ビットコインのスケーラビリティ問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1ヶ月あたりの取引数
未処理のビットコインのトランザクション

ビットコインのスケーラビリティ問題とは、ビットコインにおけるブロックチェーンのブロックサイズが1メガバイト(MB)に制限されている結果起きている問題である[1] 。1MBよりも大きいブロックは無効なものとして自動的にネットワークから排除される[2]。ビットコインブロックは、最後のブロックが作成されてからビットコインネットワーク上で取引を処理する[3]:ch. 2 これにより、1秒間に3~4取引(理論上は最大7取引)を処理できるようになっている[4]

1MBの制限はビットコインにおいてボトルネックを生じさせ結果として取引手数料の上昇と一つのブロックに収まらない取引の処理が遅延した[5] 。ビットコインの規模をどのように拡大するかについての様々な提案があり、論争となった。2017年にビジネスインサイダーはこの論争を「ビットコインの将来についてのイデオロギー的な戦い」と特徴づけた[6]

2017年7月21日、ビットコインのマイナーは「ビットコイン改善提案 (BIP) 91」と呼ばれるソフトウェアアップグレードをロックインしたことで、物議を醸した 「Segregated Witness(SegWit、セグウィット)」アップグレードはブロック 477120でアクティベートされた[7]。ブロックサイズの上限も2017年11月に2MBに上げられる予定になっていたが[8]、「十分な合意が得られていない」ことを理由に計画は一旦停止されている[9]

フォーク[編集]

ブロックチェーンにおけるフォークとは、ブロックチェーンが2つに分かれたときのことを指す。ビットコインネットワーク上のフォークは2人のマイナーがほぼ同時にブロックを見つけたときなどマイニングプロセスの一部として定期的に発生し、その結果ネットワークは一時的にフォークする。その後に後続のブロックが追加されより長いチェーンとなった方のブロックが有効となり、もう一方のブロックはネットワークにより孤立(破棄)されることでフォークは解消する。ブロックチェーンは、開発者が有効な取引を判断するために使用していたソフトウェアのルールを変更するときに意図的にフォークすることもできる[10][11]

ハードフォーク[編集]

「コインデスク」によればハードフォークは古いソフトウェアで有効とみなされない(互換性がない)新しいブロックを作れるようになるルールの変更である[10]

「ビットコインXT」と「ビットコインクラシック」は両方ともブロックサイズの制限値を上昇させることを目的とした提案で、それらはコア開発者のエリック・ロンブロゾによってスケーラビリティを改善する手法として「ハードフォーク」と呼ばれた。しかしながら、両方の提案への支持は時間が経つにつれ減少していった[12] 。「ビットコイン・アンリミテッド」もまたブロックサイズの制限を調節する提案であり、結果としてハードフォークとなる[6]

ネットワークの全参加者がフォークに従わない場合ハードフォークはネットワークを分割することができる[10]。例えばイーサリアム・クラシックは「The DAO」へのハッキング事件への対応が分かれたことでイーサリアムネットワークのハードフォークの結果として誕生した[13][14]

ソフトフォーク[編集]

ハードフォークとは対照的にソフトフォークは古いソフトウェアからも有効と認識される(互換性がある)ブロックをつくるルール変更である[10]。ソフトフォークでも新ルールによってアップグレードされていないソフトウェアが作るブロックが有効なものとみなされなくなった時にネットワークを分割することが出来る[15]

「Segregated Witness」はソフトフォーク提案の一例である。ブロックストリームの共同創業者と開発者のピーター・ウィールは2015年12月にSegregated Witnessを提案した[16]。Segregated Witness (セグウィット)はビットコインソフトウェアの癖として知られているトランザクション展性の解決を目指したアップデートである[17] 。セグウィットは署名データを他の取引データから分離するシステムである。セグウィットはスケーリングの解決策として提案されてきており、2つの方法で影響を与えている。第1にCoinTeleraph(コインテレグラフ)はセグウィットのアクティベーション後すぐに約2MBの範囲で容量を拡大すると予測している(ビットコインの現在の1MB容量と比較して)[17]。第2に、トランザクション展性を解決することで、コインテレグラフはセグウィットでビットコインの上に新たなセカンドレイヤーを実装できるようになると考えている[17]

「ユーザーアクティベートソフトフォーク」 (UASF) はネットワークの計算力を提供するマイナーの支持を得ずにブロックチェーンのアップグレードを行おうとする物議を醸したアイディアである[10]

スケーリング提案[編集]

