コミクソロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コミクソロジー
ComiXology
WonderCon 2012 - ComiXology booth (7019133891).jpg
種類 子会社
設立 2007年7月; 9 年前 (2007-07)
業種 コミクソロジーによる漫画
事業内容 10万冊以上の漫画本
主要株主 Amazon.com
外部リンク www.comixology.com 
テンプレートを表示

コミクソロジー英語: ComiXology)は、漫画向けのクラウドベースのデジタル配信プラットフォーム。2013年9月時点で2億以上の漫画がダウンロードされた[1]。コミクソロジーは1万以上[2]のコミック本、グラフィックノベルおよび日本の漫画のセレクションをandroidやiOS、Kindle Fire、Windows 8[3]、インターネットで販売している[4][5]。2014年4月、コミクソロジーはAmazon.comの子会社になった[6]

コミクソロジーのデジタルプラットフォームに搭載されているGuided Viewの読書技術は、同社独自のブランドアプリケーションで使用されているほか、米国の大手出版社もその技術を使用しており、その中には自社ブランドのデジタルサービスに技術を使用するマーベル・コミックスやDCコミックスを含まれている[7]

コミクソロジーは、第3世代のiPadとRetina Displayのリリースにより、CMX-HDと呼ばれる高精細のコミックフォーマットをリリースした[8]。同社はまた、従来型の紙の漫画小売業者に対してデジタルコミックの販売に参加するためのツールを提供している[9]

製品[編集]

ComiXology.com
 2007年7月に漫画ファンのためのオンラインコミュニティとして立ち上げられた。このウェブサイトでは、読者が次期リリースを特定し、地元の伝統的な漫画販売店からプルリスト(個々の先行予約)を開発することができた。ウェブサイトでは、週刊の新刊リストを閲覧できるほか、カバーアート、クレジット、説明、価格、ページ数、およびその他の情報を表示している。サイトには、週刊コラム、ブログ、ニュース、およびポッドキャストも含まれている。ユーザーは、個々の漫画を評価してコメントすることができる。2014年7月24日現在、コミクソロジーは、オンラインストアで一部の出版社の漫画をDRMフリーでダウンロード(PDFおよびCBZ形式)を提供している[10]
Pull List
2008年12月に設立。読者にデジタルプルリストツールを提供するモバイルコミックブックストアロケータで、ファンはアプリを介してコミックを予約注文し、地元の店舗で受け取ることができる。このアプリはコミクソロジーアプリによるコミックに置き換えられ、ウェブアプリには小売店ロケータが含まれている。
Retailer Tools
2009年2月に設立。オンラインでのプレゼンスを最適化するため、従来の紙による漫画本の小売業者向けの革新的なWebソリューション。世界中の数多くの小売業者がコミクソロジーの小売りツールを事業に統合しており、市場のすべての先行予約の約2%を占めている。
Comics by ComiXology
2009年7月に設立。ブックリーダーとモバイルデバイス向けのデジタル漫画ストアで、iOS(2010年4月設立)、Android、Windows 8(Windows Store経由)、インターネット(2010年6月発売のWebリーダー)などが含まれており、複数のデバイス間でデジタル漫画コレクションにアクセスできるようになっている。

歴史[編集]

コミクソロジーは、2007年にCEOのデイビット・スタインバーガー、CTOのジョン・D・ロバーツおよびピーター・ジャフェによって設立された。ニューヨーク大学で事業計画コンペティションに勝利した後、同社はKit McQuiston、New York Angels、Rose Tech Venturesからシードファイナンスを受けた[11]

2016年5月、同社は大手出版社の数千の漫画を月額5.99ドルで読むことができるサブスクリプションサービス「コミクソロジー・アンリミテッド」を開始したが、マーベルとDCコミックスは含まれていない[12]

コミクソロジー・アンリミテッド[編集]

コミクソロジー・アンリミテッドは、デジタル漫画向けのクラウドベースのプラットフォームであるコミクソロジーによるオンライン購読サービス。このサービスは加入者に4000以上の漫画を提供し、2016年5月24日に開始された[13]

