NEM (暗号通貨)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NEM
Nem logo.svg
コア開発者Jaguar

Gimre

Bloody Rookie
 ウェブサイトnem.io
使用開始日2015年3月31日
使用
国・地域
(正確には旗ではありません)世界の旗 世界
総発行量8,999,999,999 XEM
補助単位
106μXem (microXem)
103mXem (milliXem)
通貨記号XEM
承認目安時間   1分

NEM(ネム)とは、2015年3月31日に開始され[1]Javaで書かれた暗号通貨である[2]。ネイティブ通貨はXEM(ゼム)[3]。主な機能として、P2Pセキュアなマルチシグ(多重署名)アカウント[4]、暗号化メッセージングシステム、Eigentrust++評判システム[5]が組み込まれている。

歴史[編集]

  • 2014年1月19日 - Nxtに触発されUtopianFutureと呼ばれるBitcoin Talkフォーラムユーザーによって参加が呼びかけられ、コア開発者のJaguarとの開発が始まる。目標として金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を掲げた[6]
  • 2014年6月25日 - オープンアルファテストを開始する[7]
  • 2014年10月20日 - オープンベータテストを開始する[7]
  • 2015年3月31日 - メインネットが公開される[1]。また、メインネットのジェネシスブロックは3月29日に出ている[8]
  • 2016年5月20日 - テックビューロ株式会社は、パブリックブロックチェーンNEMとテックビューロの開発するプライベートブロックチェーンMijinの両方がCatapult(カタパルト)というコードネームの技術を共有することを発表し、NEMとの提携を開始した[9][10]
  • 2016年7月4日 - ZaifがXEMを日本で初めて上場する[11]
  • 2016年11月1日 - 新型ウォレット「Nanowallet」をオープンソースとして公開する[12]
  • 2016年11月15日 - テックビューロがブロックチェーンコア「Catapult」のホワイトペーパーを公開[13]
  • 2017年3月15日 - NEM財団が発足する[14]
  • 2017年8月3日 - NEMを用いたICOプロジェクト「COMSA」が発表される[15]
  • 2018年1月26日 - コインチェックにてXEMが大量流出し[16]、3月には流出分が全額返金される[17]
  • 2018年3月22日 - NEMの技術「Catapult」を使ったブロックチェーンプラットフォームである「ProximaX」が公開される[18]
  • 2020年4月9日 - NEM財団、NEMスタジオ、NEMベンチャーズが『NEMグループ株式会社(NEM Group Ltd.)』に統合されるのが発表される。これにより、NEM財団とNEMスタジオが解散となる[19]
  • 2020年10月6日 - StakeHoundとの提携により、イーサリアム上のトークンであるERC20トークンとして、XEMと価値が連動したトークン「stakedXEM」が発表され[20]、12月18日に公開された[21]
  • 2021年3月17日 - Catapultを用いたNEMの大型アップデート版ブロックチェーン「Symbol」が公開される[22]

特徴[編集]

ハーベスト[編集]

NEMはコンセンサスアルゴリズムとしてProof-of-Importande(PoI)を採用し、ブロック生成するプロセスをハーベストという。 PoIでは、所有しているXEMの数とウォレットとの間の取引数や取引額によってブロックの承認者がNEMアカウントの重要度(インポータンス)が決まり、約1分ごとにブロックの中に入っている手数料が重要度よってウォレットに対してランダムに配分される。ただし、配分される権利はウォレットアカウントの既得バランスが10,000XEM以上の保有アカウントに適用される[23]

マルチシグ[編集]

NEMは、マルチシグ(複数当事者による署名)を実装している。それによりあるウォレットアカウントがトランザクションをブロックチェーンに送信する前に、指定されたウォレットアカウントにトランザクションに署名する事を求める設定ができる。

それにより、あるウォレットがハッキングで秘密鍵を見られて不正ログインされても、別のウォレットが署名しない限り、XEMをはじめとするトークンを送信できないようになる。 そのため、コミュニティで保有する財産を保護するのに役立つ。例えば、募金活動や他のコミュニティ指向の資金調達の時に、悪意のあるコミュニティのリーダーが資金を盗む事を防ぐのに役立つ。それによりマルチシグは、ウォレットのセキュリティを強化するための技術になっている。[24]

