Amazon DynamoDB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dynamoから転送)
移動: 案内検索
Amazon DynamoDB
DynamoDB.svg
URL aws.amazon.com/jp/dynamodb/
営利性 営利
タイプ パブリックNoSQLデータベースサーバー
登録 必要
使用言語 英語, 日本語など
運営者 Amazon.com
設立日 2012年01月18日(2年前) (2012-01-18
現状 Active

Amazon DynamoDB (アマゾン・ダイナモ ディービー) は、Amazon Web Services の1つとして、Amazon.com が提供しているフルマネージドの NoSQL データベースサービス[1]。Amazon CTO の Werner Vogels が2012年1月18日に発表した[2]

DynamoDB は他の Amazon のサービスとは異なり、データ量だけでなく、スループットに基づき購入する。DynamoDB は自動的にデータとトラッフィクを SSD を搭載した適切な数のサーバーに分散し、応答性を一定の速度に保つ[1]。Amazon Elastic MapReduce を併用し、Hadoop と併用できる。

DynamoDB はマネージド版の Apache Cassandra と比較される[3]

当初はアメリカ東海岸のみだったが、2012年3月1日より東京リージョンでの提供が始まった[4]

参照[編集]

  1. ^ a b Clark, Jack (2012年1月19日). “Amazon switches on DynamoDB cloud database service”. ZDNet. 2012年1月21日閲覧。
  2. ^ Vogels, Werner (2012年1月18日). “Amazon DynamoDB – a Fast and Scalable NoSQL Database Service Designed for Internet Scale Applications”. All Things Distributed blog. 2012年1月21日閲覧。
  3. ^ Ellis, Jonathan (2012年1月18日). “Amazon DynamoDB”. Cassandra Developer Center. Datastax.com. 2012年1月21日閲覧。
  4. ^ 【AWS発表】 Amazon DynamoDBが東京リージョンで利用可能に

外部リンク[編集]