2020年Twitterビットコイン詐欺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年Twitterビットコイン詐欺は、著名人のアカウント乗っ取り仮想通貨がらみのツイートをした詐欺事件である。

概要[編集]

2020年7月15日、複数の著名人のアカウントが、一時的に乗っ取られ仮想通貨がらみの詐欺ツイートをする事件があった。同日ツイッター社は「現在調査中で、修正に向けて対策を講じる」との声明を出した。その後、ツイッター上で「今回の事態に対処する間は、ツイートしたりパスワードを変更したりできなくなる場合がある」とした[1][2]

7月16日に同社は多数のユーザーのツイートやパスワードリセットを停止した[3]。認証済みアカウントを停止した数時間後に復旧した[4]

Twitter社は社内調査の経過報告を発表した。社内システムにハッカーによって攻撃を受けたアカウントは130件に上り、このうちの45件はパスワードが変更され詐欺なのに悪用されたとしている。なお被害を受けた個人や会社名等は公表していない[5]

7月22日、Twitter社はハッカーが第三者からは見ることのできないダイレクトメッセージの受信トレイにアクセスしていたことがわかった[6][7]

反響と余波[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “マスク氏らのTwitter、一斉ハッキング サービス停止も”. 日本経済新聞. (2020年7月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61570300W0A710C2I00000/ 2020年7月16日閲覧。 
  2. ^ “ハッカーがアップル・ゲイツ・マスク・バイデンらのTwitterアカウントを一斉乗っ取り。仮想通貨詐欺を投稿”. engadget日本版. (2020年7月16日). https://japanese.engadget.com/btc-scammer-220222774.html 2020年7月16日閲覧。 
  3. ^ “Twitter が多数のユーザーのツイートを一時停止、認証ユーザーが投稿不可に。一斉乗っ取り事件に対処”. engadget日本版. (2020年7月16日). https://japanese.engadget.com/twitter-panic-button-224601994.html 2020年7月16日閲覧。 
  4. ^ “Twitter乗っ取りは社内ツールへの不正アクセス--パスワード変更は不要”. CNET Japan. (2020年7月17日). https://japan.cnet.com/article/35156907/ 2020年7月25日閲覧。 
  5. ^ “ツイッター、乗っ取り被害は45件 調査経過を公表”. 日本経済新聞. (2020年7月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61694550Y0A710C2EA5000/ 2020年7月25日閲覧。 
  6. ^ “36件でメッセージ盗み見か ツイッター乗っ取り事件”. 時々通信. (2020年7月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072300505&g=int 2020年7月25日閲覧。 
  7. ^ “Twitterの大量アカウント乗っ取り続報 「攻撃者は36アカウントのDM受信箱にアクセス」”. iTmedia News. (2020年7月6日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/23/news048.html 2020年7月23日閲覧。 
  8. ^ “著名人Twitter大量乗っ取り、トランプ大統領が免れたのは「追加の保護」のため?”. engadget日本版. (2020年7月17日). https://japanese.engadget.com/twitter-trump-extra-protection-094510378.html 2020年7月25日閲覧。 

関連項目[編集]