リビングソーシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LivingSocial
URL LivingSocial.com
使用言語 英語など (27ヶ国)
タイプ 電子商取引
運営者 グルーポン
設立者 ティム・オショーネシー、Aaron Batalion、Eddie Frederick、Val Aleksenko
主要人物 Gautam Thakar (CEO & 社長) (グルーポンによる買収以前)[1]
収益 $536,000,000 (2012) [2] $57,000,000 (2015) [3]
アレクサ
ランキング
減少 2,465 (2016年7月)[4]
営利性 あり
設立日 2007年6月29日(11年前) (2007-06-29[5] (「Hungry Machine」として)
現状 アクティブ

リビングソーシャル(LivingSocial) はクーポン共同購入サイト[6] 。かつてワシントンに本社を置いていたリビングソーシャルは、2013年に世界中で約7000万人の会員を抱えていた 。同社は2011年のピーク時の4500人の社員から2016年には約200人まで縮小した[7][8]

歴史[編集]

リビングソーシャルはレボリューション・ヘルス・グループの4人の従業員によって2007年に「Hungry Machine」として設立された[9]。 同社の最初の主なアプリケーションはFacebook上の仮想本棚アプリで、ユーザーはお気に入りの書籍をカタログ化して友達と共有することができた[10]。 その後、同社はPickYourFiveやその他の投票アプリをリリースしたことで、リビングソーシャルはページビューで測定したFacebook上のナンバーワンのアプリ開発者となった[11]。 2009年にBuyYourFriendADrink.comを買収した後、リビングソーシャルはデイリー・ディールサイトを立ち上げ最も成長したベンチャーとなった [12][13]

リビングソーシャルが8億ドルの資金を調達し、時価総額は4500億円に達すると報じられた。2011年の同社の売上高は2億3800万ドルだったが、4億9900万ドルの損失を出した 。2012年にグルーポンに対する同様の訴訟の後、取引の満了に関してリビングソーシャルに対して集団訴訟が提起された。 2012年11月に暫定和解に達した[14]

2012年、コロンビア特別区政府はワシントンDCでオフィスを開設し、労働者を雇用するための多数の税制優遇措置とインセンティブを提供した。 しかし、1年後、同社は従業員のレイオフを開始したことや以前に購入したオフィスを又貸しするようになったため、減税を受けるための必要な規模には達しなかった。 また、デイリー・ディールからウェブサイトやモバイルアプリへ焦点を変更したと発表した[15] 。

2013年4月26日、リビングソーシャルのデータベースがハッキングされ5000万人の登録ユーザーに影響したと発表された。発表では、クレジットカード情報は別のデータベースに保存されており、影響はないとしながらも、同社によって前もって暗号化されていたパスワードを含むユーザー情報が流出したと述べた[16][17] 。2013年5月1日、コネチカット州とメリーランド州の司法長官が共同でリビングソーシャルに事件に関する追加情報及び企業の情報管理方針と手続きに関する詳細な情報の提供を要求する書簡を送った[18]

2013年11月、リビングソーシャルのウェブサイトがデータベースエラーの後48時間近くに渡ってダウンした[19]

2014年に400人の社員をレイオフにし[20] 、2015年には200人レイオフしたことで[21] 社員数は約800人になり、2011年のピークの4500人から減った 。2016年には残っている社員の半数をレイオフにした。

ワシントンポスト紙はリビングソーシャルの成長とそれに続く下降はAOLに類似しており、多くのレイオフまたは退職した社員がワシントンD.C.のリビングソーシャルがある市に新たなテクノロジー企業を設立したと報じた[22] 。レイオフの後で、ワシントン・ビジネスジャーナルは企業が新レストランプログラムに「命運を賭けている」と報じた[23]

リーダシップ[編集]

設立以来、リビングソーシャルは多くの指導者層が変わっている。 2012年3月には、共同創業者のエディ・フレデリックが社長と取締役会を辞任した[24]。1年後の2013年3月、共同創業者で最高情報責任者のアーロン・バタリオンが辞任した[25]。 最近では、2014年1月にティム・オショーネシーCEOが辞任を宣言し、後任が決まるまではCEO職に留まると発表した。 2014年7月には、eBayのShopping.comのCEO、ガウタム・タッカーがCEOの地位を引き継ぐことが発表された[26]

