Mobipocket

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Mobipocketとは、フランスMobipocket社が開発したWindows PC電子書籍システムのことである。Mobipocket Readerで電子書籍を読み、Mobipoket Creator で書籍を作成可能。Mobipocket Reader は、Mobipocket 社が端末毎に専用の Mobipocket Reader を無料で配布している。対応している端末は比較的多いが、現在、最新端末には対応できていない。PC上ではtext, HTML,PDFなどを直接 Mobipocket Reader で変換して読むことが可能。また、WordExcelインストールされたPC であれば、.doc, .xls なども変換して読むことが可能。一度 Mobipocket 形式に変換されたデータは、削除するまでライブラリーに存在し、いつでも読むことができる。基本的にはPCで作成,無料あるいは購入した電子書籍を携帯端末で閲覧するためのシステムである。PC上では書籍を読みながらコメントを付けたり、書籍内を検索する機能も使える。コメントは携帯端末側のリーダが対応していれば、そちらでも表示可能。検索は携帯端末側ではできない(場合が多い)。

Mobipocketは、上記の電子書籍システム,Mobipocket社あるいは、いわゆるeBook(電子書籍)用フォーマットの一つとしての Mobipocket 形式を指す。

電子書籍フォーマット[編集]

現在、Mobipocket社はAmazon社の傘下であり、Kindle形式のeBookフォーマットとMobipocketは、内部構造的には同等である。ただし、購入したeBookはDRMとしてPIDと呼ばれるIDコードでコピーガードされているため、今のところMobipocket形式で購入したeBookをKindleで読み込むことはできない。また、閲覧可能な端末数は3個までしか登録できない(使わなくなった端末を登録解除して閲覧する端末を3個までにする。上限回数有り)。

Mobipocket形式のフォーマットは、HTMLから派生したものであり、内部構造的にはフォントの種類・サイズ・色などの情報を持ったテキストとJPEG等の画像データ埋め込み、およびリンク機能を持っており、レイアウトの自由度も高い。この構造により、現在はサポートされていないmp3などの音声データやムービへのリンクなどもハードウェア側のレベルが揃ってくればリンク機能で容易に対応可能な先を見越したフォーマットとなっている。 このフォーマット構造および Mobipocket Reader の柔軟な設計により、非常に優れたeBookシステムとなっている。

辞書[編集]

Mobipocket 形式の辞書を購入すれば、Mobipocket Reader が電子辞書代わりとなり、不明な単語を調べることが可能であるが、それだけを見れば、他にも対応しているeBookシステムは存在する。Mobipocket Reader では、eBook を読みながら知らない単語をクリックすれば、自分が購入した辞書でヒットした場合に意味を表示してくれる。複数の辞書を購入していれば、同時に複数がヒットする。特に洋書を読む場合には Mobipocket Reader は非常に優れたツールとなる。すなわち、洋書をeBookで読みながら、知らない単語をクリックするだけで意味を知り、ワンクリックで元のeBookに戻って読書を続けることが可能である。

Mobipocket 形式で購入可能な辞書には、以下のものがあった。現在は入手困難。特に英語の勉強を目的に電子書籍リーダを比較した場合には、Mobipocket Readerの優位性が現時点でも非常に高いが、Mobipocket社はKindle形式の方へ注力していくことが予想され[誰によって?]、将来性の点では疑問視[誰によって?]されている。

それらの辞書を全て購入すると、eBook で知らない単語をクリックした際に検索時間が掛かるようになってしまうが、その場合には好きな辞書一つだけ登録して常にその辞書で検索するように設定することも可能。ただし、この場合一つだけしか辞書を設定できない。

電子書籍ストア[編集]

Mobipocket 形式のeBook を扱う電子ブック書店は見つからなくなり、Mobipocket形式では購入できないと思われる。また、電子ブック書店のWEBサイトが消滅すれば、将来、別の端末に電子書籍を移行する際に手段が無くなるかもしれないという電子書籍の欠点も露呈した。 既にMobipocket社から辞書データも書籍も購入することができなくなったため、KindleまたはePub 形式からMobipocket用に変換する以外にMobipoket用の電子書籍を入手する方法が無いかもしれない。(自分で作成した文書データを読み込む機能はもちろん使えるので、そちらがメインの場合は問題ない。)

Mobipocket Reader[編集]

Mobipocket 形式のeBookを購入し、Mobipocket Reader で読み込んだ場合、まれに表紙が表示されない,画像が小さすぎる,画像の縦横比が閲覧する端末と合わないなどの問題がある(ライブラリーで表示するサムネイル表示の表紙のことで、書籍を開いた時の表紙ではない)。他のフォーマットであれば概ねサイズなどが揃っているため、ただ購入すれば気にせず使用できるが、Mobipocketではこの限りではない。なお、このような場合にもMobipocket形式は対応が可能な構造になっている。

Mobipocket形式の書籍は指定したフォルダに保存されている。このときのファイル名の一例を以下に示す。

  • ABCD.prc (またはmobi)
  • ABCD.mbp
  • demo_ABCD.prc (またはmobi)
  • demo_ABCD.mbp

拡張子.prc(または.mobi)が購入した書籍本体、拡張子.mbpは設定ファイルである。このmbpはメモ帳などのエディタで開くことが可能であり、そこに記載された拡張子jpgまたはjpegのファイルが表紙である。このため、デモ版には表紙があるが正規版には無いといった場合に、デモ版のファイル名demo_ABCD.mbpをABCD.mbpへ変更することで、表紙を設定することができる。

