シーケンシャルアクセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シーケンシャルアクセス (: Sequential Access) とは、記憶装置などにおけるデータへのアクセス方式のひとつであり、記憶媒体の先頭から順に検索しアクセスしていく。そのため、後ろに記録されたデータに辿り着くまで時間がかかる。これは順次アクセスとも言われる。

コンピュータでは利便性の点でランダムアクセスの機器がもっぱらだが、(かつての)カセットテープやビデオテープなどオーディオやビデオ用としては多用された。超大容量のバックアップや安全な輸送のためなど、コンピュータ用の磁気テープ機器にも一定の需要がある。

シーケンシャルアクセスのメディア[編集]

ファイルへのシーケンシャルアクセス[編集]

大抵のオペレーティングシステムは、ハードディスクフロッピーディスクRAMディスクなどの記憶媒体にファイルシステムを提供し、データをファイルごとに格納できるようになっている。

そして、一般に多くのオペレーティングシステムでは、通常のファイルであればシーク操作によってランダムアクセスができる。何らかの理由でシークができないファイル、あるいはディスク上のファイルではないパイプなどに対しては、シークができず、シーケンシャルアクセスしかできない。