Docker

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Docker
Docker (container engine) logo.png
作者 Solomon Hykes
開発元 Docker, Inc.
初版 2013年3月13日 (2013-03-13)
最新版 1.10[1] / 2016年2月4日(18か月前) (2016-02-04
リポジトリ https://github.com/docker/docker-ce, https://github.com/docker/docker-ce.git
プログラミング言語 Go言語
対応OS Linux
プラットフォーム x86-64
種別 オペレーティングシステムレベル仮想化
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト www.docker.io
テンプレートを表示

Docker(ドッカー[2])はソフトウェアコンテナ内のアプリケーションのデプロイメントを自動化するオープンソースソフトウェアである。

Linuxカーネルにおける「libcontainer」と呼ばれるLinuxコンテナ技術[3]aufsのような特殊なファイルシステムを利用してコンテナ型の仮想化を行う[4]VMware製品などの完全仮想化を行うハイパーバイザー型製品と比べて、ディスク使用量は少なく、インスタンス作成やインスタンス起動は速く、性能劣化がほとんどないという利点を持つ。Dockerfileと呼ばれる設定ファイルからコンテナイメージファイルを作成可能という特性を持つ。一方で、コンテナOSとしてはホストOSと同じLinuxカーネルしか動作しない。

2014年10月15日、Microsoft社次期WindowsをホストOSとして対応する旨が米Microsoft社エンタープライズおよびクラウド部門の責任者スコット・ガスリー氏よりブログ上で発表された[5]

日本では「Immutable Infrastructure(不変のインフラ)」という表現と共に話題になることが多い[6]

Dockerのコンテナー管理の手軽さやインスタンス操作の高速性は、クラウドサービスやビッグデータ基盤などを管理するためのIT基盤として高く評価され、2014年12月日経BP社より「ITインフラテクノロジーAWARD 2015」グランプリに選出されている[7]

参照[編集]

  1. ^ Docker 1.10: New Compose file, improved security, networking and much more!”. dotcloud/docker. Github.com (2016年2月4日). 2016年2月8日閲覧。
  2. ^ IT用語辞典 e-Words Docker
  3. ^ 2014年3月10日にリリースされたバージョン0.9でLXCからlibcontainerというライブラリを利用する実装に変更された。Docker 0.9: introducing execution drivers and libcontainer参照。
  4. ^ 当初はaufsのみだったが、その後btrfsDevice MapperOverlayFS、vfsが選択可能となっている。
  5. ^ Docker and Microsoft: Integrating Docker with Windows Server and Microsoft Azure
  6. ^ 大瀧隆太 (2014年5月16日). “いまさら聞けないDocker入門(1):アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいDockerの基礎知識”. ITmedia. 2016年12月22日閲覧。
  7. ^ 日経BP社、「ITインフラテクノロジーAWARD 2015」を発表

外部リンク[編集]