IBM Cloud

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
IBM Cloud
開発元 IBM
初版 2017年11月1日(9か月前) (2017-11-01
プログラミング言語 Java, Node.js, Go, PHP, Swift, Python, Ruby Sinatra, Ruby on Rails
サポート状況 稼働中
公式サイト www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/
テンプレートを表示

IBM Cloud(アイビーエムクラウド)はIBMクラウドサービスのブランド名。2017年11月に従来のBluemixブランドが、IBM Cloudブランド名称に変更された[1]

概要[編集]

IBM CloudはIBMによるクラウドコンピューティングサービスで、以下を強みとして設計された[1]

  • Designed for your Data
  • Ready for AI
  • Secure to the Core

主なサービスには以下がある。

2017年11月より、無償・無期限でWatson APIを含めた限定的な使用が可能なIBM Cloudライト・アカウントを開始。

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • LotusLive - IBMが2009年に開始したグループウェアのPaaSサービス、2012年にSmarterCloudに統合
  • IBM MCCS - 日本IBMが2009年に開始した企業向けクラウドサービス。
  • IBM SmartCloud - IBMが2011年から使用のクラウドサービスのブランド名(日本での名称はIBM SmarterCloud)。2013年以降はSoftLayerブランドに統合。
  • SoftLayer - IBMが2013年に買収し、IBM SoftLayerブランドとして統合。2016年にブランド名称をBluemix Infrastructureに変更後、2017年に更にIBM Cloudにブランド名称変更。
  • Bluemix - IBMが2014年に開始した開発・運用向けのPaasサービス。2017年にIBM Cloudにブランド名称変更。

外部リンク[編集]