コミクソロジー・アンリミテッドには、イメージコミック、ダークホースコミックス、IDWパブリッシング、Boom! Studios、ダイナマイト・エンタテインメント、講談社コミック、オニ・プレス、Valiant Entertainment、アーチー・コミック、ファンタグラフィックス、Humanoids、アクションラボエンターテイメント、アスペンコミックス、Magnetic Press、Zenescope Entertainmentなど、多くの出版社のセレクション作品がある[14]。同社によると、コミクソロジー・アンリミテッドは世界で最も幅広いデジタルコミックの購読選択を提供している。しかし、このサービスには、独自のサブスクリプションサービス[15]を持つマーベルやDCコミックスは含まれていない[16]

月額5.99ドルで顧客はウォーキング・デッド、アタック・オブ・タイタン、ヘルボーイ、アドベンチャー・タイム、ピーナッツ、バフィー・ザ・ヴァンパイア・スレイヤー、ランバージェンズ、サガ、アンブレラ・アカデミー、アウトキャスト、トランスフォーマーなど、何千ものタイトルを探せる[17]。コミクソロジー・アンリミテッドは、Fire Tablet、Android、iOS、comixology.comのコミクソロジーアプリで利用できる。同社はcomixology.com/unlimitedで無料の30日間のトライアルを提供している[18]

コミクソロジー・アンリミテッドは現在米国で利用可能だが[19]、同社は将来的には他の地域への拡大を計画している[20]

コミクソロジーはアンリミテッドのプログラムに含まれているコンテンツを毎月更新する[21]

メディアのアンリミテッドの設立に対して大半が高評価であり、ジャーナリストやブロガーはアンリミテッドが低価格であることや、30日間の無料トライアル、独立したコミック、グラフィック小説、マンガの多様なコレクションが初期から利用可能であることに重きを置いていた[22]

しかしながら、一部の批評家はプログラム内ではシリーズの一部しか利用可能できず[23]、プログラムの「無制限」の側面を損なうと指摘した。

特許[編集]

コミクソロジーの特許出願中のGuided View技術は、紙の漫画を読んでいるかのように、読者が全画面またはパネルから漫画を通して目の自然な動きを模倣しながら読むことを可能にする[24]

コンテンツ関係[編集]

  • コミクソロジーは現在、iOSにDCコミックのデジタルコンテンツをコミクソロジーのブランドアプリと漫画を通じ、独占配信権を持っている。
  • コミクソロジーは以下のデジタルコンテンツの独占配信権を持っている。
  • コミクソロジーの最初のオリジナル作品『Box 13』は、Red 5 Comicsに紙の本販売用に買い取られた。コミクソロジーもまた漫画の続編『The Pandora Project』を発注した。両方の作品は、ハーベイ賞を受賞したZuda Comicsの『High Moon』のチーム、デビッド・ギャラハーとスティーブ・エリスによって制作された[27]
  • 『Moon Girl』は、パブリックドメインの漫画キャラクターにもとづいたコミクソロジー出版のオリジナル漫画。制作チームはTony Trov、Johnny Zito、Rahzzah[28]

パブリッシャー[編集]