ビットコインをスケーリング(規模を拡大)する様々な提案が提出されている。2015年に、ジェフ・ガージックによって「BIP 100」(BIPは「Bitcoin Improvement Proposal(ビットコイン改善提案)」を意味する) が、ゲイビン・アンデルセンによって「BIP 101」が提案された[2]。2015年の中頃に一部企業がブロックサイズの上限を8MBにすることを支持していた[18]

  • ビットコインXT…ブロックサイズの上限を上げることで取引処理能力を向上するために2015年に提案された[19]
  • ビットコインクラシック…ブロックサイズの上限を上げることで取引処理能力を向上するために2016年に提案された[20]
  • 2016年に一部のマイナーと開発者の間で「香港協定」と呼ばれる合意が結ばれた。協定には2015年12月にビットコインコア開発者達により提案されたSegregated Witness (セグウィット)のアクティベーションとブロックサイズの上限を2MBにする両方のタイムテーブル(予定表)が含まれていた。しかしながらどちらも予定通りに進むことはなかった[21]
  • ビットコイン・アンリミテッド…マイナーが柔軟にブロックサイズの上限を上げる事への支持でマイニングプールのViaBTC、AntPool、投資家のロジャー・バー及びビットコイン・アンリミテッドの主任科学者のピーター・リズンによって支援された[22] 。ビットコイン・アンリミテッドはビットコインコアとは異なり、ブロックサイズの数値はハードコード(固定化)されておらず、むしろ「突発的コンセンサス」と呼ばれるアイデアを使用して、ノードとマイナーが上限値を設定できるようにしている[22]。ビットコインアンリミテッド提案の背後にいる人々は、マイナーのハードウェアがネットワークを保護するものであるため、マイナーはイデオロギー的観点からスケーリングの解決策を決定すべきだと主張している[23]
  • BIP148…「User Activated Soft Fork (UASF)」または「大衆の反乱」と呼ばれるこの提案は2017年8月1日に実行が計画されており、マイナーにセグウィットをアクティベートさせることを目指している[24]。マイナーがBIP91計画に沿ってセグウィットをアクティベートすることに投票したため不必要となった。

アクティベートされたスケーリング提案[編集]

Segregated Witness[編集]

Segregated Witness:

  • ビットコインブロックのデータ格納方法の変更[25]
  • 以前のビットコインソフトウェアとの互換性を維持しつつ処理能力を向上[25]
  • 他のビットコインプロジェクトの障害となっていたトランザクション展性の修正[25]
  • ライトニングネットワークの実装が実現可能になった[26]

アクティベーション[編集]

2017年5月、「デジタル・カレンシー・グループ」は「SegWit2x(セグウィット2x)」 (ニューヨーク協定)と呼ばれる提案を提出したと発表した[27] 。ビットコインの合計ハッシュレートの80%以上でセグウィットをアクティベートし、bit 4でシグナルし、6ヶ月以内にブロックサイズを2MBまで上げるというものであり、提案は既に合計ハッシュレートの80%以上の支持を得たと主張している[28]。2017年6月、セグウィット提案は米国特許商標庁に提出された特許を侵害している可能性があるという主張でさらに複雑化した[29]。2017年時点で、この提案はハッシュレートの90%以上の支持を得ていると報じられているが、このプロジェクトでの作業は招待者のみのグループに限られているという点で、議論になった[27]。2017年7月中旬、マイナーが2017年8月1日のUASFの実行前のSegWit2xの実装を支持し、ビットコインネットワークのハードフォークのリスクを回避しようと試みていることが明らかになった[30][31][32] 。7月21日にBIP 91はロックインされ、論争になったセグウィットのアップグレードはブロック 477120でアクティベートされた[7]。8月8日までにビットコインのマイニングプールの100%がセグウィットのサポートを通知したが、セグウィットは8月21日までは実施されない。ただしその後はマイナーはセグウィットをサポートしていないブロックの排除を始める[33]

当初、大半のビットコイン取引はアップグレードを使用できなかった。10月の初週にSegWitを使用したビットコイン取引の割合は7%から10%に上昇した[34]

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)[編集]

ビットコインのブロックチェーンのハードフォーク、セグウィットに反対するビットコインのマイニングプール/通貨交換の「ViaBTC」などによって2017年8月1日に誕生し、ビットコインとはブロック 478559以降から分岐した[35][36] 。ハードフォークの後、ビットコインの所有者は所有量と同量のビットコインキャッシュを所持することになった[37] 。ビットコインキャッシュはブロックサイズの上限をセグウィットを導入せずに1MBから8MBに上げた[38] 。8月1日の夕方までにBCHの時価総額は暗号通貨で3位になった(ビットコインとイーサリアムに続く)[39]。多くの暗号通貨取引所は8月1日に備えて数日間一時的にサービスを停止した[40][41][42][43]

