Monacoin

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Monacoin
Monacoin.png
台帳取引の正当性はP2Pネットワークによって担保される。
 ウェブサイトmonacoin.org/ja/
使用開始日2014年1月1日
使用
国・地域
日本を中心に全世界
インフレ率ブロック報酬として、90秒ごとに50MONA。ブロック報酬は3年ごとに半減する。
補助単位
 0.001mMONA
 0.000001µMONA
 0.00000001watanabe
通貨記号MONA

Monacoin(モナーコイン、モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発された日本初[1]暗号通貨である。

通貨単位表記は「MONA」。

概要[編集]

Litecoinなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべが、2013年12月23日にβ版をリリースするが、すぐにリセット[2]を決定。12月30日に新Monacoinの公式アナウンスを行い、2014年1月1日0時0分(UTC)に正式リリースされた。

ウォレット(財布)と呼ばれるクライアントプログラムを実行し、Monacoinネットワークに参加する。P2P通信なので管理者は存在しない[3]

Litecoinをベースにしていて、ブロックアルゴリズムはLyra2REv2(450,000ブロック以前はscrypt英語版)。1ブロックにつき50 MONAのBlock Reward(採掘者に対する報酬)が与えられ、ブロックが生成される時間は平均90秒。発行量の上限は1億512万MONA[4]である。Premine(開発者による事前採掘)はない。

当初のdifficulty再設定間隔は2,400ブロックごとだったが、2014年3月10日の公式クライアントのアップデート[5]で80,000ブロック以降のDifficulty retarget(difficultyを再設定する算出方法)に「KGW」が採用され、間隔が1ブロックごとに仕様変更された。2014年3月18日、80,000ブロックに達した。その後、KGWの致命的な欠陥が指摘されるようになり、Monacoinも2014年5月2日のアップデート[6]で140,000ブロック以降のDifficulty retargetを「DigiShield」に変更することになった。2014年5月19日、140,000ブロックに達した。2015年9月のアップデートで450,000ブロック以降のDifficulty retargetを「Dark Gravity Wave v3」に変更することになった[7][8]

2017年3月8日にsegwitの対応のシグナリング開始、4月16日75%以上のブロックでの賛成票を以ってLocked_inされた。

4月27日、977759ブロック到達によりsegwitは無事Activateされた。十分な期間を要してのsegwitのActivateは世界初である。

名前の由来となったのは2ちゃんねる発祥のアスキーアートモナー」である。

決済手段として[編集]

現在、世界で発行されている暗号通貨の内、一握りのメジャーなコイン以外は、発行後も利用されないかメジャーなコインとの交換のみで利用方法があまりないものがほとんどだが、Monacoinは日本初の暗号通貨とあって2ちゃんねるを中心とした日本のコミュニティで多くのサービスが作られてきた。

2014年4月には土地の売買が成立した[9]

また同月、国会議員などが参加する勉強会で日本の暗号通貨として紹介された[10]

2016年6月時点でのCrypto-Currency Market Capitalizationsによる仮想通貨のシェア比較では総資産2.3億円、44位であった[11]

2017年6月、秋葉原のパソコンショップアークがBitcoinと同時に、実店舗とWeb通販にて決済に対応した[12]

その他[編集]

  • Twitter上の@monacoinというアカウントは、一個人が利用しているアカウントであり、「モナーコイン」の公式アカウントではない。
  • Monacoinを不正入手するためのウイルス入りソフトを作成するなどした容疑で、大阪の高校生が逮捕された[13][14]
  • コミュニティの有志による活動としてポスターラリーが行われた。この活動は店舗などに掲示されたポスターの前に行き写真を撮るという内容で、1回目は2017年3月、2回目は2017年8月に行われた[15]
  • 2018年5月13日から「Block Withholding Attack」や「Selfish Mining」と呼ばれる攻撃[注釈 1]を受けた。これにより1000万円規模の被害を受けた取引所があり、複数の取引所がMonacoin入金に必要な承認数を増やした[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 過半数のハッシュレートが必要な「51%攻撃」より低いハッシュレートで可能となる攻撃[16]

出典[編集]

  1. ^ 「特集 ビットコイン 国家に突きつけた挑戦状」 『日経ビジネス』 2014年4月21日号、34頁。 
  2. ^ ブロックチェーンのやり直し。一度公開された暗号通貨は開発者にも止めることはできない。
  3. ^ 水面下で広まる『2ちゃんねる』発祥の仮想通貨『モナーコイン』”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2014年2月19日). 2014年3月10日閲覧。
  4. ^ 当初のアナウンスでは1億6800万MONA。
  5. ^ Monacoin-qt 0.8.6.2
  6. ^ Monacoin-qt 0.8.7.0
  7. ^ Monacoin project” (英語). monacoin.org. 2018年11月17日閲覧。
  8. ^ “Monacoinの新仕様に対するASICpool.infoでの対応” (日本語). びりあるの研究ノート. (2015年9月8日). https://blog.visvirial.com/articles/471#_DigiShield_Dark_Gravity_Wave 2018年11月17日閲覧。 
  9. ^ “2ちゃんねる発祥の仮想通貨『モナーコイン』で別荘地を売りたい人が現れる”. (2014年3月21日). http://getnews.jp/archives/539145 2014年5月1日閲覧。 
  10. ^ “河野太郎Facebook ビットコインに関するシンポジウム”. (2014年4月21日). https://www.facebook.com/photo.php?fbid=650924608294724&set=a.577391722314680.1073741825.168727046514485&type=1&stream_ref=10 2014年5月1日閲覧。 
  11. ^ Bitcoinをはじめとする仮想通貨がどれぐらいの市場規模になっているのかがわかるランキング”. GIGAZINE (2016年6月13日). 2016年10月15日閲覧。
  12. ^ https://www.ark-pc.co.jp/release/2017-06-08/
  13. ^ 仮想通貨不正入手ウイルス作成容疑、大阪の高3男子逮捕…狙った通貨は「モナコイン」”. 産経WEST. 産経新聞社 (2018年1月30日). 2020年11月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年4月2日閲覧。
  14. ^ 仮想通貨「モナコイン」盗むウイルス入りソフト作成容疑 17歳高校生を逮捕”. ITmedia NEWS. ITmedia (2018年1月31日). 2021年4月2日閲覧。
  15. ^ 第二回Monacoin 広告ラリープロジェクト”. 2018年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年4月2日閲覧。
  16. ^ 星暁雄 (2018年6月4日). “仮想通貨モナコインへの攻撃が明らかにしたこと、今後すべきこと”. 仮想通貨Watch. インプレス. 2021年4月2日閲覧。
  17. ^ モナコインのブロックチェーン、攻撃受け「巻き戻し」 国内取引所も警戒”. ITmedia NEWS. ITmedia (2018年5月18日). 2021年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]