ジェフ・ベゾス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェフ・ベゾス
Jeff Bezos
Jeff Bezos' iconic laugh.jpg
(2010年)
生誕 ジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン
(1964-01-12) 1964年1月12日(55歳)[1]
ニューメキシコ州 アルバカーキ[2]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 プリンストン大学 科学工学士
職業 起業家
給料 8万1840ドル(約939万円)[3]
純資産 増加 1120億ドル(2018年)[4]
身長 172 cm (5 ft 8 in)
肩書き Amazon.com 共同創業者CEO社長会長
任期 会長:1994年7月-
CEO:1996年5月-
社長:1994年7月-1996年6月、2000年10月-[1]
宗教 無宗教
配偶者 マッケンジー・ベゾス(1993 - 2019)
子供 息子3人
娘(養子)1人[5]
テッド・ジョルゲンセン
ジャックリン・ベゾス

ジェフリー・プレストン・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos、1964年1月12日 - )は、アメリカ合衆国実業家投資家フィランソロピストAmazon.com共同創設者でありCEO取締役会長社長。出生名はジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン(Jeffrey Preston Jorgensen)。世界最大の資産家であり、フォーブスの長者番付によると2018年時点で1120億ドルの資産を有する。2013年に米有力新聞ワシントン・ポストを買収しオーナーとなった。自己破産経験あり。

生い立ち[編集]

ジェフ・ベゾスことジェフリー・プレストン・ベゾス(出生名:ジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン)は1964年1月12日にニューメキシコ州アルバカーキに生まれた。父はシカゴ出身のテッド・ジョーゲンセン、母はジャックリン・ギーゼ・ジョーゲンセンという名である[6]。彼が生まれたとき、母親は17歳の高校生であり、父のテッドはバイクショップのオーナーだった[7]。ほどなく母はテッドと離婚し、1968年4月にキューバ移民のミゲル・「マイク」・ベゾスと再婚する[8]。マイクは4歳だったジョーゲンセンの息子を養子にとり、そのときに姓もベゾスと改めた[9]。一家はテキサス州ヒューストンに引っ越し、父のマイクはニューメキシコ大学を卒業後にエクソンでエンジニアとして働き始めた[10]。ベゾスは小学4年から6年までヒューストンのリバー・オークス小学校に通った[11]。ベゾスの母方の祖父はローレンス・プレストン・ギーゼという、アルバカーキでアメリカ原子力委員会の地方局長(regional director)をしていた人物である[12]。ギーゼは早くにその職を辞し、テキサス州コトゥーラ近郊にある家族で経営する牧場の仕事を始めたが、ベゾスは若い頃よくここで夏を過ごした[10]。彼は後にこの牧場を買い取り、25,000エーカーあった土地を300,000エーカーにまで広げている[13][14]。母方の祖母はマッティ・ルイズ・ギーゼ(旧姓はストレイト)という名で、家系をたどると、ベゾスはカントリー歌手のジョージ・ストレイトといとこの関係にあたる[15]

ベゾスは科学に関心を持っており、工作の才能もあった。ある時は電動のアラームを仕掛けて、弟たちを部屋に入れないようにしていたほどである[16][17]

一家はフロリダ州マイアミに移り、ベゾスはマイアミ・パルメット高校に通った[18][19]。彼は高校在学中からマクドナルドで働き、朝のシフトで簡単な調理を担当していた[20]フロリダ大学で開催された科学の生徒研修プログラムにも参加している。1982年に彼はいわゆる卒業生総代を務め、ナショナル・メリット・スカラーシップ[21][22]、シルバー・ナイト賞を獲得している[21](どちらも優秀な生徒に贈られる奨学金または表彰制度)。1986年に、GPA4.2でプリンストン大学を卒業し、電気工学と計算機科学で学位を取得した。彼はまた全米最古の学生クラブであるファイ・ベータ・カッパ英語版のメンバーでもあった[23][24]。大学時代には、優秀な工学徒としてタウ・ベータ・パイ英語版にも選出され、宇宙探査・開発のための学生組織のプリンストン支部長にもなっている[25][26]

経歴[編集]

1986年にプリンストン大学を卒業したベゾスはインテルベル研究所アーサー・アンダーセンなどからオファーを受けた[27]。彼が最初に就職したのは金融決済システムを手がけるスタートアップ企業Fitelで、貿易情報のネットワーク構築に従事した[28]。ベゾスは、その後開発部門と顧客サービスの責任者に昇進している[29]。その後に大手金融サービス会社バンカース・トラストでプロダクト・マネージャーとなり、銀行業界に籍を移して1988年から1990年まで働いた[29]。その後1990年から1994年まで新興のヘッジファンドであるD.E.ショーで仕事をし、30歳のときには同社で4人目のシニア・バイス・プレジデントとなった[29][27]

Amazon[編集]

1993年の後半に、ベゾスはオンライン書店を始めることを決める[30]。彼はD.E.ショーを退職して、ニューヨークからシアトルへの移動中に事業計画を書き上げ、自宅のガレージでAmazonを起業した。1994年7月のことだった[31][32]。新しい会社の名前は南アメリカアマゾン川にちなんだもので、アルファベットの最初の文字であるAから始まるという意味合いも一部にはあった[33]。両親が300,000ドルともいわれる金額を都合してくれたため、彼はそれをアマゾンに投資した[32]。彼は初期の投資家の多くに、アマゾンが潰れたり自分が破産する可能性は70パーセントあると告げていた[34]。Amazonはもともとオンライン書店であったが、ベゾスは常にその業務を拡大する計画を温めていた[29][33]。Amazon創業から3年後に、ベゾスは株式の公開(IPO)を行っている[35]。フォーチュンやバロンズには厳しい観測の記事が掲載されたが、ベゾスはインターネットの成長によって、ボーダーズバーンズ・アンド・ノーブルのような巨大な書店チェーンとの競争に勝てると譲らなかった[33]

ベゾスとインド首相のナレンドラ・モディ(2014年)
Amazonでの仕事をたたえ、ジェームズ・スミッソン生誕二百年記念メダルを授与されるベゾス(2016年)