Publishers[29]
  • 12-Gauge Comics
  • A Wave Blue World
  • AAM/Markosia
  • Aardvark-Vanaheim
  • Abrams ComicArts
  • Abstract Studio
  • Action Lab
  • Adhouse
  • Aelement
  • Akileos
  • Alterna Comics
  • Alternative Comics
  • Amigo Comics
  • Amulet Books
  • Andrews McMeel Publishing
  • Ankama
  • Antarctic Press
  • Ape Entertainment
  • Arcana Studio
  • Archaia Studios Press
  • Archie Comics
  • Aspen Comics
  • Astronaut Ink
  • Asylum Press
  • Avatar Press
  • Back Row Comics
  • Banana Tale Press
  • Blaze Comics
  • Blind Ferret Entertainment
  • Bluewater
  • Bongo Comics
  • BOOM! Studios
  • Bubble Comics
  • BughouseComics
  • C&W Creations
  • Çà et Là
  • Cartoon Books
  • Colring Book Press
  • Com.x
  • Comixheroes Universe
  • ComixTribe
  • ComiXology
  • Con Artist Entertainment
  • Creative Impulse Entertainment
  • Creator Owned Comics
  • Cryptozoic Entertainment
  • Dark Horse Comics
  • DC
  • Delcourt
  • Devil's Due
  • Digital Webbing
  • Disney
  • Digital Manga Publishing
  • Dynamite
  • EigoMANGA
  • Evil Twin
  • Fantagraphics
  • Fifth World
  • First Salvo
  • Galaxie Comics Studios
  • Glénat
  • Graphitti Designs
  • Graphix
  • GT Labs
  • Harlequin Comics
  • HarperCollins
  • Hermes Press
  • Hexagon Comics
  • HexComix
  • I CAN FLY Comics
  • Icon
  • IDW
  • Image Comics
  • Indeez
  • Ishimori
  • Keenspot
  • Kickstart
  • Kid Beowulf
  • Kingstone Comics
  • Kodansha
  • Kymera Press
  • Legendary
  • Los Brignolés
  • Marvel
  • MAX
  • MonkeyBrain
  • Monsterverse
  • Moonstone
  • MTV Comics
  • NBM
  • Oni Press
  • Panini Comics
  • Papercutz
  • R-Comics
  • Radical Comics
  • Raw Studios
  • Red 5 Comics
  • Red Circle Comics
  • Sandawe
  • Seven Seas
  • Shadowline
    • Silverline
  • Skybound
  • Slave Labor Graphics
  • Small Press
  • Soleil
  • Studio 407
  • Teshkeel
  • Th3rd World Studios
  • They Did This!
  • Thrillbent
  • Titan
  • Todd McFarlane Productions
  • Tokyopop
  • Top Cow
  • Top Shelf
  • Trajectory - Classics Illustrated
  • Udon
  • Valiant Comics
  • Valve
  • Vents d'Quest
  • Yen Press
  • Vertigo
  • Viper Comics
  • VIZ Media
  • Virtual Graphics
  • Wanga Comics
  • WEBellipses
  • Zenescope

論争[編集]

2013年3月のSXSW期間中、マーベル・コミックスがMarvel#1プロモーションでコミクソロジーを通じて無料で700種類以上の漫画を配布しようとしたときに問題が発生した[30]。コミクソロジーのサーバーはユーザーの膨大な需要についていけず、プロモーション漫画をユーザーが入手できないようになり、また購入した漫画の閲覧も同様にできなくなっていた。このことで正式に謝罪につながり、プロモーションは延期された[31]。その後、プロモーションは再び提供され、「完璧に働いた」と報告された[32]。その後の困難において、一部のユーザーはプラットフォームが停止した場合にファイルへのアクセスに関する懸念を提起している[33]。この懸念に対応するため、2014年7月には選ばれた出版社が自社の漫画のDRMフリーでのダウンロードを許可している。

作家のブライアン・K.・ヴォーンは、2013年4月9日にFiona Staplesのブログで、Apple Inc.がiOS経由でSagaの12巻の販売を禁止したとの声明を発表した[34]。この声明はメディアから速やかに報道され、「禁止」の原因が男同士のオーラルセックスを描写した小さな2枚の挿入画が、性的コンテンツに対するアップルの制限に違反したからと推測された。この漫画は、コミクソロジーとイメージコミックのデジタルコミックウェブサイト店を通じて入手できた。その禁止は、以前の問題やiTunesで販売されている他の作品で同様に明示的な内容を指摘したアーティストや作家から批判された。ウィリアム・ギブソンらは、問題の図が同性愛者のセックスを含むため、制限が具体的に発生した可能性があると示唆した[35]。翌日、コミクソロジーは削除したのはAppleではなく自社であり、Appleの規則の解釈に基づき書籍を利用できなくしたとし、Appleからの説明を受けた後、漫画がiOSデバイスで販売されるだろうと発表した[36]。ブライアン・K・ヴォーンはその後、誤解について謝罪する声明を発表した[37]

Amazonのコミクソロジー買収に関する論争の後、同社はiOSアプリ内でコミックを購入するオプションを取り除いた。この変更に対し、漫画本の読者コミュニティは即座にネットで反発し、Amazonのコミクソロジーの買収を批判した[38]。コミクソロジーの構造の変更により、読者はデジタルコミックの配信の将来を懸念した[39]