他のスケーリング提案[編集]

SegWit2x[編集]

2017年8月のSegregated Witnessの実装は、SegWitで有効ブロックサイズを上げることを望む側とハードフォークでブロックサイズをより大きくすることを望む側が妥協した「ニューヨーク協定」の半分のみであった[44]。後の半分のSegWit2Xは2017年11月にハードフォークでブロックサイズを2MBに上げることが含まれていた[45]

SegWitはSegWit2xに関与していない人々によって作られており、彼らの大半はSegWit2Xに反対していた[46]

SegWit2xのハードフォークはビットコインキャッシュのハードフォークよりも論争となった[47]。元々ニューヨーク協定を支持していた一部企業(F2Pool、Bitwala、SurBTC、Wayniloansなど)は提案の支持を取り消した[48][49][50]。11月のハードフォークで8月に作成された第2のブロックチェーンに次ぐ新たなブロックチェーンをもたらす可能性があった。暗号通貨の取引所Bitfinex、HitBTC及びCEX.ioはオリジナルのチェーンは「BTC」であり新たな2MBのチェーンは「B2X」と宣言した一方でBitstamp、bitFlyer、Krackenや他の取引所の立場は公式には発表されていない[51]。ニューヨーク協定の一部の署名者 (Coinbase、BlockchainとXapoを含む)はハードフォーク後まではどのチェーンが「ビットコイン」と呼ばれるのかを決めないことを示唆した[52]

主要な争点はSegWit2xの開発者がハードフォークのビットコインキャッシュで実装された強力なリプレイプロテクションではなくオプトイン(任意)のリプレイプロテクションの実装を選択したことだった[53]。オプトインのリプレイプロテクションはSegwit2xのチェーンがSegwit2Xでのみ有効なリプレイプロテクトされたトランザクションに加えて、オリジナルのチェーン向けのトランザクションも引き続き受け入れることを意味している。オリジナルのビットコインのチェーン上でトランザクションを送信またはリプレイプロテクトされたSegwit2xのトランザクションの送信を怠ったユーザーは両方とも自身のトランザクションが他のチェーンにリプレイされることに脆弱になり、偶発的な資金の喪失をもたらす可能性がある。この強力なリプレイプロテクションの欠如はビットコインのコミュニティーで激しい論争を生じさせた[54]

著名なビットコインコアの貢献者でブロックストリームの従業員のグレゴリー・マクスウェルは以前のブロックサイズを上げる協定は強要されてなされたものだと主張した[55]。SegWit2xの実装はマイナーにより多くの取引手数料が入る一方でサイドチェーンでのブロックストリームに入る手数料は減少する。また、マイナーの力が増大する一方で、コア開発者の力が減少する[56]。SegWit2xの一部の支持者はビットコイン・コア開発者のビットコインプロトコル開発での知覚力を最小限に抑えることに熱心な一方で、一部の反対者は少数のマイナーにより力が集中するのを望まなかった[57]

2017年11月8日、SegWit2xの開発者は2017年11月16日頃予定していたハードフォークは十分な合意が得られなかったことで当面は中止されたと発表した[58][59]。ビットコインのブロックサイズを2倍にするハードフォーク計画の失敗を受け、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために2016年から始まったビットコイン・クラシックの開発者グループは、ビットコインキャッシュを通じて「クラシックがその目的を果たした」とし開発を停止するとの声明を発表した[60][61]。ニュースの後、ビットコインは大幅に下落(ビットコインキャッシュは大幅に上昇)したが、その後価格は回復した[62]

lightning network (ライトニング・ネットワーク)[編集]

ライトニングネットワークはビットコインを「チェーン外」にスケーリングすることでスケーラビリティ問題の修復を目指す開発中のプロジェクトであり、ブロックチェーンを利用することなくマイクロチャネル状態を更新できるようにすることでマイクロペイメントを実現可能にするものである。つまりトランザクション処理の大半はチェーン外で行われ、ブロックチェーン上で行われる処理はチャンネルを開くための「デポジット」処理の時とチャンネルの閉鎖(チェーン外で行われたトランザクション処理の最終状態がネットワークに記録される)時のみである[63]