アーキテクチャー[編集]

NEMアーキテクチャーの概要

NEMの設計アーキテクチャはクライアントサーバーモデルを利用する。NEMではサーバー側のプログラムのことをNIS(NEM Innfrastructure Server)と呼ぶ。

当初、クライエント側のプログラム(ウォレット)はNCC(NEM Community Client)を用いていた。NISとNCCは独立したコンポーネントで構成されている[25]

NISはP2Pネットワークに接続され、NCC同士を中継するノード(ゲートウェイ)として機能する。一方のNCCでは、ローカルで署名を行い、トランザクションをNISノードに送信する[26]

2016年になるとクライエント側のプログラムとして、ライトウォレットであるNano Wallet(NEM Wallet)が登場した[27]。NEM Walletでは、javascriptで書かれたブラウザのウェブページを使用し、NISを使ってパブリックネットワーク上でXEMを送信するためのhtmlファイルが1つあれば、アカウントの安全性を損なうことなく、XEMを送信する事ができるようになる。それにより、小売業者がウェブサイトのウェブページにライトウォレットのjavascriptで書かれたコードを組み込むことで、簡単に決済を行えるとされている[26]

スーパーノード[編集]

NEMは、ネットワークの中核を担うノードとして「スーパーノード」を設定し、ライトウォレット、モバイルウォレット、およびサードパーティのアプリケーションのサポートを手助けする手段としている。 スーパーノードにより、ブロックチェーンへのアクセスを向上でき、またユーザーはローカルでブロックチェーンに同期することなく、簡単かつ迅速かつ確実にネットワークにアクセスが可能になる。スーパーノードを運営すると、NEMの通貨トークンであるXEMでスーパーノード運営報酬の支払いが毎日行われる[28][29]

ノード評価システム[編集]

NEMは評判システムとしてEigentrust++を採用し、ネットワーク内のノードの過去の動作を監視することでノードの管理をする。それにより、信用できないノードは拒否され、無視される使用になっている。 これにより、NEMネットワークの効率的な運用と保守が可能となる[30][5][6]

Mijin[編集]

概要[編集]

Mijinは企業内もしくは企業間で利用するプライベートブロックチェーンである[31]。NEMのコア開発者と合流してmijinを開発したことで、NEMと同じAPIを利用することができるようになり、NEMとの互換性を実現している[32]。また金融機関や認証システム、電子マネーといった幅広い分野で利用される事が想定され[31]、実際に金融機関のコストを90%削減すると同時にセキュリティを強化するように設計されている[33]

2019年6月12日には「mijin」のアップデート版「mijin Catapult (v.2)」の製品版を公開し、異なるブロックチェーン間でのトークン交換や複数トランザクションの一括処理が可能になり、また処理速度やスケーラビリティが向上した[34][35]

実証実験[編集]

2015年12月、日本のSBI住信ネット銀行は、日本の大手研究グループであるNRIにNEMブロックチェーン技術Mijinのテストを依頼した。彼らは3ヶ月間に渡ってさまざまな取引を行い、1日に200万件を超える取引を行って2,500,000件の口座を実証テストした。ネットワークは、可用性フォールトトレランスを測定してさらにストレステストに合格した[36]

また、さくらインターネットテックビューロと協力して、Mijinの6ヶ月の無料試用版を提供している[37]

インフォテリアはテックビューロと協力してブロックチェーン接続アダプタ「mijinアダプタ」を開発し、ミャンマーのマイクロファイナンス機関「BC Finance」の融資・貯金の基幹システムの勘定データをエンタープライズソフトウェア「ASTERIA WARP」と「mijinアダプタ」を使ってMicrosoft Azure上に配置した「mijin」に移行する実証テストを実行し、成功をした[38][39]

カタパルト(Catapult)[編集]

概要[編集]

カタパルトは、C++で書かれたNEM / Mijinの拡張バージョンとして開発が進められた。スループット、柔軟性、安定性、ネットワーク通信の最適化、スケーラビリティを向上させ、より良いネットワークパフォーマンスを得られるように設計されている[40][41]

略歴[編集]

