プロセッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

情報技術におけるプロセッサ: processor)は、一定の手順に基づいてデータを変換・演算・加工する機能を持った装置・ソフトウェア・システムの総称である[1]プロセッサープロセサ処理装置(しょりそうち、: processing unitプロセシング・ユニット)とも呼ばれる。

特定の用途に特化したプロセッサでは、用途を接頭語とした名称がしばしば付けられる[1]

[編集]

様々なプロセッサが存在する。分類法も多数ある。

ひとつは次のように基本的な役割で2つに大分類する方法である。

  • CPU(中央処理装置) -コンピュータで主要な役割を果たすプロセッサ(次のコプロセッサと対比されている分類)
  • コプロセッサ - 上のCPUと対比されている分類であり、コンピュータ内部で補助的な役割を果たす特定用途に特化したプロセッサ。(下の表で挙げているFPUやGPUなどはコプロセッサである)[注釈 1]

下の表は機能(役割)別分類の例である。その表の下には形態別分類も挙げておく。

ひとつのプロセッサが複数の分類に属することもある。マイクロプロセッサは、形態による分類ではマイクロプロセッサであり、コンピュータ内で主要なチップとして使われている場合は、機能(役割)による分類としてはCPUである。(ディスクリート回路形態で提供されるCPUと、集積回路化されて提供されるCPUがある)。

表. 機能別プロセッサ
略称 名称 機能(役割) 用途 特性
FPU 浮動小数点演算装置 浮動小数点数演算
GPU グラフィックス処理装置 画像処理、あるいは並列処理全般(GPGPU 3DCGレンダリングデータ圧縮/展開、ディープラーニング暗号通貨マイニング 等々
DSP デジタルシグナルプロセッサ 信号処理 A/D変換(en:Analog-to-digital converter)、音響信号処理。電子楽器デジタルカメラ 等々。
アナログオーディオプロセッサ[2] アナログ音響信号処理 サラウンド音響、トーン・コントロール、バランスコントロール
ラスターイメージプロセッサ ラスター画像処理
ネットワークプロセッサ ネットワークアプリケーション処理
PPU 物理演算ユニット英語版 物理演算 コンピュータゲーム内の物理演算、衝突判定 等々
周辺装置用プロセッサ[3] 入出力
データ通信プロセッサ[4] 通信
  • (マイクロプロセッサについて)命令語による分類
    • RISC - 固定長の少数の単純な命令語のみを備え、実行効率を向上させる設計(仕様)[6]。およびその設計のプロセッサ。
    • CISC - 複雑で高度な機能を持つ命令語をなるべくたくさん用意する設計(仕様)[7]。およびその設計のプロセッサ。(もともとマイクロプロセッサはすべてこの設計手法によるもので "当たり前" だったので呼び名も無かったが、RISCという設計手法が発明されてから従来の設計手法を呼ぶためにCISCという言葉を造語した。)


脚注[編集]

  1. ^ なおインテルのXeon PhiコプロセッサはGPUに近いアクセラレータだが、独立して動作するLinux OSを搭載している点が大きく異なる。
  1. ^ a b [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ peripheral processor
  4. ^ data communication processor
  5. ^ Osborne, Adam (1980). An Introduction to Microcomputers. Volume 1: Basic Concepts (2nd ed.). Berkeley, California: Osborne-McGraw Hill. ISBN 0-931988-34-9 
  6. ^ IT用語辞典 e-words, RISC
  7. ^ IT用語辞典 e-words, CISC
  8. ^ CESA:上村 雅之【第3回】

関連項目[編集]