補助記憶装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パーソナルコンピュータのハードディスク

補助記憶装置(ほじょきおくそうち)は記憶装置の分類で、「主記憶装置」がコンピュータのメインのバスに直接接続され、CPUが即座にアクセスでき、演算の対象にもできる場合もある[1]のに対し、外部バスに接続され、CPUからは直接アクセスできないものを指す。レイテンシやスループットは遅いが比較すると大容量である。二次記憶装置などとも。

分類[編集]

IBMディスクパック

記録媒体の種類や記録方式、アクセス方式、設置場所、記録媒体が取り外せるか否か、書き換えられるか否か、等々といった分類がある。なお、以下のいくつかの属性は、「補助」記憶装置に関係なく、記憶装置一般の分類である。以下のリストは、網羅するものではない。

  • シーケンシャルアクセスランダムアクセス(前者はテープのようなもの、後者はディスクのようなものを指す。後者にしても主記憶のような粒度でランダムアクセスできるわけではない。一方でDECtape(w:DECtape)のように、利用者に対してランダムアクセスに近い使い勝手を用意しているテープシステムもある)。
  • コンピュータに内蔵される「内蔵型」と、コンピュータの外部に置かれる「外付型」があるが、内蔵型のドライブを取り付けて外付型として使うための筐体、といったような商品が市販されており容易に入手可能なことからもわかるように、普通は全く意味のある分類ではない。
  • 取付け取外し可能(リムーバブルメディア)か否か
  • コンピュータの動作中に取付け取外し(活線挿抜)可能か否か
  • 読み書き自在のもの・書き込み操作や粒度に制限が強いもの(NANDフラッシュなど)・「全部消去して再利用」しかできないもの(CD-RWなど)・ライトワンス(Write Once Read Many)・リードオンリー(Read only memory

[編集]

  1. ^ 命令セットによっては読み書きのみで、演算対象にはできないこともある。

関連項目[編集]

以下のリストは、網羅するものではない。