1998年、ベゾスは音楽と映像もオンラインで販売を始めた。この年の終わりには、彼の会社はさまざまな日用品も扱うようになった[33]。1997年の株式公開で調達した5,400万ドルを資金として小規模な競合他社を積極的に買収した[33]。2002年には、天気予報チャンネルとウェブ・トラフィックからデータを集積して、アマゾン・ウェブ・サービスをスタートさせた[33]。しかしこの年の後半に、大規模な投資が続いていたAmazonは収益の伸びがとまった段階で財政難に陥ってしまった[36]。2000年にベゾスは銀行から200億ドルの融資を受けているが、Amazonのキャッシュバランス(現金残高)はわずかに3億5,000万ドルに減少していたのである[37]。会社が破綻間近になったため、ベゾスは複数の物流センターを閉鎖し、Amazonの全従業員の14%にあたる人数を解雇した[37]。Amazonは2003年には財政的な安定を取り戻し、この年は4億ドルの黒字となった[38]。ベゾスがAmazon Kindleをスタートしたのは2007年11月である[39]。2008年のタイム誌の記事によれば、彼はビデオゲームと同じように読書でもフローな状態をつくりたいと考えていた。つまり読者が完全に本へ没入できるようしたいと思っていたのである[40]。2013年にはアマゾン・ウェブ・サービスについてアメリカ中央情報局(CIA)と6億ドルの契約を結んでいる[41]。この年の10月に、Amazonは世界最大のオンライン小売企業として認められた[42]

2017年5月、3日間で10億ドルのアマゾン株を売却したとOnebox Newsが報じた[43]

ブルーオリジン[編集]

2000年9月、ベゾスは有人宇宙飛行事業を目的とする民間企業であるブルーオリジンを設立した[44]。宇宙旅行と太陽系の開拓に彼は昔から関心を持っていた[22]。1982年に高校を卒業したときは総代表としてスピーチを行ったが、後日マイアミ・ヘラルドから内容について取材を受け、そこでも地球周回上にホテルや、アミューズメントパーク、コロニーを建設することに興味があると語っている[45]。18歳のベゾスはまた、地球上の資源の枯渇を憂いて、環境保護への関心も表明していた[46]

ブルーオリジンのクルー搭乗カプセルの見学をNASA副長官ロリ・ガーバー(右から3人目)に案内するベゾス

ブルーオリジン設立後、2006年までは特に目立った活動はなかったが、この年にテキサス州西部に打ち上げおよび実験施設の建設のために広大な土地を購入している[47]。2000年代後半にこの会社に世間の注目が集まると、ベゾスは有人宇宙旅行のコスト低減と地球外旅行の安全性向上についてたびたび語るようになった[48]。2011年9月、ブルーオリジンの無人試作ロケットの1つが低高度での飛行試験中に機能停止した。この事故はある意味で挫折と受け取られることもあったが、その後の報道では設立時と比較してブルーオリジンは宇宙飛行に向けてはるかに前進しているということが報じられた[49]。2013年5月、ベゾスはヴァージン・ギャラクティックの会長リチャード・ブランソンと面識を持ち、この年に宇宙飛行事業の可能性と戦略について議論を繰り返した[50]。彼はリチャード・ブランソン、イーロン・マスクの名を挙げて、自分も含めた3人には億万長者であり、複数の事業を経営しながら宇宙飛行を第一に考えている共通点があると語ったことがある[51]

ワシントンポスト[編集]

2013年8月5日、ベゾスは15年来の知り合いのドナルド・グラハム英語版がオーナーを務めるワシントンポストを買収したことを発表した[52]。買収額は2億5,000万ドルだった[53]。そのために彼は有限責任の持ち株会社であるナッシュ・ホールディングスを設立している[54]。2013年10月1日に売却が成立し、ナッシュ・ホールディングスの傘下に入った[55]。2014年3月、ベゾスははじめてワシントンポストに大きな改革を行い、テキサス州、ハワイ州、ミネソタ州で提携する地方紙を購読する読者に向けてオンライン版のペイウォール〔課金制度〕を撤廃した[56]。2016年1月には、デジタル版やモバイル版、アナリティクス・ソフトウェアの刷新を行い、メディアとテクノロジーの会社として再出発を図った[57]。一方で買収してから数年は、新聞社との将来的な利益相反の可能性も指摘されていた[58]。ベゾスとワシントンポストの編集委員会は、オーナーが新聞のコンテンツを不当に操作しているという批判は事実でないと否定し、ベゾスは新聞の独立性は保っている[59][60]。2016年にはオンライン版の購読者が急増し、ワシントンポストは2013年にベゾスが買収して以降、はじめて黒字化した[60]

ベゾス・エクスペディションズ[編集]

ベゾスは、ベンチャー・キャピタルのベゾス・エクスペディションズ(Bezos Expeditions)を通じて、個人的な投資を行っている[61]。1998年にはGoogleに25万ドルを投資し、最初期の株主の1人となった。彼はこの投資でGoogleの株式を330万株取得したが、その株価は2017年には310億ドル相当になっている[62][63]。ベゾスは老化を遅くしたり、止めたりすることで寿命を延長させる研究をするユニティ・バイオテクノロジー社(Unity Biotechnology)にも投資を行っている[64]。ヘルスケア分野では同社のほかにグレイル(Grail)、ジュノ・セラピューティックス(Juno Therapeutics)、ゾックドック(ZocDoc)などにも関わっている[65]

対外イメージ[編集]

ニューヨーク・タイムズのジャーナリスト、ネリー・ボウルズは、世間的なベゾスの人格や人柄のイメージについて「きわめて優秀だが、ミステリアスで冷血な大物経営者」と評したことがある[66]。1990年代に、ベゾスは従業員が慈善事業や社会福祉に頼ることを前提にした冷酷な経営によってAmazonを成功させたという評価を受けることもあった[66][67][68]。世間においては、彼の事業における極度の節制や倹約とAmazonや彼個人の資産の豊かさがセットで語られるようになった。ベゾスは億万長者どころではない資産がありながら、服はAmazon本社のオフィスにあるロッカーにおいているし、乗っているのも1996年式のホンダアコードである[69]。2000年代の前半では彼はいわゆるギークやナード(おたく)であり、社会性にかけるというイメージを持たれており、サイズのあわない服を着たり、人付き合いにおいて数々の失敗をしていた[70][71][72]

