AbeBooks

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エイブブックス
AbeBooks
種類 子会社
本社所在地 カナダの旗 カナダ ブリティッシュコロンビア州ビクトリア
設立 1996年
業種 インターネット
事業内容 ファインアート収集品エフェメラ中古本絶版本希少本教科書など
所有者 Amazon.com (2008~)
主要子会社 Fillz, BookFinder, librarything.com
テンプレートを表示

AbeBooks(エイブブックス)は7ヶ国で展開する世界的な電子商取引のオンラインマーケットプレイス。50ヶ国以上の販売者から本やファインアート、収集品などが販売されている。

2008年1月Amazon.comがAbeBooksを買収した[1]

歴史[編集]

(年表は降順である)

2016年に「Arkady Vitrouk」がCEOに任命された[2]。彼は以前にルクセンブルグにあるアマゾン欧州本社でキンドルコンテンツのディレクターを務めていたことがある。アマゾンに入社する前には、彼はロシアの企業「Azbooka-Atticus Publishing Group」のCEOだった。

2016年10月時点でAbeBooksはカナダのブリティッシュコロンビアのビクトリアに本社を構え、ドイツのデュッセルドルフに欧州事務所がある。Abebooksは北アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、スペインでサイトを運営しており、数百万の商品が販売されている。大半の本は中古本かレア物、初版、絶版で数は増え続けている

2011年にAbeBooksは27ヶ国の販売業者が数百万の古書や中古本、絶版本を販売する世界的なドイツの希少本市場「ZVAB.com」を買収した。

2010年5月にAbeBooksはアマゾン上で本を販売する機会を販売者に提供するためにAbeBooksチャンネルプログラムを開設したが、2014年6月16日に閉鎖された。

2008年以降AbeBooksは毎年「ブリティッシュコロンビアの最高経営者」の一人として名前が挙げられている [3]

2008年8月1日にAbeBooksはAmazon.comにより買収されると発表した。この取引でアマゾンはAbeBooksが保有する「LibraryThing」株40%を得たが、LibraryThingの競合相手である「Shelfari」にアマゾンは別に出資していたため両社の株を保有することになった。

2008年6月にAbeBooksはチャリティー活動や、リテラシー・イニシアチブ、商慣行における友好的な環境構築への献身などの企業の社会的責任のリーダーシップを発揮したとして 「ブリティッシュコロンビアテクノロジー産業協会」の「Impact Award」を受賞した[4]

2008年4月、AbeBooksは1000以上の書店のウェブサイトを管理する企業「Chrislands」を買収した[5]。2013年5月にAbeBooksはChrislands創業者の一人「Jaymes Sorbel」にChrislandsを売却した

2006年5月にAbeBooksは愛書家向けのソーシャルネットワークと本の目録サイト「LibraryThing」株の40%分を購入した [6]

2006年2月に AbeBooksは在庫と注文マネジメント企業の「Fillz」を買収した[7]

2005年11月 AbeBooksは ショッピングサイトを「横断検索」しアメリカの本の価格を比較する「BookFinder.com」を買収した[8]

2004年10月にAbeBooksは「IberLibro.com 」を購入し、その在庫は2006年12月にAbebooksのデーターベースに統合された。

2004年にAbeBooksは販売モデルを新刊にまで拡大し、スペイン語圏の市場に役立たせるためにスペインの企業「IberLibro」を買収した。

2002年に創業パートナーはドイツのメディア企業「Hubert Burda Media」にスカウトされた。

2001年にAbeBooksはドイツやフランス、英国の本販売市場に企業が参入する手助けをするドイツのオンライン本市場「JustBooks GmbH」を買収した。

1990年後期から2005年までに AbeBooksは eBay, Half.com, Barnes & Noble.com, BibliOZ.com と Amazon.comと販売代理店契約を結んだことでこれらの契約でAbeBooksは市場に進出し書店の本を販売できるようになった。これらの販売契約は2005年に失効し、現在AbeBooksはアマゾンとのみ販売代理店契約を結んでいる。

1995年にAbeBooksは古書店経営者のキャシー・ウェイターズと夫のキース、そしてキースの友人のリック・ピューラーとその妻ビビアンの2組の夫妻によって設立された[9]。同年法人化し1996年にウェブサイトを開設したが、当初は4つの書店のみのリストに留まっていた。

最も高価なセールス[編集]

AbeBooksは持ち主が変わった収集可能な貴重な商品のオンライン市場としても知られている。2015年2月にAbeBooksは当時としては最も高価な売上を記録した。貴重な鳥類学の本がAbeBooksのオンライン上で191万ドルで売却された[10]。ウェブサイトは定期的に最近の高価なセールを報告している[11]

在庫を検索可能[編集]

AbeBooksのユーザーは多くの個人書店の本の一覧表を横断検索できる。書店の経営者はそれにより大手書店との競争が可能になった。多くの書店が通常販売を維持する一方、オンライン限定販売に踏み切る書店も一部存在する。

