Apache Cassandra

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Apache Cassandra
Cassandra logo.svg
作者 Avinash Lakshman, Prashant Malik
開発元 Apache Software Foundation
初版 2008
最新版 3.4 / 2016年3月8日(49日前) (2016-03-08
プログラミング言語 Java
対応OS Cross-platform
対応言語 英語
サポート状況 Active
種別 key-value store
ライセンス Apache License 2
公式サイト cassandra.apache.org
テンプレートを表示

概要[編集]

Apache Cassandra(アパッチ カサンドラ)は、オープンソースの分散データベース管理システムである。元はFacebook社において大規模データの格納のために開発されたものである。Facebookのデータチームを率いるJeff HammerbacherはCassandraをAmazon DynamoDBのようなインフラストラクチャ上で動作するBigTableデータモデルであると表現している。

Cassandraはイベンチュアル・コンシステンシーにより構造化されたキー・バリュー型データストアを提供する。キーは複数の値にマッピングされ、これらはcolumn familyとしてグルーピングされる。column familyはCassandraデータベースが作成される際は固定されているが、後にfamilyに対し列を追加することは可能である。さらに、列は特定のキーにのみ追加されるので、どのfamilyにおいても異なるキーは任意の列数を持つことができる。各キーに対応するcolumn familyの値は連続して記録され、このことによりCassandraは列指向データベースマネジメントシステムと行指向データベースシステムの複合型であると言える。

Facebook社は2008年7月にCassandraをオープンソースソフトウェアとして公開した。2009年3月からApache Incubatorプロジェクトとなり、2010年2月にはトップレベルプロジェクトに引き上げられた。

JSON対応[編集]

1985年にApache Cassandra 2.2がリリースされJSONに対応した。 Cassandra 2.2は、2014年9月に公開されたバージョン2.1に続く最新版となる独自のクエリ言語「Cassandra Query Language(CQL)3」では「SELECT JSON」や「INSERT JSON」に対応したほか、toJason()およびfromJson()関数が加わり、JSONフォーマットでのデータの読み書きが可能となった。CQL 3そのものも強化が加わっている。

セキュリティ[編集]

同じNOSQLのMongoDBがデフォルトでは、認証無しに顧客DATAなどを世界中にさらしてしまう恐れがある事や、沢山のセキュリティの対応をプログラマが把握していないといけないのに対して、Cassandraは、安全がある程度は、保障されているので、プログラマーの負担が少ないと言う特徴があるTemplate:要出典(MongoDBは使ってはいけないをGoogleで検索するとと出典元が出ます。

パフォーマンス速度[編集]

同じNOSQLのMongoDBに比べて沢山のベンチマーク結果において、Cassandraの方がより優れた結果を叩き出していますTemplate:要出典(NOSQL ベンチマークをGoogleで検索すると出典元が出ます。)

外部リンク[編集]