ヴァージン・ギャラクティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァージン・ギャラクティック
Virgin Galactic
Virgin Galactic logo.svg
種類 Private company
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューメキシコ州
設立 2004年
業種 サービス業
事業内容 宇宙旅行
代表者 リチャード・ブランソン(創設者)
ジョージ・ホワイトサイド(チーフスペースオフィサー)
従業員数 30人(2007年
主要株主 ヴァージン・グループ
外部リンク https://www.virgingalactic.com/
テンプレートを表示

ヴァージン・ギャラクティック (Virgin Galactic) は、ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソンが設立した宇宙旅行ビジネスを行う会社である。

かつては宇宙旅行の他に衛星打ち上げ事業も担っていたが、衛星打ち上げについては2017年ヴァージン・オービット社へ分社されている。

事業[編集]

スケールド・コンポジッツ社より技術提供を受け、再使用が可能な宇宙船スペースシップツー」を開発しており、米国ニューメキシコ州に「スペースポート・アメリカ」、スウェーデンの北部に「スペースポート・スウェーデン英語版」を建設している。スケールド・コンポジッツ社は、「スペースシップワン」の弾道飛行によりAnsari X Prizeに勝利し、賞金1000万ドルを獲得したことで知られる。

2013年10月現在宇宙旅行者の募集中であり、740人が代金を支払い済みである(『AERA』誌の報道によると約700人が予約販売澄み[1])。世界で最初の宇宙旅行者100人はファウンダーと呼ばれ、日本人平松庚三稲波紀明ら3名である。ファウンダー以外では、山崎大地らが宇宙飛行を行う予定である。日本に於ける公式代理店は東京都新宿区の株式会社クラブツーリズム・スペースツアーズである[1]

2019年10月18日、ニューヨーク証券取引所に上場した[2][3][4]。初値は12.34ドル[2]。初値を基に計算した時価総額は約10億ドル(当時レートで約1080億円)となった[2]。「宇宙旅行会社」の上場は世界初となった[2][3][4]

2021年7月11日、創業者のリチャード・ブランソンら6人がが搭乗した「スペースシップツー」が高度80kmに到達し3分間の無重力体験を行い、1時間後に無事帰還した[5][6][7]

計画[編集]

宇宙旅行の飛行プラン

ヴァージン・ギャラクティック社は年500人の観光客を一人当たり25万ドルの料金で宇宙へ送る計画を立てている。1960年代から2007年まで、100km以上の高さの宇宙に到達した飛行士は448人しかいない(ただしそのほとんどは地球を周回している)。ヴァージン・ギャラクティックは毎年これを超える人数の観光客を宇宙空間に送り込むことになる。

飛行は弾道飛行で、大気圏宇宙のおおよその境界とされる地上100kmを若干超える高さまで到達することになっている。完全な無重力になる時間はおよそ6分間を予定している。将来的には軌道上を周回する宇宙機の投入も計画している。2012年5月には連邦航空局 (FAA) より高度100kmの宇宙空間で試験飛行を行うための許可が交付されており[8]2013年4月にはロケットエンジンを使用した飛行試験を実施、高度17 kmまで到達した。2013年内には高度100 km到達させるとした[9]

2013年9月5日、2度目の飛行試験に成功[10]。高度約13kmから21kmまでをロケット動力で上昇した後、「フェザリング」技術を使って下降した[10]

2014年1月10日、スペースシップツーの3回目のテスト飛行に成功[11]。3回目となるロケットエンジン噴射飛行で、これまでの最高高度となる7万1000フィート(約21.6キロメートル)を記録した[11]

2014年10月31日、アメリカカリフォルニア州モハーヴェ砂漠でスペースシップツーが4回目の試験飛行中に何らかの原因で爆発し、墜落したと発表[12][13][14]。母船は無事に帰還している[14]2015年7月28日、米運輸安全委員会が、死亡した副操縦士による誤操作が原因だったとする調査結果を公聴会で明らかにした[15]

2016年12月、飛行実験を再開[16]。「スペースシップツー」の2号機「VSSユニティ」が12月5日、12月22日の2回母機からのグライダー飛行に成功した[16]

2018年4月5日、2014年の事故以来初めて、「スペースシップツー」のエンジンを使った試験飛行を再開し、成功したと発表した[17]

2018年12月13日、「VSSユニティ」が米空軍の定める高度80km以上の宇宙空間に到達し、「史上初めて民間の乗客を乗せるために作られた有人宇宙船が宇宙に到達した」と発表した[18]。2019年2月の飛行後は機器の不良などでテストが延期されたが、2021年5月に再開。

2021年7月11日、創業者のリチャード・ブランソンら6人がが搭乗した「スペースシップツー」が高度80kmに到達し3分間の無重力体験を行い、1時間後に無事帰還した[5][6][7][19][20]

宇宙機[編集]

スペースシップツー[編集]

