Microsoft Azure

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Microsoft Azure
Microsoft Azure Logo.svg
URL azure.microsoft.com/ja-jp/
タイプ Webサービス
ジャンル クラウドコンピューティング(PaaSIaaS)
運営者 マイクロソフト
アレクサ
ランキング
542(全世界 09/2020)
営利性 営利
設立日 2010年2月1日(10年前) (2010-02-01
現状 提供中

Microsoft Azure(略称:Azure)は、マイクロソフトの管理するデータセンターを通して提供されるクラウドコンピューティングサービスである。Azureは英語ではアジャァに近い発音となる。SaaSPaaSIaaSを提供し、マイクロソフト独自とサードパーティ製の両方の多くのプログラミング言語、ツール、フレームワークが利用できる。

2008年のProfessional Developer Conferenceで発表され[1]2009年末までのサービス開始前の評価期間を経て、2010年1月に世界21ヶ国で正式にサービスを開始した。2014年3月26日に旧称であるWindows AzureからMicrosoft Azureへの名称変更が発表された[2]

サービス一覧[編集]

Microsoft Azureは世界中のマイクロソフトのデータセンターで大規模な仮想化を行っており、600を超えるサービスを提供している[3]

コンピューティング[編集]

  • Virtual Machines - 仮想マシン
  • Virtual Machine Scale Sets (VMSS) - スケーリング
  • Azure Kubernetes Service (AKS) - 仮想マシンのクラスターを管理
  • Azure VMware Solutions
  • API Apps
  • App Service
  • Azure CycleCloud
  • Azure Dedicated Host
  • Azure Functions - サーバーレスコンピューティングサービス
  • Azure Spring Cloud
  • Batch
  • Cloud Services
  • Container Instances
  • Linux Virtual Machines
  • Mobile Apps
  • Service Fabric - 分散システムプラットフォーム
  • Static Web Apps
  • Virtual Machine Scale Set
  • Web Apps
  • Windows Virtual Desktop

ID[編集]

  • Azure Active Directory
  • Azure Active Directory Domain Services
  • Azure Information Protection
  • Azure Active Directory 外部ID

モバイル[編集]

  • API Management
  • App Service
    • Web Apps
    • Mobile Apps
    • API Apps
    • Logic Apps
  • Azure Cognitive Search
  • Azure Maps
  • Notification Hubs
  • Visual Studio App Center
  • Xamarin
  • Azure Communication Services

Web[編集]

  • API Apps
  • API Management
  • App Service
    • Web Apps
    • Mobile Apps
    • API Apps
    • Logic Apps
  • Azure Cognitive Search
  • Azure Maps
  • Azure SignalR Service
  • Azure Spring Cloud
  • Notification Hubs
  • Static Web Apps
  • Web App for Containers
  • Azure Communication Services

ストレージ[編集]

  • Azure Storage (Blob / Queue / Table / Files / Disk / Archive)
  • Avere vFXT for Azure
  • Azure Backup
  • Azure Data Lake Storage
  • Azure Data Share
  • Azure FXT Edge Filer
  • Azure HPC Cache
  • Azure NetApp Files
  • Data Box
  • Storage Account
  • Storage Explorer
  • StorSimple

データベース[編集]

  • Azure SQL Database
  • Azure SQL Managed Instance
  • Azure SQL Edge
  • Azure Database Migration Service
  • Azure API for FHIR
  • Azure Cache for Redis
  • Azure Cosmos DB
  • SQL Server on Virtual Machines
  • SQL Server Stretch Database
  • Azure Database for PostgreSQL
  • Azure Database for MariaDB
  • Azure Database for MySQL
  • Azure Database Migration Service
  • Table Storage

ネットワーク[編集]

