テンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テンキー(ten key)は、キーパッドの一種である。コンピュータにおいて数値を入力するために使われる。0から9までの10個のキーがあることからテンキー(ten key)と呼ばれる。英語ではnumeric keypad(数値キーパッド), number pad(数値パッド), numpadとも言う[1][2][3]

押しボタン式電話機(プッシュフォン)のキーパッドである「プッシュキー」とは別の物であり、キー配列も標準規格も異なる。

歴史[編集]

テンキーを採用した世界初の電卓、CASIO 14-A型 リレー式計算機(1957年)

テンキー配列を採用した世界初の計算機(機械式計算機)は、Sunstrand社が1914年に発売した加算器の「Sundstrand Adding Machine」だと考えられている[4]

電気式計算機(電卓)としては、カシオ計算機が1957年に発売したリレー式計算機の「CASIO 14-A」が、テンキーの搭載された史上初の製品である[5]。それまでの電卓は桁ごとに10個の数字キーが付いた「フルキー」方式だったが、これだと例えば14桁の計算をするには140個の数字キーが必要となり、非常に煩雑だった。一方「テンキー」方式を採用したカシオの「14-A」はわずか10個の数字キーで14桁までの計算が可能となり、非常に小型化された。その後も並行してフルキー方式の計算機が発売され続けているが、1972年にカシオから電卓「カシオミニ」が発売され、年間100万台規模で量産される頃にはテンキー式の計算機が完全に定着した。

コンピューター用キーボードにおいては、1980年代以前はテンキーを搭載しないものも多かったが、Commodore社のPET 2001(1977年発売)などでは独立したテンキーが搭載された。IBM社が1981年に発売したパソコン、初代IBM PCの「モデルFキーボード」にもテンキーが搭載され、IBM PC/AT(1984年)からIBM PS/2(1987年)にかけての「101キーボード」で、現在のテンキーとほぼ同じデザインとなった。

1985年よりYves Neuville博士の元でキーボードの標準化が進められ、テンキーを含むキーボードが1995年に「ISO/IEC 9995」として標準化された。2021年現在、テンキーは「ISO/IEC 9995-4:2009」および「ISO/IEC 9995-8:2009」(数字に文字を割り当てる場合のレイアウト)において標準化されている。

コンピュータのテンキー[編集]

コンピュータのテンキー

コンピュータのテンキーは、通常キーボードの右側に設けられる。数値だけでなく、計算に多用するキーもまとめてある。

テンキーには、0から9までの数字と、加算(+)、減算(-)、乗算(*)、除算(/)に使用する記号、小数点(.)、NumLockキーエンターキーの各キーが配置される[6]

テンキーは2つのモードを持つ。NumLockがオフになっているとき、8・2・6・4が方向キー(上・下・右・左)、7・1・9・3がホームキーエンドキーページアップキー・ページダウンキーとして動作する。NumLockがオンになっているとき、数値計算用キーとして動作する。AppleMacintoshにはNumLockキーがなく(代わりに「Clearキー」が搭載されている)、テンキーは常に数値計算用キーとして使用される。

メインキーボードの数字キーとテンキーの数字キーを区別する場合もある。少なくともISO/IEC 9995に準拠したキーボードにおいては、メインキーボードの数字キーを入力した場合とテンキーの数字キーを入力した場合では別のスキャンコードが発行される。区別して表記する必要がある場合、例えばテンキーの「0」キーは「NumPad0」などのように表示する。

テンキーだけを分離して、USBによって接続できるようにしたキーボードも発売されている。そのような分離型のテンキーには、スペースキーや、キャッシュレジスター電卓によくある「00キー」が追加されているものもある。「00キー」はISO/IEC 9995規格に存在せず、実際は単に「0」を2回入力しているだけである。

ノートパソコンのテンキー[編集]

ノートパソコンのキーボードには、テンキーがなく、修飾キー(Fnキー)と文字キーを同時押しすることでテンキーの機能をエミュレーションするものがあり、その場合のレイアウトは「ISO/IEC 9995-2:2009の修正1」として標準化されている。

大型のノートパソコン(一般的には17インチ以上の画面を持つもの)にはテンキーが設置されているものもある。

プッシュフォン配列との違い[編集]

コンピュータと押しボタン式電話機(プッシュフォン)では、数字の部分のキー配列が異なる。コンピュータのキーパッドは上段が7・8・9だが、プッシュフォンのキーパッドは上段が1・2・3である。テンキーがISO(国際標準化機構)によって標準化されているのに対し、プッシュフォンのキーはITU-T(国際電気電信連合の電気通信標準化部門)によって標準化されている。

詳細はキー配列#テンキーを参照。

プッシュフォン配列のテンキー[編集]

1970年代から1980年代にかけて各国で開発されたビデオテックス端末のキーボードのテンキーには、電話機のプッシュホン配列が用いられたものもある。例えばキャプテンシステムのキーボードのテンキーは、0から9までの数字と、「*(スター、実際には×印に横線)」と、「#(井桁)」が配置されており、「#」は「Enterキー(CRキー)」同様の役割も持っていた。

現代では、スマートフォンやタブレット端末などのソフトウェアキーボードとして、プッシュホン配列のキーパッドを呼び出すことができる製品もある。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ What Is a Ten Key? (with pictures)”. WiseGeek. 2014年1月8日閲覧。
  2. ^ Pasewark, William Robert; Knowlton, Todd (1995-01-01). Ten-Key Skill Builder for Computers. South-Western Educational Pub.. ISBN 9780538629195. http://books.google.com/books?id=eLzucpC8ZhMC 
  3. ^ Stroman, James; Wilson, Kevin; Wauson, Jennifer (2011-09-01). Administrative Assistant's and Secretary's Handbook. AMACOM Div American Mgmt Assn. p. 224. ISBN 9780814417607. http://books.google.com/books?id=licD-9tqwX0C&pg=PA224 
  4. ^ Sundstrand Adding Machine IBM
  5. ^ [1] 一般財団法人 樫尾俊雄記念財団
  6. ^ numeric keypad at FOLDOC