ビットコイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビットコイン
Bitcoin logo.svg
台帳 取引の正当性はピアツーピアネットワークによって担保される[1]
使用開始日 2009年1月3日
使用
国・地域
世界の旗 世界
発行 10分ごとに25BTC
 情報源 市場に出回っているビットコイン数の合計
 指数 2100万BTCが発行されるまで、ビットコインの発行速度は4年ごとに半減する[2]
補助単位
108 satoshi[3]
106 microbitcoin, bits[4]
103 millibitcoin
通貨記号 BTC, XBT,[5] BitcoinSign.svg, ฿(注: これはバーツの記号でもある),[6] Ƀ[7]
ビットコインのWindows用クライアント

ビットコイン英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。

概要[編集]

ビットコインは中本哲史[8](サトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto))[9]を名乗る人物によって投稿された論文[10]に基づき、2009年に運用が開始された[11]

ビットコインシステムはPeer To Peerネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転。取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン(BTC)が使用される。このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。ビットコインは、この種のシステムの中では最大の時価総額を持つものである。

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取る。ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスと交換することもできる。ビットコインを送信するときにユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができる。

ビットコインを商品やサービスの対価として受け容れる企業の数は、2015年2月に10万社を超えた。クレジットカード会社は通常2-3%の手数料を課すが、ビットコインでは多くの場合、企業は0%以上2%以下のトランザクション手数料を支払う。ビットコインを受け容れる企業の数が2014年に4倍に増加したにもかかわらず、暗号通貨は小売業界ではあまり普及していない。欧州銀行監督局(EBA)およびその他の情報提供元は、ビットコインユーザが返金を要求する権利やチャージバックにより保護されているとは言えないと警告している。犯罪者によるビットコインの利用は金融規制当局・立法機関・法執行機関・メディアの注意を惹きつけている。米国をはじめとする国々の当局者たちはビットコインを合法的な金融サービスを提供できるものと認識しているものの、闇ネット市場や盗難を中心として犯罪活動が行われている。

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や特別な権限を持つ発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、P2Pネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払いの検知のためプルーフ・オブ・ワーク・システム英語版が用いられている。

ビットコインは、採掘、もしくは商品・サービス・他の通貨との交換、また寄付を受けることにより入手できる。

中央支配機関がないビットコインの信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されている。

価値下落を防ぐ努力をするような中央組織は存在しないというリスクがある一方で、使用者の意図に反して価値をコントロールすることもできない。 [12]

中国では金融機関における取引での使用が禁じられ[13]、欧州銀行監督局は利用者保護に欠けると警告している[14]

ビットコインの盗難は可能であり実例があるものの[15]、オフラインでの防止策でこうした危険性は減らせる[16]

現在[いつ?]の全般的な商業流通量は、価格変動を煽る投機目的に比べて小規模であるものの、実際に製品やサービスの支払いに使用されている[17]

一般的なクレジットカードの手数料2−3%に比べ費用が抑えられる[18]

ビットコインはクレジットカードの手数料よりさらに安価な決済コストを実現でき、かつ土日祝祭日に左右されない。また、売り手買い手双方ともに、個人情報やカード番号など、外部に漏れたら問題になるような情報の入力も必要ない。そのためeコマースの決済手段として着実に地歩を固めている。[19]

著名な営利法人での採用例としてはOkCupidRedditWordPressヴァージン・ギャラクティック[20]特定非営利活動法人アドボカシー団体ではフリーソフトウェア財団[21]WordPress[22]Tor[23]電子フロンティア財団[24] (EFF)、ウィキメディア財団[25] などが挙げられる。

weusecoins.comによるビットコインの解説

頭文字の大小による意味の違いがあり、大文字表記 (Bitcoin) はプロトコルと取引ネットワークを、小文字 (bitcoin) は通貨自体を指す[26]

通貨単位[編集]

ビットコインの通貨単位はビットコイン(bitcoin)である。2014年現在、ビットコインを表わす記号には BTCXBTBitcoinSign.svg がある[27]:2。補助単位としては、ミリビットコイン(mBTC)、マイクロビットコイン(µBTC)、サトシ(satoshi)が存在する。サトシはビットコインの作者であるサトシ・ナカモトを記念してつけられたビットコインの最小単位で、1億分の1ビットコインにあたる[28]マイクロビットコインは100万分の1ビットコインで、単にビットと呼ばれることもある。

2014年10月7日に、ビットコイン財団は、ビットコイン用のISO 4217通貨コードを申し込む計画を明らかにし[29]、BTC または XBT が主候補であるとした[30]

2015年に、ビットコインの記号 BitcoinSign.svgUnicode (U+20BF) に追加することが認められた[31][32]

仕組み[編集]

ビットコインには中央銀行のような中央機関は存在せず、通貨の発行や取引はすべてピアツーピア・ネットワーク上で行われている。

ビットコインのすべての取引履歴はブロックチェーン[注釈 1]と呼ばれる台帳に記録される。ブロックチェーンはネットワーク上のノードに分散的に記録される。過去のすべての取引が記録されているため、これを見れば、取引の整合性を誰でも検証することができる。

支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログ、blockchainの更新を要求する[33]

全トランザクションリストには所有履歴が記載されており、分散ネットワークにより検証されている。

ネットワーク参加者達は採掘者として知られ、取引手数料や造幣収益を得ている[34]

