ホットスワップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホットスワップ (Hot swap)は、日本語活線挿抜(かっせんそうばつ)または活性挿抜とも表記され、電源を投入したまま脱着を行える構造を備えた機器の仕組みを言う。

従来新たにハードウェアデバイスを接続する場合、接続後にリブート(再起動)をしなければコンピュータに認識されなかった。しかしこのホットスワップによって、電源の入った起動中のコンピュータにハードウェアやデバイスを接続すると、即座に認識し使用可能な状態になる。

本来は無停止コンピュータ等の為に開発された技術であるが、パーソナルコンピュータ周辺機器を接続する際に用いられるUSBIEEE 1394シリアルATAサーバ機のRAID構成ストレージPCIボードやPCカード等にも実装されている。

実際にホットプラグが正常に動作するためには、デバイス、インターフェースBIOSデバイスドライバーOSの全てがホットプラグに対応している必要がある。

OSが稼動しているストレージ(システムパーティションとも言う)は、ホットプラグできず、するとOS稼動停止となる場合がほとんどである。

シリアルATA[編集]

ホットスワップ対応しているインターフェース(マザーボードまたはインターフェースカード)、電源ケーブル(一部には未対応品あり)が必須となる。

OS側との調整には、サードパーティ製ソフトウェアが必要となる場合がある。(「HotSwap!」など)

関連記事[編集]

外部リンク[編集]