  • Application Gateway
  • Azure Bastion
  • Azure DDoS Protection - DDoS攻撃から保護
  • Azure DNS - 超高速のDNS応答と非常に高いドメインの可用性
  • Azure ExpressRoute
  • Azure Firewall
  • Azure Firewall Manager
  • Azure Front Door
  • Azure Internet Analyzer
  • Azure Private Link
  • Content Delivery Network (CDN) - セキュアで信頼性の高いコンテンツ配信
  • Virtual Network - プライベートネットワーク
  • Load Balancer
  • Network Watcher
  • Traffic Manager
  • Virtual WAN
  • VPN Gateway
  • Web Application Firewall
  • Azure Orbital

セキュリティ[編集]

  • Azure Defender
  • Azure Dedicated HSM
  • Azure Front Door
  • Azure Sentinel
  • Key Vault
  • Security Center
  • Web Application Firewall
  • Azure Defender for IoT
  • Microsoft Azure Attestation

分析[編集]

  • Azure Analysis Services
  • Azure Data Explorer
  • Azure Data Lake Storage
  • Azure Data Share
  • Azure Databricks
  • Azure Stream Analytics
  • Azure Synapse Analytics
  • Data Catalog
  • Data Factory
  • Data Lake Analytics
  • HDInsight
    • Apache Spark for Azure HDInsight
    • Apache Storm for Azure HDInsight
    • R Server for HDInsight
  • Log Analytics
  • Power BI Embedded
  • R Server for HDInsight
  • Azure Purview

メディア[編集]

  • Azure Media Player
  • Content Protection
  • Encoding
  • Live and On-demand Streaming
  • ライブビデオ分析
  • Media Services
  • Video Indexer

開発者ツール[編集]

DevOps[編集]

  • Azure Artifacts
  • Azure Boards
  • Azure DevOps
  • Azure DevTest Labs
  • Azure Monitor
  • Azure Pipelines
  • Azure Repos
  • Azure Test Plans
  • DevOps tool integrations

管理とガバナンス[編集]

  • Automation
  • Azure Advisor
  • Azure Backup
  • Azure Blueprints
  • Azure Lighthouse
  • Azure Managed Applications
  • Azure Migrate
  • Azure Monitor
  • Azure Policy
  • Azure Resource Manager
  • Azure Resource Manager テンプレート
  • Azure Service health
  • Azure Site Recovery
  • Cloud Shell
  • Azure Cost management
  • Azure Billing
  • Azure Log Analytics
  • Microsoft Azure Portal
  • Network Watcher
  • Traffic Manager
  • Azure Automanage
  • Azure Resource Mover
  • Azure Purview

AI + 機械学習[編集]

  • Anomaly Detector: 異常検出機能
  • Azure Bot Service:サーバーレス ボット サービス
  • Azure Cognitive Search: AIを活用したクラウド検索サービス
  • Azure Databricks:Apache Spark ベースの分析プラットフォーム
  • Azure Machine Learning:豊富に用意されているアルゴリズムのライブラリを利用可能な機械学習の開発環境
  • Azure Open Datasets: オープンデータセット共有プラットフォーム
  • Azure Cognitive Services: 認知機能サービス
  • Computer Vision: 画像認識、文字認識サービス
  • Content Moderator: 画像、テキスト、ビデオモデレーター
  • Custom Vision: Computer Visionのカスタマイズ版
  • Face:写真に含まれる顔の検出、識別、分析、グループ化、タグ付け
  • Form Recognizer: 帳票認識とドキュメントの抽出
  • Immersive Reader: テキスト読解支援
  • Kinect DK: AI センサーKinectによるコンピュータービジョンと音声のモデル作成
  • Language Understanding: 言語理解
  • Metrics Advisor: メトリクス監視と問題診断サービス
  • Microsoft Genomics:ゲノム シーケンシングと研究の分析情報
  • Personalizer:パーソナライズされたユーザー エクスペリエンスを提供
  • Project Bonsai: 産業用制御システムを作成するための機械教示サービス
  • QnA Maker: 質問と回答の生成
  • Speaker Recognition: 話者識別サービス
  • Speech to Text:音声をテキストに変換してより自然な対話を実現
  • Speech Translation:リアルタイムの音声翻訳をアプリに簡単に統合
  • Text Analytics: 感情とトピックの理解
  • Text to Speech:テキストを音声に変換
  • Translator: 機械翻訳
  • Video Indexer: 動画の分析情報