参加者達は、パソコン、モバイル端末、あるいはWebアプリケーション上のウォレット(財布)ソフトウェアを使ってビットコインの受け渡しを行う。

取引の確認手続きとマイニング[編集]

送金者は、金額や受取人などの取引情報[注釈 2]を、ネットワークを構成するマイナー[注釈 3](採掘者)と呼ばれるノードにブロードキャストする。マイナーは、受け取った取引情報をブロックという形でまとめ、ブロックチェーンの末尾に追加する。ただし、新しいブロックを記録するためには計算量の大きな問題を解く必要がある。マイナーたちは競ってその問題を解き、最初にブロックを追加することに成功したマイナーだけが一定額の報酬を得ることができる。二重支払いなどの不整合性は、ブロックをブロックチェーンに記録する際に他のノードによってチェックされる。

問題は10分ほどで解けるように難易度が調整されており、送金者は、取引の整合性がマイナーたちによって確認され、ブロックチェーンに記録されるまで同程度の時間を待たねばならない。

流通するすべての ビットコイン通貨は、このようにマイナーへの報酬という形で市場に供給される。

多数決による不正の防止[編集]

ブロックチェーンの概念図。最良のチェーン(黒)は最も長い取引履歴を持つチェーンである。その他に、孤立したチェーン(紫)も存在する。

ブロックチェーンは取引履歴が記録されたブロックが一本の鎖のように繋がったものと考えることができるが、場合によっては分岐することもある。例えば、悪意ある攻撃者が過去のブロックを改竄した場合や、複数のマイナーが同時にブロックを追加した場合である。

こういった問題を、ビットコインは「最も長いブロックチェーンを信頼する」という原則で解決している。「長い」というのは単純にブロック数が多いという意味ではなく、そのチェーンを構成するのにかかった計算量が大きいという意味である。言い換えれば、計算量を単位とした多数決である。

攻撃者が過去の取引履歴を書き換えても、その履歴が信頼されるためには、そこから派生するチェーンが他のチェーンよりも長くならなければならない。しかし、チェーンを構成するためには大きな計算量が必要となる。善意のマイナーたちは常に最も長いチェーンにブロックを追加し続けているため、攻撃者は、その総計算能力を上回る計算資源を投じ、改竄したチェーンを伸ばしていかなければならない。つまり、単一の攻撃者がネットワーク全体の過半数の計算能力を保持していなければならない。ビットコインに参加するノードの数が十分大きければ、そのような計算資源を確保するのは困難である。ビットコインはこの考え方(プルーフ・オブ・ワーク)に基づいて堅牢性を担保している。

複数のマイナーがそれぞれ個別のブロックを追加し、チェーンが分岐してしまった場合は、ネットワーク上の各マイナーはそのうちどちらかのチェーンを選んでマイニングに取り組む。さらに新しいブロックがどちらかのチェーンに追加された時点で、他方のチェーンは放棄される。

アドレスと財布[編集]

ビットコインはアドレス[注釈 4]に対応付けられて格納される。アドレスは公開鍵暗号ペアとして生成され、そのアドレスから送金する際には対応する秘密鍵が必要になる。

財布[注釈 5]はアドレスの集合である。ビットコインのウォレットにはいくつか種類がある。

ソフトウェアウォレット[編集]

Windows、Mac OS X、iOS、Androidなどのオペレーティングシステム上で動作するソフトウェアのウォレットのことである。

ハードウェアウォレット[編集]

専用のハードウェアを使ったウォレットのことである。

ハードウェアウォレットのTrezor

ウェブウォレット[編集]

利用者に代わってウォレットを管理するウェブサービスのウォレットのことである。端末の種類にかかわらず利用できるため利便性は高いが、セキュリティ面はサービス提供機関に任せることになる。

ペーパーウォレット[編集]

紙にビットコインアドレスと秘密鍵を印刷したものである。クラッキングなどで秘密鍵が漏洩する危険性が無いため、最も安全である。

歴史[編集]