買収[編集]

  • 2010年10月、リビングソーシャルは、リビングソーシャル・エスケープとリビングソーシャル・アドベンチャーの立ち上げにつながるソーシャルアドベンチャー企業Urban Escapesの買収を発表した
    [27]
  • 2010年11月、リビングソーシャルはオーストラリアのソーシャルショッピングサイトJump On Itに500万ドルの支配権を購入した。2012年3月リビングソーシャルはJump On itを4000万ドルで買収した[28]
  • 2011年1月、リビングソーシャルは現在、スペイン、イタリア、ポルトガル、アルゼンチン、ウルグアイ、チリ、コロンビア、メキシコで事業を行っているLetsBonusの株式の大半を取得した。 2009年9月にバルセロナで開設されたLetsBonusは、ヨーロッパ、特にスペイン市場での共同購入サービスの早期運営者だった[29]。 2015年にリビングソーシャルはLetsBonusを売却した[30]
  • 2011年3月、リビングソーシャルはルビーオンレイルズのコンサルタントであるInfoEtherを買収した[31] 。ルビーオンレイルズは、リビングソーシャルが動作するフレームワークである[32]
  • 2011年6月には、ドバイを拠点とするアラブのデイリー・ディールサイト「GoNabi」がリビングソーシャルによって買収された。 GoNabitはアラブ首長国連邦、エジプト、レバノン、ヨルダンなどで営業しており、2010〜2011年に消費者は500万ドル以上節約したと主張している。共同購入サイトは、通常は割引を提供するために企業と契約し、売上の一部を得る。
  • 2011年6月、リビングソーシャルは、インドネシアでデイリー・ディールを提供するDealKerenと、タイとフィリピンでデイリー・ディールを行うDealKerenの親会社のEnsogoを買収した。 2010年6月に正式に開始されたEnsogoは現在、80万人以上のメンバーを擁している。 Ensogoは、メンバーが2010〜2011年に2500万ドル以上を節約したと主張している。 Ensogoはソーシャルコマースを専門とする国際ベンチャーキャピタルグループリベート・ネットワークスの支援を受けている
    [33]
  • 2011年8月、リビングソーシャルはTicketMonsterを3億5000万ドルで買収した。 TicketMonsterは、韓国最大のデイリー・ディールサイトの1つであり、年間実績は8億ドルとされている。 2013年11月、リビングソーシャルはTicketMonsterをグルーポンに2億6,000万ドルで売却した。
  • 2012年4月、モバイルおよびオンライン注文サービスプロバイダであONOSYSは、リビングソーシャルによって買収された。 ONOSYSは、オハイオ州クリーブランドで運営されており、パパ・ジョンズ・ピザ・インターナショナル、パネラ・ブレッド、アップルビーズ・インターナショナルを含む75のレストランチェーンも運営している[34]

これらの買収の多くは売却されている。

2016年10月、グルーポンはリビングソーシャルを未公開金額で買収した[35]。 ワシントンポスト紙は、この金額が0ドルだったと後に報じた[36]。 グルーポンは残っている全ての従業員を解雇し始め、リビングソーシャルのD.C.事務所を閉鎖した。