ベゾスは世間から必要以上に定量化とデータを優先するとみられている[73][74]。このイメージは伝記作家のアラン・ドイチュマンが詳述しているとおり「リストをもとに語り」、「自分が行うあらゆる決定の前に、基準と優先順位」を列挙するというものである[70]。彼の人格を伝える本や文章には、議論を呼び、世間の注目を集めるものもある。有名なのはジャーナリストのブラッド・ストーンがベゾスに無断で出版した『ジェフ・ベゾス 果てなき野望』で、この本の中では注文の多い上司であり過度に競争を煽る人間として描かれている[67][73]。Amazonの元従業員の証言では、ベゾスとのまるでダーウィン主義者とするかのようなやりとりも注目に値するが、同時に企業を成功させ続ける手腕についての賞賛の声も挙がる[75]。また経営上の障害や外部性をほとんど顧みない、あまりにに楽観的なCEOという悪い意味でのステレオタイプも持たれている[76][77]。一方で、こうした評価については、ベゾス自身や彼の妻、Amazonの従業員、そして世間からも性格付けとしては間違っていると批判もされている[78]

2010年代前半で、ベゾスの経営には帝国主義的な性格があるという評価が定まり、それとともに世間的なイメージも変化しはじめる。彼は仕立てた服を着るようになり、厳しいダイエットを課してウェイト・トレーニングを始めたほか、金を使うことに躊躇がなくなった[79]。ベゾスの肉体改造は企業としてのAmazonの変貌とも比較され、Amazonそのものになぞらえて語られることも多くなった[80][81]。その外見から、独占的なビジネスをてがける企業を象徴するような世間的イメージを持たれることが増え、ポップカルチャーにおいては、野心家のスーパーヴィランとしてパロディにもされている[82][83][84]。2017年以降、サタデー・ナイト・ライブではカイル・ムーニーやスティーヴ・カレルから安売りをする傲慢な人物として表現されるようになった[85]。彼はタコやローストしたイグアナを食べるなど変わった食事をすることも知られている[86][87][88]。2014年5月には、国際労働組合総連合がベゾスを「世界最悪の上司」と名付け、書記長のシャラン・バロウは「ジェフ・ベゾスは北アメリカ的な企業モデルを推し進めている雇用者の残酷さを象徴している」と評した[89]。2010年代後半には、事業化できないものに関わる費用を支出することを嫌がるというイメージが覆されることになる[13]。しかし他の富豪と比べたときには、慈善事業に対する関わり方が比較的浅いことをもって、2016年以降は世間から悪い評判を持たれるようにもなる[90][13]。ベゾスは自身に関する批判的な記事については積極的に反論することでも知られている。2015年、彼はニューヨークタイムズに掲載された記事を非難する文章を従業員に回覧させた[91][92]

経営哲学[編集]

ベゾスはD.E.ショー時代やAmazonの創業期に自ら「後悔最小化のフレームワーク」と呼ぶ考え方を採用していた[93]。彼はその人生哲学をこう表現する。「80歳になったら、自分はウォール街を去ったことを後悔するだろうか?ノー。インターネットの誕生に立ち会えなかったことを、自分は後悔するだろうか?イエス」[93]。1990年代から2000年代初めまで、彼はAmazonを経営する上であらゆる側面を数値化しようとして、従業員をスプレッドシートでリスト化したり、経営上の判断をデータに基づいて行った人物とされる[94]。Amazonを成長させるために、彼は「Get Big Fast」〔素早く大きくなれ〕というモットーを実行した。この言葉は、会社には一定の事業規模が必要であり、安定的にマーケットを独占しなければならないということを言ったものだ[33]。一方で彼は、Amazonが得た利益を配当の形で株主に還元せず、会社の成長のために使っている[70]

「Day 1」の経営哲学
1日目: 起業(スタートアップ)
2日目: 停滞
3日目: 迷走
4日目: 辛く、痛みをともなう衰退
5日目:
ベゾスは自分のグロース・マインドセット〔成長のための思考法〕を表現して、「いつだってDay 1だ」と語っている[95][96]

ベゾスは一般的な「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を使わず、「ワーク・ライフ・ハーモニー」と言う。バランスという言葉には、どちらかではなく一方(だけ)を持つかのような含みがあると彼が考えているからである[97]。彼の考えでは、仕事と家庭生活は、情報を共有して調整をおこなう相互接続的なものなのだ[97]。ジャーナリストのウォルト・モスバーグは、批判や指摘を受け入れられない人間には新しいことやおもしろいことができるはずがないという考え方を「ベゾス・プリンシパル」と名付けている[98]。ベゾスはミーティングを早朝に設定せず、また社内では「2枚のピザ」ルールを守らせている。これはピザが2枚あれば全員に行き渡る人数だけを会議室に集めろ、というものである[99]。Amazonで採用しようとしている人間を面接するときに、ベゾスは3つのことを自分に問いかけると語っている。それは、その人物を尊敬できるか、その人物が当たり前になっている基準を引き上げられるか、どんな状況においても模範的となれるか、である[100]。またベゾスは能力の高い社員にはパワーポイントを使わせず、原稿6枚分の情報を口頭でプレゼンさせる[101]

彼はAmazonに投資を行う人間とは一年間トータルで6時間しか顔を合わせることがない[99]。1998年以降、年に一度、ベゾスはAmazonの株主宛に5つの原則を繰り返し述べた手紙を送っている。5つの原則とは、競争相手ではなく顧客をみる、マーケットを握るためにリスクをとる、従業員のモラルを高める、企業文化(組織文化)を育てる、人に活力を与える、である[102][103]。彼は自分や会社に顧客がアクセスする窓口である「jeff@amazon.com」というメールアドレスを変えていない[104]。届いたメールに返信することはないが、そのうちのいくつかには件名にクエスチョンマークを付けて、該当する分野を担当する役員に転送している[104]。ベゾスは彼の経営哲学に大きな影響を与えた人物として、ウォーレン・バフェットバークシャー・ハサウェイ)、ジェームズ・ダイモンJPモルガン・チェース)、ボブ・アイガーウォルト・ディズニー)を挙げている[105]