注目すべき点は、ライトニングネットワークは新しいsighashフラグなしでトランザクションIDを取得するためにトランザクションの署名が必要な時に、全当事者が署名する前からトランザクションを使用できることを保証するため大幅に取引スピードの向上が図れる。ライトニングネットワークの他の独特の側面として、マルチキーシステムを利用し一つのトランザクションに複数のユーザーが参加(従って単一のエンティティとして動作する)できるようにする「コミットメント・トランザクション」がある。混雑の判定は主にマイナーにかかっているため、本ネットワークは誠実なマイナーが「51%攻撃」を計画しないという前提に基づいている[64]

関連リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Hayes, Adam (2016年10月18日). “The Three Major Bitcoin Protocols Explained”. Investopedia. http://www.investopedia.com/news/three-major-bitcoin-protocols-explained/ 2017年1月18日閲覧。 
  2. ^ a b Andrew Marshall (2017年3月2日). “Bitcoin Scaling Problem, Explained”. The Coin Telegraph. https://cointelegraph.com/explained/bitcoin-scaling-problem-explained 2017年7月4日閲覧。 
  3. ^ Andreas M. Antonopoulos (April 2014). Mastering Bitcoin. Unlocking Digital Crypto-Currencies. O'Reilly Media. ISBN 978-1-4493-7404-4. 
  4. ^ Bitcoin and Ethereum vs Visa and PayPal – Transactions per second
  5. ^ Jordan Pearson (2016年10月14日). “‘Bitcoin Unlimited’ Hopes to Save Bitcoin from Itself”. Vice Media LLC. http://motherboard.vice.com/read/bitcoin-unlimited-hopes-to-save-bitcoin-from-itself-block-size 2017年1月17日閲覧。 
  6. ^ a b Oscar Williams-Grut and Rob Price (2017年3月26日). “A Bitcoin civil war is threatening to tear the digital currency in 2 — here's what you need to know”. http://www.businessinsider.com/bitcoins-hard-fork-bitcoin-unlimited-segregated-witness-explained-2017-3 2017年7月2日閲覧。 
  7. ^ a b BIP 91 Locks In: What This Means for Bitcoin and Why It's Not Scaled Yet”. CoinDesk (2017年7月21日). 2017年7月21日閲覧。
  8. ^ “What Could Happen to Bitcoin? A Visual Guide to Scaling Outcomes”. (2017年7月18日). https://www.coindesk.com/happen-bitcoin-visual-guide-scaling-outcomes/ 2017年7月24日閲覧。 
  9. ^ ビットコイン、11月の分裂回避「十分な合意が得られていない」 Coin Choice(2017年11月9日)2017年11月30日閲覧
  10. ^ a b c d e Amy Castor (2017年3月27日). “A Short Guide to Bitcoin Forks”. http://www.coindesk.com/short-guide-bitcoin-forks-explained/ 2017年7月1日閲覧。 
  11. ^ ビットコインの「フォーク」とは
  12. ^ Alyssa Hertig (2017年5月24日). “Keep Calm and Bitcoin On? Developers Aren't Worrying About a Fork”. http://www.coindesk.com/bitcoin-on-developers-arent-worried-about-fork/ 2017年7月1日閲覧。 
  13. ^ “Exclusive: Grayscale launches digital-currency fund backed by Silver Lake’s co-founder Hutchins”. http://www.marketwatch.com/story/grayscale-launches-ethereum-classic-investment-trust-2017-04-26 2017年4月27日閲覧。 
  14. ^ Rejecting Today’s Hard Fork, the Ethereum Classic Project Continues on the Original Chain: Here's Why”. 2017年4月27日閲覧。
  15. ^ Soft Fork”. Investopedia. 2017年7月21日閲覧。
  16. ^ Corin Faife (2017年1月5日). “Will 2017 Bring an End to Bitcoin's Great Scaling Debate?”. http://www.coindesk.com/2016-bitcoin-protocol-block-size-debate/ 2017年7月4日閲覧。 
  17. ^ a b c Andrew Marshall (2017年4月20日). “SegWit, Explained”. https://cointelegraph.com/explained/segwit-explained 2017年7月1日閲覧。 
  18. ^ Evander Smart (2016年10月19日). “‘Why is My Bitcoin Transaction Taking So Long?’ Here’s Why”. https://cointelegraph.com/news/why-is-my-bitcoin-transaction-taking-so-long-heres-why 2017年7月4日閲覧。 