また、mbpに表紙の画像ファイル名が記述されているため、より高画質の表紙データを見つけて画像データを置き換えることで高画質の表紙へと変更できる柔軟な構造になっている。(表紙はCoversフォルダ内のjpegファイル)。PC上で Mobipocket Reader のライブラリからタイトルを選んで右クリックし、「格納フォルダ」を選択すれば、自動的に元ファイル:拡張子.prc(または.mobi)を表示してくれる。このようなオープンで親切な eBook Reader は他には無いかもしれない。

PC上のMobipocket Reader で、eBookのタイトル名を自由に変更できる。タイトルを選んで右クリックでプロパティから編集できる。

これを利用して、eBookの表示順を調整することができる。他の電子書籍リーダではeBookのタイトル順にバラバラに並ぶため、シリーズ物を購入した際に第1巻よりも第2巻のほうが前に並ぶといった事例が存在する。それに対しMobipocket Reader であれば、タイトルを自分で「シリーズ名01タイトル」と変更することでシリーズ物を本来の順番通りに並べることが可能(電子ブックリーダのライブラリには一般的にフォルダ機能が無いので表示される順番は非常に重要)。

更に、購入してダウンロードしたeBookのファイル名を好きに変更してから Mobipocket Reader で読み込んだ場合、格納フォルダに保存されるデータのファイル名は自分で付けたファイル名になっている。このため、携帯端末側がファイル名順に表示することしかできない場合でも、計画的にファイル名を付ければ表示順番をコントロール可能である。

他のフォーマットや他の電子書籍リーダとの違いはわずかなものだが、Mobipocketはユーザにとっては非常に重要なこだわりの部分を改善できる柔軟なシステムとなっており、他のシステムでは全く対応できないような場合でも手間を掛ければ対応できる余地がある。

テキストデータやHTMLデータを Mobipocket Readerで読むだけであれば、そのまま変換して読めば良いため、実質的に青空文庫など無料で大量の書籍を読むことが可能である。更に、無料で提供されるMobipocket Creator を使用し、表紙を設定したり目次を付けてリンクを作成したりすることで、市販されているeBookと比較して遜色のないものを自分で作成することができる。

Mobipocket システムは、完璧なライブラリーに自分で仕上げる充実感を味わえ、英語の勉強に使えるという点で非常に優れたシステムである。逆に日本語の書籍を購入する場合には、タイトル数が揃っておらず、他の電子書籍システムを選択する方が良いと思われる[誰によって?]

なお、eBookは自身の所有する携帯端末で読めなければ無意味と考えるユーザーが多いが、この点で Mobipocket形式は推奨しづらいといえる。

例えばAndroid 端末はiReaderをインストールすれば、現状でも Mobipocket形式の書籍を表示させることは可能である。これが他のフォーマットであれば十分かもしれないが、Mobipocketは非常に優れたシステムであるが故、単純に画面に表示されるだけでは満足できないユーザが多いと思われる[誰によって?]

。例えば Mobipocket形式で購入した辞書は、電子辞書機能が無くなり、ページを1枚ずつめくって読むための書籍となる。また、現時点では、どのeBookを読む場合にも知らない単語をクリックして調べるための機能が全く無い。

Mobipocketに類似するeBookといえるKindle では、Mobipocketでは対応できていない端末(iPadiPhone用Kindle,Android用Kindle など)に対応しており、内蔵辞書で知らない単語をクリックして調べる機能を有している。しかし、新たに辞書を購入しても、eBookを読みながらクリックで引く際には内蔵辞書しか使えない。 現在では Mobipocket 形式の辞書の入手が困難となってしまったことから、Kindleはその代替候補といえる。KindleではMobipocketほどの機能は無いが、Mobipocketの簡易版として使用できる程度の機能は備わっている。もし、Kindle形式をMobipocket形式に変換できれば、少なくともPC上では Mobipocket Reader が使える。

Mobipocket では百科事典,大辞典など非常に大容量の書籍(英辞郎で170MB)も利用でき、その辞書を使って電子書籍を読んでいる最中に知らない単語を調べることが可能であるため、電子辞書機能を持った電子書籍リーダである。この点において、紙の書籍に近づいたことのみをセールスポイントにしている電子書籍リーダとの差が明確にある。洋書を読みながら英和辞典を使って、見つからない場合は大英英辞典を使い、そこに表示された説明に知らない単語があれば、英和辞典で調べるなど、当然のニーズであることは既に実現されている。

また、ノートPCに Mobipocket Readerの組み合わせなら、辞書で調べてコメントを書き込み、線を引き、ブックマークをつけて手に馴染む辞書にして持ち歩くなども可能。洋書を読んで知らない単語をクリックし、調べたらマウスで囲んでコピーし、元の洋書に戻ってコメント機能で貼り付けてしまうことも可能。 しかし、それを携帯端末で閲覧するという面では現行の対応機種が減っていることから難しくなりつつある。対応している携帯端末側では、洋書を読みながら辞書を引き、元の洋書に戻ることは可能だが、そこでコピーしたり、コメントを付ける機能は無い。検索機能は、端末側の能力が高い場合に実装されている (例えば、"Windows Mobile"機用 Mobipocket Reader には検索機能が実装されている)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]