ジェフ・ベゾス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェフ・ベゾス
Jeff Bezos
Jeff Bezos' iconic laugh.jpg
(2010年)
生誕 ジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン
(1964-01-12) 1964年1月12日(53歳)[1]
ニューメキシコ州 アルバカーキ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 プリンストン大学 科学工学士
職業 起業家
給料 8万1840ドル(約939万円)[2]
純資産 増加 728億ドル(2017年)
身長 172 cm (5 ft 8 in)
肩書き Amazon.com 共同創業者CEO
任期 会長:1994年7月-
CEO:1996年5月-
社長:1994年7月-1996年6月、2000年10月-[1]
宗教 無宗教
配偶者 マッケンジー・ベゾス(1993 - )
子供 息子3人
娘(養子)1人[3]
テッド・ジョルゲンセン
ジャッキー・ベゾス

ジェフリー・プレストン・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos, 1964年1月12日 - )は、アメリカ合衆国実業家作家教育者Amazon.com共同創設者でありCEO取締役会長社長。出生名はジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン(Jeffrey Preston Jorgensen)。世界有数の資産家であり、フォーブスの長者番付によると2017年時点で728億ドルの資産を有する。2013年に米有力新聞ワシントン・ポストを買収しオーナーとなった。

生い立ち[編集]

ベゾスは、ニューメキシコ州アルバカーキにて、10代の母親のもとに生まれた。しかし、両親が1年ほどして離婚し、ベゾスは母親に引き取られた。母親は、ベゾスが5歳の時にキューバ系アメリカ人と再婚し、家族でテキサス州ヒューストンに移住した。テキサス州の初期の移住者である母親の先祖が得た25,000エーカー(≒101平方キロメートル、39平方マイル)の牧場で、青春期の大半を過ごした。

ベゾスは、電気アラームを使って自分の部屋に弟妹を入れないようにしたり、理科の実習のために両親の車庫を実験室に改造したりと、幼少期から様々な科学的関心を示していた。また、フロリダ州マイアミの高校時代には、コンピュータに興味を持ち始める。物理学を専攻するために入学したプリンストン大学でも計算機科学電気工学の分野に専攻を替え、1986年にそれらの学士号を取得した。

経歴[編集]

大学卒業後ウォールストリートの金融機関のIT部門でトレーディング・システムの構築に従事。1990年にはヘッジファンド、D. E. Shaw & Co. に移籍し、1992年シニア・バイス・プレジデントへ昇進する。しかし、1994年春に World Wide Web の利用率が増加していることに気付き、退社し妻とともにワシントン州シアトルに移住。1994年までに WWW は政府機関や学術研究者にとどまらず、次第に一般の人々にも知れ渡っていった。ベゾスには eコマース事業が将来的に大きなビジネスチャンスになるであろうという先見の明があった。

1994年にインターネット書店の Cadabra.com を開業。翌1995年7月には Amazon.com として正式にスタートし、1997年5月には株式公開を果たす。ベゾスはインターネット・バブルの成功者の一人となり、1999年にはタイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選出されている[4]

1998年、創業間もないGoogleにエンジェル投資家として25万ドルを投資した[5]。これがベゾスの最初の投資である。

2000年には民間宇宙開発企業のブルーオリジンを設立。同社は低価格の宇宙旅行を実現し、多くの人々に宇宙旅行を楽しんでもらうことを目的としている。また、個人的投資会社の Bezos Expeditions を設立し、様々な企業に出資を行っている。

2008年、カーネギーメロン大学から名誉博士号を授与された[6]

2012年3月に、アポロ11号の打ち上げに使われ、大西洋に沈んだサターン5のF1エンジンを水深4,300メートルで発見、これを海底から回収するつもりであることをブログ上で発表した[7]

2013年、15年来の知り合いのドナルド・グラハム英語版からワシントン・ポストを買収[8]

2017年5月、3日間で10億ドルのアマゾン株を売却したとOnebox Newsが報じた。[9]

書籍[編集]

共著[編集]

関連書籍[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]