評価と資産[編集]

2008年、カーネギーメロン大学から名誉博士号を授与された[106]

2018年3月、フォーブス世界長者番付の歴史において初めて個人資産1000億ドルを達成する1120億ドルを記録し、ビル・ゲイツを抜き初めて世界長者番付1位となった[107]

私生活[編集]

1992年、マンハッタンのDEショーで働いていたベゾスは、小説家のマッケンジー・タトルと出会った。彼女は当時この会社のリサーチ・アソシエイトであった。2人はこの一年後に結婚している[29][108]。1994年に州をまたいでワシントン州シアトルに引っ越し、ベゾスはこの地でAmazonを創業した[109]。2人には4人の子供がいる。3人の息子と中国から養子にとった娘が1人である[110][111]

2003年3月、ベゾスを含め3人が載っていたヘリコプターが、テールブームを木にぶつけてウェスト・テキサスに不時着した[112]。彼は軽いけがをしたが、その日のうちに現地の病院を退院することができた[24]

2016年には映画『スター・トレック BEYOND』でスターフリートの隊員役を演じており、キャストやスタッフとともにサンディエゴ・コミックコンで試写会にも参加している[113]

2019年1月9日、ベゾスは25年間連れ添った妻であるマッケンジーと連名で、「長期にわたる」別居生活を経て離婚する意向であることをTwitter上で発表した[114][115][116]

政治[編集]

選挙活動の収支報告書によれば、ベゾスはワシントン州を選挙区とする民主党の上院議員パティ・マレーマリア・キャントウェルの選挙戦を支援している。彼はジョン・コニャーズパトリック・リーヒスペンサー・エイブラハムといったインターネット関連の議題を扱い委員会に所属する上院議員を支持している[117]。ベゾスと妻のマッケンジーはともに同成婚の合法化を支持しており、ワシントン州で同成婚を合法化した住民投票に賛成票を投じるよう運動する団体であるワシントン・ユナイテッド・フォー・マリッジに250万ドルの寄付を行っている[118]。2010年にはワシントン州の所得税を上げることに反対する運動に10万ドルの資金提供をした[117]。2012年には、アマゾンの政治行動委員会(PAC)に寄付を行っており[117]、この機関を通じて民主党議員と共和党議員にそれぞれ5万6,000ドルと7万4,500ドルの資金を提供した[119]

2016年の大統領選挙後には、国防省が用いる技術の活用を支援する諮問会議である、ドナルド・トランプの国防革新諮問委員会(Defense Innovation Advisory Board)に招聘されたが、ベゾスは特段のコメントもなく固辞している[41][120]。実際ベゾスとトランプは、敵対関係にあるとも形容されてきた[121]。選挙直後には勝利したトランプとの関係が悪化しているとされる企業の株価が軒並み下がり、アマゾンの株価も下落したことでベゾスの資産も一時的に13億ドル相当が目減りした[122]。トランプは、Twitterを通じて繰り返しベゾスを攻撃しており、彼がフェイクニュースで政権批判をしているだけでなく[123]、アマゾンについても適正な税金を支払わずにアメリカ合衆国郵政公社をこき使っていると批判している[124]。一方でベゾスは、自分のロケット会社を使ってトランプを宇宙に飛ばすというジョークを何度か口にしている[125][126]

2014年、Amazonは自社のクラウド・コンピューティング関連のサービスで6億ドルといわれる契約をCIAと結ぶことに成功した[127]。2018年には、共同事業防衛基盤(JEDI)として知られる100億ドルの契約を今度は国防総省と締結するが、これはそもそも入札仕様書がAmazonに有利な内容だったといわれている[128]。国防長官ジェームズ・マティスがベゾスに招待されてAmazon本社を見学し、以前にAmazonのコンサルタントを務めていたロビイストのサリー・ドネリーを通じて取引条件の調整を行ったため、このJEDIの契約については議論が巻き起こった[129]。ベゾスは移民に開放的な国境政策を支持しているが、Amazonは移民税関捜査局(ICE)に対して積極的に顔認識ソフトウェアを売り込んでいる[130]

2018年3月、ベゾスはシアトルでサウジアラビアの皇太子であり事実上の支配者であるムハンマド・ビン・サルマーンと面会し、サウジヴィジョン2030への投資環境について説明を受けた[131]

慈善活動[編集]

ベゾスが2015年に大西洋の海底から回収する資金提供を行った、F1エンジンは、後にシアトルの航空博物館に寄贈された

ベゾスは直接寄付を行うとともにベゾス・エクスペディションズの資金提供による非営利のプロジェクトを活用して慈善活動を行っている[132]。この個人投資会社を通じて、ベゾスは、シアトルの歴史産業博物館にベゾスセンター・フォー・イノベーションに1,000万ドルを、プリンストン大学の神経科学研究所にベゾスセンター・フォー・ニューラル・サーキュート・ダイナミクスに1,500万ドルの寄付を行っている[133][134]。フレッド・ハッチンソン癌研究センターには2009年から2017年にかけて、1,000万ドルから3,500万ドルまで複数回の寄付している[135]。ベゾスは、元Amazon従業員が設立した非営利団体ワールドリーダーにも80万ドルの寄付をしている[136]。2012年3月には、大西洋に沈んだサターン5のF1エンジンが水深4,300メートルで発見されたが、彼はこれを海底から回収するつもりであり、それに向けて資金提供を行ったことをブログ上で発表した[137][138]。2013年にはこのエンジンがアポロ11号の打ち上げに使われたものであることが判明し[139]、回収後にはシアトルの航空博物館で展示されることになった[140]

一方で彼の慈善活動は、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのそれと比較されたときはあまりよい評価を受けていない[141][13][142]

書籍[編集]

共著[編集]