スペースシップツーはヴァージン・ギャラクティック社が運用する宇宙旅行者向けの弾道飛行スペースプレーン。母機であるホワイトナイトツーから空中で分離された後、高度80km以上の宇宙空間を目指す。第1弾の「VSS Enterprise」は事故で失われたが、2号機の「VSS Unity」は宇宙空間に到達した。

スペースシップ III[編集]

スペースシップ IIIは、スペースシップツーの後継機となる弾道飛行スペースプレーンで、仕様や運用方法はスペースシップツーを踏襲するが、外観が鏡面塗装になっている他、内部構造がモジュール化されるなど大幅な改良が図られている[21]。1機目となる「VSS Imagine」は2021年3月に発表された[22]。また並行して2機目の「VSS Inspire」も建造中としている[22]

ランチャーワン[編集]

ランチャーワンは2012年7月にヴァージン・ギャラクティック社から発表された人工衛星打ち上げ機である(後にヴァージン・オービット社に移管)。ペイロードの重量が100 kg (220 lb) の小型衛星低軌道に投入するために設計され、2021年に初打ち上げを果たした[23]。GeoOptics、スカイボックス・イメージング、Spaceflight Servicesやプラネタリー・リソーシズを含む複数の商業顧客は既に打ち上げに向けて契約した。サリー・サテライト・テクノロジーシエラ・ネヴァダ・コーポレーションは"ランチャーワンに最適化した設計"の衛星バスを開発中である。[24][25]

2012年10月、ヴァージン社はランチャーワンは太陽同期軌道に200 kg (440 lb) を投入可能であると発表した。[26] ヴァージン社の計画する市場は重量100 kg (220 lb) のペイロードを太陽同期軌道へ1回あたりUS$10,000,000以下で運ぶ予定で[24]低軌道へのペイロードの最大重量は230 kg (500 lb) を予定する。[27]

ヴァージン・ギャラクティック社はランチャーワンの概念を2008年末から開発作業していて[28] 最初の技術的な仕様の細部は2009年末に記載した。[29] ランチャーワンは使い捨ての2段式液体式空中発射ロケットボーイング747コズミックガールから発射予定である(計画当初はホワイトナイトツーとされていた[30])。これはオービタル・サイエンス社で使用されるペガサスや小型版のストラトローンチの仕様に似ている。

エンジン[編集]

ランチャーワンはRP-1/LOXを推進剤とするNewton液体燃料ロケットエンジンを使用する2段式の空中発射式ロケットである。第2段は推力16 kN (3,500 lbf) のNewtonOneを動力とする。第1段は基本的にNewtonOneと同じ技術で大型化された設計の推力211 kN (47,500 lbf) のNewtonTwoと呼ばれるエンジンである。両方のエンジンは既に設計され2014年1月 (2014-01)現在 製造された。NewtonOne は実機での使用時間である5分間の燃焼試験が完了した。NewtonTwoは2014年初頭に複数回の短時間の燃焼試験を実施した。[27] ヴァージン・ギャラクティック社の技術者達が5回目の試験時に樹脂が主成分の燃料が爆発して試験装置が破損した。[31]

脚注[編集]

