バーチャルリアリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バーチャルリアリティ: Virtual Reality, 英語発音: [ˈvəːrʧuəl riˈæləti])とは、実際の形はしていないか形は異なるかも知れないが、機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」とされる(#「仮想現実」という訳語について)。古くは小説や絵画、演劇やテレビなども、程度の差こそあれVRとしての機能を有している[1]

米国海軍で利用されるVRパラシュート訓練機

概要[編集]

バーチャルリアリティは、コンピュータによって作り出された世界である人工環境・サイバースペース現実のように知覚させる技術である[2]時空を超える環境技術であり、人類認知を拡張する[3]

コンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに提示するものと、現実の世界を取得し、これをオフラインで記録するか、オンラインでユーザに提示するものとに大別される。後者は、ユーザが遠隔地にいる場合、空間共有が必要となり、テレイグジスタンス (en:Telexistence) 、テレプレゼンス (en:Telepresence)、テレイマージョン (en:Teleimmersion) と呼ばれる。

ユーザが直接知覚できる現実世界の対象物に対して、コンピュータがさらに情報を付加・提示するような場合には、拡張現実 (en:Augmented reality) や複合現実 (en:Mixed reality) と呼ばれる。

現実と区別できないほど進化した状態を表す概念として、シミュレーテッドリアリティ(Simulated reality) やアーティフィシャルリアリティ (Artificial reality) があるが、これはSFや文学などの中で用いられる用語である。

歴史[編集]

1968年ユタ大学アイバン・サザランド によってヘッドマウントディスプレイ(HMD、頭部搭載型ディスプレイ)が提案されたもの[4]が最初のバーチャルリアリティであるとされる。視覚のバーチャルリアリティとしては、1991年イリノイ大学の Thomas DeFanti らによって提案された CAVE [5]en:Cave Automatic Virtual Environment、没入型の投影ディスプレイ)が有名である。

バーチャルリアリティという言葉は、ジャロン・ラニアーが設立したVPL Researchが、1989年に発表したデータグローブ・アイフォンの紹介から使われ始めた[6]

アメリカでは2012年後半に登場したOculus RiftからVRへの投資は加速した[7]2016年Valve CorporationSteamVR規格対応の「HTC Vive」、スマートフォンを装着して使う"モバイルVR"であるGear VRに対応した『Minecraft』が発売された[8](簡易のGoogle Cardboardや一体型のオールインワンVRもある[9])。さらにPlayStation 4と接続するHMDデバイス「PlayStation VR」の登場もあり、VR元年といわれている[10][11]

特性[編集]

現代のバーチャルリアリティは、3次元の空間性、実時間の相互作用性、自己投射性の三要素を伴う(Presence/Interaction/Autonomy)。

視覚/聴覚/味覚/嗅覚/前庭感覚/体性感覚など、多様なインタフェースマルチモーダル・インタフェース)を利用する。

VRゲームの分野では酔い対策のガイドラインがある[12]

基礎となる技術と応用[編集]

バーチャルリアリティの技術を構成する要素には、コンピュータ科学ロボティクス通信計測工学制御工学芸術認知科学などが含まれる。また、その応用は、科学技術における情報の可視化 (en:Scientific visualization)、ソフトウェアの構築、セキュリティ訓練医療芸術などと幅広い。例えば、VRに関するIEEEACMの国際会議などでは次のようなセッションが準備されている。

「仮想現実」という訳語について[編集]

バーチャル・リアリティは元々シュルレアリスムの詩人アントナン・アルトーが造語[13]した芸術用語であった。現在のような意味では「バーチャル・リアリティの父」[14][15]と呼ばれるジャロン・ラニアーらが普及させた。

本来Virtualとは「実質的な」という意味であり、通俗科学用語となってからはバーチャルリアリティという語には「現実世界の実質的で本質的な部分をユーザに提示する技術」という意味がこめられている。

たとえば、人間が行けない場所でのロボット操作などの応用や、コンピュータ上であれば、コンピュータ上の作り出す仮想の空間を、現実であるかのように知覚させることなども使用される。 現実の光景に様々なデジタル情報を重ね合わせて表示する技術の拡張現実(Augmented Reality)ARとは異なる。

そのような意味から、「仮想」現実という訳は本来不適切である。

例えば "Virtual Money" とは電子マネーのことであり、決して偽金のことを指すわけではない。仮想→Virtualではない、よく引合に出される例として仮想敵国という言葉がある。仮想敵国は、決してVirtual Enemyではない。

歴史的には、バーチャルメモリ(Virtual Memory)の訳として仮想記憶がやはり同様に不適切だと言われながらも定訳となっているなどしているため、他の語でもVirtualの語から即ち "仮想" と訳されてしまっている。