  • ジェフ・ベゾスディック・コストロ英語版他『巨大な夢をかなえる方法 世界を変えた12人の卒業式スピーチ』佐藤智恵訳、文藝春秋、2015年3月。ISBN 978-4163902272

関連書籍[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b アマゾン・ドット・コム「有価証券報告書」2013年(平成25年)4月26日関東財務局提出
  2. ^ ジェフリー・ベゾス - アマゾン・ドットコム創業者”. ダイヤモンド・オンライン (2007年11月8日). 2018年1月28日閲覧。
  3. ^ Amazon Keeps CEO Bezos’ Total Pay at $1.68 Million』 2014年4月11日 Blooberg
  4. ^ 2018年版フォーブス世界長者番付トップ20』 2018年3月8日 Onebox News
  5. ^ Jeff Bezos Fast Facts』 2016年12月22日 CNN
  6. ^ Robinson (2010), pp. 14, 100
  7. ^ Robinson (2010), pp. 14–15
  8. ^ Robinson (2010), p. 14, 18
  9. ^ Robinson (2010), p. 15
  10. ^ a b Robinson (2010), p. 17
  11. ^ Robinson (2010), p. 18
  12. ^ Robinson (2010), p. 16
  13. ^ a b c d Frank, Robert (2017年6月15日). “At Last, Jeff Bezos Offers a Hint of His Philanthropic Plans”. The New York Times. 2018年3月8日閲覧。
  14. ^ Parkhurst, Emily (2015年8月5日). “Jeff Bezos just sold $534 million worth of Amazon stock”. Puget Sound Business Journal. 2015年8月5日閲覧。
  15. ^ Jeff Bezos' roots could give Texas an edge as Amazon.com looks for new HQ site”. dallasnews.com (2017年9月7日). 2018年3月10日閲覧。
  16. ^ Robinson (2010), p. 19
  17. ^ Biography and Video Interview of Jeff Bezos at Academy of Achievement”. Achievement.org. 2012年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月10日閲覧。
  18. ^ Yanez, Luisa (2013年8月5日). “Jeff Bezos: A rocket launched from Miami's Palmetto High”. miamiherald. 2018年2月11日閲覧。
  19. ^ Bayers, Chip. “The Inner Bezos”. WIRED. 2018年2月11日閲覧。
  20. ^ Fishman, Charles (2001年1月31日). “Face Time With Jeff Bezos”. Fast Company. https://www.fastcompany.com/42412/face-time-jeff-bezos 2018年4月16日閲覧。 
  21. ^ a b Robinson (2010), p. 24
  22. ^ a b Martinez, Amy (2012年3月31日). “Amazon.com's Bezos invests in space travel, time”. 2013年8月10日閲覧。
  23. ^ Robinson (2010), p. 26
  24. ^ a b Deutschman, Alan (2004年8月1日). “Inside the Mind of Jeff Bezos”. Fast Company. 2018年3月7日閲覧。
  25. ^ Robinson (2010), pp. 25–27
  26. ^ Jeff Bezos Interview”. Achievement.org (2008年4月17日). 2013年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月10日閲覧。
  27. ^ a b Robinson (2010), p. 7
  28. ^ Bayers, Chip (2003年7月). “The Inner Bezos”. Wired. 2018年4月30日閲覧。
  29. ^ a b c d e Bayers, Chip. “The Inner Bezos”. WIRED. 2018年3月7日閲覧。
  30. ^ Robinson (2010), p. 39
  31. ^ Clifford, Catherine (2017年10月27日). “How Amazon's Jeff Bezos went from the son of a teen mom to the richest person in the world”. CNBC. 2018年3月6日閲覧。
  32. ^ a b Top Executive Profiles – Jeffrey P. Bezos”. Portfolio.com. 2009年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月閲覧。
  33. ^ a b c d e f g Amazon.com | History & Facts”. Encyclopedia Britannica. 2018年3月7日閲覧。
  34. ^ Robinson (2010), p. 56
  35. ^ Shen, Lucinda (2017年5月15日). “If You Invested in Amazon at Its IPO, You Could Have Been a Millionaire”. Fortune. 2018年3月7日閲覧。
  36. ^ Rivlin, Gary (2005年10月7日). “A Retail Revolution Turns 10”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2005/07/10/business/yourmoney/a-retail-revolution-turns-10.html 2018年4月3日閲覧。 
  37. ^ a b Rivlin, Gary (2005年7月10日). “A Retail Revolution Turns 10”. The New York Times. 2018年3月7日閲覧。
  38. ^ Bezos, Jeff. “The electricity metaphor for the web's future”. 2018年3月7日閲覧。
  39. ^ Amazon: Reinventing the Book”. Newsweek (2007年11月17日). 2018年3月7日閲覧。
  40. ^ Quittner, Josh (2008年5月12日). “The 2008 Time 100 – Time”. Time. 2018年3月7日閲覧。
  41. ^ a b Davenport, Christian (2018年2月23日). “How Jeff Bezos was selected for, but never joined, the Defense Innovation Board”. Washington Post. 2018年3月7日閲覧。
  42. ^ “Bezos: I never expected this'”. Digital Commerce 360. (2013年1月4日). https://www.digitalcommerce360.com/2013/01/14/bezos-i-never-expected/ 2018年3月11日閲覧。 
  43. ^ ジェフ・ベゾスは3日間で10億ドルの株式を売却した』 2017年5月11日 Onebox News
  44. ^ Boyle, Alan (2011年12月9日). “Blue Origin Revealed”. MSNBC. 2009年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月閲覧。
  45. ^ Taking the long view”. The Economist (2012年3月3日). 2018年4月29日閲覧。
  46. ^ Whoriskey, Peter (2013年8月12日). “For Jeff Bezos, a new frontier”. 2014年2月20日閲覧。
  47. ^ Mangalindan, Mylene (2006年11月10日). “Buzz in West Texas is about Jeff Bezos space craft launch site”. 2008年5月28日閲覧。
  48. ^ Levy, Steven (2011年11月13日). “Jeff Bezos Owns the Web in More Ways Than You Think”. Wired. 2011年12月9日閲覧。
