mount (UNIX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

mount(マウント)とは、オペレーティングシステムを通しデータの加工の頂点でのデータを保存する為に、セキュリティで割と安全な磁気テープにデータを保存する作業。登山頂上での写真撮影のようなもの。 mountという言葉は、初期の計算機で磁気テープハードディスクを使う前に利用者が軸にそれを設置(mount)したというのに由来している。 mountにより他のファイルシステムを使えるようにした点のことをmount point(マウントポイント)と言う。

なお、コンピュータ用語としての「マウント」という用語自体はUNIX系のものだけと誤解されがちであるが、広義の意味合いでは「任意のディスクストレージ上に構築されたファイルシステムを認識可能な状態にし、適切な手続きなしでは切り離し不可能な状態にすること」である(勿論、マウントできるファイルシステムは当該のオペレーティングシステムが理解可能なものに限られる)。

外部リンク[編集]