  19. ^ Alex Hern. “Bitcoin's forked: chief scientist launches alternative proposal for the currency”. the Guardian. 2015年8月20日閲覧。
  20. ^ “Making Sense of Bitcoin's Divisive Block Size Debate”. (2016年1月19日). http://www.coindesk.com/making-sense-block-size-debate-bitcoin/ 2017年6月22日閲覧。 
  21. ^ Pete Rizzo & Alyssa Hertig (2017年5月24日). “Bitcoin's New Scaling 'Agreement': The Reaction”. http://www.coindesk.com/bitcoins-new-scaling-agreement-reaction/ 2017年6月29日閲覧。 
  22. ^ a b Alyssa Hertig (2017年5月14日). “CoinDesk Explainer: The Bitcoin Unlimited Debate”. http://www.coindesk.com/coindesk-explainer-bitcoin-unlimited-debate/ 2017年6月29日閲覧。 
  23. ^ Pete Rizzo (2017年3月20日). “CoinDesk Explainer: Bitcoin Unlimited: Mining Power Should Determine Hard Fork”. http://www.coindesk.com/bitcoin-unlimited-mining-power-should-determine-hard-fork-outcome/ 2017年7月2日閲覧。 
  24. ^ Alyssa Hertig (2017年6月8日). “Bitcoin's 'Independence Day': Could Users Tip the Scales in the Scaling Debate?”. http://www.coindesk.com/bitcoins-independence-day-could-users-tip-the-scales-in-the-scaling-debate/ 2017年6月29日閲覧。 
  25. ^ a b c Hertig, Alyssa (2017年8月23日). “SegWit Goes Live: Why Bitcoin's Big Upgrade Is a Blockchain Game-Changer”. CoinDesk. 2017年8月23日閲覧。
  26. ^ van Wirdum, Aaron (2017年8月23日). “Segregated Witness Activates on Bitcoin: This is What to Expect”. Bitcoin Magazine. 2017年8月24日閲覧。
  27. ^ a b Alyssa Hertig (2017年6月23日). “Top Secret? Bitcoin Scaling Plan Segwit2x Leaves More Questions Than Answers”. CoinDesk. http://www.coindesk.com/top-secret-bitcoin-scaling-plan-segwit2x-leaves-questions-answers/ 2017年6月29日閲覧。 
  28. ^ “Leading bitcoin ecosystem participants reach consensus on scaling issue”. Econo Times. (2017年5月25日). http://www.econotimes.com/Leading-bitcoin-ecosystem-participants-reach-consensus-on-scaling-issue-723854 2017年6月23日閲覧。 
  29. ^ “Segregated Witness and the Possibility of Patent Infringement”. Nigeria Times. (2017年6月3日). http://www.nigeriatoday.ng/2017/06/segregated-witness-and-the-possibility-of-patent-infringement/ 2017年6月23日閲覧。 
  30. ^ Dispute could mean financial panic in bitcoin”. Associated Press (2017年7月14日). 2017年7月19日閲覧。
  31. ^ Suddenly, Bitcoin Hard Fork Looks Unlikely As Chinese Exchange Readies For SegWit”. COINTELEGRAPH (2017年7月18日). 2017年7月18日閲覧。
  32. ^ CoinDesk Explainer: How BIP 91 Enacts SegWit While Avoiding a Bitcoin Split”. COINDESK (2017年7月18日). 2017年7月18日閲覧。
  33. ^ Bitmain Clarifies Its ‘Bitcoin Cash’ Fork Position”. CryptoCoinsNews (2017年7月25日). 2017年7月27日閲覧。
  34. ^ Suberg, William (2017年10月9日). “Bitcoin: $4600, 50% Dominance, Forks Leave Altcoins No Room For Moon”. CoinTelegraph. 2017年10月9日閲覧。
  35. ^ Bitmain Clarifies Its ‘Bitcoin Cash’ Fork Position”. CryptoCoinsNews (2017年7月25日). 2017年7月27日閲覧。
  36. ^ Some Bitcoin Backers Are Defecting to Create a Rival Currency”. The New York Times (2017年7月25日). 2017年7月28日閲覧。
  37. ^ Bitcoin Cash: What You Need to Know”. MEDIUM (2017年7月24日). 2017年7月28日閲覧。
  38. ^ Bitcoin Cash: Another Fork in the Road for Bitcoin”. CryptoCoinsNews (2017年7月29日). 2017年7月29日閲覧。
  39. ^ Bitcoin Cash Third-Biggest Cryptocurrency On First Day of Creation”. COINTELEGRAPH (2017年8月2日). 2017年8月2日閲覧。
