ポインティングデバイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポインティングデバイスコンピュータの周辺機器のうち入力装置の種類の一つで、主に画面上に表示されるポインタアイコンを操作するために用いる。コンピュータと人間の接点であるマンマシンインタフェースの一つである。

主にコンピュータの出力装置のうち表示装置に分類されるディスプレイの画面に映し出された映像に対して直感的な入力操作を提供するGUI環境において、カーソルと呼ぶ矢印や十字の形状をした印で位置や状態、方向などの情報を指示入力するための装置として利用される。

種類[編集]

ポインティングデバイスの種類は目的・用途・使用環境等に応じて複数の種類や構造のものが存在する。ポインティングデバイスの代表的な機器もしくは装置としてマウストラックボールがあげられ、コンピュータ画面上のマウスポインタを操作するために使う事が多い。

用途・目的[編集]

一般的なコンピュータ操作では両手のどちらかを用い、ポインティングデバイス機器を操作することが多いが、前項の種類以外に物を抱えて両手が塞がっていても操作できるフット型もしくは足踏み型、重度の障害をもつ使用者向けに瞳孔の位置や動きを追尾し視点に従いカーソルが連動し瞬きでクリック相当の動きをするいわゆる瞳孔マウス、指紋の模様をあらかじめ登録しておき指先を動かした際に生じる微細な指紋の模様のねじれを検出してポインタ移動に変換するもの、航空機の姿勢検出に用いられることの多いジャイロスコープと同等の機構を持つことで上下左右の動きに合わせて3次元方向の信号を検出しポインタとして映し出すもの等、様々な用途・目的に応じた機構のものが生み出されている。

最近では、頭にバンド状の装置を装着し脳波の変動を利用する脳波マウスも販売されている。