2016年5月20日、テックビューロ株式会社は、MijinとNEMの両方がカタパルト(Catapult)というコードネームの技術を共有することを発表し、NEMとの提携を開始した。2019年にはカタパルトを複数回アップデートをした後[42]、名称をSymbolとした[43]。2020年1月にはパブリックテストネットを公開し[44]、2021年3月17日にNEMの大型アップデート版ブロックチェーン「Symbol」として公開された[45][46]

脚注[編集]

  1. ^ a b NEM Launches, Targets Old Economy with Proof-of-Importance”. Coin Telegraph. Coin Telegraph. 2018年2月4日閲覧。
  2. ^ GitHub - NEM Project”. GitHub. 2018年2月4日閲覧。
  3. ^ 仮想通貨ネムとは|初心者でもわかる仕組みとユースケースを紹介” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月5日閲覧。
  4. ^ Blockchain Project Thinks Microsoft Azure License Agreement Goes Too Far”. ccn. 2018年2月4日閲覧。
  5. ^ a b This Cryptocurrency Doesn't Want to Beat Bitcoin, It Wants to Beat the Economy”. Motherboard. 2018年2月4日閲覧。
  6. ^ a b 仮想通貨 ネム(XEM)とは|今後の将来性とおすすめ取引所” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月5日閲覧。
  7. ^ a b 中国のCERT報告書:NEM(XEM)が最も安全なプロジェクト” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月9日閲覧。
  8. ^ NEM - BlockChain Explorer”. explorer.nemtool.com. 2021年4月4日閲覧。
  9. ^ 株式会社インプレス (2019年7月9日). “テックビューロHDがNEM財団と業務提携、「mijin Catapult(v.2)」等の海外展開を加速 〜mijin製品の海外における販売促進ならびにマーケティング活動を支援” (日本語). 仮想通貨 Watch. 2021年4月9日閲覧。
  10. ^ ブロックチェーン技術のテックビューロとオープンソースプロジェクトNEMが提携しMijinの新型コアエンジン『Catapult』を共通採用”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年4月9日閲覧。
  11. ^ テックビューロの朝山貴生がブロックチェーンプロジェクトNEMのディレクターに就任し、ビットコイン取引所Zaifにて世界第6位の暗号通貨XEMの取り扱いを開始” (日本語). Zaif Exchange. 2021年4月4日閲覧。
  12. ^ テックビューロ、オープンソースの新型ウォレットとブロックチェーン証明書発行ツールを発表” (日本語). ZDNet Japan (2016年11月12日). 2021年4月9日閲覧。
  13. ^ テックビューロが次世代の超高性能ブロックチェーンコア『Catapult』のホワイトペーパーを公開”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年4月9日閲覧。
  14. ^ NEM.io Foundation Ltd Gets Going” (英語). NEM (2017年3月15日). 2021年4月4日閲覧。
  15. ^ テックビューロが仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション『COMSA』を発表”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年4月4日閲覧。
  16. ^ Iwamoto, Yuhei. “コインチェックが580億円のNEM不正流出について説明、補償や取引再開のめどは立たず” (英語). TechCrunch Japan. 2021年4月4日閲覧。
  17. ^ コインチェック、「NEM」返金でも不透明な前途 | インターネット” (日本語). 東洋経済オンライン (2018年3月15日). 2021年4月4日閲覧。
  18. ^ Ltf, NEM io Foundation (2018年3月22日). “ProximaX Announces Decentralized Application Platform and Plans for ICO” (英語). GlobeNewswire News Room. 2021年4月5日閲覧。
  19. ^ 仮想通貨XEMの流動性と大口取引の解決法 新ネムグループが言及” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月5日閲覧。
  20. ^ 「新たなユースケースを」StakeHoundとの提携で仮想通貨ネム(XEM)をDeFiで活用” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月6日閲覧。
  21. ^ StakeHound (2020年12月21日). “Liquid staking with stXEM is now live!” (英語). Medium. 2021年4月6日閲覧。
  22. ^ ネムの新通貨Symbol(XYM)が誕生” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月9日閲覧。
  23. ^ 仮想通貨ネムとは|初心者でもわかる仕組みとユースケースを紹介” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月5日閲覧。
