Amazon Product Advertising API

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Amazon's Product Advertising API(Amazon商品広告API)は、アプリケーションプログラマーがAmazonの製品カタログデータにアクセスできるようにするWebサービスおよびアプリケーションプログラミングインターフェイス (API)。SOAPプロトコルまたはRESTプロトコルのいずれかを介してアクセス可能であるため、サードパーティーのWebサイトおよびアプリケーションを介して製品をリストおよび/または販売することができる[1]。これはAmazonサービスの製品であり、Amazon Web Servicesとの混同に注意する必要がある[2]

機能[編集]

Amazon.comは商品広告APIを3種類のユーザーに向けて制作した:

  • アソシエイツ: サードパーティーのサイトの所有者でAmazon商品へのより効果的なスポンサー付きアフィリエイトリンクを構築し、紹介料の引き上げを望むユーザー
  • ベンダー: 在庫を管理し、バッチ製品のデータフィードを受け取るAmazonプラットフォームの販売者
  • 開発者: Amazon主導の機能をアプリケーションに組み込んだサードパーティー開発者

このAPIにより、顧客はAmazon.comの製品カタログを検索または閲覧することができ、詳細な製品情報、レビュー、および画像を取得するほか、顧客のショッピングカートに接続することができる。 顧客がサードパーティーのウェブサイトまたはアプリケーションを通じてAmazonで購入すると、そのサイトの運営者は紹介料として対象商品の売上に対して最大8%(Amazon アソシエイト・プログラムとAPIを組み合わせた場合)の収益を上げることができる[3]

目的[編集]

無料の商品広告APIの目的はパートナーにAmazonの商品を売り込むことで収益を上げる機会を提供することである[4] 。主にAmazonが利益を獲得する可能性があるか、少なくともその可能性を秘めているアプリケーションの開発者にアクセスが与えられる[5]

参考文献[編集]

  • Paul Bausch (2003). Amazon Hacks: 100 Industrial-Strength Tips and Tools, O'Reilly Media. ISBN 0-596-00542-3.
  • Jason Levitt (2005). The Web Developer's Guide to Amazon E-commerce Service: Developing Web Applications Using Amazon Web Services And Php, Lulu Press. ISBN 1-4116-2551-X.

脚注[編集]

  1. ^ Product Advertising API”. Amazon.de. 2011年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月21日閲覧。
  2. ^ Product Advertising API”. amazon.com. 2011年5月14日閲覧。
  3. ^ Product Advertising API”. Product Advertising API. Amazon.com Inc.. 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月21日閲覧。
  4. ^ Efficiency Guidelines”. Amazon.de. 2011年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月21日閲覧。
  5. ^ Amazon EU Product Advertising API Licence Agreement”. Amazon.de. 2011年4月21日閲覧。 “Unsuitable applications include those that: (a) do not have as their principal purpose advertising and marketing the Amazon Site and driving sales of products and services on the Amazon Site; ...”

関連項目[編集]

外部リンク[編集]