「バーチャル」の語は、「仮想」(または、擬似)という意味で和製英語的に使われ、さらなる混乱をもたらしている。

国立国語研究所外来語」委員会の言い換え提案でも、英語virtualは「表面上は違うが実質そのものである様子で、実質上と訳される」のに対し、外来語「バーチャル」は、「現実そっくりだが仮想の世界である様子」として用いられ、英語と意味が大きくずれていることが認められている。

東京大学の舘暲は、2005年の日本バーチャルリアリティ学会第10回大会において、バーチャルリアリティの訳語として、「Vr kanji.png現実」という語を提案した。Vr kanji.pngはこのために提案された国字で、立心偏に實(実の正字体)と書き、「ジツ」または「ばーちゃる」と読む[16][17]

バーチャルリアリティを取り扱った作品[編集]

映画
小説
漫画
ドラマ
アニメ
ゲーム

健康リスク[編集]

VRデバイスは、特に10歳未満だと斜視になりやすい傾向がある。幼少期は目の筋肉や視力が発達途中で、大人よりも悪影響を及ぼしやすい。ちなみに立体細胞は6歳までに形成され、瞳孔間距離については10歳ごろまでに発達するため、VRデバイスの業界標準では対象年齢13歳以上など保守的な設定となりつつある[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高橋幸治のデジタルカルチャー斜め読み ― 第22回 VRが盛り上がり始めると現実に疑問を抱かざるをえない”. 2016年5月11日閲覧。
  2. ^ VRとは - IT用語辞典”. 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ 「VR=仮想現実」ではない? VRの“第2次ブーム”で世界はどう変わる (1/3)”. 2016年5月11日閲覧。
  4. ^ Sutherland, I.E.. “The Ultimate Display”. Proc. IFIP 65 (2): 506-508, 582-583. 
  5. ^ Cruz-Neira, C.; Sandin, D.J., and DeFanti, T.A. (August 1993). “Surround-Screen Projection-Based Virtual Reality: The Design and Implementation of the CAVE”. Proceedings of SIGGRAPH '93 Computer Graphics Conference. SIGGRAPH '93 Computer Graphics Conference. ACM SIGGRAPH. pp. pp. 135-142. http://www.evl.uic.edu/EVL/RESEARCH/PAPERS/CRUZ/sig93.paper.html 
  6. ^ 知覚的リアリティの科学(2)バーチャルリアリティ――リアリティをつくり,変える技術”. 2016年5月11日閲覧。
  7. ^ 西田宗千佳のRandomTracking 特別編:「バーチャルリアリティー」の歴史を俯瞰する 全ては1960年代から。「Oculus」の衝撃とその未来”. 2016年5月11日閲覧。
  8. ^ 石井英男の「週刊Gear VR」(第1回): 据え置き機と遜色なし!「GALAXY×Gear VR」で気軽に楽しめる“VR”の世界 (1/3)”. 2016年5月11日閲覧。
  9. ^ 西田宗千佳のRandomTracking PC一体型HMDも登場。“VRに本気”のAMDが示す「スマホの次は没入感の時代」”. 2016年5月11日閲覧。
  10. ^ ニュースでよく見る「バーチャルリアリティ」ってどんなもの?”. 2016年5月11日閲覧。
  11. ^ Access Accepted第496回:VRゲーム市場は立ち上がるか?”. 2016年5月11日閲覧。
  12. ^ VR 酔い対策の事例”. 2016年5月11日閲覧。
  13. '^ Antonin Artaud, "The Alchemical Theater", in The Theater and its Double, trans. Mary Caroline Richards, New York: Grove Press, 1958, p. 49, emphasis in original. See also Samuel Weber, "'The Virtual Reality of Theater': Antonin Artaud", in Theatricality as Medium, New York: Fordham University Press, 2004, pp. 277-94.
  14. ^ Savage, Emily (2010-10-20). "Renaissance man: Berkeley resident is a musician, a Web guru and the father of virtual reality". j. the Jewish news weekly of Northern California. Archived from the original on 2011-03-06.
  15. ^ Appleyard, Bryan (2010-01-17). "Jaron Lanier: The father of virtual reality". The Sunday Times. Archived from the original on 2011-03-06.
  16. ^ 舘 暲 (12 2005). “第10回を記念する新字(ばーちゃる)の提案”. 日本バーチャルリアリティ学会誌 10 (4): pp. 18-19. http://files.tachilab.org/publications/review/tachi200512JVRSJ.pdf. 
  17. ^ 日本バーチャルリアリティ学会第11回大会 大会長挨拶”. 2007年11月24日閲覧。
  18. ^ VRによる斜視リスクに“企業はどう対策しているのか”を聞いた

関連項目[編集]