  • 2008年 - 「中本哲史」の名前で発表された論文で初めて紹介された[35]
  • 2009年 - Bitcoin-Qtという最初のオープンソースクライアント(ウォレットアプリケーション)がリリースされ、最初のビットコインが発行された[36][37]
  • 2009年 - 運用が開始される[11]
  • 2009年 - Bitcoin-Qtにある一つの機能が実装され、大量のビットコインが鋳造された。これは、ビットコインの取引と採掘を実施できるソフトウェアがBitcoin-Qtしか存在しなかったためである。この機能は、採掘に特化したソフトウェアのほうがより効率が良いと判明したため、その後[いつ?]削除された。それ以降[いつから?]、ビットコインのオープンソースソフトウェアは、中核的な開発者と他の協力者のグループによりメンテナンスされ、拡張されている。
  • 2009年5月 - 中本哲史[8](サトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto))[9]を名乗る人物によって論文が投稿される[10]
  • 2011年 - 1ビットコインの価値が約0.3USドルから32USドルまで急騰し、2USドルに戻った。
  • 2012年後半と2013年のキプロス金融危機の際には、ビットコインの価格は高騰し始め、2013年の4月10日には266USドルのピークに達し、その後、約50USドルまで下落した。
  • 2013年 - 連邦捜査局 (FBI) はオンライン闇市シルクロードを閉鎖し、2850万米ドル相当を押収した[38]
  • 2013年3月 - 技術的欠陥によりブロックチェーンの分岐が起こった。6時間の間、分岐した2つのビットコインネットワークは同時に運用され、各々が固有の取引履歴を持つことになった。激しい売り攻勢に直面し、中心的な開発者たち[誰?]は取引の一時的な停止を呼びかけた。ネットワークの大部分が、欠陥のあるバージョン0.8からバージョン0.7のビットコインソフトウェアにダウングレードされることにより、正常状態に復帰した[いつ?]
  • 2013年5月 - ビットコイン取引所のマウントゴックスに帰属する資産が米国の国土安全保障省により押収され、薬品売買を行うSilk RoadのWebサイトがFBIにより閉鎖された[要出典]
  • 2013年10月 - 中国のIT大手バイドゥは、自社のWebサイトセキュリティサービスの利用者にビットコインによる決済ができるようにした。ビットコインのATMは、2013年の10月にカナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーで初めて導入された。
  • 2013年11月 - 採用する意向を示すブリック・アンド・モルタル企業は1000社に留まり[39]、オンライン企業2万社と対照的である[40]。中国を拠点とするビットコイン取引所のBTC Chinaは、日本を拠点とするマウントゴックスと欧州を拠点とするBitstampを追い抜き、取引量において世界最大のビットコイン取引所となった。
  • 2013年11月19日 - 米国上院委員会の公聴会において、仮想通貨は合法的な金融サービスであるとされ、マウントゴックスのビットコインの価値は900USドルのピークに達した。同日、あるビットコインが中国で6780人民元(1100USドル)で売買された。
  • 2013年11月 - ビットコインはおよそ1200万個存在しており、時価総額は少なくとも72億USドルまでに達した。
  • 2013年11月23日 - ビットコインの時価総額は初めて100億USドルを超えた。
  • 2013年12月5日 - 中国人民銀行は、中国の金融機関がビットコインを使用することを禁止した[要出典]発表ののち、ビットコインの価値は下落し、バイドゥは特定のサービスについてはビットコインの受け入れを取りやめた[要出典]中国では2009年以降、実世界の商品を仮想通貨で購入するのは違法となった。[要出典]
  • 2014年1月 - ビットコインを使ったマネーロンダリングの容疑で2人の男が逮捕された[要出典]。BitInstant取引所の所長とビットコイン財団の副会長を務めるCharlie ShremとRobert Faiellaである。ShremはFaiellaに大量のビットコインを購入させ、それを使って闇市場サイトで非合法ドラッグを買わせた疑いが持たれている[誰によって?]
  • 2014年2月 - 最大級のビットコイン取引所のひとつであるマウントゴックスは、「トランザクション展性」という脆弱性に関する技術的問題を理由にして、ビットコインの引き出しを一時的に停止した[要出典]。同社がシステムの修正を進める中、一週間後にビットコインの価格は2月1日の800USドルから400USドルまで下落した。
  • 2014年2月24日 - マウントゴックスのWebサイトはネットワークから切り離され、全ての取引が停止された。決済プログラムの欠陥により、数年間にわたって計3億5000万USドル相当のビットコインが盗難の被害に遭ったとの報告が行われた最中の出来事だった[要出典]
  • 2014年2月26日 - 大手取引所のマウントゴックスが全ての取引を停止した[41]
  • 2014年2月26日未明 - 大手取引所のマウントゴックス[注釈 6][注釈 7]が全ての取引を停止し[41]、「取引所のサイトと顧客を守るため、全ての取引を一時的に中断することを決めた」とした[42]ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、25日、ニューヨーク南連邦地方検事局が捜査に着手し、マウントゴックスに召喚状を送り、書類の保全などを命じた[43]。28日、会社は東京地方裁判所民事再生法の適用を申請し、受理された[44]。 会社は被害額が85万ビットコイン(114億円相当)および現金28億円としている。(480億円相当が正しい[45]。) GLOCOMの楠正憲客員研究員によれば、本来発行された取引IDを顧客が改ざんすることができ、もとのIDに問い合わせても取引IDがないため何回でも取引を要求できるという[46](Transaction Mutability といい、2011年に指摘済みだったがMt.Goxは放置し、何回でも再送金したという)[要出典]。「ネットエージェント」の杉浦隆幸代表によれば、秘密鍵を管理する『財布』のパスワードを盗みとることができれば、大量の不正引き出しも可能だとする[46]詳細は「マウントゴックス」を参照
  • 2014年6月13日 - 米オンライン旅行最大手エクスペディアがホテル予約でビットコイン利用を開始。[47]
  • 2014年7月18日 - デルが公式ホームページを通じた自社製品の販売で、ビットコインによる支払いの受け付けを開始。[48]
  • 2014年8月 - アメリカの楽天スーパーロジスティクスがビットコイン決済の取扱を開始。[49]
  • 2014年9月末時点 - 投資額は330億円以上。[50]
  • 2015年12月18日時点 - ビットコインの時価総額は約8400億円[51]
  • 2015年1月26日 - 大手取引所Coinbaseが、アメリカ24州の認可を受けたビットコイン取引所「Coinbase Exchange」をオープン。[52]
  • 2015年10月22日 - 欧州司法裁判所はビットコインの売買は欧州付加価値税英語版の適用は除外されると判決を下した[53]

電子フロンティア財団といった非営利団体など、メインストリームのサービスは、決済の方法としてビットコインを受け入れ始めた[いつ?]

