BDプレーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東芝製BDプレーヤー

Blu-ray Discプレーヤー(ブルーレイディスクプレーヤー、通称:BDプレーヤーBD再生機)とはBlu-ray Discの再生専用ビデオ規格(BDMV)およびDVD-Videoを再生する装置である。BDプレーヤーは再生専用機を指し、記録型BDに動画などを記録できる装置は「BDレコーダー」という。2008年までは競合規格としてHD DVDプレーヤーも発売されていた。

概要[編集]

BDプレーヤーはBDMVを再生する単体の機器で、テレビに接続して視聴する。液晶モニタ搭載の携帯用プレーヤーはパナソニックから地デジチューナー内蔵(フルセグ・ワンセグ両対応)タイプとチューナーレスの単体タイプが販売されている。車載用BDプレーヤーは同じくパナソニックから限定生産で販売されている。BD-ROMはBDドライブを搭載したパソコンで視聴することもでき、このとき使用する「BD/DVD再生ソフトウェア」は「ソフトウェアBD/DVDプレーヤー」ともよばれる。

BD以外にもDVD-Videoフォーマットに対応することが必須であり、パソコンで作成したDVD-Video/BDMV準拠のディスクやDVDレコーダーでDVD-Videoモードで録画したディスクを通常再生可能である。またBD/DVDレコーダーのBDAVやDVD-VR形式で録画したディスク、AVCHD音楽CDなどを再生可能なものがある。

HD DVD終息以前はLG電子とサムスン電子からBD/HD DVD両対応プレーヤーも販売されていた。

視聴[編集]

BDプレーヤーはテレビに接続して視聴する。この際、ハイビジョン画質で視聴するためにはハイビジョン解像度に対応したHDTVD端子コンポーネント端子・HDMIケーブルのいずれかで接続する必要がある。中でも完全デジタル転送が行われるHDMIが最も好ましいとされ、近年のほとんどのHDTVは1 - 3端子実装している。

HD解像度に非対応なSDTVでの視聴も勿論可能ではあるが、本来の恩恵は受けられなくなる。

1080/24p[編集]

映画ソフトのほとんどは秒間24フレーム(24Hz)で撮影・収録されている。これをプレーヤー側で60Hzに補間するとわずかながら画質が損なわれる。それを解決するためフルハイビジョン・24HzのままHDMIでデジタル転送する方式が登場し、これを「1080/24p」「1080p 24Hz」などと呼ぶ。受像機側で120Hzなど24の倍数に補間する場合が多くよりオリジナルの意図に近い映像が再現される。

さらに、パイオニアから2007年に発売されたBDP-LX91にはデジタル放送の60Hzを24Hzに変換して出力する機能が搭載されており(但し、後継を謳ったBDP-LX88にはLX91の24Hz変換機能は非搭載)、映画番組の再生においてもプレーヤーから24Hzに変換してHDMIでデジタル転送することもできる。

1080/24pで再生するにはプレーヤー・受像機の両方が対応する必要がある。PS3や2007年以降に発売されたBDプレーヤー/レコーダーのほとんどが対応している。2007年以降に薄型テレビプロジェクタの多くが対応するようになった。なおHDMI接続が必須となり、D端子/コンポーネント端子でも規格上では可能であるが、対応のプレーヤーが出ていないため事実上不可能である。

HDオーディオ[編集]

BD-ROMで採用されているロスレスサラウンド音声(ドルビーTrueHDDTS-HDマスターオーディオ)を通称HDオーディオと呼ぶ。正しく再生するにはBDプレーヤーとAVアンプの双方が対応している必要があり、以下の接続方法がある。

  1. BDプレーヤーがビットストリーム出力に対応している場合、HDMI接続で記録信号のまま出力できる。デコードに対応したAVアンプ側で伸張・再生する。
  2. BDプレーヤー側がデコードに対応している場合、PCMサラウンド音声に伸張しHDMI接続でAVアンプに出力する。プレーヤー・AVアンプの双方がアナログ5.1ch/7.1ch音声出入力を備えていればアナログ接続も可能である。

上記のいずれも満たさない場合でも、プレーヤー・AVアンプの双方に光デジタル音声端子があればサラウンド再生が可能である。ただしこの場合はTrueHD・DTS-HDトラックに併せて収録されるドルビーデジタルやDTSを再生するため音質が劣る(DVD-Video相当)。

