Guide". People. August 25, 2016閲覧. 
  3. ^ a b c d e f Gregory Krieg (2016年8月25日). “Clinton is attacking the 'Alt-Right' – What is it?”. CNN. http://www.cnn.com/2016/08/25/politics/alt-right-explained-hillary-clinton-donald-trump/ 2016年8月25日閲覧。 
  4. ^ a b c d Ohlheiser, Abby (2016年6月3日). “Anti-Semitic Trump supporters made a giant list of people to target with a racist meme”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/the-intersect/wp/2016/06/03/anti-semitic-trump-supporters-made-a-giant-list-of-people-to-target-with-a-racist-meme/ 
  5. ^ Betsy Woodruff. “Rush Limbaugh's Favorite New White-Power Group”. The Daily Beast. http://www.thedailybeast.com/articles/2015/12/03/rush-limbaugh-s-favorite-new-white-power-group.html 2016年2月5日閲覧。 
  6. ^ a b Sevastopulo, Demetri. "‘Alt-right’ movement makes mark on US presidential election". Financial Times. 
  7. ^ a b c d e f g h Wallace-Wells, Benjamin (2016年5月5日). “Is the Alt-Right for real?”. The New Yorker. http://www.newyorker.com/news/benjamin-wallace-wells/is-the-alt-right-for-real 
  8. ^ a b c Dylan Matthews (2016年4月18日). “The alt-right is more than warmed-over white supremacy. It's that, but way way weirder.”. VOX. http://www.vox.com/2016/4/18/11434098/alt-right-explained 2016年6月7日閲覧。 
  9. ^ a b Benjy Sarlin (2016年8月25日). “5 Things to Know About the 'Alt-Right'”. NBC News. http://www.nbcnews.com/politics/2016-election/hillary-clinton-delivering-speech-alt-right-what-s-n637701 2016年8月25日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f Hess, Amanda (2016年6月10日). “For the Alt-Right, the Message Is in the Punctuation”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/06/11/arts/for-the-alt-right-the-message-is-in-the-punctuation.html 
  11. ^ a b Becker, Amanda. “Clinton to accuse Trump of embracing nativist political movement”. Reuters. https://www.yahoo.com/news/clinton-accuse-trump-embracing-nativist-political-movement-102052962.html?ref=gs 
  12. ^ a b Brodeur, Michael. "What’s ‘alt-’ about the alt-right?". The Boston Globe. 
  13. ^ a b Jake Kivanç (June 15, 2016). "Nero, Nazis, and the New Far Right: The Phenomena of the Professional Troll". Vice. July 14, 2016閲覧. 
  14. ^ Gottfried, Paul (January 22, 2016). "The Decline and Rise of the Alternative Right". The Unz Review. February 5, 2016閲覧. 
  15. ^ Theodoracopulos, Taki (July 27, 2009). "Economism in the Alt Right". Taki's Magazine. February 5, 2016閲覧. 
  16. ^ Staff writer (August 2016). "Alternative Right". Southern Poverty Law Center. September 23, 2016閲覧. 
  17. ^ a b Benac, Nancy (2016年8月24日). “Clinton sees Trump ties to "alt-right" dystopian ideology”. Associated Press. http://bigstory.ap.org/article/c59982f8b8b74375924dc53b1da835f7/clinton-sees-trump-ties-alt-right-dystopian-ideology 
  18. ^ Wendling, Mike. “Trump's shock troops: Who are the 'alt-right'?”. BBC News. http://www.bbc.com/news/magazine-37021991 
  19. ^ a b c d Cathy Young (2016年1月25日). “Donald Trump's rant against political correctness is comfort food to racists”. Newsday. http://www.newsday.com/opinion/columnists/cathy-young/donald-trump-s-rant-against-political-correctness-is-comfort-food-to-racists-1.11391400 2016年2月5日閲覧。 
  20. ^ Tracinski, Robert (April 4, 2016). "Yes, the Alt-Right Are Just a Bunch of Racists". The Federalist. July 23, 2016閲覧. 
  21. ^ "What You Need To Know About The Alt-Right Movement". NPR.org. August 26, 2016. August 27, 2016閲覧. 