評価[編集]

2011年9月、コミクソロジーの漫画アプリはApp Storeで最も収益性の高いアプリだった。他の漫画出版社のブランドアプリと共に、収益性の高いiPhoneアプリトップ5の大半を占めていた。

一貫してiTunesの高収益のiPadアプリの1つにランクインしたコミクソロジーは、2012年5月にThe New York Times紙によって「漫画のiTunes」と呼ばれた[40]。2011年、コミクソロジーは高収益アプリトップ20の10位にランクインし、2つの他のアプリ、マーベルとDCのアプリにも影響を与えた[41]。2012年、コミクソロジーは高収益iPadアプリの3位にランクインした。2011年からトップ10以内に残り続けている唯一のアプリである[42]

出典[編集]

  1. ^ "'iTunes of comics' passes 200M downloads". crainsnewyork. 2013-09-25. 
  2. ^ ComiXology Joining the Original Programming Party With Exclusive Comics”. Gigaom. 2016年12月6日閲覧。
  3. ^ “New Comixology app a high point for digital comics”. suntimes.com. http://www.suntimes.com/technology/ihnatko/13718185-452/new-comixology-app-a-high-point-for-digital-comics.html 2012年7月11日閲覧。 
  4. ^ Comixology Celebrates 100M Downloads with FREE comics”. Comic Book Daily. 2015年6月1日閲覧。
  5. ^ COMIXOLOGY CELEBRATES MEGA ANNIVERSARY AT SAN DIEGO COMIC CON 2012”. disneydigest.com. 2012年7月2日閲覧。
  6. ^ Greg Kumparak. “Amazon Acquires Digital Comic Book Store Comixology”. TechCrunch. AOL. 2015年6月1日閲覧。
  7. ^ Marvel Comixology iPad App Revealed”. Ifanboy.com (2010年4月1日). 2011年8月7日閲覧。
  8. ^ ComiXology Reveals New Hi-Res CMX-HD Digital Comics Format!”. cmtvgeek.com. 2012年3月20日閲覧。
  9. ^ So... Who IS COMIXOLOGY, The Digital Comics Leader?”. Newsarama.com. 2011年8月7日閲覧。
  10. ^ Tom Cheredar, Venture Beat.
  11. ^ CITIA Angel Investing - ComiXology, excerpt from David S. Rose's book Angel Investing: The Gust Guide to Making Money & Having Fun Investing in Startups”. Wiley. 2015年11月2日閲覧。
  12. ^ ComiXology CEO Answers the Big Questions About New "Unlimited" Subscription Service CBR, May 24, 2016
  13. ^ “Comixology Unlimited: Amazon Launches Digital Comic Subscription Service” (英語). Slashfilm. (2016年5月24日). http://www.slashfilm.com/comixology-unlimited/ 2016年12月5日閲覧。 
  14. ^ ComiXology Launches Its "All-You-Can-Eat" Service with Image, Dark Horse, IDW, Boom And More” (2016年5月24日). 2016年12月5日閲覧。
  15. ^ Marvel Unlimited | Comics | Marvel.com”. 2016年12月5日閲覧。
  16. ^ ComiXology Launches Its "All-You-Can-Eat" Service with Image, Dark Horse, IDW, Boom And More” (2016年5月24日). 2016年12月5日閲覧。
  17. ^ “Amazon just blew my mind with a new $5.99 unlimited comic book service”. Business Insider. http://www.businessinsider.com/amazon-comixology-unlimited-comics-2016-5 2016年12月5日閲覧。 
  18. ^ comiXology Unlimited. https://www.comixology.com/unlimited. 
  19. ^ “Amazon's ComiXology Aims To Rekindle Digital Comics Market With 'Unlimited' Plan”. Forbes. http://www.forbes.com/sites/robsalkowitz/2016/05/24/amazons-comixology-debuts-digital-comics-subscription-service/#93e68cc39842 2016年12月5日閲覧。 
  20. ^ “Introducing comiXology Unlimited: Endless Access to Digital Comics, Graphic Novels & Manga for just $5.99 a Month”. The Fanboy Factor. (2016年5月24日). http://fanboyfactor.com/2016/05/introducing-comixology-unlimited-endless-access-to-digital-comics-graphic-novels-manga-for-just-5-99-a-month 2016年12月5日閲覧。 