2007年以降に発売されたBDプレーヤーはHDオーディオのビットストリーム出力とデコードに対応する場合が多い。PS3はデコードのみ対応(DTS-HDは2008年4月のバージョン2.30アップデートで対応)。

HDオーディオに対応したHDMI Ver.1.3搭載AVアンプは2007年頃から製品が増え、低価格な機種も登場している。HDMI搭載でもHDオーディオ非対応の機種があり、その場合はプレーヤー側でデコードすれば問題はない。

BD-ROMにはこの他にも非圧縮PCMサラウンド音声が採用されている。プレーヤーとAVアンプの双方にHDMI端子またはアナログ5.1ch/7.1ch出入力があれば再生可能である。

機器[編集]

2006年6月に北米でサムスン電子が初のBDプレーヤーを発売。当初の価格は1000ドル程度であった。

同11月にBD-ROM再生対応のゲーム機「プレイステーション3」(PS3)が発売。当時の価格は500 - 600ドル(日本では49800/59800円)でそれまで発売されたBDプレーヤーより低価格だった。それ以降BDプレーヤーの販売台数の大半を占め普及を牽引している。

2007年の北米の年末商戦において東芝がライバル規格のHD DVDプレーヤーを100ドル程度に大幅値下げしたためBD陣営も値下げを余儀なくされたが、それでもBDプレーヤーは300 - 400ドル程度であった。またPS3も399ドル(日本では39980円)に値下げした。

DVDプレーヤーとの価格差が大きいこともあり普及が伸び悩んでいるという報道もあったが、最大手のソニーによると北米では在庫切れになるほど売れ行きは好調だという[1](2008年7月現在)。

2009年頃には普及価格帯とされる200ドル程度のプレーヤーの登場が見込まれている。

海外ではDVDレコーダーの普及が進まなかったが、これはBDにもあてはまる[2]。そのため米国東南アジアを含む多くの海外諸国では日本のメーカーも含め再生機のみを販売しており、録画対応のBDレコーダーはほとんど販売されていない。

日本市場のBDプレーヤー[編集]

世界的に見て日本国内ではBD/DVDレコーダー市場が特異的に大きく、さらにDVDと異なり読み込み専用規格(BDMV)が書き込み可能型(BDAV)よりも策定が遅かったこともあり、日本のメーカーはDVD時代ほど単体プレーヤーに力を入れていなかった。

2008年時点で日本の一般消費者向けに据え置き型BDプレーヤーを販売しているのはソニー(2008年12月参入)、シャープパイオニアデノンの4社および前述のPS3のみであった。しかもそれもホームシアター向けの高級機が多く、一般向けの価格帯の機器を販売しているのはソニーとシャープの2社のみであった。

2009年に入ると参入するメーカーが急増しており、パナソニックやパイオニアも一般向けの市場に参入し他社もラインナップの拡充をしている。BDドライブをカーナビゲーションに組み込むのが難しいためごく一部の機種にしかBD対応カーナビは発売されていないが三菱電機ではカーナビゲーションなどのモニターに接続して使える車載BDプレーヤーを発売している。なお、ポータブルBDプレーヤーはこれまでパナソニック1社のみが販売していたが、廣華物産がVenturerブランドで2010年12月に10インチポータブルBDプレーヤーを新発売している。

2012年秋以降製造の機種は(著作権保護の観点から映像のアナログ伝送を全面禁止とする「新AACS規制」に対応するため)アナログAV出力端子を廃止し、TV受像機とはHDMIケーブルでしか繋げない機種が殆どとなっている(HDMI端子非搭載の従来型TVには接続不可)[3]

2010年半ばからBDプレーヤーの低価格化が進んでおり、2016年にPS4 Proが発売されたことで、現在は5万円以下のBDプレーヤーが主流となっている(2017年時点で高級BDプレーヤーを含めてPS4 Pro以上の高画質BDプレーヤーが市場に存在しないため)。

一般向け[編集]

