Apache Cassandra

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Apache Cassandra
Cassandra logo.svg
作者 Avinash Lakshman, Prashant Malik
開発元 Apache Software Foundation
初版 2008
最新版 3.4 / 2016年3月8日(4か月前) (2016-03-08
プログラミング言語 Java
対応OS Cross-platform
対応言語 英語
サポート状況 Active
種別 key-value store
ライセンス Apache License 2
公式サイト cassandra.apache.org
テンプレートを表示

Apache Cassandra(アパッチ カサンドラ)は、オープンソースの分散データベース管理システムである。元はFacebook社において大規模データの格納のために開発されたものである。Facebookのデータチームを率いるJeff HammerbacherはCassandraをAmazon DynamoDBのようなインフラストラクチャ上で動作するBigTableデータモデルであると表現している。

概要[編集]

Cassandraはイベンチュアル・コンシステンシーにより構造化されたキー・バリュー型データストアを提供する。キーは複数の値にマッピングされ、これらはcolumn familyとしてグルーピングされる。column familyはCassandraデータベースが作成される際は固定されているが、後にfamilyに対し列を追加することは可能である。さらに、列は特定のキーにのみ追加されるので、どのfamilyにおいても異なるキーは任意の列数を持つことができる。各キーに対応するcolumn familyの値は連続して記録され、このことによりCassandraは列指向データベース管理システムと行指向データベースシステムの複合型であると言える。

Facebook社は2008年7月にCassandraをオープンソースソフトウェアとして公開した。2009年3月からApache Incubatorプロジェクトとなり、2010年2月にはトップレベルプロジェクトに引き上げられた。

JSON対応[編集]

2015年にApache Cassandra 2.2がリリースされJSONに対応した。 Cassandra 2.2は、2014年9月に公開されたバージョン2.1に続く最新版となる独自のクエリ言語「Cassandra Query Language(CQL)3」では「SELECT JSON」や「INSERT JSON」に対応したほか、toJson()およびfromJson()関数が加わり、JSONフォーマットでのデータの読み書きが可能となった。CQL 3そのものも強化が加わっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]