OpenShift

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
OpenShift
OpenShift-LogoType.svg
開発元 レッドハット
初版 2011年5月4日(8年前) (2011-05-04
最新版 4.2 - 2019年10月16日(2か月前) (2019-10-16[1][±]
リポジトリ github.com/openshift/origin
プログラミング言語 Go, Angular.js
対応OS Red Hat Enterprise Linux or en:Container Linux by CoreOS
サポート状況 Active
種別 クラウドコンピューティング, PaaS
ライセンス Apache License 2.0[2][3]
公式サイト openshift.com
テンプレートを表示

OpenShift(オープンシフト)はレッドハットが開発するコンテナ化ソフトウェア・ファミリー。

概要[編集]

OpenShiftは、コンテナ機能であるDockerと、Dockerコンテナのオーケストレーション機能を提供するKubernetesをベースに、更にコンテナを使用した開発や運用に便利な機能を提供する。1つはアクセスコントロール、もう1つはコンテナのビルドとデプロイ機能である。アクセスコントロールは、リソース分離と権限分掌によって実現する。ビルドとデプロイの機能は、Kubernetesの機能に追加して、コンテナ型のアプリケーションとして実行するためのDocker Imageの作成やデプロイに関わる機能を追加する。また、OpenShiftそのもののインフラとして機能するコンポーネントもある。[4]

関連項目[編集]

References[編集]

  1. ^ Introducing Red Hat OpenShift 4.2: Developers get an expanded and improved toolbox”. 2019年10月29日閲覧。
  2. ^ Mark Atwood (2012年4月27日). “FAQ: Frequently Asked Questions”. 2012年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月24日閲覧。
  3. ^ Jim Jagielski (2012年4月30日). “Announcing OpenShift Origin – The Open Source Platform as a Service (PaaS)”. 2016年4月27日閲覧。
  4. ^ OpenShiftとKubernetesのちがうところ - RedHat

参照[編集]

  • Jamie Duncan; John Osborne (May 2018). OpenShift in Action. Manning Publications Co.. ISBN 978-1-6172-9483-9. 
  • Stefano Picozzi; Mike Hepburn; Noel O'Conner (May 2017). DevOps with OpenShift. O'Reilly Media. ISBN 978-1-4919-7596-1. 
  • Grant Shipley; Graham Dumpleton (August 2016). OpenShift for Developers. O'Reilly Media. ISBN 978-1-4919-6138-4. 
  • Steve Pousty; Katie Miller (May 2014). Getting Started with OpenShift. O'Reilly Media. ISBN 978-1-4919-0047-5. 

外部リンク[編集]