ビットコインの価格は、流通開始当初から激しく変動し、さまざまなパターンの高騰と下落を経験した[いつ?]

米国のビットコイン取引所は、通貨サービス事業を規制されて以来[いつから?]、マネーロンダリングが疑われる活動を報告するよう義務付けられている。

為替レート[編集]

現在のBTCの為替レート
Google finance JPY USD
XE.com JPY USD
Yahoo!ファイナンス JPY USD
OANDA.com JPY USD
CoinGecko JPY USD

経済力[編集]

ブロックチェーンにより参加者は仲介者を必要とせず、絶対的な保証により、価値の交換を行う相手と互いに素性を知る必要も、信頼する必要も無い。よって、ブロックチェインはサードパーティの支払プロセッサや、チャージ料の必要性を大幅に減少させることができる。また、クレジットカード詐欺の可能性を無くし、マイクロペイメントの新たな可能性を創造できる。[54]

ドメイン名の署名や、デジタル契約、車や家のような物理的資産のデジタル権利証などのデジタル資産をもブロックチェイン・プロトコルで行うことが出来るようになる。また、ブロックチェインに保存されたデジタル資産に様々な条件と、将来的な権利行使の付与を行うことも可能。公証人サービスや配当金エスクローサービスすらも自動実行プログラムの作成が可能になる。[55]

支払いや転送は短時間で済む点で予想変動率は実用性にほとんど影響せず、手数料はクレジットカードや送金よりも実質的に低い。 特に海外への送金が容易に可能である点で適しているという主張も出ている[56]

代替通貨[編集]

2013年オランダ国内でカフェでの対応例

自国通貨のインフレーション率や資本規制や国際制裁に悩まされている国々で人気があると示されている。 インフレと厳格な資本規制によって窮地に陥っている一部のアルゼンチン人はアルゼンチン・ペソの代替通貨として使用している[57]ほか、 一部のイラン人は、通貨制裁を回避するために使用[58]している。

経済ジャーナリストやアナリストは、スペインでの流通量とキプロス・ショックに関連性があると示唆している[59]キプロスでは財政難になった際に、金融機関預金口座に課税するために預金封鎖をしたことで、キプロス国民が国家権力の及ばない「ビットコイン」へ資産を移す動きが増え、大々的に報じられた。

投機[編集]

人気上昇に伴い通貨価値が増加すると予想する投機家により[60]頻繁に投機目的で取引されている[61]。 欧州銀行監督局はこのような投機リスクに対し警告している[62]

本質的価値が欠けている理由として、価値自体が所有者の意思のみに依存するためだと説明されている[63]

デリバティブでの有効性はわずかながらある。ある組織は​​複数の暗号通貨を先物取引対象とした[64]

危険性[編集]

不安定な価値評価の通貨を使用したがる人はごく少数である[65]

現在[いつ?]、通貨としての機能はあくまで限定的である[66]

法的問題[編集]

犯罪行為との関連性は利用人口拡大の妨げとなっており、流通動向は金融規制当局、立法機関、法執行機関の注目を集めており、実際に米連邦捜査局 (FBI)、米上院、ニューヨーク州により捜査された[67]。 FBIは「おそらく資金の移動や盗難手段としてサイバー犯罪者を惹きつける」と2012年の報告書で述べた[68]

2013年3月に米国の金融犯罪取締ネットワーク (FinCEN) は、「分散型仮想通貨」の規制指針を制定し、アメリカで造幣販売を行う「採掘者」は通貨販売事業者と指定され事業登録やその他の法的義務が課せられた[69][70][71]。 2013年8月にはドイツ財務省は多国間決済の会計単位として使用可能であるとし[72][73]、1年以上保持する場合はキャピタルゲイン税が課せられた[73]。 ニューヨーク国務省金融サービスは、富の移転や犯罪行為(特にシルクロード)を懸念し規制する目的で、権限上可能な規制 (BitLicense) や指針に関わる調査の実施を2013年後半に発表しニューヨーク市で公聴会を開催した[74]。 またアメリカ合衆国内国歳入庁は、積極的に独自基準の作成に取り組んでいると述べている[65]

同時に欧州銀行監督局 (EBA) は、使用状況を鑑みて微妙ながら承認を与えた。 以前はEUおよびEFTA地域の銀行による規定や認可が存在せず危険性が伴うことから公式に警告を発していたが、 各種規制の適応外であり不要であることを認め現状を認識し見方を変えた[75]

闇市場[編集]

報道機関は、ビットコインの人気を違法薬物の購入手段としての利用価値に拠るものと報じている[76]。 2013年にガーディアン紙は主にオンライン賭博や違法薬物購入に使われたと述べ[77]ハフィントン・ポストは「オンライン賭博が高割合を占める」と述べた[78]。 正規のトランザクションは、実際の薬物購入関与数より少ないと考えられており[79]、 全トランザクションの約半分は単一のオンラインゲームサイトで決済されている[80]。 2012年にカーネギーメロン大学と情報ネットワーク協会の研究で、 流通総額の4.5−9%が単一のオンライン市場、シルクロードの薬物購入目的であると推定した[81]。 取引の大半は実質的に投機目的であったが、当研究は商品やサービスに比べ薬物が遥かに大きな使用割合を占めると主張している[81]。 2013年にハフィントンポストは、身元確認をしないオンライン銃器商は決済に使用していると報じた[82]

資金洗浄[編集]