販売者は彼らの在庫情報をAbeBooksのデータベースにアップロートし、商品の状態や価格を含めたそれぞれの本の情報を明示する。 価格は固定(最少額は1ドル)でありオークション制度はない。商品は極めて一般的なものから数百部程度は存在すると思われるものや数千ドルの価値がある本当にただ一つしか存在しない原稿物など幅広い。本に加えて、雑誌やオーディオブック、ジャーナル、イラスト、時代物の写真、エフェメラの紙などが販売されている

販売者[編集]

AbeBooksは当初販売する本の数に応じた均一料金であったが、この仕組みは2000年代早期に販売手数料を含めて変更された。 現在、AbeBooksで販売する場合の手数料等は以下の通りである。

1.月額課金(必要) :販売者はサイトに出品するために月額課金を支払う。課金額は本の出品数に応じて決まり、最少額は25ドル(500冊以下)で最高額は500ドル(50万冊以上)[12]。この月額課金料金は2008年4月以降に導入された。

2.販売手数料(必要) :販売者は本が売れた場合、本の価格と送料の合計額の8%の販売手数料を支払う[13]。2008年に同社は本の価格と送料の合計額の13.5%を販売手数料として請求していたが、現在は手数料は合計額の8%に設定されている。

3.追加手数料(例外あり) :AbeBooksでの商品のクレジットカード購入に5.5%分の追加請求(500ドルを超えた部分は3.5%)[14]。 2006年4月、AbeBooksはそれまで任意だったマスターカードとVISAクレジットカードでの購入処理を販売者を代理して一括で行い、5.5%分(500ドルを超えた部分は3.5%)を追加請求すると規定した。AbeBooksでクレジットカードを使わずにペイパルなどの外部の支払いサービスを購入者が選択した場合には適用されない。

販売者は、様々な国向けや運送業者に応じた送料のレートを自分で設定することが出来る(制限あり)。またサイトのインターフェースか自身の表計算ソフトを使って在庫をアップロードすることが可能である。販売商品は書店から直接郵送されるが、一部の販売者は卸売業者または出版社から直接新刊を送ってくる。AbeBooksは間違いなく類似サイトの中では最大であるが、AbeBooksに出品している販売者の大半はAmazon.com, Biblio.com, Half.comなどの複数の類似市場にも出品している。

ウェブサイト[編集]

AbeBooksのローカライズされた店舗はセレクションと価格の面で異なり、トップレベルドメインとカントリーコードで区別されている:

地域 サイト
アメリカ合衆国の旗 アメリカ abebooks.com
イギリスの旗 イギリス abebooks.co.uk
ドイツの旗 ドイツ ZVAB.com
ドイツの旗 ドイツ abebooks.de
フランスの旗 フランス abebooks.fr
イタリアの旗 イタリア abebooks.it
スペインの旗 スペイン iberlibro.com
カナダの旗 カナダ abebooks.ca
オーストラリアの旗 オーストラリア abebooks.com/books/anz

他にもfillz.com、bookfinder.com、librarything.comなどのサイトがある

情報源[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Amazon to Acquire AbeBooks
  2. ^ Arkady Vitrouk's Linkedin profile
  3. ^ Reasons for Selection, 2009 BC's Top Employers competition
  4. ^ 2008 TIA Award Winners.
  5. ^ “Bookselling Marketplace AbeBooks Aquires [sic] Chrislands”. AuctionBytes. (2008年4月10日). http://www.auctionbytes.com/cab/abn/y08/m04/i10/s02 2011年6月21日閲覧。 
  6. ^ “Abebooks.com Buys Social Networking Site LibraryThing.com”. (2006年5月17日). http://www.auctionbytes.com/cab/abn/y06/m05/i17/s02 2008年3月21日閲覧。 
  7. ^ “Abebooks Acquires FillZ Service for Selling Books Online”. (2006年3月2日). http://www.auctionbytes.com/cab/abn/y06/m03/i02/s02 2008年3月21日閲覧。 
  8. ^ “Book Sites Unite”. (2005年11月7日). http://www.internetnews.com/ec-news/article.php/3562321 2007年10月30日閲覧。 
  9. ^ 類稀なる品揃えを誇る古書専門のマーケットプレイス「Abebooks.com」
  10. ^ http://www.abebooks.com/rare-books/most-expensive-sales/ever.shtml
  11. ^ http://www.abebooks.com/rare-books/most-expensive-sales/jan-feb-mar-2016.shtml
  12. ^ help.abebooks.com: "How Much Does it Cost to Sell on AbeBooks and How Does AbeBooks Pay Me?"
  13. ^ help.abebooks.com: "How Much Does it Cost to Sell on AbeBooks and How Does AbeBooks Pay Me?"
  14. ^ help.abebooks.com: "How Much Does it Cost to Sell on AbeBooks and How Does AbeBooks Pay Me?"