  40. ^ Gatecoin Service Preparation for the UASF and MAHF on 1 August 2017”. Gatecoin (2017年7月28日). 2017年7月28日閲覧。
  41. ^ 13 Japanese Exchanges Agree to Suspend Bitcoin Service on August 1”. BITCOIN.COM (2017年7月18日). 2017年7月27日閲覧。
  42. ^ Our plans to handle potential BTC network disruptions”. POLONIEX (2017年7月24日). 2017年7月27日閲覧。
  43. ^ Bitcoin Hard Fork: Our Position”. Bitstamp (2017年7月27日). 2017年7月27日閲覧。
  44. ^ Haywood, Matthew (2017年8月16日). “Segwit2x, 'The New York Agreement'”. bravenewcoin.com. 2017年10月6日閲覧。
  45. ^ Hertig, Alyssa (2017年7月12日). “Explainer: What Is SegWit2x and What Does It Mean for Bitcoin?”. CoinDesk. 2017年10月6日閲覧。
  46. ^ https://bitcoincore.org/en/2017/08/18/btc1-misleading-statements/
  47. ^ Suberg, William (2017年10月4日). “SegWit2x ‘Maximum Disruption’ Could Be Sending Bitcoin Towards $4000”. cointelegraph.com. 2017年10月10日閲覧。
  48. ^ tendencialglobal (2017年9月18日). “Segwit2X loses support between mining groups and blockchain companies”. cryptocurrency. Steemit. 2017年10月7日閲覧。
  49. ^ Wilmoth, Josiah (2017年9月19日). “SegWit2x, NYA Bitcoin Agreement Loses Another Signatory”. cryptocoinsnews.com. 2017年10月11日閲覧。
  50. ^ Suberg, William (2017年10月10日). “Barry Silbert Agreement Loses Support As SurBTC Exchange Appeals to Bitcoin Core Devs”. cointelegraph.com. 2017年10月10日閲覧。
  51. ^ van Wirdum, Aaron (2017年10月28日). “To B2X or Not to B2X: How Exchanges Will List the SegWit2x Coin”. Bitcoin Magazine. 2017年11月7日閲覧。
  52. ^ Wilmoth, Josiah (2017年11月3日). “Bitcoin Wallet BitGo’s Segwit2x Stance ‘Based Primarily on Market Price’”. cryptocoinnews.com. 2017年11月4日閲覧。
  53. ^ Song, Jimmy (2017年10月4日). “How Segwit2x Replay Protection Works”. bitcointechtalk.com. 2017年10月6日閲覧。
  54. ^ van Wirdum, Aaron (2017年9月22日). “SegWit2X and the Case for Strong Replay Protection (And Why It's Controversial)”. Bitcoin Magazine. 2017年10月6日閲覧。
  55. ^ https://www.cryptocoinsnews.com/developers-unilaterally-tore-agreement-says-bitcoin-miner/
  56. ^ Piasecki, Piotr (2017年10月31日). “Blockstream vs miners - looking at the incentives around the SegWit2x fork”. bravenewcoin.com. 2017年11月3日閲覧。
  57. ^ van Wirdum, Aaron (2017年10月6日). “2x or NO2X: Why Some Want to Hard Fork Bitcoin — and Why Others Do Not”. Bitcoin Magazine. 2017年11月6日閲覧。
  58. ^ Hertig, Alyssa (2017年11月8日). “2x Called Off: Bitcoin Hard Fork Suspended for Lack of Consensus”. CoinDesk. 2017年11月8日閲覧。
  59. ^ Vigna, Paul (2017年11月8日). “Bitcoin Dodges Split That Threatened Its Surging Price”. The Wall Street Journal. 2017年11月8日閲覧。
  60. ^ O'Leary, Rachel Rose (2017年11月10日). “Bitcoin Classic to Cease Code Support In Wake of 2x Suspension”. CoinDesk. 2017年11月10日閲覧。
  61. ^ 18年6月までに正式なビットコインになる」ビットコインキャッシュが半日で30%暴騰、クラシックは閉鎖へ コインテレグラフ(2017年11月10日)2017年12月10日閲覧
  62. ^ Buck, Jon (2017年11月14日). “After Declines, Bitcoin Comes Back Stronger”. COINTELEGRAPH. 2017年11月14日閲覧。
  63. ^ Lightning Network, Explained” (en). 2017年11月16日閲覧。
  64. ^ Poon, Joseph (2015年11月). “The Bitcoin Lightning Network: Scalable Off-Chain Instant Payments”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。

外部リンク[編集]