欧州銀行当局を含む各種の規制当局及び法執行機関は、資金洗浄用途を警戒している[83]。 米連邦捜査局 (FBI) による2012年度報告書では実現するおそれを認めたが、判明した事例が存在しなかったと述べている[68]。 資金洗浄の障害として取引履歴の公開性を挙げる意見もある[84]

無許可採掘[編集]

2011年6月にシマンテックは、ボットネットによる隠れた採掘によりハードウェアの消耗や電力量の増加やコンピュータ温度の上昇の可能性について警告した[85][86]。 感染した場合、最新ビデオカードに組み込まれているGPU並列計算帯域が、マルウェアにより消費される[87]。 2011年8月中旬に採掘用ボットネットが再び検出され[88]、その後3ヶ月未満で採掘用トロイの木馬に感染したMac OS Xが発見された[89]

国家による利用制限[編集]

ロシアではビットコインの利用を禁止している[90]

インドネシアでは、2014年2月6日にインドネシア中央銀行がビットコインは法定通貨ではないと声明した[91]

中国では、2014年4月中旬に国有商業銀行大手がビットコインを扱う取引所の口座を閉鎖し始めた[92]

日本では、2014年6月19日に自民党IT戦略特命委員が規制を見送る提言書を公表している[93]。提言では、ビットコインなどの仮想通貨を「価値を持つ電磁的記録(価値記録)」と定義している。

国家の無保証[編集]

日本においては、ビットコインはドルやユーロなどと同様に強制通用力[94]がないため民法通貨ではない[95]電子マネーとは異なり資金決済に関する法律の対象とはならない。金融商品取引法上の有価証券にも該当しない[96]。法的責任を持った発行主体がなく払い戻しの約束が存在しないというビットコインの性質が、既存法律の想定外の存在としている。また、有体物でも知的財産でもないデジタルデータは、「」や「財物」や民法上の「動産」の範囲外と見なされる可能性があり、物権窃盗罪などの法律の対象とならない可能性がある[97]。また、ビットコインに関する契約は、有体物を前提としている典型契約には当たらない可能性があり、例えば、取引所が利用者のビットコインを保管するという寄託類似契約を含んだ契約も、その部分が典型契約の「寄託」とならずに非典型契約となる可能性がある[97]

なお、電磁的記録を有体物と見なさないとする説の一つである物理的管理可能説は、「利益窃盗は不可罰」というところから来ているため[98]、法律や契約によらず専有できるビットコインが有体物と見なされる可能性もありうる。また、有体物であるか否かを問わず、電磁的記録を対象とした刑法財産を対象とした法律の対象となる。この点については、前述の「マウントゴックス」の破綻に関連して、警視庁が電子計算機使用詐欺事件で本格捜査を始めている[99]

