Amazon Elastic Block Store

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Amazon Elastic Block Store

Amazon Elastic Block Store (EBS) は、Amazon EC2インスタンスに接続できるrawブロックレベルのストレージを提供する。 これらのブロックデバイスは、rawブロックデバイスと同様に使用できる。 典型的な使用例では、これは、デバイスをファイルシステムでフォーマットし、前記ファイルシステムをマウントすることを含んでいる。 さらに、EBSは、スナップショット作成やクローン作成など、数多くの高度なストレージ機能をサポートしている。 2014年6月現在、EBSのボリュームは最大1TB。 EBSボリュームは複製されたバックエンドストレージ上に構築されているため、単一コンポーネントの障害によってデータが失われることはない。

EBS製品は、Amazonによって2008年8月に一般に紹介され[1]、2017年4月現在、30GBの空き容量がAmazon Web Servicesの無料層に含まれている。 [2]

参考文献[編集]

  1. ^ Amazon EBS (Elastic Block Store) - Bring Us Your Data”. Amazon Web Services Blog (2008年8月20日). 2011年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月31日閲覧。
  2. ^ https://aws.amazon.com/free/?nc1=f_ls

外部リンク[編集]