  49. ^ Taking the long view: Jeff Bezos, the founder and chief executive of Amazon, owes much of his success to his ability to look beyond the short-term view of things”. The Economist (2012年3月3日). 2013年8月10日閲覧。 “Mr Bezos's willingness to take a long-term view also explains his fascination with space travel, and his decision to found a secretive company called Blue Origin, one of several start-ups now building spacecraft with private funding.
  50. ^ Veverka, Mark (2013年5月27日). “Unplugged: Richard Branson's otherworldly space quest”. 2013年5月28日閲覧。
  51. ^ Worrall, Simon (2018年4月7日). “Three Billionaires Are Racing to Space. Who Will Win?”. National Geographic. https://news.nationalgeographic.com/2018/04/three-billionaires-are-racing-to-space--who-will-win-/ 2018年4月7日閲覧。 
  52. ^ “ワシントン・ポスト 売却の衝撃”. (2013年8月8日). http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2013_0808.html 2013年8月9日閲覧。 
  53. ^ Farhi, Paul (2013年8月6日). “Washington Post to be sold to Jeff Bezos”. 2013年8月5日閲覧。
  54. ^ Matthews, Dylan (2013年8月8日). “Jeff Bezos is buying The Washington Post. Here's what you need to know about the sale.”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/news/wonk/wp/2013/08/06/jeff-bezos-is-buying-the-washington-post-heres-what-you-need-to-know-about-the-sale/ 2018年3月11日閲覧。 
  55. ^ Farhi, Paul (2013年10月1日). “The Washington Post closes sale to Amazon founder Jeff Bezos”. 2014年3月31日閲覧。
  56. ^ Luckerson, Victor (2014年3月19日). “Jeff Bezos Makes His First Major Move at the Washington Post”. 2016年2月20日閲覧。
  57. ^ McCrakken, Harry (2017年11月17日). “The Washington Post Is a Software Company Now”. Fast Company. 2018年3月9日閲覧。
  58. ^ Streitfeld, David (2013年8月17日). “Expecting the Unexpected From Jeff Bezos”. The New York Times. 2018年3月9日閲覧。
  59. ^ Block, Melissa. “Washington Post' May Find Conflicts in Amazon Coverage”. NPR.org. 2018年3月9日閲覧。
  60. ^ a b Wieczner, Jen. “How Jeff Bezos Reacts to 'Negative' Amazon Articles in the Washington Post”. Fortune. 2018年3月9日閲覧。
  61. ^ Hess, Abigail (2017年8月29日). “Inside Jeff Bezos' $80 billion empire”. CNBC. 2017年9月13日閲覧。
  62. ^ Turo, Jay. “The Story of Jeff Bezos' $250,000 Investment into Google in 1998”. Growthink. 2017年2月28日閲覧。
  63. ^ Swisher, Kara (2009年). “New Yorker: Bezos' Initial Google Investment Was $250K in 1998 Because 'I Just Fell in Love with Larry and Sergey'”. All Things D. 2017年2月28日閲覧。
  64. ^ Bloom, Ester (2017年3月31日). “Google's co-founders and other Silicon Valley billionaires are trying to live forever”. CNBC. 2017年6月29日閲覧。
  65. ^ We can learn a lot about Jeff Bezos' health strategy by looking at his investments”. CNBC (2018年2月3日). 2018年2月4日閲覧。
  66. ^ a b Wingfield, Nick (2018年). “Jeff Bezos, Mr. Amazon, Steps Out”. The New York Times. 2018年3月9日閲覧。
  67. ^ a b Kakutani, Michiko (2013年10月28日). “'The Everything Store: Jeff Bezos and the Age of Amazon'”. The New York Times. 2018年3月9日閲覧。
  68. ^ アマゾンの高収益は「公的支援」が支える?”. CONDE NAST JAPAN. 2019年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  69. ^ Steinberg, Brian (2012年2月12日). “Amazon Uses '60 Minutes' To Unveil Automated Delivery Drones”. Variety. https://variety.com/2013/biz/news/amazon-uses-60-minutes-to-unveil-automated-delivery-drones-1200907633/ 2018年3月10日閲覧。 
  70. ^ a b c Deutschman, Alan (2004年8月1日). “Inside the Mind of Jeff Bezos”. Fast Company. 2018年3月9日閲覧。
  71. ^ Bergman, Gregory; Lambert, Josh (December 18, 2010). Geektionary: From Anime to Zettabyte, An A to Z Guide to All Things Geek. Simon and Schuster. ISBN 9781440511882. https://books.google.com/books?id=MxnrDQAAQBAJ. 
  72. ^ Bryan, Chloe. “If Jeff Bezos really wanted to rule the world, he'd pose for corny photos like he used to”. Mashable. 2018年3月9日閲覧。
  73. ^ a b Anderson, George. “Is Jeff Bezos a Horrible Boss and Is That Good?”. Forbes. 2018年3月9日閲覧。
  74. ^ Fisher, Marc (2018年4月4日). “Why Trump went after Bezos: Two billionaires across a cultural divide”. Washington Post. https://www.washingtonpost.com/politics/why-trump-went-after-bezos-two-billionaires-across-a-cultural-divide/2018/04/05/22bb94c2-3763-11e8-acd5-35eac230e514_story.html 2018年4月6日閲覧。 
  75. ^ Upadhyaya, Preeti. “4 former Amazon employees on what it's like working for Jeff Bezos”. www.bizjournals.com. 2018年3月9日閲覧。
  76. ^ Caine, Aine (2017年11月14日). “9 Shocking Anecdotes That Reveal Jeff Bezos's Cutthroat Management Style”. Inc.com. 2018年3月9日閲覧。
  77. ^ Lashinsky, Adam. “How Jeff Bezos Became a Power Beyond Amazon”. Fortune. 2018年3月9日閲覧。