消費者庁所管法令の消費者安全法多数消費者財産被害事態の対象となるためには、多数の消費者が被害を受けていることだけでなく、不当な取引かつ「事業者が消費者に対して示す商品、役務、権利その他の取引の対象となるものの内容又は取引条件が実際のものと著しく異なるもの」かもしくは「政令で定めるもの」であることを要する[100][101]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ : the block chain
  2. ^ : transaction
  3. ^ : miner
  4. ^ : address
  5. ^ : wallet
  6. ^ 顧客数12.7万人、うち日本人は1000人。
  7. ^ 2013年11月現在では世界最大、1日500-2000万$。世界の7割。破綻時点で2割。The Rise and Fall of the World’s Largest Bitcoin ExchangeBy Robert McMillan and Cade Metz,WIRED,11.06.13]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Barber, Simon; Boyen, Xavier; Shi, Elaine and Uzun, Esrin (2012). “Bitter to Better — how to make Bitcoin a better currency”. Financial Cryptography and Data Security. Lecture Notes in Computer Science (Springer) 7397: 399. doi:10.1007/978-3-642-32946-3_29. ISBN 978-3-642-32945-6. http://crypto.stanford.edu/~xb/fc12/bitcoin.pdf. 
  2. ^ Ron Dorit; Adi Shamir (2012年). “Quantitative Analysis of the Full Bitcoin Transaction Graph”. Cryptology ePrint Archive. 2012年10月18日閲覧。
  3. ^ Cracking the Bitcoin: Digging Into a $131M USD Virtual Currency”. Daily Tech (2011年6月12日). 2013年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月30日閲覧。
  4. ^ Bits to Usd converter
  5. ^ XBT – Bitcoin”. XE. 2013年6月11日閲覧。
  6. ^ Matonis, Jon (2013年1月22日). Bitcoin Casinos Release 2012 Earnings. Forbes (ニューヨーク). オリジナル2013年2月16日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/JHWHM. "Responsible for more than 50% of daily network volume on the Bitcoin blockchain, SatoshiDice reported first year earnings from wagering at an impressive ฿33,310." 
  7. ^ Another Bitcoin Identity”. Ecogex.com. 2013年11月29日閲覧。
  8. ^ a b 中本, ビットコイン:P2P 電子マネーシステム, http://www.bitcoin.co.jp/docs/SatoshiWhitepaper.pdf 2013年12月21日閲覧。 
  9. ^ a b Satoshi's posts to Cryptography mailing list”. Mail-archive.com. 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月26日閲覧。
  10. ^ a b Nakamoto, Satoshi (24 May 2009), Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System, http://www.bitcoin.org/bitcoin.pdf 2010年12月14日閲覧。 
  11. ^ a b Joshua Davis (2011年10月10日). “The Crypto-Currency”. The New Yorker. 2013年11月30日閲覧。
  12. ^ 楽天グループも導入、復活するビットコイン
  13. ^ Kelion, Leo (2013年12月18日). “Bitcoin sinks after China restricts yuan exchanges”. bbc.com. BBC. 2013年12月20日閲覧。
  14. ^ Smith, Geoffery (2013年12月12日). “European Banking Watchdog Warns on Bitcoin”. WSJ.com. Dow Jones. 2013年12月20日閲覧。
  15. ^ Nathaniel Popper (2013年12月5日). “In the Murky World of Bitcoin, Fraud Is Quicker Than the Law”. The New York Times. 2013年12月12日閲覧。
  16. ^ Timothy B. Lee (2013年11月19日). “12 questions about Bitcoin you were too embarrassed to ask”. The Washington Post. 2013年12月12日閲覧。
  17. ^ Grocer, Stephen (2013年7月2日). “Beware the Risks of the Bitcoin: Winklevii Outline the Downside”. Moneybeat. The Wall Street Journal. 2013年10月21日閲覧。
  18. ^ For growth in merchant numbers, see BitPay Passes 10,000 Bitcoin-Accepting Merchants On Its Payment Processing Network”. Techcrunch. Techcrunch.com (2013年9月16日). 2013年10月21日閲覧。
  19. ^ 楽天グループも導入、復活するビットコイン
  20. ^ Branson, Richard (2013年11月22日). “Bitcoins in space”. 2013年12月18日閲覧。
  21. ^ https://www.fsf.org/donate/
  22. ^ http://en.blog.wordpress.com/2012/11/15/pay-another-way-bitcoin/
  23. ^ https://blog.torproject.org/blog/announcement-tor-project-now-accepting-bitcoin-donations
  24. ^ https://www.eff.org/deeplinks/2013/05/eff-will-accept-bitcoins-support-digital-liberty
  25. ^ http://wikimediafoundation.org/wiki/Ways_to_Give/ja
  26. ^ Bustillos, Maria (4/2/13). “The Bitcoin Boom”. The New Yorker. Conde Naste. 2013年12月22日閲覧。 “"...there seems to be a consensus forming around Bitcoin, capitalized, for the system, the software, and the network it runs on, and bitcoin, lowercase, for the currency itself"”
  27. ^ Regulation of Bitcoin in Selected Jurisdictions”. The Law Library of Congress, Global Legal Research Center (2014年1月). 2014年8月26日閲覧。
  28. ^ Katie Pisa and Natasha Maguder (2014年7月9日). “Bitcoin your way to a double espresso”. cnn.com (CNN). http://edition.cnn.com/2014/06/18/business/bitcoin-your-way-to-a-double-espresso/ 2015年4月23日閲覧。 
  29. ^ Nermin Hajdarbegovic (2014年10月7日). “Bitcoin Foundation to Standardise Bitcoin Symbol and Code Next Year”. CoinDesk. 2015年1月28日閲覧。
  30. ^ Press Release October 7, 2014: Bitcoin Foundation Financial Standards Working Group Leads the Way for Mainstream Bitcoin Adoption”. Press Release. Bitcoin Foundation (2014年10月7日). 2014年11月7日閲覧。
  31. ^ Ken Shirriff (2015年10月2日). “Proposal for addition of bitcoin sign”. 2015年11月3日閲覧。
  32. ^ Bitcoin 'B' Approved By Computer Text Standards Body”. CoinDesk (2015年11月4日). 2015年11月5日閲覧。
