仮想ハブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仮想ハブ(かそうハブ)は、ソフトウェアによる仮想化技術を用いて、一般的なスイッチングハブなどのネットワーク機器をエミュレーションする仕組みや、その仕組みによって実装されたソフトウェアのことを示す。

ソフトウェアによっては、仮想スイッチとも呼ばれる。

概要[編集]

レイヤ2におけるEthernetフレームのスイッチング処理は、通常ハードウェアで実行される。これをソフトウェアで仮想化して同等に実行することで、仮想的なEthernetセグメントを計算機の内部に作成することができる。

これにより、以下のようなメリットが生ずる。

  • 複数のVM仮想LANカード間で通信を行うことができるようになる。
  • レイヤ2のVPNを構築することが容易になる。

VMwareにおける実装例[編集]

VMwareでは仮想ハブが実装されており、実用的に動作する。これにより、複数台のVM間やホスト計算機との間のEthernet通信が可能となる。

PacketiX VPNにおける実装例[編集]

PacketiX VPNでは仮想ハブが実装されており、実用的に動作する。これにより、リモートアクセスVPNや拠点間接続VPNなどを柔軟に実現することができる。