コプロセッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コプロセッサ(co-processor, 補助プロセッサ)とは、CPU(中央処理(プロセッシング)ユニット)などの主要なプロセッサに対して、ハードウェアアクセラレーション等を目的とする、補助的なプロセッサ、という意味である。計算用プロセッサなどでは、そちらのほうが計算力は大きいこともある。「コ・プロセッサ」のようにナカグロを入れることもある。"co-"は(co-pilot(副操縦士)他多くの用例があるが)「共同して」などという意味の接頭辞

接続形態[編集]

  • 専用端子等による直接接続
  • 汎用IO接続
  • 共有記憶

[編集]

  • 浮動小数点演算処理装置(FPU)
  • 画像処理装置(GPU)
  • I/O処理装置
  • メモリ管理ユニット(MMU)
  • DMAコントローラ

関連項目[編集]

チャネル・コントローラ