  33. ^ Jerry Brito and Andrea Castillo (2013年). “Bitcoin: A Primer for Policymakers”. Mercatus Center. George Mason University. 2013年10月22日閲覧。
  34. ^ Kharif, Olga (2013年10月14日). “Bitcoin Mining Rush Means Real Cash for Hardware Makers”. bloomberg.com. Bloomberg LP. 2013年10月23日閲覧。
  35. ^ Bitcoin P2P e-cash paper”. 2016年1月13日閲覧。
  36. ^ Bitcoin v0.1 released”. 2016年1月13日閲覧。
  37. ^ ビットコインブロック #1”. Blockchain Ltd. 2016年1月13日閲覧。
  38. ^ FBI Says It's Seized $28.5 Million In Bitcoins From Ross Ulbricht, Alleged Owner Of Silk Road”. Forbes. 2013年11月24日閲覧。
  39. ^ Joon Ian Wong (2013年11月28日). “CoinMap: Bitcoin-Accepting Merchants Increased 81% in November”. CoinDesk. 2013年12月1日閲覧。
  40. ^ Timothy B. Lee, The Washington Post (2013年11月24日). “Answers to Bitcoin questions: Largely unregulated, the Web currency is growing in popularity”. The Columbian. 2013年12月1日閲覧。
  41. ^ a b 篠健一郎; 西崎香 (2014年2月26日). “ビットコイン取引停止 東京 登録50万人、換金不能か”. 朝日新聞 (東京都中央区). http://digital.asahi.com/articles/ASG2V2PQ3G2VULFA001.html 2014年2月27日閲覧。 
  42. ^ 時事ドットコム:仮想通貨「全取引を一時中断」=東京のビットコイン取引所”. 時事通信 (2014年2月26日). 2014年2月27日閲覧。
  43. ^ 谷川貴史 (2014年2月26日). “ビットコイン:マウント・ゴックス、当面取引停止の声明”. 毎日新聞 (東京都千代田区). http://mainichi.jp/select/news/20140226k0000e020204000c.html 2014年2月27日閲覧。 
  44. ^ 時事ドットコム:マウントゴックス、再生法申請”. 時事通信 (2014年2月28日). 2014年2月28日閲覧。
  45. ^ ビットコイン破綻 「マウント社にも過失」 専門家指摘、資金ずさん管理も産経新聞2014年3月1日(土)
  46. ^ a b ビットコイン破綻 「マウント社にも過失」 専門家指摘、資金ずさん管理も 産経新聞 2014年3月1日(土)
  47. ^ エクスペディア、ホテル予約でビットコイン利用可能に
  48. ^ デル、ビットコイン支払いOKに 米のネット販売
  49. ^ [1]
  50. ^ 楽天グループも導入、復活するビットコイン
  51. ^ Crypto-Currency Market Capitalizations”. CoinMarketCap. 2015年12月18日閲覧。
  52. ^ [2]
  53. ^ 山崎大輔 (2015年10月23日). “ビットコインは「消費税非課税」、欧州裁(ECJ)が判決下す”. ビットコインニュース. http://btcnews.jp/eu-bitcoin-exchange-is-now-tax-free/ 2016年2月6日閲覧。 
  54. ^ LinkedIn創業者リードホフマン「なぜ私がビットコインの未来に投資するのか
  55. ^ LinkedIn創業者リードホフマン「なぜ私がビットコインの未来に投資するのか
  56. ^ Roose, Kevin. “How Bitcoin Can Go Mainstream, in One Easy Step - Daily Intelligencer”. Nymag.com. 2013年11月25日閲覧。
  57. ^ Bitcoins gain traction in Argentina”. 2013年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。. Blogs.ft.com (16 April 2013). Retrieved 20 April 2013.
  58. ^ Raskin, Max (29 November 2012). “Dollar-Less Iranians Discover Virtual Currency”. BloombergBusinessWeek. オリジナルの17 April 2013時点によるアーカイブ。. http://www.businessweek.com/articles/2012-11-29/dollar-less-iranians-discover-virtual-currency 2013年4月15日閲覧。. 
  59. ^ Salyer, Kirsten (2013年3月21日). “Fleeing the Euro for Bitcoins”. Bloomberg L.P.. 2013年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月20日閲覧。
  60. ^ Gloria Goodale, Christian Science Monitor (2013年9月17日). “The Rise Of Bitcoin: Is It A Solution Or Menace?”. Business Insider. 2013年11月25日閲覧。
  61. ^ Gustke, Constance (2011年11月23日). “The Pros And Cons Of Biting on Bitcoins”. CNBC. 2013年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月4日閲覧。
  62. ^ Warning to consumers on virtual currencies”. European Banking Authority (2013年12月12日). 2013年12月23日閲覧。
  63. ^ Hough, Jack (2011年6月10日). “The Bitcoin Triples Again”. The Wall Street Journal. 2013年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月23日閲覧。 “To recap, it's is a purely online currency with no intrinsic value; its worth is based solely on the willingness of holders and merchants to accept it in trade.”
  64. ^ Foxman, Simone (2013年4月2日). “How to short bitcoins (if you really must)”. Quartz. 2013年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月9日閲覧。
  65. ^ a b Popper, Nathaniel (2013年11月18日). “Regulators See Value in Bitcoin, and Investors Hasten to Agree”. NYTimes.com. http://dealbook.nytimes.com/2013/11/18/regulators-see-value-in-bitcoin-and-investors-hasten-to-agree/?_r=0 2013年11月27日閲覧。 
  66. ^ “Bitcoin: more than just the currency of digital vice”. The Guardian. (2013年3月4日). オリジナル2013年4月29日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/kRH7B 2013年4月20日閲覧。 
  67. ^ For lack of mainstream use, see Chen, Adrian (1 June 2011). The Underground Website Where You Can Buy Any Drug Imaginable”. 2012年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月16日閲覧。. Gawker.
    • For attention by law enforcement and regulatory bodies, see Lavin, Tim (2013年8月8日). “The SEC Shows Why Bitcoin Is Doomed”. bloomberg.com. Bloomberg LP. 2013年10月20日閲覧。
  68. ^ a b Bitcoins Virtual Currency: Unique Features Present Challenges for Deterring Illicit Activity”. Cyber Intelligence Section and Criminal Intelligence Section. FBI (2012年4月24日). 2013年10月20日閲覧。
  69. ^ Lee, Timothy (2013年3月20日). “US regulator Bitcoin Exchanges Must Comply With Money Laundering Laws”. Arstechnica. 2013年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月19日閲覧。 “Bitcoin miners must also register if they trade in their earnings for dollars.”