  22. ^ "'Alt-Right' Hashtag Spurs Racism, Rebukes During Speech". ABC News. 
  23. ^ Donald Trump disavows 'alt-right'”. CNN (2016年11月23日). 2016年11月23日閲覧。
  24. ^ a b Tucker, Jeffrey (August 26, 2016). "Five Differences Between the Alt-Right and Libertarianism". Foundation for Economic Education. September 7, 2016閲覧. 
  25. ^ Krieg, Gregory. "Clinton is attacking the 'Alt-Right' -- What is it?". CNN. 
  26. ^ "An Establishment Conservative's Guide To The Alt-Right". March 30, 2016. 
  27. ^ Heer, Jeet (2016年1月22日). National Review Fails to Kill Its Monster”. The New Republic. https://newrepublic.com/article/128176/national-review-fails-kill-monster 
  28. ^ Weigel, David. "What’s the alt-right? A primer". Washington Post. 
  29. ^ Wilson, Jason (2016年8月23日). “‘A sense that white identity is under attack’: making sense of the alt-right”. The Guardian. https://www.theguardian.com/us-news/2016/aug/23/alt-right-movement-white-identity-breitbart-donald-trump 2016年9月7日閲覧。 
  30. ^ "Salon". 
  31. ^ Sheffield, Matthew. "Where did Donald Trump get his racialized rhetoric? From libertarians.". Washington Post. 
  32. ^ Robert Tracinski. "Yes, The Alt-Right Are Just a Bunch of Racists". The Federalist. April 4, 2016閲覧. 
  33. ^ “An Open Letter to Mitt Romney”. The Weekly Standard. http://www.weeklystandard.com/an-open-letter-to-mitt-romney/article/2002732 
  34. ^ Shapiro, Ben. “The Conservative Intellectual Movement in America: Then and Now”. National Review. http://www.nationalreview.com/article/434548/conservative-intellectuals-george-nash-traces-history 
  35. ^ French, David (2016年1月26日). “Donald Trump & Alt-Right's Rise – Not Conservatives Fault”. National Review. http://www.nationalreview.com/article/430332/donald-trump-alt-right-rise-not-conservatives-fault 2016年2月5日閲覧。 
  36. ^ Welton, Benjamin (2016年2月1日). “What, Exactly, is the 'Alternative Right?'”. The Weekly Standard. http://www.weeklystandard.com/what-exactly-is-the-alternative-right/article/2000310 2016年2月5日閲覧。 
  37. ^ George Hawley (January 25, 2016). Right-Wing Critics of American Conservatism. University Press of Kansas. p. 69. ISBN 978-0-7006-2193-4. http://books.google.com/books?id=bTD4jgEACAAJ. 
  38. ^ John Daniszewski (2016年11月28日). “Writing about the ‘alt-right’”. Associated Press. 2016年11月29日閲覧。
  39. ^ a b c Tuttle, Ian. “The Racist Moral Rot at the Heart of the Alt-Right”. National Review. http://www.nationalreview.com/article/433650/alt-rights-racism-moral-rot 2016年4月18日閲覧。 
  40. ^ "An Establishment Conservative's Guide To The Alt-Right". Breitbart. March 29, 2016. June 9, 2016閲覧. 
  41. ^ Young, Cathy. "You Can't Whitewash The Alt-Right's Bigotry". The Federalist. June 9, 2016閲覧. 
  42. ^ “All In with Chris Hayes, Transcript 12/9/2015”. MSNBC. (2015年12月9日). http://www.msnbc.com/transcripts/all-in/2015-12-09 
  43. ^ Allan Smith (2016年8月25日). “A deep look inside the 'alt-right,' the movement Hillary Clinton just excoriated in a major speech”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/what-is-the-alt-right-2016-8 2016年9月2日閲覧。 
  44. ^ Gray, Rosie (July 7, 2015). "How 2015 Fueled The Rise Of The Freewheeling, White Nationalist Alt Right Movement – BuzzFeed News". Buzzfeed. February 5, 2016閲覧. 