  1. ^ a b 渡辺豪「2時間弾丸旅行が2000万円台」『AERA』第32巻第2号、朝日新聞出版、2019年1月14日、 35-39頁。
  2. ^ a b c d 宇宙旅行の米ヴァージンがNY上場、時価総額10億”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2019年10月28日). 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ a b ヴァージン・ギャラクティックがNY証取に上場、宇宙旅行会社として世界初”. www.afpbb.com. フランス通信社 (2019年10月29日). 2020年1月3日閲覧。
  4. ^ a b ヴァージンギャラクティック上場、前途は多難か”. WSJ Japan. ウォールストリートジャーナル (2019年10月29日). 2020年1月3日閲覧。
  5. ^ a b 商業宇宙旅行へ、試験飛行成功 米、ヴァージンギャラクティック”. 47NEWS. 共同通信社 (2021年7月12日). 2021年7月18日閲覧。
  6. ^ a b Corporation, 株式会社テレビ東京-TV TOKYO (日本語), 米 宇宙旅行の試験飛行に成功 ヴァージン創業者も搭乗|テレ東プラス, https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2021/024164.html 2021年7月18日閲覧。 
  7. ^ a b “ヴァージン創業者、宇宙船の試験飛行に成功、高度85キロに到達”. BBCニュース. (2021年7月12日). https://www.bbc.com/japanese/57801386 2021年7月18日閲覧。 
  8. ^ “宇宙観光、年末にも試験にゴー 米当局が飛行許可”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2012年5月31日). http://www.47news.jp/CN/201205/CN2012053101001256.html 2013年8月21日閲覧。 
  9. ^ ヴァージンの宇宙船「スペースシップツー」、ロケットによる初の超音速飛行を成功”. sorae.jp (2013年4月30日). 2013年8月15日閲覧。
  10. ^ a b “宇宙旅客機の2度目の飛行試験に成功、英ヴァージン”. CNN. (2013年9月7日). http://www.cnn.co.jp/fringe/35036928.html 2014年1月4日閲覧。 
  11. ^ a b “ヴァージンギャラクテック、宇宙旅客機の3回目のテストフライトを完了…高度7万1000フィートを達成”. Response.. (2014年1月22日). http://response.jp/article/2014/01/22/215519.html 2014年2月26日閲覧。 
  12. ^ “米で宇宙船が試験飛行中に墜落、1人死亡か”. 読売新聞. (2014年11月1日). http://www.yomiuri.co.jp/science/20141101-OYT1T50001.html?from=tw 2014年11月1日閲覧。 
  13. ^ “英ヴァージンの宇宙船が試験飛行中に墜落、1人死亡”. ロイター. (2014年11月1日). http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPL4N0SQ9P820141031 2014年11月1日閲覧。 
  14. ^ a b 日本経済新聞2014年11月2日朝刊14版5面
  15. ^ “副操縦士の誤操作が原因 米宇宙船試験機の墜落事故”. 47NEWS. (2015年7月28日). http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072801002271.html 2015年7月29日閲覧。 
  16. ^ a b “2回目も成功 民間宇宙旅行のヴァージン社「VSSユニティ」 グライダー飛行実施”. エキサイトニュース. (2016年12月26日). http://www.excite.co.jp/News/science/20161226/Sorae_36487.html 2017年1月15日閲覧。 
  17. ^ “宇宙船の試験飛行再開、無重力体験の旅行目指す”. 読売新聞. (2018年4月7日). http://www.yomiuri.co.jp/science/20180407-OYT1T50064.html 2018年4月11日閲覧。 
  18. ^ ヴァージン、初の有人宇宙飛行に成功 米国では7年ぶり” (日本語). www.afpbb.com. 2018年12月14日閲覧。
  19. ^ ヴァージン創業者、宇宙飛行に成功 ベゾス氏に先んじる”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2021年7月12日). 2021年7月18日閲覧。
  20. ^ ヴァージン社の新型宇宙船、有人宇宙飛行に成功…創業者ブランソン氏ら搭乗”. 読売新聞オンライン. 読売新聞社 (2021年7月12日). 2021年7月18日閲覧。
  21. ^ ヴァージン、銀ピカに輝く次世代宇宙船「スペースシップIII」を発表”. マイナビニュース (2021年4月7日). 2021年4月8日閲覧。
  22. ^ a b ヴァージン、最新の宇宙船を発表…2021年夏にテスト飛行を予定”. Businessinsider. 2021年5月28日閲覧。
  23. ^ 「空中発射ロケット」が宇宙へ、ヴァージン・オービットの悲願達成が意味すること”. Wired (2021年1月18日). 2021年1月18日閲覧。
  24. ^ a b “Virgin Galactic relaunches its smallsat launch business”. NewSpace Journal. (2012年7月12日). http://www.newspacejournal.com/2012/07/11/virgin-galactic-relaunches-its-smallsat-launch-business/ 2012年7月11日閲覧。 
  25. ^ Amos, Jonathan (2012年7月11日). “Richard Branson's Virgin Galactic to launch small satellites”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-18801180 2012年7月13日閲覧。 
  26. ^ Lindsey, Clark (2012年10月18日). “ISPCS 2012: Thurs Afternoon session”. NewSpace Watch. オリジナルの2013年2月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130208135330/http://www.newspacewatch.com/articles/ispcs-2012-thurs-afternoon-session.html 
  27. ^ a b Boyle, Alan (2014年1月23日). “Hello, Newton: Virgin Galactic unveils its 'other' rocket engine”. NBC News. http://www.nbcnews.com/science/hello-newton-virgin-galactic-unveils-its-other-rocket-engine-2D11922691 2014年1月23日閲覧。 
  28. ^ EXCLUSIVE: Virgin Galactic unveils LauncherOne name!, Rob Coppinger, Flightglobal Hyperbola, December 9, 2008
  29. ^ Amos, Jonathan (2009年11月10日). “LauncherOne: Virgin Galactic's other project”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/blogs/thereporters/jonathanamos/2009/11/launcherone-virgins-galactics.shtml 2012年7月13日閲覧。 
  30. ^ Rob Coppinger (2012年7月11日). “Virgin Galactic Unveils LauncherOne Rocket for Private Satellite Launches”. Space.com. http://www.space.com/16530-virgin-galactic-satellite-launches-launcherone.html 
  31. ^ Pasztor, Andy (2014年11月12日). “Problems Plagued Virgin Galactic Rocket Ship Long Before Crash”. Wall Street Journal. http://online.wsj.com/articles/problems-plagued-virgin-galactic-rocket-ship-long-before-crash-1415838171 2014年11月12日閲覧。 

外部リンク[編集]