ヴァージン・ギャラクティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァージン・ギャラクティック
Virgin Galactic
種類 Private company
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューメキシコ州
設立 2004年
業種 サービス業
事業内容 宇宙旅行
代表者 ジョージ・T・ホワイトサイズ英語版 (CEO)
従業員数 30人(2007年
主要株主 ヴァージン・グループ
外部リンク http://www.virgingalactic.com/
テンプレートを表示

ヴァージン・ギャラクティック (Virgin Galactic) は、ヴァージン・グループ会長のリチャード・ブランソンが設立した宇宙旅行ビジネスを行う会社である。

事業[編集]

スペースシップワン弾道飛行によりAnsari X Prizeに勝利し賞金1000万ドルを獲得したスケールド・コンポジッツ社より技術提供を受け、再使用が可能な宇宙船スペースシップツーを開発しており、アメリカニューメキシコ州に「スペースポート・アメリカ」、スウェーデンの北部に「スペースポート・スウェーデン英語版」を建設している。

2013年10月現在宇宙旅行者の募集中であり、740人が代金を支払い済みである。世界で最初の宇宙旅行者100人はファウンダーと呼ばれ、日本人平松庚三稲波紀明ら3名である。ファウンダー以外では、山崎大地らが宇宙飛行を行う予定である。日本に於ける公式代理店はクラブツーリズムである。

計画[編集]

宇宙旅行の飛行プラン

ヴァージン・ギャラクティック社は年500人の観光客を一人当たり25万ドルの料金で宇宙へ送る計画を立てている。飛行は弾道飛行で、大気圏宇宙のおおよその境界とされる地上100kmを若干超える高さまで到達することになっている。完全な無重力になる時間はおよそ6分間を予定している。将来的には軌道上を周回する宇宙機の投入も計画している。2012年5月には連邦航空局 (FAA) より高度100kmの宇宙空間で試験飛行を行うための許可が交付されており[1]2013年4月にはロケットエンジンを使用した飛行試験を実施、高度17 kmまで到達した。年内には高度100 km到達させるとしている[2]

2013年9月5日、2度目の飛行試験に成功[3]。高度約13kmから21kmまでをロケット動力で上昇した後、「フェザリング」技術を使って下降した[3]

2014年1月10日、スペースシップ2の3回目のテスト飛行に成功[4]。3回目となるロケットエンジン噴射飛行で、これまでの最高高度となる7万1000フィート(約21.6キロメートル)を記録した[4]

1960年代から2007年まで、100km以上の高さの宇宙に到達した飛行士は448人しかいない(ただしそのほとんどは地球を周回している)。ヴァージン・ギャラクティックは毎年これを超える人数の観光客を宇宙空間に送り込むことになる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]