ブロックチェーン[編集]

  • Azure Blockchain Service
  • Azure Blockchain Tokens
  • Azure Blockchain Workbench
  • Azure Cosmos DB

コンテナー[編集]

  • Azure Functions
  • Azure Kubernetes Service (AKS)
  • Azure Red Hat OpenShift
  • Container Instances
  • Container Registry
  • Service Fabric
  • Web App for Containers

IoT[編集]

  • Azure IoT
    • IoT Hub
    • IoT Edge
    • IoT Central
    • IoT ソリューション アクセラレータ
    • Windows 10 IoT Core Services
  • Event Hubs
  • Event Grid
  • Time Series Insight
  • Stream Analytics
  • Azure Digital Twins

ハイブリッド + マルチクラウド[編集]

  • Azure Arc
  • Azure ExpressRoute
  • Azure Sentinel
  • Azure Stack
  • Azure Stack HCI
  • Azure Stack Hub
  • Azure Stack Edge
  • Azure Modular Data Center

Windows Virtual Desktop[編集]

  • Windows Virtual Desktop
  • VMware horizon Cloud on Microsoft Azure
  • Citrix Virtual Apps / Desktops for Azure

統合[編集]

  • API Management
  • Azure API for FHIR
  • Event Grid
  • Logic Apps
  • Service Bus

移行[編集]

  • Azure Database Migration Service
  • Azure Migrate
  • Azure Site Recovery
  • Data Box

複合現実[編集]

  • Azure Digital Twins
  • Kinect DK
  • Remote Rendering
  • Spatial Anchors

Microsoft Azure Marketplace[編集]

Microsoft Azure Marketplaceは、多様な商用・非商用データ(人口統計や金融情報など)といったコンテンツを保持しているプロバイダ(パブリッシャ)が容易に販売することができるオンライン上のマーケットプレースである。利用者はMicrosoft Azure Marketplaceを通じ、検索・共有・購入等を行うことができる。また通常データはODataを通じて提供され、アプリケーションからの利用も可能となっている。

Microsoft Azure Marketplaceにはデータを提供するMicrosoft Azure Marketplace Dataセクションと、Windows Azure Platformに関連する多様なカテゴリのサービスやアプリケーションを提供するWindows Azure Marketplace Applicationsセクションの2つが存在する。Windows Azure Marketplace Dataは2010年に米国で開催されたMicrosoft PDC2010にて正式リリースされた。またWindows Azure Marketplace Applicationsは、2011年7月10日に米国で開催されたMicrosoft Worldwide Partner Conference 2011にて正式リリースがアナウンスされた。

リージョンの拡大[編集]

サービス開始当初、Microsoft Azureのデータはアメリカ合衆国など海外のデータセンターに置かれる事になり、情報漏えいや、海外にデータを置くことによる問題などが指摘されていた(当然のことながら、Amazon EC2Google App Engineなどの競合サービスも同様である)。海外にデータを置く問題とは、例えば何らかの事件があってFBI(=米国の連邦捜査局)にデータをすべて押収される可能性などである。 2010年7月には、富士通がMicrosoft Azureの技術を用いた自社ブランドのクラウドサービスを提供している[4][5]

マイクロソフトによると、Microsoft Azure は アプリケーション開発者およびサービス管理者向けのセキュリティを強化する仕組みがあるとしており、公式サイト[6]にて関連情報を公開している。

2014年2月26日からはマイクロソフト自身が東日本リージョン、西日本リージョンを開設し運用している[7]