  70. ^ US govt clarifies virtual currency regulatory position”. Finextra (2013年3月19日). 2013年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月19日閲覧。
  71. ^ Application of FinCEN's Regulations to Persons Administering, Exchanging, or Using Virtual Currencies”. Department of the Treasury Financial Crimes Enforcement Network. 2013年3月19日閲覧。
  72. ^ Vaishampayan, Saumya (2013年8月19日). “Bitcoins are private money in Germany”. 2013年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月27日閲覧。
  73. ^ a b Nestler, Franz (2013年8月16日). “Deutschland erkennt Bitcoins als privates Geld an (Germany recognizes Bitcoin as private money)”. http://www.faz.net/aktuell/finanzen/devisen-rohstoffe/digitale-waehrung-deutschland-erkennt-bitcoins-als-privates-geld-an-12535059.html 
  74. ^ “Virtual Money Draws Notice of Regulators”. The New York Times. (2013年11月14日). http://dealbook.nytimes.com/2013/11/14/new-york-regulator-to-explore-bitcoin-license/ 
  75. ^ Bitcoin Financial (15 December 2013) Bitcoin Officially Confirmed Legal and Unregulated in Europe Retrieved 16 December 2013
  76. ^ “Monetarists Anonymous”. The Economist (The Economist Newspaper Limited). (2012年9月29日). http://www.economist.com/node/21563752 2013年10月21日閲覧。 
  77. ^ Ball, James (2013年3月22日). “Silk Road: the online drug marketplace that officials seem powerless to stop”. theguardian.com. Guardian News and Media Limited. 2013年10月20日閲覧。
  78. ^ Wyher, Tommy (2013年10月19日). “The Rise and Rise of Bitcoin”. The Huffington Post. Thehuffingtonpost.com, Inc.. 2013年10月21日閲覧。
  79. ^ Mardlin, John Jeffrey (2013年10月2日). “How Will The FBI Shut Down Of Silk Road Affect Bitcoins?”. Quora (Forbes). http://www.forbes.com/sites/quora/2013/10/02/how-will-the-fbi-shut-down-of-silk-road-affect-bitcoins/ 2013年10月21日閲覧。 
  80. ^ Geuss, Megan (2013年8月24日). “Firm says online gambling accounts for almost half of all Bitcoin transactions”. Ars Technica. http://arstechnica.com/business/2013/08/firm-says-online-gambling-accounts-for-almost-half-of-all-bitcoin-transactions/ 2013年10月21日閲覧。 
  81. ^ a b Christin, Nicolas (2013). “Traveling the Silk Road: A Measurement Analysis of a Large Anonymous Online Marketplace”. Carnegie Mellon INI/CyLab. pp. 8. http://www.andrew.cmu.edu/user/nicolasc/publications/Christin-WWW13.pdf 2013年10月22日閲覧。 
  82. ^ Smith, Gerry (2013年4月15日). “How Bitcoin Sales Of Guns Could Undermine New Rules”. huffingtonpost.com. TheHuffingtonPost.com, Inc.. 2013年10月20日閲覧。
  83. ^ EBA Warning on Virtual Currencies”. European Banking Authority. 2013年12月13日閲覧。
  84. ^ Meiklejohn, Sarah et al. (2013年10月23日). “A Fistful of Bitcoins: Characterizing Payments Among Men with No Names”. Association for Computing Machinery (ACM). 2013年9月2日閲覧。 Paper is explained by Kirk, Jeremy (2013年8月28日). “Bitcoin offers privacy-as long as you don't cash out or spend it”. PC World. http://www.pcworld.com/article/2047608/bitcoin-offers-privacy-as-long-as-you-dont-cash-out-or-spend-it.html 
  85. ^ Peter Coogan (2011年6月17日). “Bitcoin Botnet Mining”. Symantec.com. 2012年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  86. ^ Researchers find malware rigged with Bitcoin miner”. ZDNet (2011年6月29日). 2013年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  87. ^ Goodin, Dan (2011年8月16日). “Malware mints virtual currency using victim's GPU”. オリジナル2012年12月23日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/oDCb 
  88. ^ Infosecurity - Researcher discovers distributed bitcoin cracking trojan malware”. Infosecurity-magazine.com (2011年8月19日). 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  89. ^ Mac OS X Trojan steals processing power to produce Bitcoins - sophos, security, malware, Intego - Vulnerabilities - Security”. Techworld (2011年11月1日). 2012年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月24日閲覧。
  90. ^ ロシア、仮想通貨ビットコインを非合法化
  91. ^ Pernyataan Bank Indonesia Terkait Bitcoin dan Virtual Currency Lainnya”. インドネシア銀行. 2015年12月18日閲覧。
  92. ^ 産経ニュース ビットコイン取引所 中国2大口座閉鎖 「資金洗浄を懸念」「締め出し始まる」 2014.4.15 08:49
  93. ^ 読売新聞 朝刊 2014年6月18日
  94. ^ 日本国内で強制通用力がある法定通貨は貨幣法7条で日本国政府発行貨幣の額面価格の20倍まで、及び日本銀行法第46条第2項の日本銀行券がある。
  95. ^ 参議院議員大久保勉君提出ビットコインに関する質問に対する答弁書
  96. ^ ビットコイン 政府、対応苦慮 現行法では規制できず、ルール作り難航も 産経新聞 2014年3月10日
  97. ^ a b ビットコインとは何?法的問題を弁護士が一挙に解説 清水陽平 2014年3月5日
  98. ^ 2006年度春学期「刑法II(各論)」講義資料 【第 13 回】財産罪総説 深尾正樹
  99. ^ ビットコイン16億円分が消失 警視庁、電算詐欺容疑で本格捜査 マウントゴックス経営破綻MSN産経ニュース、2014年7月30日
  100. ^ 〔焦点〕ビットコイン「通貨でない」、静観する日本政府 マネロン対策急務 ロイター 2014年2月28日
  101. ^ 消費者安全法

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]