  21. ^ “ComiXology Unlimited Announces Comings and Goings for September”. pastemagazine.com. https://www.pastemagazine.com/articles/2016/09/comixology-unlimited-announces-comings-and-goings.html 2016年12月5日閲覧。 
  22. ^ “ComiXology's New Service is "Netflix for Comics"” (英語). http://moviepilot.com/posts/3931854 2016年12月5日閲覧。 
  23. ^ “comiXology Launches Digital Comics Unlimited Service, Forgets to Actually Make it Unlimited” (英語). The Outhouse - The Journalism the Comics Industry Deserves. http://www.theouthousers.com/index.php/news/135408-comixology-launches-digital-comics-unlimited-service-forgets-to-actually-make-it-unlimited.html 2016年12月5日閲覧。 
  24. ^ Digital Comics Pioneer comiXology Discusses Its Past and Future at Comic Book News, Reviews, and Previews – The Blog From Another World”. Tfaw.com (2011年1月24日). 2011年8月7日閲覧。
  25. ^ ComiXology Adding Web Viewer & Store to Expanding Digital Comic Presence”. Newsarama.com. 2011年8月7日閲覧。
  26. ^ ComiXology Gets ROB LIEFELD Creator-Owned Work Exclusively”. Newsarama.com. 2011年8月7日閲覧。
  27. ^ Comixology Announces Highly Anticipated Sequel to 'Box 13' | Hypergeek”. Hypergeek.ca. 2011年8月7日閲覧。
  28. ^ "Moon Girl" Exclusive to comiXology”. Comic Book Resources (2010年1月19日). 2010年6月23日閲覧。
  29. ^ Publishers”. Comixology. 2015年6月1日閲覧。
  30. ^ SXSW 2013: Marvel #1” (2013年3月10日). 2013年3月11日閲覧。
  31. ^ A Message From The CEO” (2013年3月11日). 2013年3月11日閲覧。
  32. ^ Comixology's Marvel #1s Promotion works like a charm.
  33. ^ The lesson of the comiXology blackout.
  34. ^ APPLE vs.
  35. ^ “Apple bans 'Y: The Last Man' creator's new comic from Comixology over sexual content: The distinction between app and art breaks down”. The Verge. (2013年4月9日). http://www.theverge.com/2013/4/9/4206342/apple-bans-brian-k-vaughan-saga-from-comixology-over-sexual-content 2013年4月10日閲覧。 
  36. ^ “Comic Book App Comixology Holds Off On Publishing Comic Depicting Graphic Gay Sex Fearing Apple Would Ban It (AAPL)”. San Francisco Chronicle. (2013年4月10日). http://www.sfgate.com/technology/businessinsider/article/Comic-Book-App-Comixology-Holds-Off-On-Publishing-4423882.php 2013年4月10日閲覧。 
  37. ^ Brian K. Vaughan apologizes for saying Apple banned 'Saga' after ComiXology confusion.
  38. ^ “The ComiXology Outrage”. (2014年4月30日). http://www.forbes.com/sites/bruceupbin/2014/04/30/the-comixology-outrage/ 2014年5月1日閲覧。 
  39. ^ Amazon's ComiXology Acquisition Has Some Readers Concerned.
  40. ^ “In New Digital Comics, Each Tap Holds a Surprise”. The New York Times. (2012年5月30日). https://www.nytimes.com/2012/05/31/technology/personaltech/in-new-digital-comic-books-every-click-brings-a-surprise.html?smid=tw-share 2012年5月30日閲覧。 
  41. ^ GET "THE WALKING DEAD" VOL. 1 FREE AT THE COMIXOLOGY BOOTH DURING WONDERCON 2012”. comicbookresources.com. 2012年3月12日閲覧。
  42. ^ More on Comixology”. comicsbeat.com. 2012年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]