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.bizjournals.com/washington/news/2017/03/08/no-more-livingsocial-groupon-to-lay-off-95-d-c.html
  2. ^ LivingSocial Company Profile”. inc.com. Inc.. 2014年6月19日閲覧。
  3. ^ LivingSocial cuts its Q4 loss but revenue down, expenses up”. Washington Business Journal. Washington Business Journal. 2016年9月1日閲覧。
  4. ^ Livingsocial.com Site Info”. Alexa Internet. 2014年4月1日閲覧。
  5. ^ HungryMachiene.com WHOIS, DNS, & Domain Info - DomainTools”. WHOIS. 2016年7月10日閲覧。
  6. ^ Company Overview of LivingSocial, Inc.”. Bloomberg. 2014年6月20日閲覧。
  7. ^ LivingSocial is laying off more than half of its workers”. Washington Post. 2016年9月1日閲覧。
  8. ^ Issac, Mike and Benner, Katie.
  9. ^ Confirmed: LivingSocial Co-founder Eddie Frederick Steps Down From Leadership, Board”. Tech Crunch. 2014年6月19日閲覧。
  10. ^ “LivingSocial Takes Top Spot Among Facebook Apps - Post I.T. - A Technology Blog From The Washington Post - (washingtonpost.com)”. Voices.washingtonpost.com. http://voices.washingtonpost.com/posttech/2009/04/livingsocial_takes_top_spot_am.html 2010年11月19日閲覧。 
  11. ^ LivingSocial Becomes the Largest Facebook Application Ever”. Allfacebook.com. 2010年11月19日閲覧。
  12. ^ BuyYourFriendaDrink gets bought”. CNet. 2014年6月19日閲覧。
  13. ^ Exclusive Q&A with LivingSocial CEO”. Business Insider. 2014年6月19日閲覧。
  14. ^ LivingSocial Ordered to Pay $4.1 Million to Settle Class Action Suit”. Fast Company. 2014年6月19日閲覧。
  15. ^ O'Connell, Jonathan.
  16. ^ “Living Social Database Hacked; 50 Million customers impacted”. redtape.nbcnews.com. http://redtape.nbcnews.com/_news/2013/04/26/17933466-livingsocial-database-hacked-50-million-customers-impacted?lite 2013年4月26日閲覧。 
  17. ^ Dan Goodin (2013年4月27日). “Why LivingSocial's 50-million password breach is graver than you may think”. 2014年11月8日閲覧。
  18. ^ Radke, Bruce A. (May 16, 2013). “Letter from Attorneys General to LivingSocial Can Serve as Guide for Companies Seeking to Protect Personal Information”. The National Law Review (Vedder Price). ISSN 2161-3362. http://www.natlawreview.com/article/letter-attorneys-general-to-livingsocial-can-serve-guide-companies-seeking-to-protec. 
  19. ^ Overly, Steven.
  20. ^ Recode
  21. ^ TechCrunch
  22. ^ How LivingSocial is giving rise to the next wave of Washington start-ups”. Washington Post. 2016年9月1日閲覧。
  23. ^ http://www.bizjournals.com/washington/blog/techflash/2016/03/livingsocial-cuts-half-its-workforce-bets-it-all.html
  24. ^ Confirmed: LivingSocial Co-founder Eddie Frederick Steps Down From Leadership, Board”. TechCrunch. 2014年9月4日閲覧。
  25. ^ LivingSocial CTO Aaron Batalion to step down”. 2016年3月18日閲覧。
  26. ^ LivingSocial Names Gautam Thakar CEO”. Wall Street Journal. 2014年8月28日閲覧。
  27. ^ LivingSocial Continues to Differentiate with Purchase of Urban Escapes”. www.blog.kelseygroup.com. 2011年4月13日閲覧。
  28. ^ LivingSocial jumps on Australian group-buying outfit”. Sydney Morning Herald. 2016年7月11日閲覧。
  29. ^ LivingSocial acquires a majority stake in Let's Bonus”. www.fusiondiginet.com. 2011年4月13日閲覧。
  30. ^ TechCrunch. https://techcrunch.com/2015/02/12/livingsocial-offloads-its-lets-bonus-business-to-spains-ofertix/
  31. ^ LivingSocial gains wealth of ruby on rails expertise with Infoether acquisition”. www.techcrunch.com. 2011年4月13日閲覧。
  32. ^ LivingSocial acquires rubyrails consultancy infoether”. www.dctechsource.com. 2011年4月13日閲覧。
  33. ^ LivingSocial Expands Daily Deals Empire; Buys Ensogo, GoNabit And DealKeren”. TechCrunch. 2018年2月27日閲覧。
  34. ^ “LivingSocial Buys Online Ordering System Provider ONOSYS”. www.bloomberg.com. https://www.bloomberg.com/news/2012-04-26/livingsocial-acquires-online-ordering-system-provider-onosys.html 2012年4月26日閲覧。 
  35. ^ “Groupon Buys Rival LivingSocial, Reports Another Loss”. Wall Street Journal. (2016年10月26日). ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/groupon-to-buy-livingsocial-reports-another-loss-1477514441 2016年10月27日閲覧。 
  36. ^ https://www.washingtonpost.com/news/innovations/wp/2017/02/25/rip-livingsocial-the-fast-rise-and-slow-demise-of-a-daily-deals-company/

外部リンク[編集]