  78. ^ Inside the Mind of Jeff Bezos”. Fast Company (2004年8月1日). 2018年3月9日閲覧。
  79. ^ Kircher, Madison Malone. “Guess How Many Pillsbury Biscuits Jeff Bezos Used to Eat Daily”. Select All. 2018年3月9日閲覧。
  80. ^ Lidsky, David (2018年2月27日). “How Amazon Got Swole Just Like CEO Jeff Bezos”. Fast Company. 2018年3月7日閲覧。
  81. ^ Jeff Bezos: The man who turned Amazon into an empire”. Men's Fitness. 2018年3月7日閲覧。
  82. ^ Amazon CEO Jeff Bezos stuns everyone with his macho look, Twitter users compare him with The Rock, Vin Diesel”. The Financial Express (2017年7月15日). 2018年3月9日閲覧。
  83. ^ MarketWatch. “Jeff Bezos's latest sideline has lots of people comparing him to a comic-book supervillain”. MarketWatch. 2018年3月9日閲覧。
  84. ^ McEnery, Thornton. “Jeff Bezos, Who Is Not A Super-Villain, Is Building A Giant Clock Inside A Mountain, Because He's NOT A Super-Villain”. Dealbreaker. 2018年3月9日閲覧。
  85. ^ Wang, Amy (2018年11月18日). “On SNL, a bald Steve Carell plays Jeff Bezos — and won't stop trolling Trump” (英語). Washington Post. 2018年11月19日閲覧。
  86. ^ Jones, Rhett. “Jeff Bezos Eats Iguana, Vows to Make Space Travel Cheaper With 'Amazon Lottery Winnings'”. Gizmodo. https://gizmodo.com/jeff-bezos-eats-iguana-vows-to-make-space-travel-cheap-1823695265 2018年3月3日閲覧。 
  87. ^ What You Can Learn from Jeff Bezos's Sleep Habits”. Inc.com (2015年3月9日). 2018年3月7日閲覧。
  88. ^ Mimaroglu, Alp (2016年5月24日). “5 Things Jeff Bezos Does Other Than Work”. Entrepreneur. 2018年3月7日閲覧。
  89. ^ Amazon's Jeff Bezos Wins ITUC's World's Worst Boss Poll”. Ituc-csi.org (2014年5月22日). 2015年10月27日閲覧。
  90. ^ Bass, Diane (2017年10月31日). “For Bezos, Now World's Richest, Philanthropy Is 'Saved for Later'”. Bloomberg.com. 2018年3月9日閲覧。
  91. ^ Calamur, Krishnadev (2015年10月19日). “Amazon launches a scathing response to Times story”. The Atlantic. 2018年9月14日閲覧。
  92. ^ Jeff Bezos responds to 'New York Times' report on Amazon's workplace”. NPR (2015年8月17日). 2018年9月14日閲覧。
  93. ^ a b Bayers, Chip. “The Inner Bezos”. WIRED. 2018年3月7日閲覧。
  94. ^ Deutschman, Alan (2004年8月1日). “Inside the Mind of Jeff Bezos”. Fast Company. 2018年3月7日閲覧。
  95. ^ Del Ray, Jason (2017年4月12日). “This is the Jeff Bezos playbook for preventing Amazon's demise”. Recode. https://www.recode.net/2017/4/12/15274220/jeff-bezos-amazon-shareholders-letter-day-2-disagree-and-commit 2018年4月22日閲覧。 
  96. ^ Atsmon, Yuval (2017年4月22日). “Amazon's Bezos could teach large companies a thing or two about strategy”. MarketWatch. https://www.marketwatch.com/story/amazons-bezos-could-teach-large-companies-a-thing-or-two-about-strategy-2017-04-20 2018年4月22日閲覧。 
  97. ^ a b Constine, Josh. “Jeff Bezos' guide to life”. TechCrunch. 2018年3月7日閲覧。
  98. ^ Mossberg, Walt (2016年6月2日). “What Amazon's Jeff Bezos thinks about Peter Thiel and Hulk Hogan vs. Gawker / Boing Boing”. boingboing.net. 2018年4月22日閲覧。
  99. ^ a b Caine, Aline. “A day in the life of the richest person in history, Jeff Bezos — who made $6.44 billion in one day and still washes the dishes after dinner”. Business Insider. 2018年3月7日閲覧。
  100. ^ Montag, Ali (2018年8月1日). “This is Jeff Bezos' 3-question test for new Amazon employees”. CNBC. https://www.cnbc.com/2018/08/01/jeff-bezos-questions-amazon-used-to-hire-employees.html 2018年8月7日閲覧。 
  101. ^ Roose, Kevin (2018年4月20日). “Kevin's Week in Tech: Jeff Bezos Reminds Tech Who's Boss”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/04/20/technology/kevin-week-in-tech-bezos.html 2018年4月21日閲覧。 
  102. ^ Mullaney, Tim (2017年1月12日). “5 key business lessons from Amazon's Jeff Bezos”. CNBC. 2018年3月7日閲覧。
  103. ^ Lashinsky, Adam. “What Makes Amazon CEO Jeff Bezos Such a Visionary Leader”. Fortune. 2018年3月7日閲覧。
  104. ^ a b Bort, Julie (2018年4月21日). “Amazon CEO Jeff Bezos explains his famous one-character emails, known to strike fear in manager's hearts”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/bezos-explains-his-dreaded-one-character-emails-2018-4 2018年4月21日閲覧。 
  105. ^ Hersh, Kenneth (2018年4月20日). “Forum on Leadership: Conversation with Jeff Bezos”. www.bushcenter.org. 2018年4月22日閲覧。
  106. ^ “Amazon.com Founder Jeff Bezos To Speak at Carnegie Mellon Business School and Computer Science Diploma Ceremonies” (プレスリリース), カーネギーメロン大学, (2008年4月22日), http://www.cmu.edu/news/archive/2008/April/april22_jeffbezos.shtml 2009年11月28日閲覧。 
  107. ^ 2018年版フォーブス世界長者番付トップ20』 2018年3月8日 Onebox News
