イーサリアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イーサリアム
ETHEREUM-YOUTUBE-PROFILE-PIC.png
作者 Vitalik Buterin、Gavin Wood
開発元 Gavin Wood、Jeffrey Wilcke、Vitalik Buterin等
プログラミング言語 C++、Go、JavaScript、Python、Java、node.js
対応OS LinuxWindowsOS XPOSIX準拠
種別 分散コンピューティング
ライセンス GPL3、MIT、LGPL、等
公式サイト www.ethereum.org
テンプレートを表示

イーサリアム (英・Ethereum)は、イーサリアム・プロジェクト[1]により開発が進められている、分散型アプリケーション(DApps)やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。

イーサリアムでは、イーサリアム・ネットワークと呼ばれるP2Pのネットワーク上でスマート・コントラクトの履行履歴をブロックチェーンに記録していく。またイーサリアムは、スマート・コントラクトを記述するチューリング完全なプログラミング言語を持ち、ネットワーク参加者はこのネットワーク上のブロックチェーンに任意のDAppsやスマート・コントラクトを記述することが可能になる。ネットワーク参加者が「Ether」と呼ばれるイーサリアム内部通貨の報酬を目当てに、採掘と呼ばれるブロックチェーンへのスマート・コントラクトの履行結果の記録を行うことで、その正統性を保証していく[2]

歴史[編集]

イーサリアムの構想は2013年にVitalik Buterinにより示され[3]、その構想はGavin Woodにより学術的な整理がなされた[4]。また、プラットフォームの開発においては、2014年2月に Proof of Concept の最初のフェーズ(PoC-1)として、プログラミング言語C++で実装されたクライアントがリリースされた。以降、順次開発が進められ、POC-9である「Olympic」を経て、2015年7月30日に最初のβ版である「Frontier」がリリースされた。今後、Frontierでのネットワークの安定性の確認やユーザビリティの向上を含めた改良がなされ「Homestead」、「Metropolis」、「Serenity」と呼ばれるバージョンが順次リリースされていく予定である[5]

Ether[編集]

Ether[6]
使用国・地域 全世界
補助単位
10−3 finney
10−6 szabo
10−18 wei
通貨記号 Ξ[7]

Ethereumでは、内部通貨「Ether」が規定されている。ビットコインと同様に採掘者による採掘の報酬としてEtherが発行される。Etherはスマート・コントラクトを履行するための手数料として用いられる。

イーサリアムを用いたプロジェクト[編集]

イーサリアムはDapp及びスマート・コントラクトを実現するためのプラットフォームであり、任意のプロジェクトがイーサリアムのプラットフォーム上で動作が可能である。現在までに、予測市場をEthereum上で実現するAugur[8]など、幾つかのプロジェクトが発足されている。

脚注[編集]

  1. ^ Ethereum Project
  2. ^ Buterin, Vitalik. "White Paper: A Next-Generation Smart Contract and Decentralized Application Platform". wiki on GitHub (Self-published). Retrieved 11 April 2015. 
  3. ^ Buterin, Vitalik (2014年1月23日). “Ethereum: A Next-Generation Cryptocurrency and Decentralized Application Platform”. Bitcoin Magazine. 2014年4月9日閲覧。
  4. ^ Wood, Gavin (2014年4月6日). “Ethereum: A Secure Decentralised Generalised Transaction Ledger”. Self published. 2015年2月20日閲覧。
  5. ^ Gupta, Vinay (2015年3月3日). “The Ethereum Launch Process”. blog.ethereum.org. 2015年8月9日閲覧。
  6. ^ Ether
  7. ^ The symbol for Ether is...” (2014年6月7日). 2014年8月14日閲覧。
  8. ^ Augur Project

外部リンク[編集]