テンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テンキーは、コンピュータキーボードやボタン式の電話機にある数値入力用のキーである。0から9までの10個のキーがあることからテンキー(ten key)と呼ばれる。

コンピュータのテンキー[編集]

コンピュータのテンキー

コンピュータのテンキーは、通常キーボードの右側に設けられる。数値だけでなく、計算に多用するキーもまとめてある。英語ではnumeric keypad(数値キーパッド), number pad(数値パッド), numpadとも言う[1][2][3]

テンキーには、0から9までの数字と、加算(+)、減算(-)、乗算(*)、除算(/)に使用する記号、小数点(.)、NumLockキーエンターキーの各キーが配置される[4]

ノートパソコンのキーボードには、テンキーがなく、修飾キー(Fnキー)と文字キーを同時押しすることでテンキーの機能を提供するものもある。大型のノートパソコン(一般的には17インチ以上の画面を持つもの)にはテンキーが設置されているものもある。また、テンキーだけを分離して、USBによって接続できるようにしたキーボードも発売されている。そのような分離型のテンキーには、スペースキーや、キャッシュレジスター電卓によくある「00キー」が追加されているものもある。

テンキーは2つのモードを持つ。NumLockがオフになっているとき、8・2・6・4が方向キー(上・下・右・左)、7・1・9・3がホームキーエンドキーページアップキー・ページダウンキーとして動作する。NumLockがオンになっているとき、数値計算用キーとして動作する。アップルMacintoshにはNumLockキーがなく、テンキーは常に数値計算用キーとして使用される。

電話のテンキー[編集]

キー配列[編集]

コンピュータと電話機では、数字の部分のキー配列が異なる。コンピュータのテンキーは上段が7・8・9だが、電話機のテンキーは上段が1・2・3である。

詳細はキー配列#テンキーを参照。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ What Is a Ten Key? (with pictures)”. WiseGeek. 2014年1月8日閲覧。
  2. ^ Pasewark, William Robert; Knowlton, Todd (1995-01-01). Ten-Key Skill Builder for Computers. South-Western Educational Pub.. ISBN 9780538629195. http://books.google.com/books?id=eLzucpC8ZhMC. 
  3. ^ Stroman, James; Wilson, Kevin; Wauson, Jennifer (2011-09-01). Administrative Assistant's and Secretary's Handbook. AMACOM Div American Mgmt Assn. p. 224. ISBN 9780814417607. http://books.google.com/books?id=licD-9tqwX0C&pg=PA224. 
  4. ^ numeric keypad at FOLDOC