2019年3月には、南アフリカのケープタウンとヨハネスブルグの新しいクラウド リージョンが開設された[8]。これにより、Azureは世界各国 54 のリージョンで提供されることとなった。

実装[編集]

Microsoft Azureは特化されたオペレーティングシステム Microsoft Azureを用い"fabric layer"を実行する。"fabric layer"[9]とは、マイクロソフトにてホスティングされたクラスタであり、Microsoft Azure上にて動作するアプリケーションへの計算資源およびストレージの割り当て、および管理を行う。Microsoft Azureは開発中は"Red Dog"というコードネームで知られ、Windows Server 2008とカスタム化されたHyper-VであるMicrosoft Azure Hypervisor上の"cloud layer"として説明されており、サービスの仮想化を行うものである[10]

スケーリングと信頼性はMicrosoft Azure Fabric Controllerで制御され、マイクロソフトデータセンター内でサーバーがダウンしてもサービス環境が停止しないようになっている。加えて、ユーザーのWebアプリケーションのメモリアロケーションやロードバランシング等の管理も行われる[10]

開発者はRESTHTTPXMLを組み合わせたAPIを使用して Microsoft Azure が提供するサービスと対話を行う。サービスと対話を行うライブラリはクライアントサイドにもマネージド クラス ライブラリで提供される。Microsoft Azureでホストされるアプリケーションの開発と発行はVisual StudioGitEclipseといったIDEを使用して行う[11][12][13]

サービスにはAPIを通してアクセスするほかに、2015年12月に一般提供開始になったWebベースのAzureポータルを使って、ユーザーはAzureサービスを管理できる。ポータルを使うとアクティブな仮想マシンやサービスについて、アクティブなリソースの閲覧、設定変更、新しいリソースの開始、基本的なモニタリングデータの閲覧を行うことができる[14]

展開モデル[編集]

Microsoft Azureはクラウドリソースについて「クラッシック」と「Azure Resource Manager」の2種類の展開モデルを提供している[15]。クラシックモデルでは、仮想マシン、SQLデータベース等の各々のAzureリソースは個別に管理される。Azure Resource Managerは2014年に導入[15]され、関連サービスのグループを作成し、密接に関連するリソースを一緒に展開、管理、監視できるようにしている[16]

歴史[編集]

2018年10月27日のPDCでレイ・オジーによる発表の様子
  • 2008年10月 (ロサンゼルスのProfessional Developers Conferenceにて) – Windows Azure Platformの発表[17]
  • 2009年3月 – SQL Azure Relational Databaseの発表。
  • 2009年11月 – Windows Azure CTPの更新、PHP、Java、CDN CTP等の開始。
  • 2010年2月1日 – Windows Azure Platformの一般提供開始[18][19]
  • 2010年6月 – Windows Azureの更新、.NET Framework 4、OSのバージョン管理、CDN、SQL Azureの更新[20]
  • 2010年10月 (PDCにて) – プラットフォームの拡張、Windows Azure Connect、開発者/IT管理者の使い勝手向上。
  • 2011年12月 – Traffic manager、SQL Azure reporting、HPC schedulerの登場。
  • 2012年6月 – Webサイト、WindowsとLinuxの仮想マシン、Python SDK、新しいポータル、ローカル冗長ストレージの登場。
  • 2014年2月26日 - 日本に東日本リージョン、西日本リージョンを開設[7]
  • 2014年4月 – Windows AzureがMicrosoft Azureに名前変更[2]、ARMポータルがBuild 2014で紹介される。
  • 2014年6月 – Azure Machine Learningがパブリックプレビュー[21]
  • 2014年11月 – サービス障害によりMSN.comを含む主要なWebサイトが影響を受ける[22]
  • 2015年9月 – Azure Cloud SwitchがクロスプラットフォームLinuxディストリビューションとして導入される。現在はSONiCとして知られる[23]
  • 2015年12月 – Azure ARM ポータル (コードネーム "Ibiza")がリリースされる[24]
  • 2016年3月 – Azure Service Fabricが一般提供開始[25]
  • 2017年9月 – Microsoft Azure のロゴとマニフェストが刷新[26]
  • 2018年7月16日 – Azure Service Fabric Meshがパブリックプレビュー[27]
  • 2018年9月24日 – Microsoft Azure IoT Centralが一般提供開始[28]
  • 2018年10月10日 – マイクロソフトがLinux関連の団体Open Invention Network[29]に加盟。
  • 2019年4月17日 – Azure Front Door Serviceが提供開始[30]
  • 2020年3月 – マイクロソフトは2019年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の影響によりイタリアにおけるMicrosoft Teamsの利用が775%増加したと発表した。マイクロソフトでは世界中で毎日4400万のアクティブユーザーがTeamsを使っていると試算した[31]