  • SCE
  • ソニー
  • シャープ
    BDレコーダーがまだ高かった時期に発売されたモデルのため、過渡期的機能として同社製テレビやDVDレコーダーなどをi.LINKで接続することにより、1層式BD-REに番組を記録できる機能を唯一備えていた。
  • パイオニア
    • BDP-120(2009年5月発売、現在の最廉価BDプレーヤーで実売3万円予定)
    • BDP-320(2009年5月発売)
  • パナソニック[4]
    • DMP-BD60(2009年5月発売)
    • DMP-BD65(2010年2月発売)
    • DMP-BDT900(2010年4月発売)
    • DMP-BDT320(2012年発売)
    • DMP-BDT330(2012年発売)
    • DMP-BD77(2013年発売)
    • DMP-BD79(2013年発売)
    • DMP-BD81(2014年4月発売)

※DMP-BD77以降のモデルよりアナログAV出力端子は全廃され、TV受像機とはHDMIケーブルでしか繋げなくなっている。

ホームシアター向け[編集]

  • ソニー - BDP-S5000ES(2008年12月発売)
  • パイオニア
    • BDP-LX52(2009年5月発売)
    • BDP-LX70(2007年6月発売、2008年半ばに生産終了)
    • BDP-LX71(2008年11月発売)
    • BDP-LX80(2007年10月発売)
    • BDP-LX91(2008年12月発売)
  • デノン - DVD-3800BD・2500BT(2008年3月発売)
2500BTはHDMI端子のみを備えアナログ出力がないため、「プレーヤー」ではなく「トランスポート」(分離型CDプレーヤーと同様)と呼んでいる。

ポータブル機器・業務用[編集]

  • 廣華物産
    • BRD-10(2010年12月発売)
    10型液晶ディスプレイ搭載のポータブルタイププレーヤー
  • パナソニック[5]
    • DMP-BV100(2009年3月発売)
    8.9V型液晶ディスプレイ・地上デジタルチューナー一体型。世界初のポータブルタイププレーヤー(本体操作部は天面に搭載、ディスプレイは前後・左右各180度回転機構により使用後は裏返しにして収納可)。ボタン電池CR2025使用のカードリモコンとアナログAVケーブル付属。「お部屋ジャンプリンク」は無線LAN非対応(有線LAN接続のみ可)で、放送転送機能は「ビエラ」2013年以降モデルと組み合わせた場合のみ使用可(ビエラ2012年・2011年モデル及びディーガ2009年以降モデル全機種と組み合わせた場合は録画番組転送のみ可)[6]
    • DMP-BV200(2010年4月発売)
    DMP-BV100の後継。液晶ディスプレイが10.1V型に拡大された。本機以降のモデルより外部アンテナ端子はF型ネジ式から3.5mmミニジャックに変更され、内蔵/外部アンテナ切替スイッチ・ディスプレイ回転機構・アナログAV入出力端子廃止(TV受像機とはHDMIケーブルのみで接続可。ディスプレイは可動範囲が前後方向90度のみへと狭められ裏返し不可)。本体操作部は(電源・メニュー選択両ボタンのみを天面に残し)ディスプレイの下部へ移設。専用USBアダプタDY-WL10を繋げば無線LANも使用可。SDカードスロットは使用可能カード種類が「SDXC」までに拡大。「お部屋ジャンプリンク」の「放送転送機能」使用可能機種には(これまでの「ビエラ2013年以降モデル」に加え)「ディーガ2011年以降モデル」も追加され、録画した番組のみならず(対応ディーガで)受信した放送(BS・110度CSを含む)もLAN経由で視聴可能となった(ディーガ2010年・2009年モデル及びビエラ2012年・2011年モデルと組み合わせた場合は録画番組転送のみ可)。リモコンは単3乾電池2本使用。姉妹品としてBDプレーヤー非搭載のDMP-HV100/HV50も発売(HV50はバッテリーパック別売りで、AC駆動時はバッテリーパック装着部に付属のカバーを取り付ける)。
    • DMP-B100 (2010年4月発売)
    8.9V型液晶ディスプレイを搭載した、チューナーレスタイプのポータブルタイププレーヤー。
    • DMP-BV300(2011年3月発売)
    DMP-BV200の後継で、BDプレーヤー付きポータブルビエラ最終モデル。専用USBアダプタDY-WL10を繋げば無線LANも使用可(L型USBアダプタ付属だが直接繋ぐ事も可)。「お部屋ジャンプリンク」も搭載し、対応ディーガで録画した番組及び受信した放送(BS・110度CSを含む)もLAN経由で視聴可能(ディーガ2010年・2009年モデル及びビエラ2012年・2011年モデルと組み合わせた場合は録画番組転送のみ可)。(前作BV200では廃止されていた)アナログAV端子は入力のみ復活[7](出力端子はHDMIのみで、TV受像機とはHDMIケーブルでのみ接続可)。本体操作部は(電源・メニュー選択両ボタンのみを天面に残し)ディスプレイと一体化されタッチパネル式に変更。バッテリーは付属DY-DB35のみ使用可(同じパナソニック製でもDY-DB35以外の他機用バッテリーを装着するとエラー表示が出る)。姉妹品としてBDプレーヤー非搭載のDMP-HV200/HV150も発売(HV200は無線LAN内蔵・バッテリーパック別売り、HV150はAC専用でバッテリーパック非対応)。
    • DMP-B200
    DMP-B100の後継。
    • DMP-T1000(2008年7月発売)
    業務用モデルではあるが、個人ユーザーであっても業務用製品を取り扱う販売店(ビデオ近畿など)やあるいはネットショッピングなどで購入することができる。海外向けの機種がベースのためGUIはすべて英語である。
  • パイオニア - BDP-V6000(2009年8月発売)
BDP-320の筐体を流用。外部コントロール用のRS-232C端子を装備した業務用機。

