DHP (暗号通貨)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
dHealth Network
開発元 dHealth Fundation
初版 2021年3月29日 (21か月前) (2021-03-29)
リポジトリ https://github.com/dhealthproject
プログラミング
言語
C++
種別 ブロックチェーン
公式サイト dhealth.network
テンプレートを表示

DHP(Digital Health Point)とは、パブリックブロックチェーン「Symbol」を基に構築されたブロックチェーンネットワーク「dHealth Network」のネイティブ通貨であり、ネイティブDHPと呼ばれている。「dHealth Network」は2021年3月29日に「dHealth Foundation」によってローンチされた。コンセンサスアルゴリズムは、Symbolと同じPoS+(Proof of stake plus)を利用し、ハーベスト参加には2000DHPを必要とする。またヘルスケア・医療分野に特化し、ヘルスケア企業「Roche(ロシュ)」やスイスの総合大学「チューリッヒ大学のブロックチェーンセンター」が提携をしている[1][2][3]

2021年6月には、Symbolのハーベストを行っていた人々に対して「10,001 DHP」がエアドロップされた[4]。 日本時間2021年11月9日、CardanoのOccamRazerを通じてDEXオファリング(IDO)を開始して354,000ドル以上の調達が成功したと同時にイーサリアム基盤のDEXであるUniSwap v2を介したERC-20トークン版のDHPの流通市場取引を開始した[5]

2022年2月には、ERC-20トークン版のDHPからネイティブのDHPに交換するためのブリッジがリリースされた[6]

脚注[編集]

  1. ^ 大手ヘルスケア企業Roche、Symbol基盤の「dHealth Network」でスーパーノードに” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年12月24日閲覧。
  2. ^ Roche’s blockchain partner, dHealth, to launch upcoming IDO on the OccamRazer launchpad” (英語). Cointelegraph. 2021年12月24日閲覧。
  3. ^ ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説” (日本語). 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ. 2022年1月1日閲覧。
  4. ^ dHealth Network(DHP)の「IDO詳細」が判明|ハーベストの必要残高も引き下げ” (日本語). 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ. 2021年12月24日閲覧。
  5. ^ dHealth, Roche’s blockchain partner, completes successful IDO on the OccamRazer launchpad” (英語). Cointelegraph. 2021年12月24日閲覧。
  6. ^ dHealth Network「ERC20版DHP→ネイティブDHPのブリッジ」公開|交換方法も解説” (日本語). 仮想通貨ニュースメディア ビットタイムズ. 2022年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]