その他[編集]

  • VMSWindows NTの開発を率いたデヴィッド・カトラーがリード開発者に名を連ねている。
  • 日本マイクロソフトでは、Microsoft Azureをマンガ形式で紹介する「クラウドガール -窓と雲と碧い空-」を、2011年5月23日から公開している[32]
  • マイクロソフトでは同サービスを基幹系システムのバックエンドにも採用されるプラットフォームとして普及することを目指している[33]が、過去に大規模な障害が複数発生しており各種メディアでも取り上げられたことがある。2012年7月26日にはネットワークの設定ミスで欧州リージョンで大規模障害が発生。[34] 2014年8月15日および18日には世界規模で障害が発生。[35] 2014年11月19日では性能改善のバグと運用のミスにより再び世界規模でサービスが停止した。[36] 2016年9月15日にはネットワーク機器の障害により大規模障害が発生した。[37][38] また、2017年3月8日には自己修復機能のバグが原因で東日本リージョンで顧客の一部がサービスを利用不能になるなどの影響が出た。[39][40] 2017年3月28日には西日本リージョンで[41]、2017年3月31日には空冷システム向け電源装置の故障に伴い再び東日本リージョンで大規模障害が発生した。[42][43] 尚、同社からはこれらの事象について再発防止のための対応策が発表されている。[36][38][40]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ マイクロソフト、Professional Developers ConferenceにおいてWindows(R) Azure(TM) を発表”. マイクロソフト (2008年10月28日). 2008年11月15日閲覧。
  2. ^ a b Upcoming Name Change for Windows Azure”. マイクロソフト (2014年3月25日). 2014年3月25日閲覧。
  3. ^ Azure 製品”. 2020年12月19日閲覧。
  4. ^ 富士通とマイクロソフト 戦略的協業により、クラウドの世界戦略を強化
  5. ^ FGCP/A5 Powered by Windows Azure
  6. ^ Windows Azure のトラスト センター
  7. ^ a b Windows Azureの日本データセンターがオープン、遅延を改善”. 日経コンピューター. 2014年5月28日閲覧。
  8. ^ アフリカにおける Microsoft 初のデータセンターの開設と、Microsoft Azure の一般提供開始について 2019/3/6
  9. ^ “What is Windows Azure Fabric Controller (FC)? - Definition from WhatIs.com” (英語). SearchCloudComputing. https://searchcloudcomputing.techtarget.com/definition/Windows-Azure-Fabric-Controller 2018年10月29日閲覧。 
  10. ^ a b Petertaylor9999. “Enterprise Cloud Adoption: How does Azure work?” (英語). docs.microsoft.com. 2018年10月29日閲覧。
  11. ^ Azure Repos – Git Repositories | Microsoft Azure” (英語). azure.microsoft.com. 2018年10月29日閲覧。
  12. ^ Microsoft Azure Developer Tools | Microsoft Azure” (英語). azure.microsoft.com. 2018年10月29日閲覧。
  13. ^ rmcmurray. “Azure Toolkit for Eclipse” (英語). docs.microsoft.com. 2018年10月29日閲覧。
  14. ^ Welicki, Leon. “Announcing Azure Portal general availability”. Microsoft. 2015年12月23日閲覧。
  15. ^ a b FitzMacken, Tom. “Azure Resource Manager vs. classic deployment”. Microsoft. 2016年9月16日閲覧。
  16. ^ FitzMacken, Tom. “Azure Resource Manager overview”. Microsoft. 2016年9月16日閲覧。
  17. ^ Ray Ozzie announces Windows Azure”. ZDNet. 2008年10月28日閲覧。