パソコンでの視聴[編集]

DVDプレーヤーと同様に、パソコンでBDMV(BDビデオ)を視聴するためにソフトウェアとしてのBDプレーヤーがある。パソコンにはハードウェアとしてBDドライブ(BD-ROM・BD-REドライブ)が搭載または接続され、さらにソフトウェアとして「BD再生ソフトウェア」が導入されている必要がある。「BD再生ソフトウェア」はBDMVの視聴を可能にするソフトウェアで「ソフトウェアBDプレーヤー」ともよばれる。DVD同様再生ソフトはメディアプレーヤーの一種に区分されるようになっている。また多くはBDAVやDVD-Videoの視聴も可能となっている。

「BD再生ソフトウェア」は単体機器としてのBDプレーヤーに搭載されているデジタル信号処理をソフトウェアで実現したものである。途切れのない再生のためにはパソコンにはDVDの場合以上の処理能力が求められる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ソニーに聞く「BDレコーダ市場」の現状、Impress AV Watch、2008年7月31日
  2. ^ 海外では一部を除いてテレビ録画を記録メディアに残す習慣が殆ど存在しないため、録画機器を発売しても購入・活用されにくいという事情がある。
  3. ^ パナソニックはBD業界で(ソニーに次いで)国内2番目となる、プレーヤー及びレコーダー(ディーガ)2013年以降モデルは全機種アナログAV出力端子全廃に踏み切っている(ディーガの場合、2013年以降モデルは従来型アナログTV受像機における外付けデジタルチューナーとしての使用不可)。
  4. ^ パナソニック製ブルーレイレンズクリーナー「RP-CL720A」はディーガのみで使用可能となっており、ディーガ以外の機種(パナソニック製BD/DVDプレーヤー全機種&BDレコーダー初期モデル「DMR-E700BD」を含む)では機器の故障やディスク取り出し不能などのトラブルを招く恐れがあるので使用不可(クリーニングブラシ及びクリーニング液はあくまでディーガへの使用を前提とした構造)。
  5. ^ パナソニック製ポータブルBDプレーヤーは全機種「BDXL」非対応なので、100GBブルーレイディスクは再生不可。またSDカードスロットはデジカメ写真鑑賞及びビデオカメラ映像視聴用として用いられており、SDオーディオ再生やワンセグ持ち出し番組視聴には非対応。
  6. ^ ビエラ一部普及モデル(C・Aシリーズ)&2010年以前モデル全機種・ディーガ2008年以前モデル全機種は「お部屋ジャンプリンク」機能非搭載。
  7. ^ アナログAV入力端子はコンポジット映像・音声一体型となっており、接続には市販の3.5mm4極ミニプラグ-RCAピンプラグAVケーブルを使用。

関連項目[編集]