劉慈欣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
劉慈欣
(りゅう じきん)
Geek Bar Tor authors event - Cixin Liu (18397919319).jpg
誕生 1963年6月23日
職業 小説家
ジャンル SF小説
代表作 『三体』(原題)シリーズ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
劉慈欣
出身地: 中華人民共和国の旗 中国 山西省陽泉
各種表記
繁体字 劉慈欣
簡体字 刘慈欣
拼音 Liú Cíxīn
和名表記: りゅう じきん
発音転記: リウ ツーシン
テンプレートを表示

劉慈欣(りゅう じきん、1963年6月23日 - )は、中華人民共和国SF作家山西省陽泉出身[1]。本業はエンジニアで、発電所のコンピュータ管理を担当している。

中学生のころから創作を開始。1999年、中国のSF雑誌『科幻世界』(zh)でデビュー。その後、銀河賞(zh)に連続して入選。2010年、第1回中国星雲賞(世界華人SF協会主催)で作家賞を受賞(韓松と同時受賞)。2015年、アジア人初のヒューゴー賞受賞者となった[2]

SFに興味を持つきっかけになったのはジュール・ヴェルヌ地底旅行』で、その後アーサー・C・クラークの『2001年宇宙の旅』で本格的にSFにのめり込むようになった。

主な受賞歴[編集]

  • 1999年 - 第11回銀河賞一等賞(「帯上她的眼睛」)
  • 2000年 - 第12回銀河賞特等賞(「さまよえる地球」)
  • 2001年 - 第13回銀河賞(「全頻帯阻塞干擾」、「郷村教師」)
  • 2002年 - 第14回銀河賞(「中国太陽」、「朝聞道」、「吞食者」)
  • 2003年 - 第15回銀河賞(「地球大炮」、「詩雲」、「思想者」)
  • 2010年 - 第1回中国星雲賞(世界華人SF協会主催)作家賞(韓松と同時受賞)
  • 2015年 - ヒューゴー賞長編小説部門賞(「三体」)
  • 2019年 - 第50回星雲賞海外短編部門(「円」)

(「さまよえる地球」、「円」以外は原題)

主な作品[編集]

長編
短編
  • さまよえる地球(原題:流浪地球) - 『S-Fマガジン』2008年9月号、翻訳:阿部敦子
    初出:『科幻世界』2000年12号。第12回銀河賞特等賞[3]
    2019年に映画化された。日本では『流転の地球』という表題でNetflixにて配信。

以下2篇の日本語訳は『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』(早川書房、2018年2月、ISBN 978-4-15-335036-6)所収。翻訳:中原尚哉(ケン・リュウによる英語訳からの重訳)。

  • 円(原題:
    『三体』からの抜粋。
  • 神様の介護係(原題:赡养上帝
    初出:『科幻世界』2005年11号。第1回柔石小説賞短篇小説金賞。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 姚海軍(よう かいぐん)「中国SF界の現状」(『S-Fマガジン』2008年9月号)
  • 林久之による「さまよえる地球」解説(『S-Fマガジン』2008年9月号)

外部リンク[編集]