モナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Example.of.SJIS.art.rendering.svg この項目ではアスキーアートについて扱っています。閲覧環境によっては正しく表示されない可能性があります。
モナー

モナーは、匿名掲示板2ちゃんねるなどの電子掲示板でよく用いられる、アスキーアート(AA)によるキャラクターの一種である[1][2]

概要[編集]

AAによる表現[編集]

・前面

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`)< オマエモナー
 (     )  \_____
 │ │ │
 (__)___)

・背面

  ∧_∧
 (    )
 ( O   )
 │ │ │
 (___(__)

初代モナー[編集]

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          |  おまえらも  |
   ∩_∩  |          .|
  (´ー`) <   暇な奴ら  .|
  (   )  |           .|
   | | |   |  だなぁ     |
  (___)__)   \_____/

モナーの進化[編集]

   ∩_∩
  (´ー`)
  (   )
    | | |
  (___)__)

   ↓
  ∩_∩
 ( ´∀`)
 (     )
  | │ │
 (__)_)

   ↓
   ∧_∧
 ( ´∀`)
 (     )
  │ │ │
 (__)_)

発生[編集]

モナーの誕生は現在、2ちゃんねるの「てすと」という題名のスレッドからだと考えられている(archive.orgによるログ)。

2ちゃんねる以外[編集]

2ちゃんねる以外で使われることもある。 フラッシュでの使用例

漫画やアニメに登場することもある。例えばガモウひろしの『バカバカしいの!』最終話や、タツノコプロ制作の『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』第1話などが挙げられる。

吾妻ひでおコアマガジン『2ちゃんねるぷらす』に「虚空のモナー」を連載していた。同作は2011年河出書房新社から出版された『文藝別冊 吾妻ひでお 美少女・SF・不条理ギャグ、そして失踪』に収録されている。

2014年には、Monacoinが派生している。

著作権・商標問題[編集]

モナーを題材にした楽曲[編集]

「モナーらぶ」(作詞・作曲:小谷隆 歌:ひろゆき&切込隊長
  • 2001年(平成13年)3月発表。『2ちゃんねる公式ガイド2002』の付録CD-ROMの音声トラックに収録。

脚注[編集]

  1. ^ “「のまネコ」商標登録出願中止へ 別キャラクターに「酷似」指摘受け”. 読売新聞・東京朝刊: p. 38. (2005年10月1日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  2. ^ “のまネコ騒動の勝者は? エイベックスvs2ちゃんねる”. AERA: p. 70. (2005年10月17日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 「ギコ猫」、タカラが商標登録を出願”. ITmedia (2002年6月3日). 2019年3月28日閲覧。
  4. ^ タカラ、「ギコ猫」商標出願を取り下げ 「ユーザーにお詫びしたい」”. ITmedia (2002年6月3日). 2019年3月28日閲覧。
  5. ^ 「のまネコ」は「モナー」? ネットで騒動に”. ITmedia. 2019年3月28日閲覧。

関連項目[編集]