ユニバーサルプレーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユニバーサルプレーヤーは、複数の種類のメディアを再生することができる音響機器

概要[編集]

一般に、AV用の光ディスクメディアのうち、主に複数の種類の直径12cm(或いは8cm)のディスクを再生する機能を有する汎用プレーヤーに対する呼称として用いられる。中でも、少なくともDVD-AudioSACDの両方を再生することができるプレーヤーに対して用いられることが多い。

CD/DVD-Video/DVD-Audio/SACDなどは、同じ直径12cmの光ディスクでありながら、再生規格にそれぞれ差異がある。そのため、複数の種類のディスクを再生する場合、原則として異なる種類の再生機器が必要となり、金額面や設置場所、或いはアンプの接続端子の不足といった問題が生じる。また特定のプレーヤーの音質や機能が他方のプレーヤーに存在しないため、再生された画像や音声の品質或いは操作方法が均質にならず、利用者の利便性等が損なわれるという問題も生じる。これらの点を解決するために、複数の種類のディスクを再生する機能を有するプレーヤーが研究/開発される様になった。

用法[編集]

もともとの英語の"universal player"は「普遍的なプレイヤー」という意味で、複数のフォーマットのメディアを再生するプレーヤ一般を指して用いられる。QuickTime PlayerRealPlayerWindows Media Playerも"universal player"である。光ディスクの汎用プレーヤーという限定的な意味で用いるのは日本独特の用法である。

2007年にはBlu-ray DiscHD DVDなどの青色レーザー用ディスクメディアに対応したプレーヤーも発表されており[1]、これもユニバーサルプレーヤーと呼ばれている。

用例[編集]

自社のウェブサイトやカタログ、ニュースリリース等の記述内で当該製品をユニバーサルプレーヤーと呼称しているメーカーは以下の通り(50音順。ユニバーサル・プレーヤー/ユニバーサル DVD PLAYER と記述されている場合もある)。

メーカー 当該製品
オンキヨー DV-SP504,DPS-6.7,RDV-1.1,DV-SP205FX
サイテック(SCITEC) DVP-750DX
デノン DVD-A1XVA
マランツ DV9600,DV7001,DV6001
ヤマハ DVD-S2700,DVD-S1700
ラックスマン DU-80,DU-7i

※また、ユニバーサルプレーヤーとしてはオンキヨー&パイオニアパイオニアブランド)、およびソニーの場合、ユニバーサルプレーヤーと呼称せず、単に「DVDオーディオ/ビデオ・SACDプレーヤー」、または「ブルーレイ・DVDオーディオ/ビデオ・SACDプレーヤー」、「ブルーレイ・DVDビデオ・SACDプレーヤー」、「Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー」などと呼称している。

脚注[編集]

  1. ^ BD&HD DVD両用プレーヤー

関連項目[編集]