  18. ^ Windows Azure General Availability”. blogs.microsoft.com (2010年2月1日). 2010年2月1日閲覧。
  19. ^ Pietschmann, Chris. “Happy 7th Birthday Microsoft Azure!”. Build5Nines.com. 2017年2月1日閲覧。
  20. ^ SQL Azure SU3 is Now Live and Available in 6 Datacenters Worldwide”. SQL Azure Team Blog. Microsoft. 2013年2月1日閲覧。
  21. ^ Microsoft Azure Machine Learning combines power of comprehensive machine learning with benefits of cloud”. blogs.microsoft.com (2014年6月16日). 2014年6月16日閲覧。
  22. ^ Human Error Caused Microsoft Azure Outage”. Cloudwards.net (2014年12月20日). 2014年12月20日閲覧。
  23. ^ What is the relationship between Azure Cloud Switch and SONiC?”. Github.com (2020年2月15日). 2020年2月15日閲覧。
  24. ^ Announcing Azure Portal general availability”. Azure.microsoft.com. 2020年2月15日閲覧。
  25. ^ Fussell, Mark. “Azure Service Fabric is GA!”. Microsoft. 2016年3月31日閲覧。
  26. ^ “Microsoft Azure gets a new Logo and a Manifesto” (英語). Build5Nines.com. (2017年9月26日). https://build5nines.com/microsoft-azure-gets-a-new-logo-and-a-manifesto/ 2018年1月9日閲覧。 
  27. ^ Daniel, Chacko. “Azure Service Fabric is now in public preview”. Microsoft Azure. Microsoft. 2018年7月16日閲覧。
  28. ^ Azure IoT Central is now available”. Microsoft Azure. Microsoft. 2018年9月24日閲覧。
  29. ^ Microsoft has signed up to the Open Invention Network. We repeat. Microsoft has signed up to the OIN”. 2020年2月15日閲覧。
  30. ^ Azure Front Door Service is now available”. 2020年2月15日閲覧。
  31. ^ Microsoft cloud services continuity”. 2020年3月28日閲覧。
  32. ^ Windows Azureを萌えキャラが紹介する「クラウドガール -窓と雲と碧い空-」、第1話を公開 クラウドWatch(インプレス)、2011年5月24日
  33. ^ Microsoft Azure の日本データセンター基盤を拡張、基幹業務システムのクラウド化を促進
  34. ^ Windows Azureの欧州リージョンがダウンした原因は、ネットワークの設定ミスとバグだったとマイクロソフトが報告
  35. ^ マイクロソフト「Azure」、サービス障害が一時発生
  36. ^ a b Microsoft Azureが10時間を超える障害。原因はストレージの性能改善のバグと運用のミスとの報
  37. ^ Azureで世界規模の障害が発生し2~3時間後にはほぼ復旧
  38. ^ a b Azureの大規模障害、原因は「ネットワーク機器のバグ」:MSが改善策を発表
  39. ^ Azure東日本リージョンで約2時間にわたり障害発生
  40. ^ a b Azure東日本リージョンの障害、原因は自己修復機能のバグ
  41. ^ Azure西日本リージョンで約3時間にわたり障害発生
  42. ^ Azure東日本リージョンでまたも大規模障害、3月だけで2度目
  43. ^ Azure東日本リージョンの障害、原因は空冷システム向け電源故障

関連項目[編集]

外部リンク[編集]