補助記憶装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハードディスクドライブは主な補助記憶装置である

補助記憶装置(ほじょきおくそうち)あるいは二次記憶装置(にじきおくそうち)とは、記憶装置のひとつ。直接CPUがアクセスし演算できる主記憶装置に対して、CPUが直接アクセスできないものを補助記憶装置と呼ぶ。 データを保持する電子媒体と読み書きを行う駆動装置(ドライブ、またはリーダ/ライタとも)で構成される。ストレージともいう。

コンピュータ上で処理する情報は主記憶装置に記憶される必要があるが、スピードの制約を満たす主記憶装置は揮発性のものが多く、コストも高い。それとは別に情報をコピーして持ち運んだりバックアップを行うなどの要求もあり、情報を永続的に保存しておくための記憶装置も必要である。このため、遅いが安価で大容量な、また不揮発性や可搬性のある、補助記憶装置がある。

なお、分類としては主記憶装置以外の(記憶階層で、CPUから見て主記憶より遠い側にある)記憶装置が補助記憶装置である。不揮発性や可搬性等は、分類というより個々の属性である。

分類[ソースを編集]

補助記憶装置は記録媒体の種類や記録方式、アクセス方式、設置場所、記録媒体が取り外せるか否か、書き換えられるか否かで分類することができる。

  • データへのアクセス方式がシーケンシャルアクセスのもの、ランダムアクセスのものに分かれる。
  • コンピュータ内部に取り付けられるものと、コンピュータの外部に置かれる外部記憶装置とに分かれ、これらはさらに記録媒体が容易に取り外せない補助記憶装置と、挿抜が容易なリムーバブルメディアに分かれる。
  • 特に光学メディアにて、書き込みと読み込みの両方が行えるもの(書き換え型、リライタブル型)と、消去はできないが書き加えることが可能な追記型(ライトワンス型)のもの、情報が書き込まれた状態で製造され、ユーザは消去や書き換え、追記さえも出来ないROM型のものなどがある。頻繁に書き換えたりするデータは書き換え型、改ざんや変更、誤消去を防ぐためには追記型、改ざんや変更、消去を防ぎつつそれを第三者に大量に配布する際にはROM型が用いられる。
  • 半導体ROMは、古くは読み取り専用だったが、電気的に書き換え可能なフラッシュROMをリムーバブルメディアやストレージとして利用する事も多くなった。

種類[ソースを編集]

補助記憶装置の種類は以下のように大別できる。

関連項目[ソースを編集]