  108. ^ Levi Sumagaysay (2013年11月5日). “Quoted: She Said, He Said — MacKenzie Bezos Vs. Author of Book on Amazon”. SiliconBeat. The Mercury News. 2019年1月閲覧。 “I have firsthand knowledge of many of the events. I worked for Jeff (Bezos) at D. E. Shaw”
  109. ^ Bayers, Chip. “The Inner Bezos”. Wired. 2013年8月23日閲覧。
  110. ^ Whoriskey, Peter (2013年8月12日). “For Jeff Bezos, a new frontier”. 2014年2月20日閲覧。
  111. ^ Jeff Bezos Fast Facts”. CNN (2016年3月24日). 2019年1月閲覧。
  112. ^ Nick Wingfield. “Amazon Chief Survives Helicopter Crash in Texas”. 2018年3月7日閲覧。
  113. ^ Amazon founder Jeff Bezos reveals Star Trek Beyond alien cameo”. BBC (2016年7月21日). 2017年2月22日閲覧。
  114. ^ Bezos, Jeff (2019年1月9日). “pic.twitter.com/Gb10BDb0x0”. @JeffBezos. 2019年1月10日閲覧。
  115. ^ Snider, Mike (January 9, 2019), “Amazon CEO Jeff Bezos and wife MacKenzie to divorce after 25 years of marriage”, USA Today, https://www.usatoday.com/story/money/business/2019/01/09/amazon-ceo-jeff-bezos-wife-mackenzie-divorce-after-25-years/2523544002/ 
  116. ^ Jeff and MacKenzie Bezos are getting divorced after 25 years of marriage”. CNN (2016年7月21日). 2019年1月9日閲覧。
  117. ^ a b c Sullivan, Sean (2013年8月7日). “The politics of Jeff Bezos”. Washington Post. 2018年3月7日閲覧。
  118. ^ Porterfield, Elaine (2012年7月28日). “Amazon's Jeff Bezos, wife, make $2.5 million donation for gay marriage”. 2013年8月23日閲覧。
  119. ^ Amazon.com Contributions to Federal Candidates, 2012 cycles”. Center for Responsive Politics. 2018年3月7日閲覧。
  120. ^ La Monica, Paul R. (2016年8月2日). “The Hillary Clinton billionaires club”. 2019年1月閲覧。
  121. ^ アマゾンを脅かすトランプ政権 ジェフ・ベゾスは資産1300億円喪失”. forbesjapan (2016年11月10日). 2018年3月30日閲覧。
  122. ^ アマゾンを脅かすトランプ政権 ジェフ・ベゾスは資産1300億円喪失”. forbesjapan (2016年11月10日). 2018年3月30日閲覧。
  123. ^ Abramson, Alana. “How to Understand Donald Trump's #AmazonWashingtonPost Tweet in 3 Easy Steps”. Fortune. 2018年3月9日閲覧。
  124. ^ 「税金を納めていない」 トランプ氏がアマゾン批判”. AFP (2018年3月30日). 2018年3月30日閲覧。
  125. ^ Kosoff, Maya. “Why Jeff Bezos Is Dumping Cash into Trump's Swamp”. The Hive. 2018年3月9日閲覧。
  126. ^ Cillizza, Chris (2015年12月7日). “Donald Trump called out Jeff Bezos on Twitter. Then Bezos called his bluff.”. Washington Post. 2018年3月9日閲覧。
  127. ^ Solomon, Norman (2014年2月20日). “Why Amazon's collaboration with the CIA is so ominous — and vulnerable”. The Huffington Post. 2018年9月14日閲覧。
  128. ^ Miller, Jason (2018年8月7日). “DoD's $10B cloud contract comes under protest 11 days after final RFP”. Federal News Radio. 2019年1月閲覧。
  129. ^ Jeong, May (2018年8月13日). “"Everybody immediately knew that it was for Amazon": Has Bezos become more powerful in DC than Trump?”. Vanity Fair. 2018年9月14日閲覧。
  130. ^ Laperruque, Jake (2018年10月23日). “"Amazon Pushes ICE to Buy Its Face Recognition Surveillance Tech"”. The Daily Beast. 2018年10月23日閲覧。
  131. ^ "Saudi crown prince meets Amazon CEO Jeff Bezos in Seattle". Arab News. March 31, 2018.
  132. ^ Wingfield, Nick (2017年6月15日). “Jeff Bezos Wants Ideas for Philanthropy, So He Asked Twitter”. The New York Times. 2018年3月8日閲覧。
  133. ^ Stevens, Ruth. “Princeton University – Jeff and MacKenzie Bezos donate $15 million to create center in Princeton Neuroscience Institute”. princeton.edu. 2011年12月13日閲覧。
  134. ^ Jeff and MacKenzie Bezos Flip the Switch on New Bezos Center for Innovation at MOHAI, Kicking Off Saturday Launch Celebration”. mohai.org. 2017年12月31日閲覧。
  135. ^ Guide to Individual Donors: Tech Philanthropists: Jeff Bezos”. Inside Philanthropy. 2018年6月26日閲覧。
  136. ^ Soper, Taylor. “Amazon CEO Jeff Bezos and family donate $20M to Fred Hutchinson Cancer Research Center”. GeekWire. 2017年12月31日閲覧。
  137. ^ DEI Creative in Seattle, WA. “F-1 Engine Recovery: Bezos Expeditions”. bezosexpeditions.com. 2019年1月閲覧。
  138. ^ 月面着陸のアポロ11号エンジン、海底からの回収にアマゾンCEOが挑む AFP 2012年3月29日
  139. ^ Pearlman, Robert Z. (2013年7月19日). “Rocket Engine Part Recovered by Amazon CEO Has Apollo 11 History”. 2013年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月10日閲覧。
  140. ^ Apollo F-1 Engine Preview | The Museum of Flight”. www.museumofflight.org. 2018年4月4日閲覧。
  141. ^ Robinson, Nathan (2017年7月28日). “Jeff Bezos: How the world's richest man can change his stingy reputation”. The Guardian. 2018年9月14日閲覧。
  142. ^ Martinez, Amy; Heim, Kristi (2012年3月31日). “Amazon a virtual no-show in hometown philanthropy”. The Seattle Times. https://www.seattletimes.com/business/amazon-a-virtual-no-show-in-hometown-philanthropy/ 2017年12月29日閲覧。 

外部リンク[編集]