PR/SM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

PR/SM(ぴーあーるえすえむ、英:Processor Resource/System Manager、プロセッサー資源/システム管理機構)は、IBMメインフレームにおける、コンピュータ仮想化技術のひとつであり、1台のメインフレームで複数の論理区画(LPAR)を作成することができる。

概要[編集]

PR/SMは1987年にIBMのメインフレームに登場し、以後のIBMメインフレーム(S/390、z Series、Multiprise 3000、System zなど)に搭載されている。

PR/SMはメインフレーム専用の、主にファームウェアマイクロコード)により実現されたハイパーバイザであり、ソフトウェア分割であるCP(現在のz/VM)の基本機能をファームウェア化したものと言われている。

1台のメインフレームで複数の論理区画(LPAR)を作成し、コンピュータの資源(CPUメモリチャネル等)を、それぞれの論理区画(LPAR)に柔軟に割り当て、コンピュータ全体の停止を伴わずに変更する事ができる。

モデルにより15 - 60個等の論理区画(LPAR)を作成し、各論理区画でOSz/OSz/VMz/VSELinux on System z など)を独立して稼動できる。

IRD(Intelligent Resource Director、自己管理ワークロード管理)を併用して、論理区画間でワークロード管理を行ったり、EMIF(ESCON複数イメージ機能)を併用して、1つのESCONチャネルを複数の論理区画(LPAR)から共有することができる。

なお最近では「PR/SM」の表現より、サーバーを含めてより一般的な「LPAR」の表現が増えているが、内部的にはPR/SM(および後継のハイパーバイザー)である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]