  24. ^ Multisig | NEM Documentation”. docs.nem.io. 2021年4月4日閲覧。
  25. ^ NEM Q&A – Original, Tested Blockchain Platform, Proof-of-Importance, "Change the World, Forever" Tech”. allcoinsnews. 2018年2月4日閲覧。
  26. ^ a b NEM Lightwallet Released” (英語). NEM (2016年1月13日). 2021年4月6日閲覧。
  27. ^ Changelly Addon for NanoWallet and How to Add Modules to NanoWallet” (英語). NEM (2016年10月11日). 2021年4月6日閲覧。
  28. ^ 仮想通貨 ネム(XEM)とは|今後の将来性とおすすめ取引所” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月5日閲覧。
  29. ^ New Economy Movement (NEM) – The Supernodes Program”. NEM.IO Supernodes. 2018年2月4日閲覧。
  30. ^ Burokkuchēn no shōgeki : bittokoin fintekku kara aiōtī made shakai kōzō o kutsugaesu hakaiteki gijutsu. Kuniyoshi Mabuchi, 馬渕 邦美, Bittobanku kabushiki gaisha, ビットバンク株式会社.. Tōkyō: Nikkeibīpīsha. (2016.6). ISBN 978-4-8222-3659-5. OCLC 952367804. https://www.worldcat.org/oclc/952367804 
  31. ^ a b テックビューロ ホールディングス、ネム財団との業務提携を発表|mijin CatapultはAWSに提供へ” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月8日閲覧。
  32. ^ 「2017年は日本でもブロックチェーンの実用例を見る年に」--テックビューロ” (日本語). ZDNet Japan (2017年4月27日). 2021年4月8日閲覧。
  33. ^ Japanese Company, Tech Bureau, Launches Private Blockchain Project”. Bravenewcoin. 2018年2月4日閲覧。
  34. ^ 次世代ブロックチェーンプラットフォーム「mijin Catapult (v.2)」製品版を一般公開、NEMパブリックチェーンとの連携強化” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月8日閲覧。
  35. ^ 株式会社インプレス (2019年6月12日). “テックビューロHD、「mijin Catapult (v.2)」製品版を提供開始 〜一般公開から約1年の開発・検証を経て処理速度とスケーラビリティを大幅に改善” (日本語). 仮想通貨 Watch. 2021年4月8日閲覧。
  36. ^ 日経クロステック(xTECH). “住信SBIネット銀とNRI、ブロックチェーンの銀行業務向け実証実験を開始” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2021年4月5日閲覧。
  37. ^ 日経クロステック(xTECH). “さくらインターネットとテックビューロ、ブロックチェーン実験環境を無償提供へ” (日本語). 日経クロステック(xTECH). 2021年4月5日閲覧。
  38. ^ インフォテリアとテックビューロが協業、「ASTERIA WARP」とブロックチェーン接続アダプタを開発”. Biz/Zine. 2021年4月8日閲覧。
  39. ^ インフォテリアとテックビューロ、マイクロファイナンスのプライベート・ブロックチェーンを実証”. Biz/Zine. 2021年4月8日閲覧。
  40. ^ ブロックチェーン技術のテックビューロとオープンソースプロジェクトNEMが提携しMijinの新型コアエンジン『Catapult』を共通採用”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年4月5日閲覧。
  41. ^ NEMとMijinそしてCatapultの関係とは?” (英語). NEM (2016年7月4日). 2021年4月5日閲覧。
  42. ^ 達也, 西内 (2019年10月9日). “ネム(NEM)カタパルト、Elephantアップデートでハーベストの問題などを改善!” (日本語). CoinChoice. 2021年4月11日閲覧。
  43. ^ 仮想通貨NEMのカタパルト、新ブランドは「Symbol」に|コミュニティ投票で可決” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月11日閲覧。
  44. ^ 仮想通貨ネムのカタパルト、パブリックテストを開始 メインネット公開日程にも言及” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月11日閲覧。
  45. ^ ネムの新通貨Symbol(XYM)が誕生” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月4日閲覧。
  46. ^ 仮想通貨ネム(XEM)、カタパルト移行の最新情報を発表|一般ユーザーから意見も募集へ” (日本語). CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報. 2021年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]