  45. ^ Schwartz, Yishai (2016年5月31日). “Banal, Incoherent, anti-Semitic and pro-Trump: Why We Should Take the Alt-right Seriously”. Haaretz. http://www.haaretz.com/opinion/1.722413 
  46. ^ Piggott, Stephen. "Is Breitbart.com Becoming the Media Arm of the 'Alt-Right'?". Southern Poverty Law Center. May 2, 2016閲覧. 
  47. ^ a b Flegenheimer, Matt (2016年8月25日). “Hillary Clinton Says ‘Radical Fringe' Is Taking Over G.O.P. Under Donald Trump”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/08/26/us/politics/hillary-clinton-speech.html 2016年9月17日閲覧。 
  48. ^ Harrington, Rebecca (2016年8月26日). “The alt-right movement was practically giddy that Hillary Clinton attacked them in a major speech”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/alt-right-reaction-hillary-clinton-attack-speech-2016-8 2016年9月17日閲覧。 
  49. ^ Weigel, David (2016年9月10日). “Four lessons from the alt-right’s D.C. coming-out party”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/post-politics/wp/2016/09/10/four-lessons-from-the-alt-rights-d-c-coming-out-party/ 2016年9月17日閲覧。 
  50. ^ a b Levy, Pema (2016年9月9日). “Alt-Right Movement Presents Its Vision for an All-White Society With Trump Paving the Way”. Mother Jones. http://www.motherjones.com/politics/2016/09/alt-right-makes-its-main-stream-debut 2016年9月17日閲覧。 
  51. ^ Maxwell Tani (2016年8月25日). “Hillary Clinton: 'A fringe element has effectively taken over the Republican Party'”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/hillary-clinton-alt-right-donald-trump-speech-2016-8 2016年8月25日閲覧。 
  52. ^ Michelle Goldberg (August 25, 2016). "How the "Hipster Nazis" of the Alt Right Got Big Enough for Hillary Clinton to Denounce Them". Slate. August 25, 2016閲覧. 
  53. ^ Jesse Singal (2016年5月26日). “Explaining Ben Shapiro's Messy, Ethnic-Slur-Laden Breakup With Breitbart”. New York. http://nymag.com/daily/intelligencer/2016/05/ben-shapiros-messy-breakup-with-breitbart.html 2016年7月14日閲覧。 
  54. ^ Weigel, David. “'Cuckservative' – the conservative insult of the month, explained”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/the-fix/wp/2015/07/29/cuckservative-the-conservative-insult-of-the-month-explained/ 
  55. ^ "(((Echoes))), Exposed: The Secret Symbol Neo-Nazis Use to Target Jews Online". mic.com. 
  56. ^ Olivia Nuzzi (2016年5月25日). “How Pepe the Frog Became a Nazi Trump Supporter and Alt-Right Symbol”. The Daily Beast. http://www.thedailybeast.com/articles/2016/05/26/how-pepe-the-frog-became-a-nazi-trump-supporter-and-alt-right-symbol.html 2016年9月17日閲覧。 
  57. ^ Adam Sewer (2016年9月15日). “It's Not Easy Being Meme”. The Atlantic. http://www.theatlantic.com/politics/archive/2016/09/its-not-easy-being-green/499892/ 2016年9月15日閲覧。 
  58. ^ Abby Ohlheiser (2016年9月14日). “Why Pepe the Frog’s Nazi phase doesn’t worry his creator”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/the-intersect/wp/2016/09/14/why-pepe-the-frogs-nazi-phase-doesnt-worry-his-creator/ 2016年9月16日閲覧。 
  59. ^ Sam Thielman (2016年9月14日). “Pepe the Frog artist supports Clinton 'even though she's talking smack'”. The Guardian. https://www.theguardian.com/books/2016/sep/14/pepe-the-frog-artist-supports-hillary-clinton 2016年9月16日閲覧。 
  60. ^ Gourarie, Chava (August 30, 2016). "How the ‘alt-right’ checkmated the media". Columbia Journalism Review. 
  61. ^ Patrik Jonsson (August 27, 2016). "Donald Trump's candidacy and the rise of the 'alt-right' movement". Christian Science Monitor. September 3, 2016閲覧. 

関連項目[編集]